ヴェローナの左SBドイグがサッスオーロに移籍! マルセイユ行きの噂も

2024.01.21 09:55 Sun
セリエA内移籍で決着。
Getty Images
セリエA内移籍で決着。
サッスオーロは20日、エラス・ヴェローナからスコットランド代表DFジョシュ・ドイグ(21)を完全移籍で獲得した旨を発表した。
PR
イタリアの移籍市場に精通する記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、この移籍は固定600万ユーロ+アドオン100万ユーロの総額700万ユーロ(約11億3000万円)で成立。さらに、ヴェローナはリセール時の移籍金から10%を受け取る権利を手にしたそうだ。
2022年夏に母国クラブのハイバーニアンからヴェローナ入りの左サイドバックはセリエA挑戦1年目から22試合で2得点4アシストをマークすると、今季も12試合でプレー。ピッチ外ではマルセイユとともにサッスオーロの関心が取り沙汰され、去就が注目どころだった。

サッスオーロではローマからローン加入中のウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャにフラメンゴ行きが噂されている。

PR
関連ニュース

今季初の無得点、王者インテルが降格圏サッスオーロにシーズンダブル許す【セリエA】

インテルは4日、セリエA第35節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 チャルハノールのドッピエッタで前節トリノを下した王者インテル(勝ち点89)は、チャルハノールやバレッラ、テュラムら主力をベンチスタートとした。 残留圏内の17位エンポリを5ポイント差で追う19位サッスオーロ(勝ち点26)に対し、ラウタロとサンチェスの2トップで臨んだインテルが立ち上がりからボールを握ったが、16分にリパニに枠内シュートを打たれてひやりとさせられると、20分に失点。 ダンフリースがドイグとの競り合いで負けると、クロスに合わせたロリエンテにシュートを決められた。 先制されたインテルは26分、失点に絡んだダンフリースに決定機。しかしアスラニのスルーパスでボックス右のスペースを突いて放ったシュートは枠を捉えきれなかった。 さらに28分、サンチェスがGK強襲のシュートを浴びせると、ハーフタイムにかけても押し込んだインテルは追加タイム1分に同点に追いつきかける。 ボックス左のカルロス・アウグストのシュートのルーズボールをラウタロが押し込んだが、VARが入ってオフサイドと判定され1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半もボールを持つ展開としたインテルだったが、なかなか好機を作るには至らない。 60分にはアルナウトビッチを投入して前線に高さをもたらすと、終盤の82分にようやく好機。クアドラードがボックス右ポケットから送ったクロスにアルナウトビッチが合わせにかかったが、シュートはDFのブロックに阻まれた。 結局、ウノゼロのまま敗戦となり、今季初のリーグ戦では無得点、サッスオーロにシーズンダブルを許す結果となった。 2024.05.05 05:42 Sun

「まだ諦めてはならん」イタリア系も多いオーストラリア代表、ローマのU-21イタリア代表MFヴォルパート招集なるか

ローマ保有の若手が将来的に必ずオーストラリア代表入りへ?豪『news.com.au』が伝えている。 佳境を迎えた欧州の23-24シーズン。ドイツではレバークーゼンがブンデスリーガ初優勝を決め、イングランドは当代屈指の実力を誇る3クラブが三つ巴の優勝争い…CLも残すは準決勝&決勝、マンチェスター・シティとアーセナルが準々決勝で同時に姿を消したのは驚きだったか。 さて、毎年恒例のトピックとして、シーズンが深まるにつれて増えていくのが、夏の移籍市場に関する補強噂、そして各トップクラブが公式に発表するプレシーズンの国外遠征スケジュール。 今夏はオーストラリア西部の地方都市パースにて、イタリア・セリエAを代表する名門、ミランとローマが親善試合を開催する予定となっており、同国でセリエA勢どうしが対戦するのは史上初。試合は夏目前の5月31日に行われる。 『news.com.au』によると、当該の一戦はすでに満員御礼が予想されており、かつてミランに所属した元オーストラリア代表GKジェリコ・カラッツ氏も「ひとえにミランが来てくれて嬉しい。国民にとってまたとない機会だよ」とコメント。 そんなオーストラリアでのミランvsローマだが、個人レベルで注目を集めている存在が1人。今季ローマからサッスオーロへレンタル移籍中のU-21イタリア代表MFクリスティアン・ヴォルパート(20)だ。 ヴォルパートはシドニー郊外のキャンパーダウンで生まれ育ち、16歳でウェスタン・シドニー・ワンダラーズからローマへ移籍。昨季トップ昇格で公式戦11試合に出場したなか、今季はサッスオーロへの武者修行で経験を積む…今季が終わればローマ復帰で、オーストラリア遠征にも帯同だ。 この若武者はイタリア系オーストラリア人であり、渡欧後の2022年11月に世代別のイタリア代表でデビュー。先月下旬の代表ウィークもU-21代表活動に参加している“現役"なのだ。 また、22年11月開幕のカタールW杯に臨んだオーストラリア代表より、グラハム・アーノルド監督から直接招集を要請されるも、まだ自らのアイデンティティを確立できていない当時18歳はカタール行きに応じなかった、と指揮官側から明らかにされている。 それでも、前述のカラッツ氏は「将来的にヴォルパートは必ずオーストラリアを選んでくれる」とコメント。カラッツ氏自身もバルカン半島にルーツを持つ旧ユーゴスラビア系移民であり、オーストラリア代表は大半が欧州・オセアニア系移民の子孫、また欧州出身者で構成されるチームだ。 「以前は断ったらしいが、なんといっても彼はまだ若い。まだ結論も出ないだろうし、今後もアーノルドには彼の説得を頼みたいね。ハイレベルなリーグ(セリエA)で戦う選手をみすみす逃すわけにはいかないだろう。サッスオーロで彼は日に日に向上していると見受けられる」 「一度でいい。一度でいいからオーストラリア代表のジャージに袖を通したら…その時、彼は恒久的にオーストラリアを選んでくれるはずだ」 ◆主なイタリア系のオーストラリア代表選手 GKローレンス・トーマス(ウェスタン・シドニー) DFアレッサンドロ・チルカティ(パルマ) FWブランドン・ボレロ(ウェスタン・シドニー) FWニック・ダゴスティーノ(バイキング) 2024.04.18 15:20 Thu

ELローマ戦狭間のミラン、降格圏サッスオーロと打ち合いの末に辛くも追いつきドロー【セリエA】

ミランは14日、セリエA第32節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、3-3で引き分けた。 前節レッチェ戦を快勝した2位ミラン(勝ち点68)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ではホームでローマにウノゼロ敗戦。公式戦連勝が7で止まった中、ローマ戦のスタメンから7選手を変更。ジルーやプリシック、カラブリアらがベンチスタートとなった。 19位サッスオーロ(勝ち点25)に対し、最前線にヨビッチ、2列目に右からチュクウェゼ、ロフタス=チーク、レオンと並べる[4-2-3-1]で臨んだミランは開始4分に失点する。自陣左サイドを崩された流れから、ピナモンティにボレーを叩き込まれた。 さらに10分、今度は自陣右サイドをロリエンテにぶち抜かれてそのままドリブルシュートを決められてしまった。 2点を追う展開となったミランは13分、CKの流れからチャウのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKコンシーリの好守に阻まれてしまう。 17分にはチュクウェゼがヘディングでネットを揺らしたが、わずかにオフサイドでゴールならず。それでも20分に正真正銘のゴール。レオンがボックス左で仕掛け、DF2人の間を縫ってドリブルシュートを決めきった。 前半半ば以降はなかなか好機を作れずにいた中、45分にFKの流れからフロレンツィが強烈なミドルシュートでGKを強襲。さらにルーズボールにテオ・エルナンデスが詰めたが、ここもコンシーリに阻まれ、1-2で前半を終えた。 迎えた後半、ミランは53分に3失点目。アドリのボールロストから最後はロリエンテにドッピエッタを許した。しかしジルーを投入したミランは59分にすかさず1点差に詰め寄る。レオンの左クロスのルーズボールをヨビッチがボレーを蹴り込んだ。 さらに63分、一気に追いつきかける。フロレンツィのフィードに抜け出したチュクウェゼがゴールエリア右からシュートを蹴り込んだが、前半同様にオフサイドに阻まれ、VARでゴール取り消しとなった。 その後、プリシックを投入したミランは78分、右サイドを崩した流れからアドリのクロスをプリシックが合わせるもシュートはGKコンシーリのファインセーブに阻まれた。 それでも84分、ミランが追いつく。CKの流れから2分前に投入されていたオカフォーがガッビアの胸パスをダイレクトで蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。2点のビハインドから追いついたミランだが、降格圏に沈むサッスオーロに引き分け止まりとなってしまった。 2024.04.15 00:05 Mon

ローマがペッレグリーニ芸術弾でウノゼロ勝利! 4位ボローニャを3pt差で追走【セリエA】

セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが17日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 前節、フィオレンティーナ相手に2-2の劇的ドローゲームを演じた5位のローマは、降格圏の19位に沈むサッスオーロとのホームゲームでリーグ2戦ぶりの白星を目指した。 直近ヨーロッパリーグ(EL)のブライトンとのアウェイゲームを0-1で落とすも、1stレグの大きなアドバンテージによってベスト8進出を果たしたジャッロロッシは、その試合から先発6人を変更。負傷明けのルカクとカルスドルプに加え、パレデス、エル・シャーラウィら主力が復帰した。 立ち上がりからボールを保持して攻め手を窺うローマ。開始直後にはスピナッツォーラの左クロスからルカクが早速ヘディングでファーストシュートを記録した。 ここから攻勢を強めたいところだったが、以降はバックラインでボールを持てるものの、なかなか効果的に前進することができず。なかなかフィニッシュの数を増やせない。また、苦手とするロリエンテの左サイドを起点に幾度か攻め込まれるシーンも…。 攻撃が完全に停滞する中、前半半ば過ぎには筋肉系のトラブルか、スピナッツォーラが自ら交代を要求。アンヘリーニョのスクランブル投入を余儀なくされる。その後、前半終了間際にはセットプレーの流れからペッレグリーニの正確なクロスでゴール前のルカクに決定機が訪れたが、フリーで放ったヘディングシュートは枠の左に外れた。 後半も同じメンバーで臨み、引き続きファイナルサードでの苦戦も予想されたが、頼れるカピターノが圧巻の個人技で古巣に強烈な一撃を見舞う。50分、左サイドのタッチライン際に流れてボールを受けたペッレグリーニがペナルティアーク付近までドリブルで切り込んで右足を一閃。ゴール前の密集を抜けた低弾道の鋭いシュートがゴール右下隅に突き刺さった。 後半立ち上がりに先制に成功したものの、以降はサッスオーロの反撃に晒されるローマ。マンチーニとジョレンテ、クリスタンテのセンターラインの好守でピンチを未然に防ぐ一方、ラチッチの強烈なミドルシュートでGKスヴィラールが好守を強いられる。 その後、バルダンツィ、チェリクの投入で右サイドのユニットを入れ替えすと、後半半ば過ぎにはルカク、バルダンツィに2点目のチャンスが訪れるが、相手守備陣の好守に阻まれる。 後半最終盤にはエル・シャーラウィを下げてハイセンを投入し、5バックで逃げ切りを図ると、ジョレンテのブロックが右ポストを叩くなど幾度か際どい場面こそあったものの、何とかウノゼロでの逃げ切りに成功した。 この結果、下位相手にしぶとく勝ち切ったローマが、今節先に勝利した4位のボローニャとの勝ち点差「3」を維持している。 2024.03.18 04:04 Mon

復帰戦で負傷交代のベラルディがアキレス腱断裂で再離脱…5日に手術実施へ

サッスオーロは4日、イタリア代表FWドメニコ・ベラルディが長期離脱することを発表した。 ベラルディは3日に行われたセリエA第27節のエラス・ヴェローナ戦に先発。約1カ月半にわたる離脱からの実戦復帰だったが、60分に右足首を痛め、ピッチを後にした。 クラブの発表によれば、4日に検査を受けたベラルディは右アキレス腱断裂と診断され、5日の午前中にボローニャのカーサ・ディ・クーラ・トニオロで手術を受けるとのことだ。 このケガにより、ベラルディは残りのシーズンを欠場することになり、今夏にイタリア代表が出場するユーロ2024も欠場することとなった。 2024.03.05 00:10 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly