「今季を象徴」 バルサが敵地で先制も引き分けに…チャビが語る欠如した部分とは?

2024.02.22 09:30 Thu
バルセロナがナポリと1-1のドロー。
Getty Images
バルセロナがナポリと1-1のドロー。
バルセロナが21日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのナポリ戦に臨んだ。
PR
0-0で折り返した試合を60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで動かしたバルセロナだが、75分にビクター・オシムヘンの同点弾を被弾。昨季のセリエA王者との1stマッチは1-1に引き分けに終わり、12日にバルセロナのホームでリターンレグを迎える運びとなった。
『UEFA.com』によると、バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督はこう振り返っている。

「我々はもっと値した。作戦はうまくいって、1-0でリードしたんだ。欠けたのはあのスコアラインの厳しい試合を落ち着いてコントロールする力だった」

「試合を眠らせなかった。これがCLであると忘れてはいけない。ボールを握り、相手陣内に運んでいくべきだった。全体的に良い戦いぶりではあったがね」
「チャンスはもっとあった。良いトランジションもできたし、この試合の大部分が我々のイメージどおり、計画どおりに進んだのには満足だよ」

「ファンの前で突破するために大きな一歩を踏み出すだろう」

追いつかれてのドローは悔やまれるが、指揮官も「そうだね。バルセロナに持ち帰るには良い結果じゃない。勝てるはずなのに勝てなかったというのは今季を象徴している」と話した。

一方で、「あのようなプレーをすれば、負けるよりも勝つ方がずっと多いだろう」とも。ラ・リーガの連覇も険しい道となり、このCLに力を注ぎたいバルセロナだが、次のラウンドに勝ち進めるか。

PR
関連ニュース

「主審は最悪だった」退席処分となったチャビ監督、退席に繋がった激昂した行動が話題に「なんて感情的な」「またやっている…」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がご乱心だ。 16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでバルセロナはホームにPSGを迎えた。アウェイでの1stレグで2-3と勝利していたバルセロナ。引き分け以上の結果であれば、ベスト4に進出できる状況だった。 すると試合は、12分にハフィーニャが先制ゴールを記録。2戦合計で2点リードを手にしたが、DFロナルド・アラウホが29分にDOGSOで一発退場し数的不利となる。 すると40分にウスマーヌ・デンベレにゴールを決められると、54分にはヴィティーニャにゴールを許し同点に。61分にはPKを与えてしまい、キリアン・ムバッペに決められ逆転を許すと、終盤にもムバッペにダメ押しゴールを決められ勝負あり。2戦合計4-6で逆転負けを喫し、ベスト8で敗退となった。 まさかのホームで逆転負けを喫したバルセロナ。チャビ監督は56分に退席処分を命じられていた。 チャビ監督はピッチ上でのジャッジに対して不満を募らせていると、第4審の前にあるプロテクションの1つを思い切り蹴り上げ、主審に向かって何かを口にしていた。 当然この行為は処分の対象に。チャビ監督は退席処分を言い渡されてベンチを後に。その後2つのゴールを決められ、チームは敗退となった。 チャビ監督は試合後、「シーズンのすべての仕事はこの主審の判断によって終わる」と激怒し、「主審は最悪だった。私は彼にそれは非常に悪かったと伝えた」と批判。追加の処分が出るかもしれないが、チームの苦しさを示す結果となってしまった。 ファンは「なんて感情的な」、「DFよりも多くレッドカードを受けている」、「落ち着いてくれ」、「またやっているのか」、「12人を相手にしていたな」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】激昂したチャビ監督が第4審の目の前で“アレ”を蹴り上げ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C51vFitMsVJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C51vFitMsVJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C51vFitMsVJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports(@tntsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.17 12:30 Wed

「失望という言葉がぴったり」逆転負けでCL敗退…落胆のテア・シュテーゲンはアラウホ退場について「あの位置でファウルなら…」

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退への失望感を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 テア・シュテーゲンは、16日にホームで行われたCL準々決勝2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)で先発。敵地の1stレグを3-2で制したチームは、12分にFWハフィーニャのゴールで先制して圧倒的有利な立場に。しかし、29分にDFロナルド・アラウホが決定機阻止で一発退場になると状況は一変。前半こそ1失点で抑えたものの、後半はPSGの攻撃を防ぎきれず3失点を許し、1-4で敗れた。 この結果、2戦合計スコア4-6でCL準々決勝敗退となったテア・シュテーゲンは、試合後にアラウホの退場は妥当だったとしつつ、試合に大きく響いたことを認めている。 「今日は突破が可能な試合だったからこそ、失望という言葉がぴったりだ。PSGがどのように試合に臨むかは予想できていた。そして、僕たちは30分後に1人少ない状況になってしまったんだ」 「(アラウホの退場は)ミスだと言いたくはないし、ボールを奪いに行きたかった。ただ、そこでファウルとなれば退場にならなければならない。そしてアラウホのプレーは、ファウルとなる可能性があるものだった」 「40分に失点せず、1-0の状況のままでハーフタイムを迎えればチャンスはあったかもしれない。そして彼らが3点目を決めたとき、僕たちはもっと多くのリスクを負うべきだった。だが結局は相手の前線のクオリティが高く、すべての攻撃が危険だったんだ。彼らは僕たちから4点を奪ったが、それを受け入れるのは難しいね」 2024.04.17 11:50 Wed

逆転敗退を招いた数的不利の戦い…クンデ「1人少ないとすべてが難しくなる」

バルセロナのフランス代表DFジュール・クンデが数的不利の戦いを悔やんだ。 準々決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と激突したバルセロナは敵地での1stレグで3-2と先勝し、16日にホームでの2ndレグに。この2ndレグでも12分にブラジル代表FWハフィーニャのゴールで先制に成功したが、1-4とやり返され、逆転での敗退が決まった。 29分にウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが一発退場を強いられてから4失点の事実からしても1人少ない戦いが痛かったが、右サイドバックでフル出場したクンデもフランス『Canal+』で退場者を出す展開に落胆した。 「70分間も10人と11人でああいう選手、チームを相手に戦うのは難しいもの。トライして、チャンスもあったけど、1人少ないとすべてが難しくなる」 25歳DFはまた、「2試合を通じた戦いで自軍がもっと報われるべきだったか?」と問われると、「値したかどうかじゃなく、結局はディテールだ」とした。 「1stレグでは素晴らしいパフォーマンスをして、素晴らしい結果を掴んだ。今夜も良い入りだったけど、勝つときがあれば、負けるときもある」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】バルセロナvsパリ・サンジェルマン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8_5S8uBq8fI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 11:35 Wed

「グループ全体の勝利」2ゴールでバルサ撃破に貢献したムバッペ、悲願のCL制覇へ「全てを捧げ、後悔なく」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、バルセロナ戦の勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでPSGはアウェイでバルセロナと対戦した。 ホームでの1stレグで2-3と敗れていたPSG。逆転突破には最低でも勝利が必要であり、2点差以上での勝利でそのまま突破が決まる状況だった。 しかし、12分にハフィーニャにゴールを許し失点。2戦合計で2点ビハインドと苦しい状況に立たされるが、バルセロナのDFロナルド・アラウホが29分で退場。数的有利になる。 すると40分にウスマーヌ・デンベレのゴールが決まり2戦合計1点差となると、54分にヴィティーニャのゴールが決まり同点に。61分にはムバッペがPK決めて逆転。さらに89分にもムバッペがダメ押しし、2戦合計4-6で見事に逆転でベスト4進出を果たした。 2ゴールを記録し、逆転でのベスト4進出に貢献したムバッペはアウェイでの勝利を信じて準備してきたと語り、クラブ全体の勝利だと喜んだ。 「僕たちはとても幸せだ。本当に幸せだ。もちろん僕たちは勝ちたいと思っていた。ここに来て勝つという考えを持って6日間取り組んできた。そして、これはグループ全体の勝利だ」 「僕たちは全員、クラブの舞台裏にいる全ての人々を祝福しなければならない。もちろん、スタッフや選手、僕たちはステージの上にいるけど、実際にクラブ全体が悲しみを持って帰る訳にはいかないという考えでこの戦い人供えてきた。その資格を持って帰国できることをとても嬉しく思う」 また準決勝の相手はグループステージでも対戦したドルトムント。2試合で1勝1分けという結果だったが簡単ではないとした。 「そしてウェンブリーの決勝に向けて、もう一歩、また一歩ある。今度はドルトムントと対戦する。すでにグループリーグで対戦しているのでとても難しいけど、初戦で勝利できるように頑張りたいと思う」 この試合ではアウェイでも多くのサポーターが後押しし、チームの勝利に貢献してくれた。ムバッペは、しっかりとファン・サポーターもこの勝利を噛み締めてほしいと語り、また応援してもらえるようにやっていくとした。 「サポーターは大きな話だ。みんなこれに値すると思う。みんなに全てが値する。たくさんの失望や、とても悲しい瞬間がたくさんあったことを僕は知っているけど、彼らはこの幸せの瞬間を受け取るに値すると思っている」 「全てのサポーターへのメッセージだ。楽しんでもらいたい。もちろん分別を持って、自分と家族の世話をしよう。でも、みんなはこれに値するから、しっかりと楽しんでもらいたい。みんなが苦しんでいることはわかっているけど、僕たちはここにいる。そしてそれを最大限活用している」 「僕たちは集中力を維持し、目標に向かってまっすぐに歩み続ける義務がある。でも、中途半端な覚悟でやる必要はないし、楽しませることができれば、きっと僕たちをサポートしてくれるだろう」 自身のプレーについても言及したムバッペ。攻守両面でチームに貢献することだけを考え、後悔のないように戦いたいと意気込んだ。 「チームを助けたいと思う。本当のところ僕は常にチームを助けたいと考えている。あらゆる細部が重要な時期にあり、目標が役に立つことは確かだけど、それだけではない」 「僕はピッチの両側で貢献し、可能な限りチームを助けたいと思っている。全てを捧げて、何よりも後悔はしないようにしたい」 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペ2ゴール!底力を見せたPSGが逆転でバルセロナを撃破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8_5S8uBq8fI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 11:05 Wed

2戦連発ヴィティーニャが逆転4強に 「信じられないね。言葉にし難い」

パリ・サンジェルマン(PSG)がチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に駒を進めた。 準々決勝でバルセロナとぶつかったPSGはホームでの1stレグこそ2-3で落としたものの、16日に敵地での2ndレグを4-1で勝利。2ndレグも12分に先制を許す苦しい入りだったが、29分の相手に退場者が出てからの怒涛の4発でトータルスコア6-4の逆転進出を決めた。 中盤の一角でフル出場したポルトガル代表MFヴィティーニャは1-1の54分にトータルスコアをイーブンに戻す右足ミドル。1stレグに続く一発でその後の逆転劇を呼び込み、フランス『Canal+』で喜びの心境とともに、サポーターに感謝した。 「信じられないね。言葉にし難いよ。ゴールを決めて、チームの力になり、準決勝に進むのはこの1週間、ずっと夢見たことだったんだ。準決勝に勝ち進んだのだから、そこを強調すべきだ。それにふさわしく称賛しないと。誰もがとても幸せだ。サポーターは信じてくれた。信じてくれたのは彼らだけだったと思う」 また、「先制を許したときも諦めたりなんてしていなかった」とチームとして信じ続けてやった結果だと胸を張り、ルイス・エンリケ監督からの言葉に奮い立たされ、全体で良いパフォーマンスを発揮できたと語っている。 「メンタル的にキツいけど、監督からは『試合は頭で勝つもの』と言われたんだ。2点差をつけられるのは精神的にも難しかったけど、落ち着いたままだった。ゴールを目指して向かっていって、ファンタスティックなパフォーマンスができたよ」 3季ぶりに4強入りのPSGはその準決勝でグループステージでも同居したドルトムントと対戦する。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】バルセロナvsパリ・サンジェルマン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8_5S8uBq8fI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 10:55 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly