フランクフルトがルーカス・アラリオ獲得へ! 個人&クラブ間で合意

2022.06.22 13:08 Wed
Getty Images
フランクフルトレバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(29)を獲得することが濃厚となった。ドイツ『キッカー』が報じている。

今夏の移籍市場でストライカー獲得を目指すフランクフルトは、オリバー・グラスナー監督の教え子であるオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト、ボーフムのドイツ人FWセバスティアン・ポルターらを獲得候補に定めていた。
しかし、ここに来てアラリオ獲得交渉が大詰めを迎えているようだ。

『キッカー』によると、すでにアラリオと2025年までの3年契約で合意に至っているフランクフルトは、レバークーゼンと移籍金に関しても着地点を見いだしたという。

当初、レバークーゼンは移籍金650万ユーロ(約9億3000万円)を要求していたが、フランクフルトが掲示した、金額の一部を各種パフォーマンスに応じたボーナスで支払うという条件を受け入れる形となったという。
そして、クラブ間、個人間の双方で合意に達したことで、アラリオはメディカルチェックを受診した後、正式にフランクフルトの一員となる模様だ。

2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはこれまで公式戦164試合に出場し、58ゴール16アシストを記録。今季は公式戦33試合7ゴールを挙げていた。

ただ、レバークーゼンでは今冬のイラン代表FWセルダール・アズムンの獲得に加え、今夏にチェコ代表FWアダム・フロジェクを獲得しており、カタール・ワールドカップのメンバー入りに当落線上のアルゼンチン代表は出場機会の減少が危惧されていた。

ルーカス・アラリオの関連記事

インテルナシオナウは4日、フランクフルトから元アルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(31)の獲得を発表した。 2017年夏に母国の強豪リーベル・プレートからレバークーゼンに渡ったストライカーは通算5季を過ごすと、2022年夏にフランクフルト入り。レバークーゼンでの5年間で164試合58ゴールを誇ったが、26試合で2ゴールにとどまり、今季は出場なしだった。 フランクフルトではインパクトを欠き、退団話もあったなか、ブラジルの名門インテルナシオナウから誘いの手が差し伸べられ、移籍の運びに。契約は2025年12月末までとなる。 2024.01.05 09:55 Fri
フランクフルトが、アタランタの元コロンビア代表FWルイス・ムリエル(32)に強い関心を示しているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今夏の移籍市場で前線の刷新を図るアタランタ。ここまでFWラスムス・ホイルンド、FWジェレミー・ボガがチームを離れ、放出候補とされるFWドゥバン・サパタにもローマが関心を示す。 その一方で、FWエル・ビラル・トゥーレ、FWジャンルカ・スカマッカをすでに確保し、ミランで構想外のFWチャールズ・デ・ケテラエルも加入の可能性が高まっている。 そういった中、同胞サパタ同様に放出候補に挙がっているのが、ムリエルだ。 これまでウディネーゼやサンプドリア、フィオレンティーナで活躍してきた快足FWは2019年夏にセビージャからアタランタへ加入。ここまではスタメンとジョーカーの2役を担いながら、公式戦159試合に出場し、62ゴール27アシストを記録。 2020-21シーズンにはキャリアハイのリーグ戦22ゴールを挙げる活躍を見せたが、近年は稼働率と共にゴール数も低下。昨シーズンはリーグ戦29試合の出場で3ゴール4アシストの数字にとどまった。 そのため、ジャンピエロ・ガスペリーニ監督の中での序列は下がっており、今夏の退団が既定路線となっている。 ここまで具体的なオファーは届いていなかったが、ここにきてフランクフルトが強い関心を示し、まもなく公式オファーを掲示する可能性があるようだ。 フランクフルトではエースFWランダル・コロ・ムアニの去就が不透明な上、インパクトに欠けるFWラファエル・ボレやFWルーカス・アラリオといった控えFWに退団の可能性があり、準主力としては十分に計算できるムリエルを手中に収めたいようだ。 2023.08.09 22:43 Wed
フランクフルトが、ユニオン・サン=ジロワーズのナイジェリア人FWビクター・ボニフェイス(22)に関心を示しているようだ。ドイツ『Frankfurter Rundschau』が報じている。 今夏の移籍市場でフランス代表FWランダル・コロ・ムアニの去就に注目が集まるフランクフルト。さらに、クラブでは元アルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ、コロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレの控えFW2選手に退団の可能性があり、前線の補強が今夏の優先事項となっている。 そういった中、クラブは前線の補強候補の一人として22歳のナイジェリア人FWの獲得に興味を示しているようだ。 母国のレアル・サファイアから2019年にノルウェーの強豪ボデ/グリムへ加入したボニフェイス。4シーズンに渡って前線の準主力として活躍すると、昨年夏にサン=ジロワーズへ完全移籍した。 ここまではセンターフォワードの主軸として公式戦43試合に出場し、19ゴール8アシストの数字を残している。 189cmの恵まれた体躯と身体能力を生かしたダイナミックなプレースタイルのセンターフォワードは、レンジの広いシュートやトリッキーな仕掛けもレパートリーに持つ伸びしろ十分のアタッカーだ。 なお、ウニオン・ベルリンも関心を示すボニフェイスの移籍金は、600万ユーロ(約8億6000万円)程度と見積もられている。 2023.03.30 08:00 Thu
フランクフルトは24日、レバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間。ドイツ『キッカー』によれば、移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)で、出来高200万ユーロ(約2億8000万円)とのことだ。 2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはレバークーゼンで公式戦164試合に出場し、58ゴール16アシストを記録。今季は公式戦33試合7ゴールを挙げていた。 ただ、レバークーゼンでは今冬のイラン代表FWセルダール・アズムンの獲得に加え、今夏にチェコ代表FWアダム・フロジェクを獲得しており、カタール・ワールドカップのメンバー入りに当落線上のアルゼンチン代表は出場機会の減少が危惧されていた。 来季、チャンピオンズリーグに出場するフランクフルトでは先日、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを迎えていた。 2022.06.25 06:30 Sat
フランクフルトがバーンリーのオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト(29)の獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 新シーズンはブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ(CL)の二足の草鞋を履くことになるフランクフルト。 その新シーズンに向けて前線の補強が優先事項の一つとなる中、ここまではボーフムのドイツ人FWセバスティアン・ポルタ―やレバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオといった国内でプレーする選手をリストアップも、交渉は停滞している状況だ。 そういった中、新たにリストアップしているのが、オリバー・グラスナー監督の教え子である197cmの大型ストライカーだ。 2018年から今年1月まで在籍したヴォルフスブルクで公式戦144試合70ゴール22アシストの数字を残したヴェグホルストは、今冬にフランクフルトも獲得に動いていた中、バーンリーに完全移籍。だが、チームはプレミアリーグから降格となり、今夏のタイミングでの退団が既定路線となっている。 そして、バーンリーと2025年まで契約を残すオランダ代表FWに対して、フランクフルトはレンタル移籍でのオファーを準備している模様だ。 カタール・ワールドカップ出場を目指すヴェグホルストとしては、CLの舞台でプレーできる魅力に加え、恩師の下で十分に出場機会を得られる公算も高く、オファーが届いた場合、半年でのドイツ帰還を選択する可能性は十分にありそうだ。 2022.06.11 22:45 Sat

記事をさがす

フランクフルトの人気記事ランキング

1

ホイルンドがフランクフルトに完全移籍! 兄はユナイテッドでプレーする双子の1人、2029年まで契約

フランクフルトは10日、コペンハーゲンからU-19デンマーク代表MFオスカー・ホイルンド(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年間となる。背番号は「6」。 コペンハーゲンの下部組織育ちのホイルンドはマンチェスター・ユナイテッドでプレーするデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドを兄に持ち、シュツットガルトへの移籍が噂されるコペンハーゲンのFWエミル・ホイルンドは双子の兄弟だ。 2023年9月にファーストチームに昇格。これまでデンマーク・スーペルリーガ(デンマーク1部)で10試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で6試合に出場していた。 また、U-19デンマーク代表としては2023年11月からキャプテンも務め、11試合1ゴールを記録している。 ホイルンドはクラブを通じてコメントしている。 「アイントラハト・フランクフルトは、デンマークで良い評判をたくさん聞いているビッグクラブだ。もちろん、僕はとりわけ、2022年のヨーロッパリーグでの勝利や、バルセロナやセビージャなどでファンの信じられないほどのサポートに気づいた」 「イーグルベアラーになれて嬉しいし、アイントラハトのファンの皆さんとすぐに会えるのをとても楽しみにしている」 2024.07.11 09:40 Thu
2

フランクフルト、リーズからデンマーク代表SBクリステンセンを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

フランクフルトは19日、リーズ・ユナイテッドからデンマーク代表DFラスムス・クリステンセン(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 フランクフルトへの移籍が決まったクリステンセンは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「今日は僕にとって素晴らしい日だ。これからフランクフルトでプレーできることをとても嬉しく思う。最近、ユーロでこのスタジアムを生で観たんだ。ここでプレーするのが待ちきれないよ」 先のユーロ2024にも参戦のR・クリステンセン。母国デンマークのミッティランでプロ入りした187cmのサイズを誇る右サイドバックはアヤックスでのステップアップ移籍がうまくいかず、レッドブル・ザルツブルクでのプレーを挟み、2022年夏からリーズ・ユナイテッドに渡った。 だが、リーズがそのシーズンをもってチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、自身もローマにレンタル移籍。セリエAとコッパ・イタリアを合わせて31試合に出場し、1得点2アシストの成績を収めたが、リーズにひとまずレンタルバックの運びとなっていた。 2024.07.20 07:30 Sat
3

デンマーク大型右SBの次なる舞台はドイツか…フランクフルトがR・クリステンセンのレンタル濃厚に

デンマーク代表DFラスムス・クリステンセン(27)のフランクフルト入りが濃厚視されるようだ。 先のユーロ2024にも参戦のR・クリステンセン。母国デンマークのミッティランでプロ入りした187cmのサイズを誇る右サイドバックはアヤックスでのステップアップ移籍がうまくいかず、レッドブル・ザルツブルクでのプレーを挟み、2022年夏からリーズ・ユナイテッドに渡った。 だが、リーズがそのシーズンをもってチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、自身もローマにレンタル移籍。セリエAとコッパ・イタリアを合わせて31試合に出場し、1得点2アシストの成績を収めたが、リーズにひとまずレンタルバックの運びとなった。 そして、この夏はフランクフルトの興味話が浮上。最近では選手との口頭合意が報じられ、あとはクラブ間交渉の行方次第とされるなか、ドイツ『スカイ』によると、1年レンタルで合意に至り、1500万ユーロ(約25億7000万円)ほどの買取オプションが付くという。 フランクフルトでは本職の右サイドバック陣にベテランの元アメリカ代表DFティモシー・チャンドラーや、27歳のポルトガル人DFアウレリオ・ブタが控えるが、補強が必要なポジションだった。 2024.07.19 14:57 Fri
4

昨季限りで引退した長谷部誠がフランクフルトU-21のコーチに就任!

フランクフルトは11日、元日本代表MF長谷部誠(40)がU-21フランクフルトのコーチに就任したことを発表した。 2002年に浦和レッズでプロデビューした長谷部は、2008年1月にヴォルフスブルクに移籍し、ドイツでのキャリアをスタート。2008-09シーズンのブンデスリーガでは初優勝メンバーとしてヴォルフスブルクに名を刻むと、そこからニュルンベルクでのプレーを挟み、2014年夏からフランクフルトに移籍した。 10年間在籍したフランクフルトでは、公式戦304試合の出場数を誇り、2021-22シーズンにはヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げた。2022年2月に引退後の指導者転身も含め、5年契約を結び、2023年3月に今夏までの現役続行を表明。 2023-24シーズンは公式戦14試合でプレー。アジア人選手の歴代最多試合出場となるブンデスリーガ通算384試合を果たした長谷部誠は、4月17日に引退会見を実施していた。 フランクフルトU-21はレギオナルリーガ(ドイツ4部)に所属するフランクフルトのセカンドチーム。2024-25シーズンからはデニス・シュミット氏(31)を新監督に迎えた新体制が発足。長谷部はアシスタントコーチを務めるアルベル・ムスタファ氏(27)を中心としたコーチングスタッフに加わることになる。 2024.07.12 07:00 Fri
5

「来季はCL以上、4大リーグ以上」鎌田大地が移籍に言及、代表では背番号変更も付けてきた「15」は「あまり好きじゃない笑」

日本代表は14日、キリンチャレンジカップ2023に向けた活動3日目を迎えた。 6月はエルサルバドル代表(15日)、ペルー代表(20日)と2試合を戦う日本。3月に森保一監督の第二次政権となる活動がスタートしたが、ウルグアイ代表とコロンビア代表には勝つことができなかったため、この2試合での勝利を目指す。 試合会場の豊田スタジアムで前日練習が行われ、冒頭15分間がメディアに公開。選手たちはランニングやストレッチ、ロンドを行ったところで公開が終了した。 練習後、MF鎌田大地(フランクフルト)がメディア取材に応じ、シーズンを振り返った。 「数字の部分では今年は十分すぎたと思うし、毎年言っているのは、15スコアポイントを毎年最低ラインに置いているので、これを続けていくというよりも、最低限15を取れるようなシーズンを毎シーズンやりたいなと思います」 そう語る鎌田は、今シーズンのブンデスリーガで32試合に出場し9ゴール6アシスト。チャンピオンズリーグ(CL)で3ゴール、DFBポカールで4ゴールを記録し、16ゴール6アシストで終えていた。 しかし、今夏フランクフルトからの退団が決定。シント=トロイデンから2019年6月に復帰して以降はレギュラーとしてDFBポカールやヨーロッパリーグ(EL)優勝を経験するなど、主力として活躍した。 フランクフルトでの経験については「毎シーズン、この4年間はフランクフルトでスタメンで出してもらうことができて、今年もポジション争いはなかなか苦しかった中で、ほとんどの試合をスタートから出ることができたし、そういう部分では今シーズンポジションが後ろに下がって、選手としては新しい自分を見つけることができました」とコメント。「この前の代表戦はそういうこともあったボランチで試されたし、還元できればと思います」と、今季は1列後ろでのプレーとなった中で、選手としての成長も感じられたという。 トレーニングではアンカーも務めていたが「流石に入らないんじゃないですか笑」と語った鎌田。「6番はあまりできるイメージはわかないです。1枚だと」と、ダブルボランチならばイメージできるが、アンカーはないだろうと推測。一方で、今季はミドルシュートからも得点も目立ったが、「チームとしてやるべきことをやりつつ、そこは意識しながらチームでは打つようにしていました」とコメント。「自分自身もその感覚になってから変わってきているので、続けて良いなと思っています」と、積極的にゴールを狙ってシュートを打つ感覚を持てるようになったようだ。 その鎌田の気になるのは移籍先。ミラン行きの噂が浮上している中、新天地については「3月の代表ウィーク明けには自分から伝えました」と、退団は早々にクラブに伝えていたとコメント。「まだサインはしていないので、100%ではないので言えませんが、ちゃんとしたオファーもチャンピオンズリーグ以上から届いているので、来季はチャンピオンズリーグ以上、4大リーグ以上でやることになります」と、ステップアップを図る移籍が決まりかかっていると語った。 新天地での意気込みについては「良いチームまで辿り着ける選手はたくさんいても、苦労している選手は多いです」と、これまでビッグクラブに加入した日本人選手があまり活躍までは至っていないと言及。「日本人として難しいシーズンを過ごしている人が多いので、僕自身は壁を越えたいと思います」と、成功を誓っている。 その鎌田は、今回背番号が「8」に変更。クラブでも代表でも「15」が定着していたが「特にないです」と、変更の理由はないとし、「僕は好きな番号があるんですけど、いつもそこの番号は埋まっています」と、「8」も「15」もつけたい番号ではないという。 また、「15のイメージはつけられているんですが、僕はあんまり15が好きじゃないんで笑」と、好きどころか好きではないという発言も。「玉突きでたまたま変わりました。こだわりはないです」と、特に意味はないと明かした。 2023.06.14 22:22 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly