「アジア杯の経験を柏に還元」22歳細谷真大はパリ五輪へ志高く!「本大会の切符だけじゃなく…」

2024.02.19 18:05 Mon
柏レイソルが誇る生え抜きの点取り屋・細谷真大(22)
©超ワールドサッカー
柏レイソルが誇る生え抜きの点取り屋・細谷真大(22)
19日、Jリーグが23日の2024シーズン開幕を控えて都内でPRイベントを開き、各クラブの選手が意気込みを語った。

柏レイソルはJ1リーグ第1節(25日)で京都サンガF.C.と本拠地・三協フロンテア柏スタジアムにて対戦。今回チームを代表して登壇したのは、A代表としてアジアカップ2023にも出場したパリ五輪世代のFW細谷真大(22)だ。
その細谷、アジア杯で得た経験について「日本代表はヨーロッパのクラブに所属する選手が多いので、短い期間でしたが、本当に良い経験になりました。次はレイソルでその経験を活かす時だと思っています」と語る。

「最も印象的だったのは、個々の切り替えのスピードです。レイソルでの練習で意識して取り組んでいく気持ちになりました」

4月〜5月にはパリ五輪のアジア最終予選(U-23アジア杯/ドーハ開催)が控える細谷擁するU-23日本代表。2位以上が決勝トーナメント進出となるグループステージでは、韓国・UAE・中国と一筋縄ではいかない相手が揃う。
「4月まで時間は限られています。レイソルで結果を残して最終予選メンバーに選ばれるのが第一ですが、アジア杯で悔しい結果に終わってしまいましたので、やっぱり最終予選では本大会の切符を得るだけじゃなく優勝したいですね」

また、現在の自身のコンディションについては「昨日も45分間実戦(ちばぎんカップ)ができました。J1開幕に向けて良い準備ができたと思っています。あと1週間ありますので、引き続き良い準備を心がけていきます」と晴れやかに語った。

ゆくゆくはA代表のエースへ…柏レイソルが誇る生え抜きの点取り屋・細谷真大。22歳の若武者の2024シーズンがまもなく始まる。
関連ニュース

「どこに立ったら嫌かを常に考えた」右サイドで大きな存在感を見せているDF関根大輝、更なる高みへ「上手く順応しながら高いレベルに」

U-23日本代表のDF関根大輝(柏レイソル)が、U-23UAE代表戦を振り返った。 19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。 引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村誠二がヘディングで先制ゴールを奪う。 試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。 右サイドバックとして2試合連続でフル出場を果たした関根。試合後のフラッシュインタビューに応じ「難しいゲームでしたけど、チャンスが多くある中、前半に1点取ることができて、2-0でしたけど、しっかり勝てて良かったです」と、試合を振り返った。 右ウイングのMF山田楓喜(東京ヴェルディ)との関係が非常に良く、ワイドやインサイド、サポートのポジションなど、非常にハイレベルなパフォーマンスを披露していた。 ポジショニングについては「スカウティングの段階で、自分のところが空くということが試合前の話でもあったので、相手のウイングのポジションを見て、自分がどこに立ったら嫌かを常に考えてプレーできていました」と、分析をもとにポジションを取っていたとコメント。「右サイドの連携も良くて、良い形で崩せていけたと思います」と、山田との縦の関係にも自信を窺わせた。 今季がプロ1年目。本来であれば大学4年生だが、1年前倒してプロ入り。そこから、パリ五輪世代の右サイドバックのレギュラー争いに名乗り出ている。 まだまだ経験は少ないがこの先については「アジアの戦いは本当に難しいですし、1戦目と違って、今日の相手は足の伸び方だったりも違ってきたので、1試合1試合相手を見ながら、上手く順応しながら自分を高いレベルに上げていければと思います」とコメント。大会中にも吸収し、成長していくと誓った。 なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】木村誠二が高さを見せて先制ヘッド!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1EefQS2Fn5I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川﨑颯太がニアサイドに飛び込んでヘッド!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6szKZgZWz1A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 07:50 Sat

柏を昨季で退団のMF三原雅俊、新天地はSHIBUYA CITY FCに決定!「歴史の1ページに名を刻めるよう」

柏レイソルは18日、昨シーズン限りで退団したMF三原雅俊(35)が、東京都社会人サッカーリーグ1部のSHIBUYA CITY FCへ加入すると発表した。 三原はルーテル学院高校時代にサガン鳥栖の特別指定選手となり、2007年からヴィッセル神戸へ加入。その後、ツエーゲン金沢、V・ファーレン長崎への期限付き移籍を経て、2019年7月からは柏に期限付き移籍した。 翌年から完全移籍に移行すると、主力の一人に定着。しかし、徐々に出場機会が減少していくと、昨シーズンは天皇杯1試合の出場にとどまり、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 新天地が決定した三原は、SHIBUYA CITY FCを通じてコメントしている。 「契約満了と手術後のリハビリ過程という苦しい状況の中で期限を決めずに温かく練習生として迎え入れていただけたおかげでまだプレーしたいと思えました。どんな環境でもサッカーを楽しみ、全力で戦っている選手の姿に、自分も頑張ろうと日々励まされました」 「SHIBUYA CITY FCの仲間と一緒に過ごしてもう1ヶ月。気持ちはすでにチームの一員です。これからJリーグへ駆け上がるSHIBUYA CITY FCの歴史の1ページに名を刻めるように全力で戦います。皆んなで昇格しましょう」 2024.04.18 12:35 Thu

途中出場・木下康介が2戦連発!浦和の中盤封じた柏が5試合ぶりの白星【明治安田J1第8節】

明治安田J1第8節、柏レイソルvs浦和レッズが12日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ホームの柏が1-0で勝利を収めた。 2勝4分け1敗で9位の柏は、3試合連続の1-1ドローと引き分けが続く。プレスがハマり主導権も握るが、望まれるのはいい時間帯でのもう一押し。U-23日本代表活動に参加している関根大輝、細谷真大を欠く今節へ、井原正巳監督は前節からスタメン4人を入れ替え、川口尚紀や戸嶋祥郎を今季初の先発起用。小屋松知哉も4試合ぶりにスターターとなった。 対する5位浦和は前節サガン鳥栖戦の快勝で3勝2分け2敗の白星先行とした。その鳥栖戦で5試合ぶりの先発復帰を果たし、結果を残した松尾佑介が[4-3-3]の左ウイングで引き続いてスタメンに。インサイドハーフでは小泉佳穂の起用で岩尾憲がメンバー外となり、ベンチにはケガから復帰のアレクサンダー・ショルツに加え、地元出身でユースからの昇格組・堀内陽太が名を連ねた。 開始早々の3分には柏が持ち味を披露。速攻からマテウス・サヴィオが持ち上がると、こぼれ球を拾った山田雄士が狙い、直後のCKからも連続フィニッシュを迎える。 浦和も守備陣がコースに入り、すべてのシュートをブロック。一定距離まで引いて構え、柏に持たせる選択をしながら、9分には松尾のスピードを生かした速攻から右CKを獲得し、3試合連続得点中のチアゴ・サンタナが合わせる。 互いに最終ラインでのボール保持時間が増え、柏は対角への長いフィードから機をうかがい、浦和はサイドバックを押し上げながら外回りで穴を探す。 27分の柏はサヴィオのサイドチェンジからジエゴが左ポケットを取って折り返すが、GK西川周作が対応。浦和も30分、前田直輝がボックス右へ侵入し、サンタナの落としにサミュエル・グスタフソンが飛び込むが、川口が好カバーと、前半終了間際に柏の白井永地が足を振ったものの、堅固な守備ブロックを前に両者明確なフィニッシュシーンの少ないまま、前半を終えた。 互いにメンバー交代なく迎えた後半は、浦和が立ち上がりに裏への長いボールを2本と、打開のためのアクションを見せると、50分には石原広教がフィードを収めて中央へ送り、サンタナのフリックから小泉が左足で狙う。 非保持の時間が続いていた柏も54分、右でフリーとなったサヴィオがゆとりを持ってピンポイントのクロスを送り、ジエゴがドンピシャヘッドで合わせる。だが、GK西川が足での好セーブを披露。ゴールを死守した。 膠着状態が動きそうな気配の中で柏ベンチが先に動き、58分に小屋松と戸嶋に代えて木下康介と島村拓弥を送り込めば、ペア・マティアス・ヘグモ監督もその2分後に2枚替えを決行。前田と小泉が下がり、中島翔哉と大久保智明がピッチに立つ。 62分の柏は木下が絡んで山田のフィニッシュ、66分の浦和は中島がボックス手前から右足と、交代選手が色を出した両チーム。結果の直結したのは柏だった。 72分、右サイドで時間を作り、白井のスルーパスで深さを取ると、サヴィオのライナー性クロスに合わせたのは木下。ハーフバウンドのボールを右足ボレーで合わせ、前節に続いて途中出場からネットを揺らした。 追い掛ける展開となった浦和は松尾に代えて安居海渡、伊藤敦樹に代えて興梠慎三を送り、2トップに変更。86分にはそこへ当てての攻撃からサンタナが強引に狙うが、枠を捉えられない。 リードを保って終盤を迎えた柏は残り時間も集中を切らさず、熊澤和希にJ1初出場の機会を与えるなど、交代カードも駆使。ベタ引きではなく、島村の個人技からのフィニッシュをはじめ、相手陣地深くで時計の針を進めて逃げ切り勝ち。ホームで歓喜のタイムアップを迎え、5試合ぶりの勝利を飾った。 一方の浦和は、最後まで柏の守備ブロックを崩せず、またも連勝はお預けに。再び星を五分に戻すこととなった。 柏レイソル 1-0 浦和レッズ 【柏】 木下康介(後27) <span class="paragraph-title">【動画】途中出場・木下康介が値千金の決勝ボレー弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2戦連発エースに名乗り!<br>\<br><br>木下康介が途中出場で先制ゴール‼️<br>サヴィオのクロスにダイレクトで合わせた<br><br>明治安田J1リーグ第8節<br>柏×浦和<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/7iC6gO2NfU">pic.twitter.com/7iC6gO2NfU</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1778749212097700032?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.12 20:58 Fri

【パリ行きの命運を託された23選手】酒井宏樹や橋岡大樹に続け! 187cmの“大型”右SB関根大輝

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。 出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、関根大輝にフォーカスする。 ■関根大輝(DF/柏レイソル) 地元の名門・静岡学園高校で第98回全国高校サッカー選手権大会(2019年度)を制覇し、拓殖大学を経由して、当初の2025年加入内定から今季前倒しでJ1柏レイソルに入団した21歳。一言で表すなら「187cmの右サイドバック」だ。 静岡学園時代はセンターバックだったが、静学仕込みの足元の技術も評価される形で、大学入学後に右サイドバックへコンバート。サイズに恵まれ、エアバトルや機動力にも強みを発揮する。 全日本大学選抜も経験したのち、昨年は柏に特別指定選手として加入し、YBCルヴァンカップの鹿島アントラーズ戦でデビュー。またU-22日本代表では夏の欧州遠征に始まり、秋のアジア競技大会でもメンバー入り。5試合でプレーし、大岩剛監督にアピールした。 柏に正式入団した今シーズンは、開幕節の京都サンガF.C.戦で先発フル出場。第6節までフルタイム出場を続け、第7節の東京ヴェルディ戦も89分間プレーした。 そして、3月下旬に行われたU-23日本代表のテストマッチ2連戦、U-23マリ代表戦、U-23ウクライナ代表戦にも招集されていたなか、ウクライナ戦では高さを生かしたプレーを見せ、アピールに成功。パリ・オリンピック アジア最終予選を兼ねたAFC U-23アジアカップのメンバー入りを果たした。 大岩ジャパンで右サイドバックの1番手に君臨するは、指揮官の信頼も厚いDF半田陸(ガンバ大阪)だが、今予選は“中2日”が基本の総力戦。パリ五輪本大会出場へ少なくとも準決勝まで勝ち進まねばならないなか、エアバトルにも強い関根の出番は必ずや訪れるだろう。 酒井宏樹や橋岡大樹に続く大型右サイドバック。厳しい厳しいアジアの戦いである今予選で躍動し、五輪、そしてより大きな国際舞台でも活躍を見てみたい。 <span class="paragraph-title">【動画】右の大型サイドバック!大卒ルーキー関根大輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="x_EpzQEiZeg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 17:00 Fri

【J1注目プレビュー|第8節:柏vs浦和】金J開催! 上位を窺うシックスポインターで強みを見せるのは!?

【明治安田J1リーグ第8節】 2024年4月12日(金) 19:00キックオフ 柏レイソル(9位/10pt) vs 浦和レッズ(6位/11pt) [三協フロンテア柏スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆そろそろ勝利を! 攻撃陣に期待【柏レイソル】</span> 前節はアウェイで東京ヴェルディと対戦し、1-1のドロー。3試合連続の引き分けとなった。 4試合勝利から遠ざかっている柏。守備の安定感を見せている一方で、攻撃陣はまだまだ不発状態。チームとしてのチャンスメイクの数は多いものの、フィニッシュ精度を欠いている。 3試合連続で1-1のドロー。守備陣が最少失点に抑えているだけに、攻撃陣の奮起を期待したいところ。エースでありながら不発に終わっていた細谷真大がパリ五輪最終予選に向かったために不在となる中で、東京V戦で結果を残した木下康介に期待が懸かる。 チームとして中盤の強度は高く、降格が迫っていた昨季からは大きく改善が見られるが、守備陣が頑張っている中で攻撃陣がいかに奮起できるかがポイントとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:松本健太 DF: 川口尚紀、犬飼智也、古賀太陽、ジエゴ MF:山田雄士、土屋巧、白井永地、マテウス・サヴィオ FW:木下康介、小屋松知哉 監督:井原正巳 U-23日本代表活動参加:関根大輝、細谷真大 <span class="paragraph-subtitle">◆上位挑戦へ連勝で上昇なるか【浦和レッズ】</span> 前節はホームにサガン鳥栖を迎えて3-0で勝利。国立での悔しい敗戦からすぐに立ち直れたことはプラスと捉えて良いだろう。 ケガ人が相次ぐ中で、大畑歩夢がパリ五輪最終予選に招集されて不在。人員のやりくりも必要になるが、出番を得たDF佐藤瑶大は鳥栖戦で見違えるプレーを見せて攻撃に変化をもたらすプレーを見せれば、DF石原広教も持ち味の粘り強さを見せていた。 チアゴ・サンタナもキレが戻り3試合連続ゴール。チーム全体としての守備も連動し、選手たちのコンディションも上がっている。上位へ向かうため、連勝を収められるか注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:西川周作 DF:石原広教、佐藤瑶大、マリウス・ホイブラーテン、渡邊凌磨 MF:伊藤敦樹、サミュエル・グスタフソン、岩尾憲 FW:前田直輝、チアゴ・サンタナ、松尾佑介 監督:ペア・マティアス・ヘグモ U-23日本代表活動参加:大畑歩夢 2024.04.12 14:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly