ブライトンがデ・ゼルビ退任に備える? 新契約の話進まず…プレミアの2クラブが引き抜きの可能性も

2024.02.16 12:10 Fri
ブライトンで指揮を執るデ・ゼルビ監督
Getty Images
ブライトンで指揮を執るデ・ゼルビ監督
就任1年目でブライトン&ホーヴ・アルビオンをヨーロッパリーグ(EL)へと導いたロベルト・デ・ゼルビ監督(44)だが、チームを離れる可能性もあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。
PR
グレアム・ポッター監督の後を継ぎ、2022-23シーズンのプレミアリーグでは6位でフィニッシュし、チームをELに導いていた。
今シーズンもここまで9位に位置。上位をうかがえる位置につけている。

その手腕が大きく評価されているデ・ゼルビ監督だが、ブライトンは退団に備えて緊急で準備を進めているとのことだ。

『デイリー・メール』によれば、ユルゲン・クロップ監督の退任が決定しているリバプールがレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督と共に候補に考えているとのこと。さらに、マンチェスター・ユナイテッドも興味を持っているという。
デ・ゼルビ監督は昨年12月に新契約の話をクラブと行っていると明かしたが、移籍のビジネスに関する考えに相違があると考えられており、停滞している状況だと考えられている。

「我々は新契約について話し合っているが、現時点では話しているだけだ」とデ・ゼルビ監督はコメント。「ターゲットについて分析する必要がある。クラブの目標が同じであれば、ブライトンで働く私にとっては光栄なこと。より高いレベルに到達することより、重要な目標を設定することがとても重要だ」と、考えが合えばブライトンで指揮を執ることは問題ないとしている。

チームにとって必要な補強を的確に行い、若い選手、ステップアップする選手を早く獲得して育てるというスタンスは注目の的。ただ、袂を分つ可能性もあるため、今夏の動きには注目が集まる。

PR
関連ニュース

「非常に厳しいシーズン」負傷者続出もあり昨季ほどの結果残せず…ブライトン指揮官は「素晴らしい選手を欠いてのプレーは厳しい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、敗北に落胆のコメントを残した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 15日に行われたプレミアリーグ第34節延期分で、チェルシーと対戦したブライトン。三笘薫ら多くの負傷者を抱え、リーグ戦直近10試合わずか2勝と低迷するチームは、この日も前半に先制点を許す苦しい展開に。後半にも追加点を奪われると、88分に退場者を出した相手にダニー・ウェルベックが1点を返すのがやっとであり、1-2で敗れた。 最終節の結果次第でボトム10フィニッシュもあり得る状況となる中、デ・ゼルビ監督は苦しいシーズンだったと胸中を吐露。多くのケガ人が出ている状況では厳しいとしつつ、それでも最終節に向けた意気込みを述べている。 「今日は後半と前半の終盤に、非常に良いプレーができていただろう。試合開始から最初の20分は、プレッシャーに苦しんでいた。だが、その後は良い試合をしたと思う」 「2失点目を許す前に、1-1でイーブンの状況にできたかもしれない。だが、我々は全力を尽くした。そして、トップ10の座でフィニッシュするための最後の試合が残されている」 「今シーズンは非常に厳しいシーズンだった。言い訳はしたくない。だが、我々レベルのクラブにとって、素晴らしい選手を欠く中でプレーするのは厳しい。そして特にシーズン序盤は、ホームであまりにポイントを落とした。その代償を支払うことになったんだ」 2024.05.16 11:55 Thu

プレミア4連勝で6位浮上のチェルシー、ポチェッティーノ監督は絶好調のチームを「とても誇りに思う」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チームの勝利を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 15日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンとのプレミアリーグ第34節延期分に臨んだチェルシーは、リーグ3連勝中の勢いそのままに攻勢を仕掛けると34分にコール・パーマーのゴールで先制。後半も64分にクリストファー・エンクンクの得点でリードを広げると、途中出場のリース・ジェームズが88分に報復行為で一発退場となるハプニングもあったが、相手の反撃を1点に抑え2-1で勝利した。 プレミアリーグ4連勝でついにヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位にまで浮上したポチェッティーノ監督は、チームを称賛。また、リーグで来シーズン運用するかどうかの投票が行われると報じられたVARについても意見を述べている。 「選手たちを全面的に称賛したい。今日の彼らのプレーは勝利に値するものだった。おかげで、我々は来シーズンにヨーロッパでプレーするという夢を見ることができる」 「勝つためには、メンタルを維持しなければならない。最も重要なのは、信念とパフォーマンスなんだ。今日もパフォーマンスと結果は本当に良かったと思う。序盤だってパフォーマンス自体は良かったと思うが、結果が伴わなかった」 「戦うのが簡単ではないチームを相手に、我々は試合序盤から圧倒することができた。とても誇りに思っているし、非常に幸せだ。チームの進化がそこに見られているからね」 「(いくつかのVARについて)文句は言えない。最終的に、我々は勝ち点3も獲得できた。ただ、次のシーズンには、VARの使用方法を改善できるかどうかを確認すべきだろう。VARにイエスかノーかの問題ではなく、使い方を改善することが重要だ」 2024.05.16 09:45 Thu

パーマー&エンクンク弾のチェルシーがブライトンに逃げ切り勝利で4連勝【プレミアリーグ】

チェルシーは15日、プレミアリーグ第34節延期分でブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。ブライトンのMF三笘薫は負傷欠場している。 4日前の前節ノッティンガム・フォレスト戦を終盤の2発で3-2と競り勝ち、3連勝とした7位チェルシー(勝ち点57)は、フォレスト戦のスタメンからチアゴ・シウバに代えてグストのみを変更した。 10位ブライトン(勝ち点48)に対し、開始3分に好調マドゥエケがドリブルシュートでGKを強襲したチェルシーが良い入りを見せる。 そして13分にパーマーのミドルでGKを強襲した中、16分にはPKを獲得しかける。ククレジャがブオナノッテにボックス左に侵入したところで倒されるとPK判定が下されたが、VARの末にノーファウル判定に覆った。 その後も押し込むチェルシーは26分にグストのミドルシュートでGKを強襲すると、34分に押し切る。ククレジャがボックス左ポケットを突いてクロスを送り、パーマーのヘディングシュートが決まった。 さらに追加タイム4分、ジャクソンのヘディングシュートが決まったかに思われたが、わずかにオフサイドで追加点ならず、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、守勢の入りとなった中で57分のピンチではグロスのシュートが枠外で助かると、64分に追加点。グストがボックス右まで持ち上がってマイナスにクロスを送り、エンクンクが合わせた。 2点のリードを得たチェルシーは終盤の88分、R・ジェームズが報復行為でVARの末、一発退場に。 10人となった中、10分の追加タイムでは同5分にアディングラにポスト直撃のシュートを浴びると、同7分にウェルベックに1点を返されたが、2-1で逃げ切り。 4連勝でヨーロッパリーグ出場圏内の6位に浮上している。 2024.05.16 06:00 Thu

イプスウィッチをプレミアに導いたマッケンナ監督、古巣ユナイテッドで指揮の可能性も?

マンチェスター・ユナイテッドはイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)の招へいも検討し始めているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じた。 エリク・テン・ハグ監督体制2年目の今シーズンはケガ人の多さもあり、厳しい戦いを強いられたユナイテッド。立て直しに向けた指揮官交代が囁かれるなか、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督(53)やブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)らの名前が候補に挙がっている。 しかし、現時点で最有力とみられるサウスゲイト監督は就任可能な時期が不透明。首脳陣はプレシーズン開始時からの指揮を望んでいるというが、今夏のユーロ後のマンチェスター到着となれば、スタートは7月中旬頃になると考えられる。 そこで新たに浮上しているのがマッケンナ監督の名前。2016年夏から2018年夏までユナイテッドのU-18チームを率いた青年指揮官は、その後ファーストチームでアシスタントコーチを担当していた。 2021年12月にはイプスウィッチの指揮官に就任。昨シーズン、リーグ1(イングランド3部)からチャンピオンシップ(2部)への昇格を決めると、続く今シーズンはクラブを22年ぶりのプレミアリーグ昇格へと導いた。 ユナイテッドはすでにマッケンナ監督の代理人との接触を開始しているとのこと。ブライトン&ホーヴ・アルビオンなどからの関心も噂されるマッケンナ監督だが、イプスウィッチで結果を残してのユナイテッド凱旋は本人にとってもエキサイティングな選択肢となるはずだ。 2024.05.15 15:29 Wed

ブライトンがウェルベック&ミルナーと新契約締結!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは14日、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー(38)と元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(33)の2選手と新契約を結んだことを発表した。 なお、新たな契約期間はミルナーが2025年6月30日までで、ウェルベックは2026年6月30日までとなる。 マンチェスター・シティやリバプールという名門でプレーしたミルナーは、昨夏にリバプールを退団しブライトンへ加入。中盤を主戦場としながらも、その高いユーティリティ性はロベルト・デ・ゼルビカントにも重宝され、今季はここまで公式戦40試合に出場していた。 2020年10月にブライトンへ加入したウェルベックは、在籍4シーズンで公式戦123試合に出場し25得点8アシストを記録。相変わらず細かい負傷離脱を強いられているものの、今季中盤戦以降はほぼフル稼働の状態で最前線の役割を担い、公式戦35試合で6ゴール1アシストをマークしていた。 新契約を結んだ2選手は公式サイトで以下のように喜びを語っている。 ◆ジェームズ・ミルナー 「これまでにないほど気合いが入っているし、来シーズンに向けてワクワクしている。今シーズンの前半戦は、クラブが初めて欧州の舞台でプレーしたこともあり、本当に楽しめたし、後半戦は個人的には怪我もあって残念な結果になってしまったけど、来シーズンの開幕に向けて準備は万端だよ」 ◆ダニー・ウェルベック 「僕は今、本当に充実した日々を過ごしている。どのシーズンも特別だったし、毎年成長しているんだ。今シーズンはヨーロッパリーグがあり、とても難しいシーズンだった。試合日程の変更などもあり、とても大変だったけど、それは僕らにとって素晴らしい経験だったと思う」 「チームにとって、あと2、3人の重要な選手を獲得することができれば、来シーズンに向けてさらに飛躍することができるだろうし、もっと特別な瞬間を迎えられると確信している」 2024.05.15 08:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly