夏のマドリー加入内定・17歳エンドリッキ、年末までブラジル残留案も

2024.02.22 19:15 Thu
“ポスト・ネイマール” エンドリッキ
Getty Images
“ポスト・ネイマール” エンドリッキ
レアル・マドリーとパウメイラスが、水面下でブラジル代表FWエンドリッキ(17)に関する協議を再開したようだ。
PR
2024年夏のマドリー加入が内定しているエンドリッキ。日本なら高校2年生の17歳でブラジル代表に定着する“ポスト・ネイマール”は、現在ブラジル1部王者のパウメイラスでエースとして活躍中だ。
スペイン『Fichajes』によると、マドリーは7月で18歳を迎えるエンドリッキを予定通り2024-25シーズン開幕からの新戦力として迎え入れる意向だが、パウメイラスには違うプランがあるという。

ブラジルの国内リーグは日本(Jリーグ)と同じく“春秋制”。パウメイラスにとって2024年夏のエンドリッキ退団は、シーズン途中のエース流出を意味し、12月までレンタル移籍の形で残留させられないか、ここ1〜2日でマドリーに打診したとのことだ。

2024年夏の移籍契約がある以上、それ以降の選択権はマドリーが持つ。パウメイラスとしては、エンドリッキ引き留めが叶わないなら叶わないでよいとのことで、予定通り夏のマドリー行きが既定路線とみられている。
エンドリッキと同じタイミングでの、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の加入にも近づいているマドリー。ムバッペとエンドリッキの共演ならまさにドリームチームだが、果たして。

PR
関連ニュース

【CL準々決勝プレビュー】初戦同様の打ち合いか、痺れるロースコアか…シティとマドリーの4強懸けた第2戦

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーが、日本時間17日28:00にシティ・オブ・マンチェスタ-・スタジアムでキックオフされる。ゴラッソの応酬の末に壮絶なドローゲームを演じた優勝候補同士による、ベスト4進出を懸けた第2ラウンドだ。 先週にサンティアゴ・ベルナベウで行われた1stレグは3-3のドローに終わった。前半開始直後にベルナルド・シウバの直接FKでアウェイチームが先制したものの、ホームチームもオウンゴールとロドリゴのゴールですぐさま逆転。以降はマドリーが試合の主導権を握ったが、シティが後半半ばにフォーデン、グヴァルディオルの見事なミドルシュートで再逆転。しかし、マドリーもバルベルデの圧巻のダイレクトボレーで追いつき、イーブンの状況で初戦を終えた。 2度のリードを守り切れなかったが、難所でのドローと悪くない結果でマンチェスターに帰還したシティズンズ。先週末のルートン・タウンとのホームゲームではロドリ、フォーデン、ベルナルド・シウバ、グリーリッシュらに完全休養を与えた中、コバチッチとグヴァルディオルのクロアチア代表コンビの今季リーグ戦初ゴールの活躍によって5-1の快勝。リーグタイトルを争うアーセナル、リバプールがいずれも敗れたことで、首位奪還に成功し、最高の状態で今回の大一番を迎えた。 一方、先勝を逃したが、2度追いついてドローに持ち込んだマドリー。直近のリーグ戦ではマジョルカ相手にカルバハル、クロース、ロドリゴ、ヴィニシウスらを温存して臨んだ中、チュアメニの強烈なミドルシュートで奪ったゴールを最後まで守り抜いてウノセロ勝利。やや苦戦を強いられたが、きっちり勝ち点3を積み上げて次節のエル・クラシコを8ポイント差で迎えることになった。過去のシティとの対戦においてアウェイゲームは3試合全敗と厳しい戦績となっているが、大会最多王者の勝負強さを発揮して敵地で4強入りを決めたいところだ。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240416_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ディアス、グヴァルディオル MF:ロドリ、ベルナルド・シウバ MF:フォーデン、デ・ブライネ、グリーリッシュ FW:ハーランド 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関して欠場者はいないが、ウォーカーとアケの状態が懸念される。 スタメンは1stレグをベースに、オルテガとアカンジ、コバチッチに代えてエデルソン、ウォーカー、デ・ブライネの主力3人の復帰を予想。ウォーカーが難しい場合はアカンジが引き続き右サイドバックに入る見込みだ。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240416_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ルニン DF:カルバハル、ナチョ、リュディガー、メンディ MF:カマヴィンガ、クロース MF:バルベルデ、ベリンガム、ロドリゴ FW:ヴィニシウス 負傷者:GKクルトワ、DFアラバ 出場停止者:MFチュアメニ(1/1) チュアメニが累積警告で出場停止に。負傷者はクルトワ、アラバのみが不在となる。 直近2試合では[4-2-3-1]の布陣で臨んでおり、今回の一戦でも同様の戦いが予想される。その中で前線の立ち位置に注目したいところだ。なお、チュアメニの代役に関しては長期離脱明けのミリトン起用を望む声もあるが、直近のマジョルカ戦では試合最終盤の数分間のみのプレータイムとなっており、時期尚早だ。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240416_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アクシデントで欠場となった前回対戦の悔しさを力に。先週の1stレグではクリスタル・パレス戦での2ゴール1アシストの活躍もあってキーマンの一人と目されたが、試合当日の体調不良で無念の欠場となった。それだけに今回の一戦に懸ける思いは誰よりも強いはずだ。 1stレグでは代役を担ったコバチッチがハードワークを見せた一方、アタッキングサードではアイデア、精度を欠いて攻撃が停滞した印象があり、この試合では消化不良に終わった主砲ハーランドの再生と共にグリーリッシュやフォーデン、ベルナルド・シウバと有機的なコンビネーションによってゴールへの道筋をリードしていきたい。また、高精度のプレースキックから決定機を演出したいところだ。 ◆レアル・マドリー:DFアントニオ・リュディガー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240416_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 怪物との第2ラウンドも制することができるか。敵地での勝利が必須条件となり、ヴィニシウスや母国帰還のベリンガムといった攻撃陣のパフォーマンスが重要になることは間違いない。だが、同時に主力の復帰で破壊力を増す相手の攻撃をいかに封じ込めるかが、突破のカギを握る。 その中で前回対戦では相手のエースストライカーであるハーランドとのマッチアップにおいて、完璧なパフォーマンスを見せたドイツ代表DFにかかる責任は非常に大きい。 相棒がフィジカル面で劣るナチョに変わる点に加え、デ・ブライネの復帰によってホットラインを築くハーランドの動きの質、チーム全体のボールの収まりも改善されるため、守備者としてより多くの選択肢を考慮に入れながら、より強力となった怪物FWを封じるという困難なタスク遂行を図る。 2024.04.17 18:30 Wed

PSGでのCL制覇が夢だと語るムバッペ「4強進出が将来の決断に影響? ノー、ノー、ノー」

フランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の今夏去就を巡る考えは変わらずのようだ。 今季をもってパリ・サンジェルマン(PSG)を離れ、レアル・マドリー移籍が有力視されるムバッペ。今季も公式戦42試合で41得点9アシストの数字が物語るとおり、PSGの絶対的中心だが、ルイス・エンリケ監督からはすでに移籍を匂わす発言がたびたび聞かれ、不穏な空気が漂う。 そのなか、PSGはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝まで勝ち進み、ホームでの1stレグを2-3で落としたものの、16日に行われた敵地でのリターンレグを4-1で勝利。この2ndレグも先制を許す苦しい入りだったが、2戦合計6-4で3季ぶりのベスト4進出を決めた。 3トップの中央で先発したムバッペも61分のPK弾に89分のダメ押し弾で活躍。スペイン『マルカ』によると、その試合後のミックスゾーンで去就に関する質問も飛んだようで、「この勝利が自身の将来を巡る決断に影響する可能性は?」との問いにこう返したという。 「ノー、ノー、ノー。僕は(PSG入りの)初日からここにいるのを誇りに思っている。このクラブでプレーしたり、母国の首都クラブを代表するのは誇りだし、ここで育った僕にとって、パリジャンとして、こんな夜を過ごせるのは特別なことだ。僕らは新たな一歩を踏み出したわけだけど、冷静でいないとね。僕の夢はPSGでCLを制することだ」 2024.04.17 17:45 Wed

アンチェロッティ監督は昨季完敗の地で2ndレグも臆せず 「明日の試合だけを考えればいい」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が平常心を強調した。スペイン『マルカ』が報じている。 チャンピオンズリーグ準々決勝でマンチェスター・シティと激突のレアル・マドリー。ホームでの1stレグでは3-3の打ち合いを演じ、17日に敵地でのリターンレグに挑む。 運命の2ndレグが迫り、緊張感も高まるが、前人未到のCL通算200試合を指揮するアンチェロッティ監督は不安なく挑めると話す。 「眠れないことなどない。今夜、食べ過ぎたらよく眠れなくなるかもしれないがね。我々は良い状態だし、私からそれを奪うものなど何もないよ」 レアル・マドリーからすると、シティのホームは昨季の準決勝2ndレグで0-4の完敗を喫した地だが、イタリア人指揮官は自信をうかがわせた。 「どの統計も人によって好きなような見方ができる。そうしたものは破れるようにできている」 「レアル・マドリーが勝ったことがないといっても、勝った試合だってたくさんある。過去を振り返る必要なんてないし、明日の試合だけを考えればいい」 「競い、戦い、自信を持つんだ。(1stレグの)結果は互角の戦いだったが、残り90分でも何が起こるかわからない」 「我々も問題を引き起こすだけのクオリティを見つける自信がある」 2024.04.17 16:35 Wed

「怖いと言えば嘘になる」 グアルディオラ監督がレアル・マドリーとの再戦に

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が恐れなしを強調した。アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』が伝えている。 連覇がかかるチャンピオンズリーグ(CL)で準々決勝まで勝ち進み、レアル・マドリーと激突のシティ。敵地での1stレグでは強者同士らしく3-3と互いに譲らず、17日にホームでのリターンレグを迎える。 1stレグではCL最多14度の優勝回数が物語るように、シティにも負けず劣らずの強さを感じさせたレアル・マドリーだが、グアルディオラ監督は恐怖心なしと言い放った。 「私は彼らを恐れたりなんてしていない。尊敬はしているがね。彼らとは何度も対戦しているし、レアル・マドリーを尊敬しているが、彼らのことが怖いと言えば、それは嘘になる」 また、「ライバル関係であり、彼らに勝って、良い結果を出したい」とし、ただただ勝利を目指してぶつかっていくのみだと語った。 「勝つときがあれば、負けるときもある。だが、彼らを恐れたりなんてしていないし、彼らが勝ったら…そのときはこれまでのように『おめでとう』と言って、健闘を祈るだけだ」 ここを乗り越えれば、プレミアリーグでも首位返り咲きを果たした今、2シーズン連続のトレブルに近づくシティだが、結果やいかに。 2024.04.17 15:40 Wed

マジョルカ、チュアメニに対するサポーターの人種差別行為を確認…特定へ関係各所との協力を明かす

マジョルカが、レアル・マドリー戦におけるフランス代表MFオーレリアン・チュアメニに対する自サポーターの人種差別事件に関して声明を発表した。 13日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われたラ・リーガ第31節のマジョルカvsレアル・マドリーは、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。 後半序盤にその決勝点を挙げたチュアメニのゴールセレブレーションの際には、マジョルカサポーターと思われる若者が猿のようなジェスチャーをしている様子が中継映像に映っていた。さらに、この直後にはスタンドからピッチへペットボトルが投げ込まれ、マドリーの選手たちが主審にアピールを行っていた。 そういった中、マジョルカは14日に今回の事件に関する声明を発表し、当該行為を行ったサポーターの特定に向けて関係各所と協力していることを明かした。 「昨日のマジョルカvsレアル・マドリーの試合で、人種差別的なジェスチャーをする画像が確認されました。クラブはフットボールにおける暴力に対する規約を発動しており、国家警察と協力して当該人物の身元を特定しています」 「マジョルカは人種差別のいかなる表明も容認せず、今後も容認せず、スポーツを超えたこの惨劇を根絶するためのあらゆるキャンペーンに積極的に参加します」 「ファンの模範的な行動には改めて感謝します。孤立した事件によってマジョルキニスモの敬意とスポーツマンシップが損なわれないようにしましょう」 なお、同カードにおける人種差別事件は今回が初めてではなく、昨年にソン・モイシュで行われた一戦ではブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対する人種差別行為が確認され、当該行為を行ったサポーターは憎悪犯罪で告発された。そして、マジョルカは当該人物に3年間のスタジアム入場禁止処分を科していた。 2024.04.15 08:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly