賭博違反疑惑によりパケタ獲得から手を引いていたシティ、今夏再アタックか

2024.02.21 15:20 Wed
再びシティ行きが取り沙汰されているパケタ
Getty Images
再びシティ行きが取り沙汰されているパケタ
マンチェスター・シティはウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタ(26)を今夏も狙うようだ。イギリス『HITC』が報じた。
PR
現在はふくらはぎの負傷により離脱しているものの、2022年夏にリヨンから加入して以来、ウェストハムの攻撃を牽引し続けているパケタ。昨夏はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望し、クラブ間で大筋合意に至ったともいわれた。
しかし、パケタがイングランドサッカー協会(FA)から賭博違反容疑の捜査対象となったことで破談に。それでもグアルディオラ監督は依然としてパケタの加入を望んでいるようで、シティは今夏の獲得を再び検討しているという。

FAはまだパケタの賭博違反容疑に関する判決を下していないものの、本人は人生で賭けをしたことは一度もないと主張し、携帯電話やパソコンなどの証拠を全て捜査のために提出しているとされている。

また、シティ移籍が成立しなかったことに腹を立てているパケタ陣営は、今度こそ取引の腰を折られないよう、FAに裁定を迫っているという。
ウェストハムでは在籍約1年半で通算68試合に出場し、10ゴール13アシストを記録しているパケタ。無事容疑が晴れるとともに、ステップアップとなるのだろうか。

PR
関連ニュース

長谷川唯フル出場のシティがなでしこトリオ先発のウェストハムに5発大勝で暫定首位!得失点差でもチェルシーに圧【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)第19節の5試合が、19日から21日にかけて各地で行われた。 首位チェルシーと勝ち点「46」で並び、得失点差の関係で2位のマンチェスター・シティは、ホームに11位ウェストハム(勝ち点13)を迎え、5-0と大勝した。 シティの長谷川唯は[4-3-3]のアンカーでフル出場。ウェストハムのなでしこジャパン勢、清水梨紗と林穂之香は[3-4-2-1]のダブルボランチを組み、植木理子は最前線に。清水と植木がフル出場し、林が83分までプレーしている。 優勝を争うシティにとっては勝利はもちろん、残留を争う相手に可能な限り点差を付けたい思惑の中で、まずはキックオフの流れからいきなり先制点を奪取。ジェス・パークのカットバックからレイラ・オウアビが蹴り込み、開始24秒で試合を動かす。 さらに3分にはローレン・ヘンプのクロスをカディジャ・ショーが相手のハンドオフを物ともせずに胸トラップで収め、左足ボレー。シティがあっという間にリードを広げる。 WSL史上2人目となる2年連続20得点を達成したショーは、24分にもマークに付かれながらの豪快ダイビングヘッドでネットを揺らし、リーグ通算50得点に。史上11人目、57試合での達成はアーセナルのフィフィアネ・ミーデマ(50試合)に次ぐ2番目のスピード記録となった。 ただ、そのショーは前半終了間際に左足を負傷。ピッチを退き、後半は松葉杖姿で外からゲームを見守ることとなる。 ウェストハムは守勢の続く中で26分にヴィヴィアン・アッセイに決定機が訪れるが、GKキアラ・キーティングの好セーブに遭い、前半アディショナルタイムのジェシカ・ジウのシュートも、ディフレクトしてクロスバーに嫌われた。後半立ち上がりにはプレスがはまるも、アッセイ、植木の一振りはいずれも枠を叩き、63分には広大なスペースを突いた植木が一対一の絶好機を迎えるも、決め切れない。 すると攻勢続くシティがさらに加点。途中出場の20歳MF、ローラ・ブラインドキルデ・ブラウンが81分にWSL初ゴールを挙げると、86分には好調を維持するパークが自らもゴールと、大差をつけて勝利を収めた。 この結果、暫定首位に立ったシティは得失点差「+42」となり、1試合未消化チェルシー(得失点差+39)に対してプレッシャーを掛けた。 残留ラインが気になるウェストハムだが、最下位ブリストル・シティ(勝ち点6)は長野風花がフル出場した5位リバプール(勝ち点29)に0-1と敗戦。その差は変わらぬままとなっている。 エミレーツ・スタジアムに4万2820人を集めた3位アーセナル(勝ち点40)は、宝田沙織と籾木結花が先発出場した10位レスター・シティ(勝ち点17)に3-0で快勝。逆転優勝への可能性を残した。 4位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点31)は、後半アディショナルタイムに追い付き、6位トッテナム(勝ち点25)と2-2のドロー。ユナイテッドの宮澤ひなたは74分から途中出場している。 また、8位ブライトン&ホーヴ・アルビオン(勝ち点18)と9位エバートン(勝ち点15)の一戦は、2-1でアウェイのエバートンが勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】シティのリードを広げるショーの力強いダイビングヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A rocket header from Bunny Shaw! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> <a href="https://t.co/U3DC0SYMoN">pic.twitter.com/U3DC0SYMoN</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1782042418503688339?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】好調パークがダメ押し弾、直近4試合で7ゴール関与</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An outstanding run and finish from Jess Park! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> <a href="https://t.co/fQZm7beSAV">pic.twitter.com/fQZm7beSAV</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1782063099270328558?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.22 15:20 Mon

ベルナルド・シウバがFA杯決勝進出弾! 個人としてもCLでのPK失敗を払拭する一撃に 「すごく嬉しい」

マンチェスター・シティがFAカップ決勝に進出した。 シティは20日の準決勝でチェルシーと対戦。こう着状態が続いたが、残り時間が5分を切ろうとするなかの一撃でこじ開けると、そのまま1-0で勝ち切り、連覇に王手をかけた。 PK戦に持つれる死闘を演じたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグから中2日の一戦で勝利を呼び込んだのがポルトガル代表MFベルナルド・シウバだ。 84分、ボックス左のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが左足で折り返すと、大外のベルナルド・シウバが相手GKのタッチでコースが変わったボールを左足で蹴り込んだ。 先のレアル・マドリー戦ではPKを止められ、悔さを味わった29歳MFだが、この日は値千金の決勝ゴール。シティにプレミアリーグを含め、2冠の可能性を残す大きな一撃だった。 イギリス『BBC』によると、殊勲のベルナルド・シウバは「僕ら全員にとっても、僕個人にとっても、すごくフラストレーションが溜まる週だったし、すごく嬉しいよ」と喜んだ。 「マン・シティで良いのは3日おきに試合があるということだ。3日おきに物事を正しくするチャンスがあって、僕らはにこうして新たなトロフィーを掴む機会があるんだ」 また、「ボックス内に人数をかけ、得点チャンスを増やそうとしたんだ。あそこにボールが落ちたのはラッキーだった」とゴールシーンを振り返ると、決勝に早くも視線を向けた。 「厳しい戦いになるだろうね。コヴェントリー・シティとマンチェスター・ユナイテッドの試合も良い試合になるだろうし、決勝が楽しみだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・シティvsチェルシー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YeWF7Vy73e8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 16:25 Sun

FA杯決勝進出も…ペップが過密日程すぎるとして物申す 「異常だよ。受け入れられない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がスケジュールに物申した。 シティは20日のFAカップ準決勝でチェルシーと対戦。こう着状態が続いたが、84分にベルナルド・シウバがこじ開けると、そのまま1-0で勝ち切り、ファイナル進出を決めた。 連覇に王手をかけたグアルディオラ監督だが、過密日程がすぎるとの不満を抱いての一戦だった様子。イギリス『BBC』の試合後インタビューに応じると、その不満の思いが口を突いて出た。 「今日、我々をプレーさせるのは容認できない。選手たちの健康を考えたら、不可能だ。異常だよ。受け入れられない。正直に言って、120分の戦い、(レアル・)マドリー戦の感情、あのような負け方からしてもだ。(FAカップが)この国で特別なのはわかっているが、健康のためにならない。今日、選手たちがどう乗り切ったのかわからないよ」 また、主催するFA側にこの問題を提起したかと尋ねられると、「求めて何かが変わるとでも思うか? 私がここで言うのは私が唯一できること」とし、チーム間での不平等さを続けている。 「なぜ明日ではなかったのか。チェルシーや、マンチェスター・ユナイテッド、コヴェントリー(・シティ)はミッドウィークに試合をしていないのにね」 「よく考えてもみた。2シーズン前、水曜日にドルトムント戦があって、土曜日に(FAカップ準決勝の)リバプール戦だった。ハーフタイムの時点で彼らが3-0でリードだ。我々は破壊されたんだ」 「精神的に立ち直るのが大変すぎる。ロドリのプレーぶりや、負傷明けのカイル・(ウォーカー)を見ると、彼らがどうやって乗り切ったのか理解できないよ」 「我々はフットボールがしたい。フットボールをするのが大好きではあるが、多すぎる。我々はトロフィーを守ったが、トランジションでやられた」 「試合は非常にタイトだった。延長戦だと思ったし、やめてくれって感じだったよ」 なお、シティは3月の代表ウィーク明けから週2ペースのスケジュールを強いられ、今回のチェルシー戦はミッドウィークにPK戦にまでもつれたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグを戦った直後だった。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・シティvsチェルシー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YeWF7Vy73e8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 13:10 Sun

チェルシーの無冠確定…ポチェッティーノ監督「最高の形でシーズンを締めくくらないと」

チェルシーの今季無冠が確定した。 チェルシーは20日のFAカップ準決勝でマンチェスター・シティと対戦。連覇がかかるシティと拮抗した戦いを繰り広げたが、84分のベルナルド・シルバに崩され、0-1でファイナル行きを逃した。 プレミアリーグで来季のヨーロッパ出場権獲得も難しい状況のなか、これでタイトルチャンスも消滅。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は今後にこう語った。 「最も大事なのは冷静な行動と失点しないことだ。仮に今日の我々がうまく競ったとしても、我々の方が優れたとは言えない。とはいえ、この試合からポジティブなものを得られる。このグループの選手たちにはこういう経験が必要なんだ。これからは最高の形でシーズンを締めくくっていかないといけないし、どうしたらもっと良くなるかを話し合っていく」 アルゼンチン人指揮官はまた、「次は火曜日にアーセナルと対戦する。この試合もまた非常に優れたチームが相手だし、準備をしていく必要がある」と次節に目を向け、自チームに言及を続けている。 「我々はチェルシーの歴史と比べるのではなく、また別の形でチームを評価する必要がある。進化は良いことだが、野心的になり、そしてどうすれば良くなれるかを考えていかないといけない」 このシティ戦では56分のコール・パーマーが直接FKに転じた際、ボックス内で築く壁に入ったジャック・グリーリッシュの左腕にヒットしたが、お咎めなし。その件についても触れた。 「タッチラインからは見えにくかった。スタッフの誰かがPKだと言ったから、私も主審に『確認したらどうか?』と進言したんだ。彼がうなずくのは見たんだがね」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・シティvsチェルシー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YeWF7Vy73e8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 09:55 Sun

ベルナルド弾で競り勝った王者シティが決勝進出! 敗れたチェルシーは来季欧州戦出場へ崖っぷちの状況に…【FAカップ】

FAカップ準決勝、マンチェスター・シティvsチェルシーが20日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0で勝利したシティが決勝進出を決めた。 大会連覇を目指すシティは準々決勝でニューカッスルを2-0で撃破し、ベスト4進出。決勝行きを懸けたこの一戦では、プレミアリーグで2戦2分けの相手に今季初勝利を狙った。グアルディオラ監督は、PK戦の末に敗れたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦から中2日の一戦に向けて先発4人を変更。GKにオルテガを起用したほか、ルベン・ディアス、グヴァルディオルに代えてアケ、ストーンズ。負傷でメンバー外のハーランド代役にアルバレスを起用した。 一方、リーグ戦での低迷によって来季のヨーロッパ出場権獲得へ今大会制覇が至上命令となるチェルシー。前ラウンドではチャンピオンシップ(2部)のレスター・シティに苦戦しながらも4-2で勝ち切って4強入りを決めた。ポチェッティーノ監督は6-0で圧勝したエバートン戦から先発1人を変更。ムドリクに代えて負傷明けのエンソ・フェルナンデスを起用した。 シティがストーンズの偽CB、ベルナルド・シウバ、グリーリッシュを両翼に配置した[4-1-4-1]で臨んだのに対して、チェルシーは2列目に右からマドゥエケ、パーマー、ギャラガーを配置した[4-2-3-1]でスタート。 立ち上がりは互いに前から強く圧力をかけ合い、ショートカウンターの形からチャンスを窺う展開となった。 その中でより効果的にカウンターをフィニッシュで完結させるチェルシーは、ジャクソン、パーマーとボックス内でシュートに持ち込むが、決定機には至らず。 前半半ばから終盤にかけてはシティがボール保持率を高めて押し込む形を作り出し、相手のコンパクトな守備に対してデ・ブライネやアルバレスを起点に点と点で合わせるコンビネーションでチャンスを窺うが、GKペトロビッチの好守や守備陣の身体を張った対応に阻まれる。 一方、チェルシーはジャクソンが背後への抜け出しからのビッグチャンスでフィニッシュまで持ち込めなかったが、37分にはボックス内で見事な切り返しからの左足シュートでGKオルテガを脅かす決定機を創出。だが、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 ゴールレスでの折り返しとなった後半、シティはストーンズを下げてルベン・ディアスをハーフタイム明けに投入。後半立ち上がりはオープンな展開になると、49分には裏へ抜け出したジャクソンが続けて決定機を迎えるが、いずれもGKオルテガの好守に遭う。直後の53分にはボックス付近でボールを受けたフォーデンが枠の左隅に鋭いシュートを飛ばすが、今度はGKペトロビッチのファインセーブに阻まれた。 立ち上がりの攻防以降はより深くで押し込むシティ、カウンターから一発を狙うチェルシーという構図の下でやや試合が膠着。シティは65分、やや足を気にしていたグリーリッシュを下げてドクを投入すると、そのドクは投入直後にボックス左に持ち込んでニア下を狙った左足シュートで早速見せ場を作った。 これに対してチェルシーは80分、足を気にしていたグストと共にマドゥエケを下げてディザジ、ムドリクを同時投入。この交代でギャラガーが右、ムドリクが左に立ち位置を取った。 今季リーグ戦同様に90分間で決着が付かずに延長戦の可能性もよぎり始めるが、王者が土壇場で底力を発揮した。84分、左サイドで押し込んでドクからの短いスルーパスでポケットを取ったデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。GKペトロビッチが足に当てたボールがゴール右に流れると、これに反応したベルナルド・シウバの左足シュートがゴール前のDFククレジャにディフレクトしてゴール右隅に決まった。 前ラウンドのニューカッスル戦に続くベルナルド・シウバの一撃でリードを手にしたシティは、アルバレスを下げてボブを投入。戦い方は変えずも逃げ切り態勢に入る。一方、何とか追いつきたいチェルシーはククレジャ、エンソ・フェルナンデスを下げてチルウェル、スターリングとより攻撃的な選手を投入した。 その後、8分が加えられた後半アディショナルタイムの攻防ではチルウェルやムドリクの突破でチェルシーが際どいシーンを作ったものの、したたかに時計を進めたシティが1-0のまま試合をクローズした。 この結果、CL敗退のショックを見事に払しょくしたシティがFAカップ連覇に王手をかけた。一方、今季無冠が確定したチェルシーは、来季のヨーロッパ出場権獲得へ非常に厳しい状況に追い込まれた。 2024.04.21 03:22 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly