ダルムシュタット、シャルケからFWポルターをレンタル移籍で獲得

2024.02.02 16:10 Fri
シャルケからレンタル加入するポルター
Getty Images
シャルケからレンタル加入するポルター
ダルムシュタットは1日、シャルケからドイツ人FWセバスティアン・ポルター(32)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。
PR
ポルターは、ブレーメンやブラウンシュヴァイク、ヴォルフスブルクの下部組織で育ち、2011年7月にヴォルフスブルクファーストチームへと昇格。
その後、ニュルンベルクやマインツ、ウニオン・ベルリン、QPR、フォルトゥナ・シッタート、ボーフムでプレーを経て、2022年の夏にシャルケに完全移籍を果たすと、昨季は長期離脱に見舞われながらも公式戦19試合に出場。

チームが2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)降格となった今季は、ここまで公式戦13試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。

ダルムシュタットへの移籍が決まったポルターは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。
「ダルムシュタットでプレーできること、そしてブンデスリーガに戻れることを嬉しく思う。チームを助け、降格を回避するための戦いで自分の経験を役立てるよう、全力を尽くすよ」

PR
関連ニュース

「信じられないほどの感謝」ホームラストマッチを完璧な結果で終えたドルト退団のロイス、CL決勝では「すべてを捧げるつもり」

ドルトムント退団が決定している元ドイツ代表MFマルコ・ロイスが、ブンデスリーガ最終節を終えてクラブやファンへの感謝を述べた。クラブ公式サイトが伝えている。 今月初め、12シーズン所属していたドルトムントから今シーズン限りでの退団を発表したロイス。18日に行われたブンデスリーガ最終節のダルムシュタット戦は、ジグナル・イドゥナ・パルクでのラストマッチとなった。 この試合に先発したロイスは30分に先制点をお膳立てすると、8分後にFKを直接ゴールに叩き込みハーフタイムまでで1ゴール1アシストの活躍。1点を追加して迎えた81分に交代となったロイスは、両チームの選手によって作られた花道を通り、ホームラストマッチを終えることになった。 ドルトムントはその後、さらに得点を奪い4-0で勝利。レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向け、最高の状態で今シーズンのブンデスリーガを終えた。 試合後、ロイスはこれまで支えてきてくれた人への感謝を表明。チームへの愛着を口にしつつ、ここからはCL決勝に向けて全力で準備していきたいと語った。 「僕にとってホームの試合はこれが最後だったから、楽しみたかった。そしてこの数年間、人々が僕に示してくれた愛については、信じられないほど感謝しているよ。何かお返しができていたら良いね。すべてにおいて完璧な時間だった」 「ピッチ上でも雰囲気を感じることができるけど、南スタンドでのそれはまったく違う。毎週毎週、若い人たちが何をしているか感じられるんだ。ここに戻ってきたら、必ずみんなに会いに行くよ」 「これからの2週間は、マドリー戦に向けて全力を注ぐつもりだ。自分たちが歴史に名を刻むことができるという信念は、この数日間でさらに深まるに違いない。僕たちは試合にすべてを捧げるつもりさ。巨大な相手だが、戦う時間はおそらく90分だ。全力を尽くさなければならないし、そうすれば何でも可能だろう」 2024.05.19 10:10 Sun

主役ロイスが1G1Aでホーム最終戦飾る! 4発快勝ドルトムントがCL決勝へ大きな弾み【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ最終節、ドルトムントvsダルムシュタットが18日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが4-0で勝利した。 6月1日にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるドルトムント。すでに5位を確定させて来季CL出場権を確保した中、ホーム開催の今季リーグ最終戦ではCLファイナルへ弾みを付けるべく、最下位での降格が確定したダルムシュタット相手に大勝を狙った。 テルジッチ監督は主力温存で大敗したマインツ戦からシュロッターベック、ロイスを除く先発9人を変更。フンメルスやジャン、サンチョ、フュルクルクといった主力が復帰。なお、今季限りで退団のロイスはこれが正真正銘のホームラストマッチとなった。 立ち上がりから左のアデイェミのスピードを活かして押し込むドルトムントは、この日の主役に序盤から見せ場が訪れる。 まずは7分、アデイェミの仕掛けで得たボックス左付近のFKの場面でロイスが直接狙うが、これはわずかに枠の右。さらに、直後の11分には右サイドを突破したサンチョからのグラウンダーの折り返しを、再びロイスがシュートに持ち込むが、右足シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 時間の経過と共に試合はやや膠着状態に陥ったが、やはりBVBの千両役者が決定的な仕事を果たす。30分、ザビッツァーの強烈なミドルシュートがクロスバーを叩くと、このこぼれ球を繋ぎボックス手前左でロイスの丁寧な落としに反応したマートセンの抑えの利いた左足の対角シュートがゴール右隅に突き刺さった。 さらに、38分にはペナルティアーク左で自ら得たFKをロイスが直接狙うと、壁のギリギリ上を越えたシュートがゴール左隅に突き刺さり、背番号11が愛する本拠地での最後のゴールを決めた。 ロイスの1ゴール1アシストの活躍によって2点リードで試合を折り返したドルトムント。後半も押し込む展開が続くと、56分にはボックス手前の好位置で得たFKでロイスに見せ場が訪れるが、ゴール左隅を狙ったシュートはわずかに枠を外れる。 61分にはフュルクルク、アデイェミを下げてブラント、マレンを同時投入すると、この交代策が決定的な3点目をもたらす。72分、左サイドでサンチョの浮き球パスに反応したブラントがDFを引き離してボックス内に侵入。最後は左足の正確なシュートを流し込んだ。 その後、81分にはこの日の主役ロイスがエンメチャとの交代でピッチを後に。ドルトムントの選手だけでなくダルムシュタットの選手も花道を作り、ドルトムントのレジェンドのこれまでの献身を称えた。 さらに、試合終了間際の88分にマレンのゴールでトドメの4点目を挙げたドルトムントは、今季のホーム最終戦を快勝で飾り、聖地ウェンブリーでの大一番に向けて大きな弾みを付けた。 2024.05.19 00:30 Sun

フライブルクが堂安の今季7点目で最下位ダルムシュタットに辛勝!【ブンデスリーガ】

堂安律の所属するフライブルクは14日、ブンデスリーガ第29節でダルムシュタットと対戦し1-0で勝利した。堂安は92分までプレーしている。 前節のライプツィヒ戦を大敗した9位フライブルク(勝ち点36)が、最下位に沈むダルムシュタット(勝ち点14)のホームに乗り込んだ一戦。フライブルクの堂安は[3-4-2-1]の右MFでスタメンとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、フライブルクは27分にピンチ。ホランドのロングパスで右サイドのスペースに抜け出したヴィルヘルムソンがボックス右からクロスを供給。しかし、飛び込んだザイデルはこのボールを空振り。そのままゴール左に外れた。 ピンチを凌いだフライブルクは36分、右サイドの堂安がパス&ムーブでゴール前に侵攻。ボックス内のグレゴリッチュのリターンパスをペナルティアーク右横からダイレクトシュートで狙うと、これがゴール左隅に突き刺さった。 先制したフライブルクだが、43分に再びピンチ。自陣ボックス手前でエッゲシュタインがホランドにインターセプトを許すと、ボックス内まで侵入したホランドがシュート。しかし、これは絶妙な位置取りでシュートコースを狭めたGKアトゥボルの好セーブで難を逃れた。 ハーフタイムにグリフォを下げてロールを投入したフライブルクは、55分に後半最初のピンチ。ヴィルヘルムソンのミドルシュートのこぼれ球をケンペがシュート、さらにカイテルがブロックしたボールを再びケンペが狙ったが、これは枠に上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。結局、最後までスコアは動かず。堂安の今季7点目で逃げ切ったフライブルクが2試合ぶりの白星を飾った。 2024.04.15 00:35 Mon

「上手すぎる」「スペイン戦思い出す」堂安律が圧巻の左足ミドル! 得意の形で直近4試合で3点目「最近やばすぎ」

フライブルクの日本代表MF堂安律が圧巻のゴールを記録した。 14日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクはアウェイでダルムシュタットと対戦した。 この試合に先発出場した堂安は、36分に素晴らしいゴールを決め切る。 ボックス手前右でボールを持った堂安。相手との間合いを測った中で、縦に仕掛けると見せてカットインしてパス。これをボックス内で楔となったミハエル・グレゴリッチュがダイレクトで落とすと、堂安が左足一閃。見事なシュートがネットに突き刺さった。 これは堂安にとって今シーズンのブンデスリーガ5ゴール目。直近4試合で3ゴール目と一気に調子を上げている。 ファンは「スペイン戦を思い出すゴラッソだ」、「上手すぎる」、「堂安の角度」、「最近やばすぎじゃない?」、「ナイスゴール!」、「これは上手いわ」と称賛のコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律が得意の形から圧巻の左足一閃!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/92bxBbtkUk">https://t.co/92bxBbtkUk</a><a href="https://twitter.com/doan_ritsu?ref_src=twsrc%5Etfw">@doan_ritsu</a><a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a> <a href="https://t.co/ivnrqjXBiU">pic.twitter.com/ivnrqjXBiU</a></p>&mdash; スカパー!ブンデスリーガ (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1779513888280822103?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 00:18 Mon

浅野先発ボーフム、2点差追いつかれ最下位ダルムシュタットにドロー【ブンデスリーガ】

ボーフムは3月31日、ブンデスリーガ第27節でダルムシュタットをホームに迎え、2-2で引き分けた。ボーフムのFW浅野拓磨は86分までプレーしている。 代表ウィーク前の前節マインツ戦を落として4連敗となり、残留争いに巻き込まれる形となった15位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 最下位ダルムシュタット(勝ち点13)に対し、ボーフムは3分に失点しかける。ロングカウンターを受けた流れからスカルケにネットを揺らされたが、その前にオフサイドがあり助かった。 ひやりとしたボーフムが押し込む流れで推移する中、24分には浅野がミドルシュートで牽制すると、29分に先制する。シュテーガーの右CKからホフマンのヘディングシュートが決まった。 先制後もボールを握るボーフムが主導権を掴み、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にボーフムに追加点。左サイドからのシュロッターベークのクロスをホフマンが頭で合わせた。 ホフマンのドッペルパックでリードを広げたボーフムは自陣に引いて対応していたが、62分に失点。ロングカウンターを受けた流れからスカルケにゴールを許した。 74分には浅野に好機が訪れるも1stタッチが流れてボックス右からのシュートはGKにセーブされてしまう。すると76分に失点。ヴィルヘルムソンにボックス左からニアサイドを打ち抜かれた。 81分にはCKからフリーのホルトマンにヘディングシュートを許したボーフムは、86分にロジラがボックス内からGK強襲のシュートを浴びせたが、勝ち越しゴールは奪えず。連敗こそ止めたものの痛いドローに終わっている。 2024.04.01 04:41 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly