イプスウィッチのプレミア昇格に貢献! 20歳FWハッチンソンはチェルシー復帰より残留希望か「それを願っている」

2024.05.05 19:09 Sun
去就注目のハッチンソン
Getty Images
去就注目のハッチンソン
イプスウィッチ・タウンのジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)が、来シーズンもチームに残ることを望んでいる。イギリス『エクスプレス』が伝えた。4日、チャンピオンシップ(イングランド2部)の最終節でハダースフィールド・タウンをホームに迎え撃ったイプスウィッチ。ウェールズ代表MFウェズ・バーンズのゴールで前半のうちに先制すると、後半にはハッチンソンがドリブルからゴール左隅にシュートを決め、2-0の勝利で終えた。
レスター・シティが一足先にプレミアリーグ復帰を決めていた中、今回の勝利で2位フィニッシュとなったイプスウィッチは、2001-02シーズン以来22年ぶりとなるプレミアリーグ復帰が決定。昨シーズンのフットボールリーグ1(イングランド3部)からの昇格に続き、2年連続での上位カテゴリー昇格を決めた。

そんな中、シーズンを通してレギュラーの地位を固めていったのがハッチンソン。昨夏チェルシーからイプスウィッチへレンタルで加入すると、キーラン・マッケンナ監督の下で徐々に先発の機会を増やしていき、最終的には公式戦50試合で11ゴール6アシストの結果を残した。

昇格に大きく貢献した上、最終節でふた桁得点に到達した若きアタッカーは、お祝いムードの中で自らの将来についてコメント。現時点では、チェルシー復帰よりもイプスウィッチでのプレミアリーグ挑戦を希望している。
「それ(イプスウィッチ残留)を願っているよ。どうなるだろうね」

「代理人がなんと言うか、監督がなんと言うか、それを確かめてから決めたい。どうなるかはわからないよ。今はただ祝杯をあげたいだけだ」

なお、マッケンナ監督は先月、ハッチンソンについて「彼はレンタル選手に望む全てをもたらしてくれた」とコメント。若さゆえの懸念はあるものの、その素質は間違いないようだ。

「彼は良いレベルに達しているが、まだ本当に若い。ここから一直線にキャリアを進めていくとは限らない」

「だが、彼は本当に高いポテンシャルを秘めているし、そのポテンシャルを発揮するためのメンタリティも非常に優れている」

1 2

オマリ・ハッチンソンの関連記事

来季プレミア挑戦のイプスウィッチ、チェルシーからレンタルの20歳FWハッチンソン確保目指す

イプスウィッチ・タウンはジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)をチェルシーから完全移籍で獲得したいようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じた。 今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)の戦いを2位で終え、クラブ22年ぶりのプレミアリーグ挑戦を叶えたイプスウィッチ。リーグ1(イングランド3部)からの2年連続昇格の立役者キーラン・マッケンナ監督は、ビッグクラブからの関心が報じられていたが、2028年6月までの契約延長を果たした。 イプスウィッチでの続投が決まったマッケンナ監督は、チェルシーからレンタル加入のハッチンソンと来シーズンも共に戦うことを望んでいるとのこと。クラブは移籍金2000万ポンド(約40億円)での完全移籍を目指すという。 マッケンナ監督の下、徐々にチーム内での地位を高めた左利きアタッカーのハッチンソンは、最終的に公式戦50試合で11試合6ゴールを記録。リーグ最終節でもネットを揺らすなどイプスウィッチのプレミアリーグ昇格に貢献し、シュツットガルトやアヤックス、フェイエノールトなどから関心を寄せられている。 今夏、多数の選手の放出に動くと予想されるチェルシーは、ハッチンソンの売却にも前向きと見られているが、つい先日、オプション行使によって契約期間を2026年6月まで延長。引き留めに傾いたというよりは、この20歳の価値を守るための動きと考えられている。 2024.05.31 18:43 Fri

チェルシー保有ハッチンソンにオランダ&ドイツのCL組が関心…今季イプスウィッチで昇格貢献の20歳

チェルシー保有のジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)。レンタル先のイプスウィッチ・タウンでプレミアリーグ昇格に貢献も、夏でイングランドを離れる可能性もあるようだ。 ハッチンソンはイングランド生まれのジャマイカ代表ウインガー。アーセナルの下部組織で育まれたのち、22年7月にチェルシーへ。現在U-21チームに籍を置く一方、今季チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチへレンタル移籍する。 ここではリーグ戦44試合出場10得点6アシスト。シーズンが深まるにつれてジョーカー要員から不動のスタメンとなり、最終的に2部昇格から1年でのプレミア昇格に貢献した。 オランダ『Voetbal International』によると、そんなハッチンソンは今夏フェイエノールトかアヤックスへ完全移籍する可能性があるとのこと。多くの選手を売却したいチェルシーがハッチンソンの完全移籍放出にも前向きなのは間違いないとみられている。 イプスウィッチが買い取りに動くかどうかは現状不明だが、ハッチンソンにはドイツからシュツットガルト、ボルシアMGも関心を寄せているとのことだ。 なお、ハッチンソンとイプスウィッチのレンタル契約は今月31日までとなっている。 2024.05.22 13:05 Wed

イプスウィッチが2位でプレミア昇格! 2季連続昇格で2001-02シーズン以来の1部返り咲き【チャンピオンシップ】

チャンピオンシップ(イングランド2部)最終節が4日に行われ、2位を確定させたイプスウィッチ・タウンの2001-02シーズン以来のプレミアリーグ昇格が決定した。 前節終了時点で3位のリーズ・ユナイテッドと3ポイント差の2位に位置していたイプスウィッチ。得失点差で3位チームを下回っており、同時刻開催の最終節では引き分け以上の結果を残すことが自力昇格の条件となっていた。 ホームで行われたその運命の最終節では、すでにフットボールリーグ1(イングランド3部)降格が決定していたハダースフィールド・タウンをホームで迎え撃った。 前半半ばにウェズ・バーンズのゴールで先制に成功すると、後半立ち上がりにはオマリ・ハッチンソンが貴重な追加点を奪取。以降は相手の反撃を危なげなく凌ぎ続け、2-0の勝利。ホームで自力でのプレミア昇格を勝ち取った。 昨シーズンのフットボールリーグ1を2位でフィニッシュし、チャンピオンシップ昇格を果たしたキーラン・マッケンナ率いるチームは、5シーズンぶりのチャンピオンシップの舞台で躍動。リーグ最多92ゴールという攻撃力を武器に、28勝12分け6敗の安定した戦績でレスター・シティに続く2位フィニッシュを果たし、2シーズン連続の昇格で3部から一気に1部への道を駆け上がった。 なお、プレミアリーグ昇格プレーオフに回ったのはリーズ、サウサンプトン、WBA、ノリッジ・シティの4クラブ。また、降格3クラブはMF三好康児在籍のバーミンガム・シティ、DF中山雄太在籍のハダースフィールド、ロザラム・ユナイテッドの3クラブに。 個人ではブラックバーン・ローヴァーズのアイルランド代表MFサミー・スモディクスが27ゴールで得点王に輝いている。 2024.05.04 23:12 Sat

チェルシー若手ハッチンソンがイプスウィッチで武者修行

チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチ・タウンは21日、チェルシーからジャマイカ代表MFオマリ・ハッチンソン(19)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 チェルシーのアカデミー育ちのハッチンソンは、チャールトン・アスレティック、アーセナルのユースチームでのプレーを経て、昨年7月にチェルシーへ帰還。 高いテクニックと攻撃センスを有する左利きの攻撃的MFは、U-21チームを主戦場としながらも、今年1月5日に行われたプレミアリーグのマンチェスター・シティ戦でファーストチームデビュー。デビューシーズンに公式戦2試合に出場した。 また、これまでは生まれ故郷のイングランドの世代別代表でプレーしていたが、今年3月に行われたトリニダード・トバゴ戦でジャマイカのA代表デビューを飾っている。 2023.07.22 16:28 Sat

チェルシー、ツィエクの他にも移籍寸前で白紙となった選手が…

モロッコ代表MFハキム・ツィエクのパリ・サンジェルマン行きが書類不備で成立しなかった件で非難にさらされているチェルシーだが、移籍市場締め切り寸前で移籍が破断になっていた選手がもう一人いたようだ。 今冬の移籍市場でミハイロ・ムドリクとエンソ・フェルナンデスの獲得で1億ユーロ超えの移籍を2件も実現させてしまったチェルシー。エンソ・フェルナンデス獲得に支払った1億2100万ユーロは、ジャック・グリーリッシュを凌ぐ英国史上最高額の移籍金となった。 その一方で余剰戦力の整理は上手く進められなかった。ツィエクはPSG移籍に向けてメディカルチェックまで済ませている状況だったが、チェルシーによる再三の書類不備が原因で締め切りに間に合わず、移籍は認められなかった。 これにはPSGから怒りの声が上がっているが、チェルシーでは19歳のオマリ・ハッチンソンも移籍寸前でキャンセルという失意を味わっている。昨年7月にアーセナルの下部組織から加入したハッチンソンは将来有望のセントラルMF。チェルシーのファーストチームでは2試合に出場しているものの、さらなる出場機会のため、今冬に修行先を探していた。 その中で、チャンピオンシップのウェスト・ブロム行きが迫っていたが、同クラブは突如、レスターのマーク・オルブライトンに舵を切り、ハッチンソンのレンタル移籍は白紙に。これはチェルシーに非があるわけではないが、出場機会を求めていた19歳もまた、ツィエクと同じようにメンタル面に負担がかかってしまう結果となった。 2023.02.02 18:15 Thu

チェルシーの関連記事

チェルシーがブラジル新たな宝石“メッシーニョ”を完全移籍で獲得!2025年夏にチェルシー加入予定

チェルシーは22日、パウメイラスに所属するU-17ブラジル代表FWエステヴォン・ウィリアン(17)を完全移籍で獲得することで合意に至ったと発表した。 2007年4月24日生まれのエステヴォンは、18歳の誕生日後に国際移籍が可能となるため、正式な加入は2025-26シーズンとなるとのことだ。 ブラジル人サッカー選手史上最年少となる10歳でナイキと契約した左利きのFWは、クルゼイロのU-17から2021年5月にパウメイラスのU-17に加入。U-15、U-17のパウリスタ州選手権で王者となり、U-17コパ・ド・ブラジルの優勝にも貢献。左利きの右ウインガーで34試合で23ゴールを決めていた。 “メッシーニョ(リオネル・メッシとロナウジーニョから取られた愛称)”とも呼ばれているエステヴォンは、15歳ながらもU-20でのプレーが許可されると、そこでも違いを見せることに。16歳の誕生日を迎え、パウメイラスとプロ契約を結ぶと、2023シーズンの最終節でデビュー。これまでトップチームでは公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストを記録している。 レアル・マドリード加入が内定しているパルメイラスのFWエンドリッキやウェストハム移籍の決まった同クラブのMFルイス・ギリェルメと共に注目を集める“宝石”には、マンチェスター・シティやアーセナル、バイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)ら欧州のビッグクラブから関心を寄せられていた。 なお移籍金に関して、イギリス『BBC』は2900万ポンド(58億6200万円)+出来高ボーナスと明かしている。 2024.06.23 06:45 Sun

引く手あまたのオリーズがバイエルン行きを決断! 今後はクラブ間交渉が本格化

クリスタル・パレスのU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ(22)がバイエルン移籍を決断したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンは2度の負傷離脱もあり、プレミアリーグで19試合のプレーにとどまったが、10ゴール6アシストとキャリアハイの成績を残したオリーズ。 昨夏、チェルシー行きが取り沙汰された中、最終的にイーグルスとの新たな4年契約にサインしたものの、今夏の移籍市場では再挑戦を狙うブルーズに加え、マンチェスターの両雄、ニューカッスルと錚々たるクラブが獲得に乗り出していた。 ここ最近の報道ではパレスに選手サイドとの交渉の許可を求めたチェルシーがより具体的な動きを見せていたが、6000万ポンド(約121億円)程度とみられる契約解除条項、高額なサラリー面など諸々のコストの支払いが困難と判断し、最終的に撤退を決断した模様だ。 一方、同じく有力な候補に挙がっていたバイエルンはオリーズとの個人間での合意を受け、クラブ間の交渉を本格化させる見込み。現時点で前述の契約解除条項を行使するのか、クラブ間の交渉でより安価な金額で獲得するかは不明だが、移籍の可能性は非常に高いとみられる。 2024.06.22 06:45 Sat

チェルシーがバルサの若手FWを狙う? 契約解除金は10.2億円

チェルシーがバルセロナの若手ストライカーの獲得に関心を持っているという。 新シーズンはエンツォ・マレスカ監督が指揮を執ることが決まっているチェルシー。一方で、財務上の問題もあり、選手の売却などにも動く必要があるとも言われている。 そんな中、今夏の補強候補の1人として浮上したのが、バルセロナに所属するU-19スペイン代表FWマルク・ギウ(18)とのことだ。 カンテラ育ちで187cmの大型ストライカー。バルサ・アトレティックに在籍しているが、2023-24シーズンはラ・リーガで3試合1ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合1ゴールとプレーしていた。 移籍市場に精通するスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏によれば、チェルシーの他にバイエルンも獲得に動いているとのこと。ただ、契約解除金が600万ユーロ(約10億2000万円)と安価のため、獲得に支障はなさそうだ。 一方で、バルセロナも若き才能の残留を望んでいる状況。ギウ本人と新契約について協議中ではあるが、ビッグクラブからの関心も強まっているという。 2024.06.21 22:10 Fri

移籍金は最大80.4億円? アストン・ビラがチェルシーとオランダ代表DFマートセン獲得で合意か

アストン・ビラがオランダ代表DFイアン・マートセン(22)の獲得に関して、チェルシーと合意したという。イギリス『BBC』が伝えた。 マートセンは左サイドバックとしてプレー。フェイエノールト、スパルタ・ロッテルダム、PSVと母国クラブでユース時代を過ごすと、チェルシーの下部組織に加入。チャールトンやコヴェントリー・シティ、バーンリーへの武者修行を経て、2023年7月にファーストチームに昇格した。 2023-24シーズンはプレミアリーグで12試合に出場するなどしていたが、2024年1月にドルトムントへとレンタル移籍。ブンデスリーガで16試合2ゴール2アシストを記録すると、チャンピオンズリーグ(CL)でも7試合に出場し1ゴールを記録。決勝へ進んだチームを支えてきた。 しかし、ドルトムントはマートセンをなんとか引き止めたかったが、3500万ポンド(約70億3000万円)と見られる移籍金を支払う気がなく、レンタル移籍を打診したがチェルシーに拒否されていた。 アストン・ビラは最大で4000万ポンド(約80億4000万円)になると見込まれる移籍金を支払うことで合意。6年契約を結ぶ可能性があるとされ、メディカルチェックに合格すれば移籍は成立すると見られている。 アストン・ビラは来シーズンのCLに出場するため戦力を補強する必要があり、マートセンをチョイス。現在はユーロ2024にオランダ代表に追加招集されて参加しており、メディカルチェックや契約はまだ先になるとされている。 2024.06.20 08:30 Thu

元イングランド代表DFバートランドが34歳で現役引退…1年間の無所属を経て

元イングランド代表DFライアン・バートランド(34)が18日、現役引退を表明した。 チェルシーのアカデミーからトップチームに上がった左サイドバックは下部リーグのチームをローンで転々した後、帰還。チェルシー復帰後にトップチームデビューを果たすなど、57試合に出場した。 だが、ポジションを掴み切れず、アストン・ビラやサウサンプトンにそれぞれローン移籍。その後、サウサンプトンに完全移籍でチェルシーに別れを告げ、2021年夏からスター・シティに移った。 サウサンプトンで通算240試合に出場数を積み上げ、即戦力として期待されてのレスター行きだったが、ケガに悩まされ、2年間トータルで11試合の出場のみに。2023年夏に契約満了で退団し、フリーだった。 代表では2012年8月にデビューし、19キャップを刻んだバートランドは無所属が続くなか、イギリス『スカイ・スポーツ』で「少し時間が経ち、『いつ復帰するの?』、『何しているの?』って質問をよく受ける。だから、正式に引退する。次のステップがすごく楽しみだ」と話した。 2024.06.18 21:20 Tue

プレミアリーグの関連記事

ファン・ニステルローイ氏の決断やいかに…古巣ユナイテッドがコーチ陣入りを打診か

バーンリー監督就任に向かうとされるルート・ファン・ニステルローイ氏(47)だが、現役時代の古巣マンチェスター・ユナイテッドから誘いがあるようだ。 現役時代はオランダ代表としてだけでなく、PSVやユナイテッド、レアル・マドリーなどでもストライカーとして活躍したファン・ニステルローイ氏。引退してからは母国オランダで指導者の道を歩み、2022年夏からPSVでトップチーム監督に初挑戦した。 その1年目からKNVBベーカーのタイトルに導くなどの手腕を発揮したが、クラブ内部のサポート不足を理由にシーズン終了を目前に辞任。それからというもの、フリーが続いており、最近ではチャンピオンシップでの出直しとなるバーンリー行きが噂される。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ファン・ニステルローイ氏はバイエルン行きを決断したヴァンサン・コンパニ氏の後任として、来週にも決断ところまできているが、ユナイテッドからコーチ陣入りの打診が舞い込んだという。 ジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、組織を含め、あらゆる分野で改革が進むユナイテッド。エリク・テン・ハグ監督からなるコーチングスタッフの顔ぶれも入れ替えの可能性があり、その一環とみられる動きだが、ファン・ニステルローイ氏の決断やいかに。 2024.06.23 22:15 Sun

アストン・ビラがエバートンWGドビンを獲得…連日にわたる両クラブ間の移籍成立に

アストン・ビラは23日、エバートンからイングランド人FWルイス・ドビン(21)の獲得を発表した。 ドビンはエバートンアカデミー育ちのアタッカーで、11歳からエバートンの下部組織に籍を置き、2021年9月のプレミアリーグで1stチームデビュー。2022-23シーズンはダービー・カウンティにローン移籍し、今季からエバートンに復帰した。 その今季もレギュラー定着とならなかったが、多くの試合でメンバー入りし、公式戦15試合の出場数をマーク。2023年12月10日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー戦では1stチーム初ゴールも決めている。 両チームではつい前日にU-20イングランド代表MFティム・イローグブナム(20)のエバートン移籍が決まったばかり。その翌日にドビンのアストン・ビラ行きが決まり、連日にわたる両チーム間の移籍成立となっている。 2024.06.23 21:50 Sun

バークリーのアストン・ビラ行き、現在はメディカルチェック待ちか

元イングランド代表MFロス・バークリー(30)にアストン・ビラ行きが着々と迫っているようだ。 チェルシー行きから下り坂のキャリアが続くバークリーだったが、ニースでのプレーを挟み、昨夏からルートン・タウン入りすると、公式戦37試合の出場で5得点6アシストをマーク。チームは残念ながら降格してしまったが、中心選手として輝き、移籍が噂される。 そこで移籍先に浮上するのが来季はチャンピオンズリーグ(CL)に出場するアストン・ビラ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、この移籍は大詰めで、クラブ間はおよそ500万ポンド(約10億1000万円)の移籍金で合意に達したという。 バークリーに関しても契約内容で合意済みで、現在はメディカルチェックを待つところ。挽回の1年を経て、来季はアストン・ビラでCLの舞台にも立つシーズンとなりそうだ。 2024.06.23 21:15 Sun

「中盤は中盤で、WGはWGで」…トッテナム指揮官ポステコグルー、イングランド代表監督の選手起用に意見

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督がユーロ2024でのイングランド代表に感想を述べた。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 グループCの2試合で勝ち点4を稼ぎ、首位に立つイングランド。突破は果たしそうな状況だが、ここまでの2試合ですっきりしない戦いぶりが続き、乏しい内容に眉をひそめるような意見が飛ぶ。 そのなかで、本来の持ち場と異なるポジションで起用するガレス・サウスゲイト監督の試みが1つのトピックに。ポステコグルー監督もそうした起用法に懐疑的な見方をしているようだ。 出演した『ITV』で「イングランドが過去の大会で大きな変更を施し、それがうまくいった例はたくさん知っている。ただ、現時点でそういう状況ではない」とし、こう意見した。 「まずは選手が本来のポジションでプレーする姿が見たい。それからだと思う。中盤を中盤のエリアに、ウインガーをウインガーのエリアに置ければ、そして、それが目指すプレーの仕方なら、少しは安定していくはずだ」 トッテナム指揮官がそう言うイングランドはここまでトレント・アレクサンダー=アーノルドのボランチ起用が続き、キーラン・トリッピアーが左サイドバックでプレー。25日には勝ち点2で3位につけるスロベニア代表との最終戦に臨む。 2024.06.23 17:30 Sun

チェルシーがブラジル新たな宝石“メッシーニョ”を完全移籍で獲得!2025年夏にチェルシー加入予定

チェルシーは22日、パウメイラスに所属するU-17ブラジル代表FWエステヴォン・ウィリアン(17)を完全移籍で獲得することで合意に至ったと発表した。 2007年4月24日生まれのエステヴォンは、18歳の誕生日後に国際移籍が可能となるため、正式な加入は2025-26シーズンとなるとのことだ。 ブラジル人サッカー選手史上最年少となる10歳でナイキと契約した左利きのFWは、クルゼイロのU-17から2021年5月にパウメイラスのU-17に加入。U-15、U-17のパウリスタ州選手権で王者となり、U-17コパ・ド・ブラジルの優勝にも貢献。左利きの右ウインガーで34試合で23ゴールを決めていた。 “メッシーニョ(リオネル・メッシとロナウジーニョから取られた愛称)”とも呼ばれているエステヴォンは、15歳ながらもU-20でのプレーが許可されると、そこでも違いを見せることに。16歳の誕生日を迎え、パウメイラスとプロ契約を結ぶと、2023シーズンの最終節でデビュー。これまでトップチームでは公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストを記録している。 レアル・マドリード加入が内定しているパルメイラスのFWエンドリッキやウェストハム移籍の決まった同クラブのMFルイス・ギリェルメと共に注目を集める“宝石”には、マンチェスター・シティやアーセナル、バイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)ら欧州のビッグクラブから関心を寄せられていた。 なお移籍金に関して、イギリス『BBC』は2900万ポンド(58億6200万円)+出来高ボーナスと明かしている。 2024.06.23 06:45 Sun

記事をさがす

オマリ・ハッチンソンの人気記事ランキング

1

チェルシー保有ハッチンソンにオランダ&ドイツのCL組が関心…今季イプスウィッチで昇格貢献の20歳

チェルシー保有のジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)。レンタル先のイプスウィッチ・タウンでプレミアリーグ昇格に貢献も、夏でイングランドを離れる可能性もあるようだ。 ハッチンソンはイングランド生まれのジャマイカ代表ウインガー。アーセナルの下部組織で育まれたのち、22年7月にチェルシーへ。現在U-21チームに籍を置く一方、今季チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチへレンタル移籍する。 ここではリーグ戦44試合出場10得点6アシスト。シーズンが深まるにつれてジョーカー要員から不動のスタメンとなり、最終的に2部昇格から1年でのプレミア昇格に貢献した。 オランダ『Voetbal International』によると、そんなハッチンソンは今夏フェイエノールトかアヤックスへ完全移籍する可能性があるとのこと。多くの選手を売却したいチェルシーがハッチンソンの完全移籍放出にも前向きなのは間違いないとみられている。 イプスウィッチが買い取りに動くかどうかは現状不明だが、ハッチンソンにはドイツからシュツットガルト、ボルシアMGも関心を寄せているとのことだ。 なお、ハッチンソンとイプスウィッチのレンタル契約は今月31日までとなっている。 2024.05.22 13:05 Wed
2

来季プレミア挑戦のイプスウィッチ、チェルシーからレンタルの20歳FWハッチンソン確保目指す

イプスウィッチ・タウンはジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)をチェルシーから完全移籍で獲得したいようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じた。 今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)の戦いを2位で終え、クラブ22年ぶりのプレミアリーグ挑戦を叶えたイプスウィッチ。リーグ1(イングランド3部)からの2年連続昇格の立役者キーラン・マッケンナ監督は、ビッグクラブからの関心が報じられていたが、2028年6月までの契約延長を果たした。 イプスウィッチでの続投が決まったマッケンナ監督は、チェルシーからレンタル加入のハッチンソンと来シーズンも共に戦うことを望んでいるとのこと。クラブは移籍金2000万ポンド(約40億円)での完全移籍を目指すという。 マッケンナ監督の下、徐々にチーム内での地位を高めた左利きアタッカーのハッチンソンは、最終的に公式戦50試合で11試合6ゴールを記録。リーグ最終節でもネットを揺らすなどイプスウィッチのプレミアリーグ昇格に貢献し、シュツットガルトやアヤックス、フェイエノールトなどから関心を寄せられている。 今夏、多数の選手の放出に動くと予想されるチェルシーは、ハッチンソンの売却にも前向きと見られているが、つい先日、オプション行使によって契約期間を2026年6月まで延長。引き留めに傾いたというよりは、この20歳の価値を守るための動きと考えられている。 2024.05.31 18:43 Fri
3

チェルシー若手ハッチンソンがイプスウィッチで武者修行

チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチ・タウンは21日、チェルシーからジャマイカ代表MFオマリ・ハッチンソン(19)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 チェルシーのアカデミー育ちのハッチンソンは、チャールトン・アスレティック、アーセナルのユースチームでのプレーを経て、昨年7月にチェルシーへ帰還。 高いテクニックと攻撃センスを有する左利きの攻撃的MFは、U-21チームを主戦場としながらも、今年1月5日に行われたプレミアリーグのマンチェスター・シティ戦でファーストチームデビュー。デビューシーズンに公式戦2試合に出場した。 また、これまでは生まれ故郷のイングランドの世代別代表でプレーしていたが、今年3月に行われたトリニダード・トバゴ戦でジャマイカのA代表デビューを飾っている。 2023.07.22 16:28 Sat
4

イプスウィッチが2位でプレミア昇格! 2季連続昇格で2001-02シーズン以来の1部返り咲き【チャンピオンシップ】

チャンピオンシップ(イングランド2部)最終節が4日に行われ、2位を確定させたイプスウィッチ・タウンの2001-02シーズン以来のプレミアリーグ昇格が決定した。 前節終了時点で3位のリーズ・ユナイテッドと3ポイント差の2位に位置していたイプスウィッチ。得失点差で3位チームを下回っており、同時刻開催の最終節では引き分け以上の結果を残すことが自力昇格の条件となっていた。 ホームで行われたその運命の最終節では、すでにフットボールリーグ1(イングランド3部)降格が決定していたハダースフィールド・タウンをホームで迎え撃った。 前半半ばにウェズ・バーンズのゴールで先制に成功すると、後半立ち上がりにはオマリ・ハッチンソンが貴重な追加点を奪取。以降は相手の反撃を危なげなく凌ぎ続け、2-0の勝利。ホームで自力でのプレミア昇格を勝ち取った。 昨シーズンのフットボールリーグ1を2位でフィニッシュし、チャンピオンシップ昇格を果たしたキーラン・マッケンナ率いるチームは、5シーズンぶりのチャンピオンシップの舞台で躍動。リーグ最多92ゴールという攻撃力を武器に、28勝12分け6敗の安定した戦績でレスター・シティに続く2位フィニッシュを果たし、2シーズン連続の昇格で3部から一気に1部への道を駆け上がった。 なお、プレミアリーグ昇格プレーオフに回ったのはリーズ、サウサンプトン、WBA、ノリッジ・シティの4クラブ。また、降格3クラブはMF三好康児在籍のバーミンガム・シティ、DF中山雄太在籍のハダースフィールド、ロザラム・ユナイテッドの3クラブに。 個人ではブラックバーン・ローヴァーズのアイルランド代表MFサミー・スモディクスが27ゴールで得点王に輝いている。 2024.05.04 23:12 Sat
5

イプスウィッチのプレミア昇格に貢献! 20歳FWハッチンソンはチェルシー復帰より残留希望か「それを願っている」

イプスウィッチ・タウンのジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)が、来シーズンもチームに残ることを望んでいる。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 4日、チャンピオンシップ(イングランド2部)の最終節でハダースフィールド・タウンをホームに迎え撃ったイプスウィッチ。ウェールズ代表MFウェズ・バーンズのゴールで前半のうちに先制すると、後半にはハッチンソンがドリブルからゴール左隅にシュートを決め、2-0の勝利で終えた。 レスター・シティが一足先にプレミアリーグ復帰を決めていた中、今回の勝利で2位フィニッシュとなったイプスウィッチは、2001-02シーズン以来22年ぶりとなるプレミアリーグ復帰が決定。昨シーズンのフットボールリーグ1(イングランド3部)からの昇格に続き、2年連続での上位カテゴリー昇格を決めた。 そんな中、シーズンを通してレギュラーの地位を固めていったのがハッチンソン。昨夏チェルシーからイプスウィッチへレンタルで加入すると、キーラン・マッケンナ監督の下で徐々に先発の機会を増やしていき、最終的には公式戦50試合で11ゴール6アシストの結果を残した。 昇格に大きく貢献した上、最終節でふた桁得点に到達した若きアタッカーは、お祝いムードの中で自らの将来についてコメント。現時点では、チェルシー復帰よりもイプスウィッチでのプレミアリーグ挑戦を希望している。 「それ(イプスウィッチ残留)を願っているよ。どうなるだろうね」 「代理人がなんと言うか、監督がなんと言うか、それを確かめてから決めたい。どうなるかはわからないよ。今はただ祝杯をあげたいだけだ」 なお、マッケンナ監督は先月、ハッチンソンについて「彼はレンタル選手に望む全てをもたらしてくれた」とコメント。若さゆえの懸念はあるものの、その素質は間違いないようだ。 「彼は良いレベルに達しているが、まだ本当に若い。ここから一直線にキャリアを進めていくとは限らない」 「だが、彼は本当に高いポテンシャルを秘めているし、そのポテンシャルを発揮するためのメンタリティも非常に優れている」 <span class="paragraph-title">【動画】右足で決めたハッチンソンの今季10点目&身体能力を活かしたセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ip26KcgiUME";var video_start = 71;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.05 19:09 Sun

チェルシーの人気記事ランキング

1

チェルシーがバルサの若手FWを狙う? 契約解除金は10.2億円

チェルシーがバルセロナの若手ストライカーの獲得に関心を持っているという。 新シーズンはエンツォ・マレスカ監督が指揮を執ることが決まっているチェルシー。一方で、財務上の問題もあり、選手の売却などにも動く必要があるとも言われている。 そんな中、今夏の補強候補の1人として浮上したのが、バルセロナに所属するU-19スペイン代表FWマルク・ギウ(18)とのことだ。 カンテラ育ちで187cmの大型ストライカー。バルサ・アトレティックに在籍しているが、2023-24シーズンはラ・リーガで3試合1ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合1ゴールとプレーしていた。 移籍市場に精通するスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏によれば、チェルシーの他にバイエルンも獲得に動いているとのこと。ただ、契約解除金が600万ユーロ(約10億2000万円)と安価のため、獲得に支障はなさそうだ。 一方で、バルセロナも若き才能の残留を望んでいる状況。ギウ本人と新契約について協議中ではあるが、ビッグクラブからの関心も強まっているという。 2024.06.21 22:10 Fri
2

引く手あまたのオリーズがバイエルン行きを決断! 今後はクラブ間交渉が本格化

クリスタル・パレスのU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ(22)がバイエルン移籍を決断したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンは2度の負傷離脱もあり、プレミアリーグで19試合のプレーにとどまったが、10ゴール6アシストとキャリアハイの成績を残したオリーズ。 昨夏、チェルシー行きが取り沙汰された中、最終的にイーグルスとの新たな4年契約にサインしたものの、今夏の移籍市場では再挑戦を狙うブルーズに加え、マンチェスターの両雄、ニューカッスルと錚々たるクラブが獲得に乗り出していた。 ここ最近の報道ではパレスに選手サイドとの交渉の許可を求めたチェルシーがより具体的な動きを見せていたが、6000万ポンド(約121億円)程度とみられる契約解除条項、高額なサラリー面など諸々のコストの支払いが困難と判断し、最終的に撤退を決断した模様だ。 一方、同じく有力な候補に挙がっていたバイエルンはオリーズとの個人間での合意を受け、クラブ間の交渉を本格化させる見込み。現時点で前述の契約解除条項を行使するのか、クラブ間の交渉でより安価な金額で獲得するかは不明だが、移籍の可能性は非常に高いとみられる。 2024.06.22 06:45 Sat
3

やはりルカクはサウジ行きが妥当? 関心寄せるナポリは大金得たとて…

ベルギー代表FWロメル・ルカク(31)はやはりサウジアラビア行きが妥当な線か。 2020-21シーズンのセリエA得点王・ルカク。この時点でインテルの“顔”だったストライカーは、21年夏にクラブの財政状況から売却を迫られたこともあり、チェルシーへ。 21-22シーズンはチェルシーで期待外れに終わり、22-23シーズンはインテルにローン復帰で一定のインパクトも急な心変わりで実質的な喧嘩別れ、23-24シーズンはローマにやはり1年ローンで拾われてそこそこ活躍。 ここ数年の成績はともかく、保有元チェルシーはルカクを売却したいところだが、金銭的な事情により、なかなか完全移籍で買い取ってくれるところがない、というのが現状。無論ローマも買い取り不可能とされる。 そこへサウジ勢とナポリからの関心が。 ファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、ナポリはナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)を売却した場合に限って、ルカク獲得の可能性がわずかに上昇。人気銘柄オシムヘンを売れば、そこそこの金額が懐に入ってくることは想像に難くない。 しかし、前述の通り、ルカク獲得の可能性は極小。 大金を得たとて、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長がチェルシーの希望通り(4300万ユーロ/約72.1億円/リリース条項)に財布の紐を緩めることは、どうしたって考えにくい。 したがって、ルカクは資金力が突き抜け、札束の雨を降らせることに躊躇がないサウジアラビアのトップクラブ行きが、現実的なキャリアのネクストステップか。 ルカクの扱い方をよく知るアントニオ・コンテ新監督がどれだけ望もうとも、デ・ラウレンティス会長が4300万ユーロの支払いを許可することは流石になさそうだが、果たして。 2024.06.17 16:50 Mon
4

移籍金は最大80.4億円? アストン・ビラがチェルシーとオランダ代表DFマートセン獲得で合意か

アストン・ビラがオランダ代表DFイアン・マートセン(22)の獲得に関して、チェルシーと合意したという。イギリス『BBC』が伝えた。 マートセンは左サイドバックとしてプレー。フェイエノールト、スパルタ・ロッテルダム、PSVと母国クラブでユース時代を過ごすと、チェルシーの下部組織に加入。チャールトンやコヴェントリー・シティ、バーンリーへの武者修行を経て、2023年7月にファーストチームに昇格した。 2023-24シーズンはプレミアリーグで12試合に出場するなどしていたが、2024年1月にドルトムントへとレンタル移籍。ブンデスリーガで16試合2ゴール2アシストを記録すると、チャンピオンズリーグ(CL)でも7試合に出場し1ゴールを記録。決勝へ進んだチームを支えてきた。 しかし、ドルトムントはマートセンをなんとか引き止めたかったが、3500万ポンド(約70億3000万円)と見られる移籍金を支払う気がなく、レンタル移籍を打診したがチェルシーに拒否されていた。 アストン・ビラは最大で4000万ポンド(約80億4000万円)になると見込まれる移籍金を支払うことで合意。6年契約を結ぶ可能性があるとされ、メディカルチェックに合格すれば移籍は成立すると見られている。 アストン・ビラは来シーズンのCLに出場するため戦力を補強する必要があり、マートセンをチョイス。現在はユーロ2024にオランダ代表に追加招集されて参加しており、メディカルチェックや契約はまだ先になるとされている。 2024.06.20 08:30 Thu
5

ブラジルの逸材SBペドロ・リマが急転直下のウルブス入り! 先日にチェルシー行き合意報道も…

ウォルバーハンプトンが、チェルシーとの争奪戦を制してスポルチ・レシフェのU-17ブラジル代表DFペドロ・リマ(17)の獲得に成功した。 スポルチ・レシフェは17日、「ペドロ・リマの経済的および連盟的権利を、イングランドのウォルバーハンプトン・ワンダラーズへ譲渡する拘束力のある契約を締結したことを発表した。この契約は、イングランドのクラブが実施するメディカルチェックに対するプレーヤーの承認など、慣例的な条件を条件としている」と、来月1日に18歳の誕生日を迎えるDFの移籍合意を発表した。 ペドロ・リマはスポルチの下部組織出身。右サイドバックでプレーする逸材として注目を集めている。 2024年1月にファーストチームに昇格。今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で7試合に出場。U-17ブラジル代表として、2023年に行われたU-17ワールドカップ(W杯)にも出場していた。 その逸材に関してはレアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、ユベントス、ミラン、アタランタ、PSVなどの関心が報じられていた中、先日にはチェルシーを保有する『BlueCo group』との合意も報じられた。 総額1000万ユーロ(約16億9000万円)の移籍金に加え、イギリスの労働許可証が取得できない場合、系列クラブであるフランスのストラスブールへのレンタル移籍というプランも明かされていたが、急転直下のウルブス行きが決定した。 2024.06.18 06:30 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly