昇格組イプスウィッチがベン・ジョンソンと4年契約! ハッチンソン買取に続く連日の補強

2024.07.01 20:00 Mon
元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)
Getty Images
元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)
イプスウィッチ・タウンが1日、元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)との4年契約締結を発表した。

ベン・ジョンソンはロンドン出身で、少年時代からウェストハムに所属。20-21シーズンにトップチーム昇格後、プレミアリーグ通算69試合に出場する右サイドバックだ。
しかし、ウェストハムで定位置を確固たるものにはできず、とうとう23-24シーズンで契約満了。7月1日付でフリートランスファーとなるなか、同日にイプスウィッチが加入を発表した。

イプスウィッチはクラブとして久々にプレミアリーグへ復帰するなか、トップディビジョンからの補強に注力。30日には、昨季レンタル加入で主軸となったジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)の完全移籍移行に成功した。

イプスウィッチによると、ベン・ジョンソンはすでにチームへ合流しており、選手数名と自主トレーニングに励んでいるとのことだ。

ベン・ジョンソンの関連記事

イプスウィッチ・タウンが、フェネルバフチェからイングランド人FWライアン・ケント(27)の獲得を目指しているという。 24-25シーズンからプレミアリーグに帰ってくる古豪イプスウィッチ。トップディビジョンでの優勝経験はないが、70〜80年代は度々UEFAカップに進出し、78年には決勝戦にてアーセナルを撃破したFAカップで栄冠に輝いた。 来たる1年に向けては、ここまで2選手を獲得。 昨季チェルシーからのレンタル加入でエース格となったジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)について、完全移籍移行に成功。ウェストハムからは元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)をフリー移籍で獲得した。 3人目の補強はトルコからか。 トルコ『Fanatik』によると、イプスウィッチはフェネルバフチェからケントの獲得へ本腰。リバプール産のウインガーは、ジョゼ・モウリーニョ新監督に完全なる構想外とみなされ、チーム練習から除外されているという。 ケントはリバプールの下部組織からトップ昇格後、フライブルクやレンジャーズなどへのレンタル放出を経て、レンジャーズへ完全移籍。昨夏フェネルバフチェへ完全移籍も、ケガで1年の大半を棒に振っていた。 イプスウィッチへの移籍が成立なら、リバプール時代にFA杯1試合しか出番がなかったケントにとって、自身初のプレミアリーグとなる。 2024.07.09 14:00 Tue
ウェストハムは5日、元イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナ(36)の今シーズン限りでの退団を発表した。 2015年7月にユベントスから完全移籍で加入したオグボンナは、在籍9年間で公式戦通算249試合に出場。昨シーズンは公式戦30試合に出場し、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝にも貢献していた。 “アンジェおじさん”の愛称でクラブやファン・サポーターの間で尊敬を集めるディフェンスラインの重鎮だったが、フレン・ロペテギ新体制移行で刷新を図るチームに居場所はなく今季限りでの退団が決定した。 また、クラブ生え抜きのイングランド人GKジョセフ・アナン(23)も同じく契約満了での退団が決定したが、イングランド人DFベン・ジョンソン(24)とU-20イングランド代表FWディヴィン・ムバマ(19)の2選手は契約延長に向けた話し合いを行っている段階にあるという。 2024.06.06 06:00 Thu
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が称賛されている。 4日、プレミアリーグ第26節でブライトンはホームにウェストハムを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。活躍が続いたことで警戒が厳しくなり、リーグ戦ここ2試合は見せ場をほとんど作れていなかった。 この試合では18分にPKを獲得。サイドチェンジをボックス左で完璧にトラップ。相手をかわしてボックスに侵入したところで倒されPKを獲得した。 これで先制したブライトンは1点を追加すると、69分に三笘がゴール。ボックス内右からのパスカル・グロスのグラウンダーのパスに、ファーサイドぎりぎりでスライディングシュート。これが3点目となった。 三笘はこれでリーグ戦6点目。これは日本人のシーズン最多タイの記録となった。 3試合ぶりゴールの三笘に対し、イギリス『Sussex Live』は8点(10点満点)を与え、一対一の仕掛けとゴールを称えた。 「右サイドバックのベン・ジョンソンとのデュエルではかなり説得力を持つ勝利を収めた」 「彼のスピードとドリブルは処理するにはとても熱く、先読みして見事にゴールを決めた」 また、イギリス『Sussex Express』も8点(10点満点)を与え、PK奪取のプレーを褒めている。 「日本のセンセーショナルなゴールの1つ。数週間静かな状態だったが、今日もベストに近づいた。常にそのような脅威を与える」 「先制点に繋がるPKを得た見事なタッチとテクニック。10試合で6ゴールを決めている」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が3試合ぶりゴール!ファンも歓喜爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mblI7xujMNU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">Clinical Kaoru. <a href="https://twitter.com/BrightonTools?ref_src=twsrc%5Etfw">@BrightonTools</a> <a href="https://t.co/NPJvRPXumI">pic.twitter.com/NPJvRPXumI</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1632138850305986561?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.05 11:05 Sun
ウェストハムの最終ラインに緊急事態が発生しているようだ。イギリス『ガーディアン』がフランス人DFイサ・ディオプの長期離脱の可能性を報じた。 ウェストハムはここまでの戦いにおいて、DFアンジェロ・オグボンナがヒザ前十字じん帯断裂の重傷、ここ最近に入ってDFクル・ズマが足首の負傷によって今シーズン中の復帰が絶望的に。 さらに、17日に行われたプレミアリーグ第33節のバーンリー戦ではディオプが試合中に足首を負傷。最終的にフル出場した同選手だったが、試合後に行われた精密検査の結果、足首のじん帯の損傷が判明。現時点では8週間程度の離脱が見込まれている。 そして、ディオプの離脱によってウェストハムは、今後のトップ4争い、準決勝進出を果たしているヨーロッパリーグ(EL)の二足の草鞋を履く中で、本職のセンターバックがDFクレイグ・ドーソンのみに。 そのため、今後の戦いで4バックを継続する場合はドーソンを軸に本職サイドバックのDFアーロン・クレスウェル、DFベン・ジョンソンをスライドさせる形で起用するか、センターバックでもプレー可能なMFデクラン・ライス、MFアレックス・クラルのコンバート。トップチームでのほぼ経験がないDFジャマル・バプティスト、DFアジ・アレセらユースの若手を抜擢する形で乗り切る必要がある。 あるいはサイドバックを両脇に置く3バックへの変更を強いられることになる。 2022.04.19 23:17 Tue
ウェストハムは7日、フランス代表DFクル・ズマの負傷情報を更新した。 ズマは4日に行われたプレミアリーグ第15節のチェルシー戦で負傷。スプリントをかけた際にハムストリングを痛め、古巣戦で交代を余儀なくされていた。 クラブはすでに回復プログラムを開始していると伝えているが、具体的な離脱期間は明らかにしなかった。イギリス『イブニング・スタンダード』は回復に数カ月かかる可能性があるとしている。 ウェストハムはまた、同じくチェルシー戦で負傷したイングランド人DFベン・ジョンソンもハムストリングを負傷したことを報告。ズマのケガより軽度とのことだ。 なお、同クラブでは元イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナが11月に右ヒザ前十字じん帯を損傷し、長期離脱となっている。 2021.12.07 20:37 Tue

記事をさがす

ベン・ジョンソンの人気記事ランキング

1

補強着々の昇格組イプスウィッチ…次なる新戦力はモウリーニョに構想外を言い渡されたライアン・ケントか

イプスウィッチ・タウンが、フェネルバフチェからイングランド人FWライアン・ケント(27)の獲得を目指しているという。 24-25シーズンからプレミアリーグに帰ってくる古豪イプスウィッチ。トップディビジョンでの優勝経験はないが、70〜80年代は度々UEFAカップに進出し、78年には決勝戦にてアーセナルを撃破したFAカップで栄冠に輝いた。 来たる1年に向けては、ここまで2選手を獲得。 昨季チェルシーからのレンタル加入でエース格となったジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)について、完全移籍移行に成功。ウェストハムからは元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)をフリー移籍で獲得した。 3人目の補強はトルコからか。 トルコ『Fanatik』によると、イプスウィッチはフェネルバフチェからケントの獲得へ本腰。リバプール産のウインガーは、ジョゼ・モウリーニョ新監督に完全なる構想外とみなされ、チーム練習から除外されているという。 ケントはリバプールの下部組織からトップ昇格後、フライブルクやレンジャーズなどへのレンタル放出を経て、レンジャーズへ完全移籍。昨夏フェネルバフチェへ完全移籍も、ケガで1年の大半を棒に振っていた。 イプスウィッチへの移籍が成立なら、リバプール時代にFA杯1試合しか出番がなかったケントにとって、自身初のプレミアリーグとなる。 2024.07.09 14:00 Tue
2

昇格組イプスウィッチがベン・ジョンソンと4年契約! ハッチンソン買取に続く連日の補強

イプスウィッチ・タウンが1日、元U-21イングランド代表DFベン・ジョンソン(24)との4年契約締結を発表した。 ベン・ジョンソンはロンドン出身で、少年時代からウェストハムに所属。20-21シーズンにトップチーム昇格後、プレミアリーグ通算69試合に出場する右サイドバックだ。 しかし、ウェストハムで定位置を確固たるものにはできず、とうとう23-24シーズンで契約満了。7月1日付でフリートランスファーとなるなか、同日にイプスウィッチが加入を発表した。 イプスウィッチはクラブとして久々にプレミアリーグへ復帰するなか、トップディビジョンからの補強に注力。30日には、昨季レンタル加入で主軸となったジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)の完全移籍移行に成功した。 イプスウィッチによると、ベン・ジョンソンはすでにチームへ合流しており、選手数名と自主トレーニングに励んでいるとのことだ。 2024.07.01 20:00 Mon
3

「今日はベストに近い」久々に活躍見せた三笘薫を地元紙も称賛、警戒された一対一にも「説得力を持つ勝利」と称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が称賛されている。 4日、プレミアリーグ第26節でブライトンはホームにウェストハムを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。活躍が続いたことで警戒が厳しくなり、リーグ戦ここ2試合は見せ場をほとんど作れていなかった。 この試合では18分にPKを獲得。サイドチェンジをボックス左で完璧にトラップ。相手をかわしてボックスに侵入したところで倒されPKを獲得した。 これで先制したブライトンは1点を追加すると、69分に三笘がゴール。ボックス内右からのパスカル・グロスのグラウンダーのパスに、ファーサイドぎりぎりでスライディングシュート。これが3点目となった。 三笘はこれでリーグ戦6点目。これは日本人のシーズン最多タイの記録となった。 3試合ぶりゴールの三笘に対し、イギリス『Sussex Live』は8点(10点満点)を与え、一対一の仕掛けとゴールを称えた。 「右サイドバックのベン・ジョンソンとのデュエルではかなり説得力を持つ勝利を収めた」 「彼のスピードとドリブルは処理するにはとても熱く、先読みして見事にゴールを決めた」 また、イギリス『Sussex Express』も8点(10点満点)を与え、PK奪取のプレーを褒めている。 「日本のセンセーショナルなゴールの1つ。数週間静かな状態だったが、今日もベストに近づいた。常にそのような脅威を与える」 「先制点に繋がるPKを得た見事なタッチとテクニック。10試合で6ゴールを決めている」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が3試合ぶりゴール!ファンも歓喜爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mblI7xujMNU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">Clinical Kaoru. <a href="https://twitter.com/BrightonTools?ref_src=twsrc%5Etfw">@BrightonTools</a> <a href="https://t.co/NPJvRPXumI">pic.twitter.com/NPJvRPXumI</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1632138850305986561?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.05 11:05 Sun
4

ハマーズ在籍9年のオグボンナが退団…ベン・ジョンソンら2選手と延長交渉中

ウェストハムは5日、元イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナ(36)の今シーズン限りでの退団を発表した。 2015年7月にユベントスから完全移籍で加入したオグボンナは、在籍9年間で公式戦通算249試合に出場。昨シーズンは公式戦30試合に出場し、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝にも貢献していた。 “アンジェおじさん”の愛称でクラブやファン・サポーターの間で尊敬を集めるディフェンスラインの重鎮だったが、フレン・ロペテギ新体制移行で刷新を図るチームに居場所はなく今季限りでの退団が決定した。 また、クラブ生え抜きのイングランド人GKジョセフ・アナン(23)も同じく契約満了での退団が決定したが、イングランド人DFベン・ジョンソン(24)とU-20イングランド代表FWディヴィン・ムバマ(19)の2選手は契約延長に向けた話し合いを行っている段階にあるという。 2024.06.06 06:00 Thu

イプスウィッチの人気記事ランキング

1

サーレマーケルスにプレミア3クラブも関心…低コストで獲得可能な優良銘柄

プレミアリーグの3クラブが、ミランのベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(25)に関心を寄せているという。 得点関与に課題がある故、ミランで重要な存在になりきれず、昨季ボローニャへレンタル放出されたサーレマーケルス。CL切符に貢献してミラノへ帰ってきたが、パウロ・フォンセカ新体制に居場所を確保するのは難しいとされる。 ともあれ年俸が高くなく、獲得コストも低いと見積もられているため、チアゴ・モッタ新監督のユベントス、またアタランタから関心が。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ここにきてイングランドからノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、イプスウィッチ・タウンもサーレマーケルスに興味。 同選手は現在ミランで練習再開も、ミランは各クラブとの意見交換を積極的に進めているとのこと。売却益を1000万〜1500万ユーロ(約17.2億〜25.9億円)と見込みつつ、1200万ユーロを超えることはまずないとされている。 2024.07.17 13:40 Wed
2

シティFWデラップが昇格組イプスウィッチに完全移籍…父は「ロングスローの世界的名手」

イプスウィッチ・タウンは13日、マンチェスター・シティからU-21イングランド代表FWリアム・デラップ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 なお、イギリス『フットボール・インサイダー』によると、同じく昇格組のサウサンプトンとの争奪戦を制したイプスウィッチは移籍金1500万ポンド(約30億7000万円)を支払うことになるという。 「ロングスローの世界的名手」として名を馳せた“強肩”ロリー・デラップ氏の長男、リアム・デラップ。2019年に16歳でシティの一員となり、現在はU-21チームに籍を置く。 これまで通算8試合に出場したものの、ファーストチームへの正式昇格は叶わず、これまではストーク・シティ、プレストン、昨シーズンはハル・シティへ武者修行に出ていた。 そして、186cmのストライカーはそのハル・シティでチャンピオンシップ(イングランド2部)で31試合8得点の数字を残していた。 世界屈指の強豪を離れてプレミアリーグ昇格組を新天地に選択した21歳の若武者は、クラブ公式チャンネルを通じて意気込みを語っている。 「本当に興奮しているよ」 「クラブの雰囲気やプレーヤーやスタッフの働き方について、良い話をたくさん聞いた。だからこそ、ここに来られて興奮しているんだ」 「監督はエキサイティングなフットボールを志向している。それは速くて激しいもので、個人的に楽しみにしているんだ。ゴールやアシストを決めて、チームに貢献できるよう全力を尽くすよ」 2024.07.13 18:57 Sat
3

昇格組イプスウィッチがハル・シティからグリーブスを獲得!高さと強さが魅力の若手CBは「契約できて本当に嬉しい」

イプスウィッチ・タウンは12日、ハル・シティからイングランド人DFジェイコブ・グリーブス(23)が完全移籍で加入すると発表した。契約期間は2029年夏までの5年契約となる。 グリーブスは193cmの高さと屈強なフィジカルを誇る左利きセンターバック。ケガの少なさも長所の一つで、過去3年間ケガによる欠場はなく、昨シーズンも公式戦43試合に出場した。 そんなグリーブスはプレミアリーグ未経験ながら、各クラブが関心。以前はトッテナムやエバートンの接触が噂されたほか、今夏の移籍市場ではウェストハムも交渉中と報じられていた。 そんな中でイプスウィッチへの移籍を決断し、初のプレミアリーグに挑むことになるグリーブスは、クラブ公式で喜びを露わにしている。 「契約できて本当に嬉しいよ。クラブが僕に関心があると聞いたときから、移籍を実現させたいと思っていた。移籍が成立した今、本当に嬉しい」 「(監督の)キーランとは何度か話をしたけど、その会話もあってここでの将来がとても楽しみになった。戦術、プレースタイル、ピッチ外での生活について話したけど、全部が適切なものだったんだ」 「プレミアリーグにステップアップする機会を得て興奮している。始めるのが待ちきれないよ」 なお、移籍金については非公表とされているが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は1800万ポンド(約36億9000万円)と伝えている。 2024.07.13 10:00 Sat
4

シティU-23のリアム・デラップがイプスウィッチに完全移籍へ! 強肩ロリー・デラップの長男

イプスウィッチ・タウンがマンチェスター・シティからU-21イングランド代表FWリアム・デラップ(21)を完全移籍で獲得する。 「ロングスローの世界的名手」として名を馳せた“強肩”ロリー・デラップ氏の長男、リアム・デラップ。2019年に16歳でシティの一員となり、現在はU-23チームに籍を置く。 過去に8試合出場したトップチームへの正式昇格は叶っておらず、これまでに今なお父が敬愛されるストーク・シティ、プレストン、そして昨季はハル・シティへ武者修行に。 23-24シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で31試合8得点をマークしたなか、イギリス『フットボール・インサイダー』によると、プレミアリーグ昇格のイプスウィッチが完全移籍でデラップを獲得するという。 移籍金は1500万ポンド(約31.1億円)で、アドオン500万ポンド(約10.3億円)付き。同じく昇格組のサウサンプトンと争奪戦になるも、シティを納得させたのはイプスウィッチだ。 デラップはすでにメディカルチェックを済ませたとされ、現地時間11日か12日にシティからの完全移籍加入が発表されるとのことだ。 2024.07.11 14:30 Thu
5

イプスウィッチが新守護神獲得…降格バーンリーからコソボ代表GKムリッチ加入

イプスウィッチ・タウンは17日、バーンリーからコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年となる。 ムリッチはグラスホッパーの下部組織出身で、2015年3月にマンチェスター・シティのアカデミーに加入。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、同クラブでは通算5試合に出場した。 一方で、これまでNACブレダ、ノッティンガム・フォレスト、ジローナ、ヴィレムII、アダナ・デミルスポルと国内外のクラブへのレンタル移籍を経験。その後、2022年夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したバーンリーへ完全移籍した。 バーンリーでは加入1年目で正GKを務め、クラブのチャンピオンシップ優勝と共に1年でのプレミアリーグ復帰に貢献。ただ、昨シーズンはGKジェームズ・トラッフォードとのポジション争いに敗れ、プレミアリーグの出場はほぼ降格が決まっていた終盤戦の10試合に限られた。 コソボ代表でここまで38キャップを刻む経験豊富な25歳GKは、新天地での意気込みを語った。 「昨シーズンのチームのプレーを見て、そのスタイルが自分にとても合っていると感じたいたし、これは僕にとって完璧な移籍だ」 「監督たちと良い話し合いができた。クラブがプレミアリーグに昇格する中、ここが自分にとって最適な場所だと信じているよ」 なお、イプスウィッチでは昨季限りで退団した守護神ヴァツラフ・フラドキーの後釜を担う。 2024.07.17 21:47 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly