今夏ユベントス残留のラビオがさらなる契約延長へ… クラブやアッレグリ監督との関係良好

2023.12.07 20:19 Thu
契約延長交渉が進んでいる様子のラビオ
Getty Images
契約延長交渉が進んでいる様子のラビオ
ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(28)が契約延長へ向かっているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。
PR
今夏はフリーでのマンチェスター・ユナイテッド移籍なども噂された中、結局ユベントス残留を選び、契約を1年延長したラビオ。迎えた今シーズンは、出場停止を除き開幕からフル出場を続け、セリエAで2位を走るチームで中心的な役割を果たしている。
その現行契約ももうすぐで残り半年を切る中、代理人を務める母・ヴェロニカ氏は「(契約延長について)話すのは時期尚早」と11月上旬に語っていたが、実際にはすでに何度か接触があったとのこと。両者の関係は非常に良好で、2025年夏までの条件で話し合いが行われているという。

今夏の契約延長時には700万ユーロ(約10億9000万円)から800万ユーロ(約12億5000万円) へと少し昇給していたラビオだが、今回は給与変動なしで話が進んでいる模様。チームの居心地の良さに加え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督との間に強い信頼関係があることから、ユベントス残留を望んでいるようだ。

PR
関連ニュース

新オーナー体制のユナイテッド、ユベントス守備の要ブレーメルへの関心増か

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスのブラジル代表DFグレイソン・ブレーメル(26)への関心を強めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 2022年夏、トリノから移籍金総額5000万ユーロ(約81億6000万円)でライバルクラブのユベントスへ移籍したブレーメル。新天地でもすぐさま守備の要となり、2年目の今シーズンは出場停止となった直近のエラス・ヴェローナ戦以外、セリエA全ての試合に先発している。 2023年夏にはアンジェ・ポステコグルー監督が就任したトッテナムからの興味が報じられた中、同年末にはユベントスとの契約を2028年6月まで延長。チームの顔の1人として、末永く最終ラインを支えることが期待されている。 しかし、最近ではマンチェスター・ユナイテッドからの関心が新たに浮上。グレイザー一家とサー・ジム・ラトクリフ氏の共同オーナー体制となったユナイテッドは、新たなスポーツ・ディレクター(SD)の招へいに動くなどクラブ改革に着手している。 ブレーメル獲得に向けては、ユベントスが無視できないような7000万ユーロ(約114億2000万円)超えの決定的なオファーを提示することも十分ありえる模様。また、ブレーメルに対しても期待に応えるだけのオファーを提示する可能性があるようだ。 一方、ブレーメル自身は数カ月前に「プレミアはエキサイティングなリーグだ。いつかあそこでプレーしたい」「でも僕はユベントスで勝つことだけに集中している。僕らは世界最高のチームの1つだ」とコメント。ユベントス残留を強調しながらも、イングランドへの憧れを隠していなかった。 2024.02.23 20:45 Fri

今季未出場のデ・シリオ、筋肉損傷で再離脱

ユベントスの元イタリア代表DFマッティア・デ・シリオが再離脱するようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 デ・シリオは昨季終盤、右ヒザ前十字靭帯を断裂し、今季ここまで戦列を離れていた。先週、ようやく部分的にチーム練習に合流していたが、21日の練習中にヒラメ筋を痛めて再離脱となったようだ。 今季未出場で苦境が続くデ・シリオ。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の愛弟子であり、両サイドでプレー可能な31歳の復帰が待たれる。 2024.02.22 01:00 Thu

ユベントス狙うアタランタGKカルネセッキが代理人を変更、移籍への布石か

アタランタのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(23)が代理人を変更した。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今季、アタランタでアルゼンチン代表GKフアン・ムッソから正GKのポジションを奪ったカルネセッキに対してはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの後任としてユベントスが獲得に関心を示している。 アタランタとしても4000万ユーロ(約64億8000万円)のオファーが届けば売却に動くとされている。 カルネセッキ本人も代理人の変更をしたことで移籍に前向きであることを示しているようだ。 アタランタの下部組織出身で昨季まではレンタル先のクレモネーゼで正GKを務めていたカルネセッキ。今季セリエA14試合の出場で6度のクリーンシート達成と実力を示す有望株は来季、ユベントス加入となるだろうか。 2024.02.21 23:00 Wed

ローマで活躍のハイセンがスペイン代表でのプレーを決断…3月にU-21スペイン代表初招集か

ローマで注目を集めるDFディーン・ハイセン(18)が、スペイン代表でのプレーを決断したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ハイセンは元アヤックスのドン・ハイセン氏を父に持つ195cmのセンターバック。両利きと称されるほど両足を遜色なく扱え、フィジカルとスピードも申し分なし。クラブ関係者が口を揃えて「我々の未来」と絶賛する逸材。 今冬にユベントスからのレンタル移籍で加入したローマではここまで公式戦8試合に出場し、2ゴールを記録。直近のフロジノーネ戦ではハーフウェイライン付近から相手ボックス手前まで持ち込んでの圧巻のミドルシュートでゴールを挙げ、大きな話題を集めていた。 すでに移籍市場で国内外の注目を集める逸材だが、代表レベルにおいてもスポットライトが当たっている。 『マルカ』によると、オランダ生まれでU-17からU-19までオランダ代表でプレーしているハイセンだが、このたびスペイン代表でのプレーを決断したという。 5歳のときにアンダルシアのマルベーリャに移住し、2021年までマラガのカンテラに在籍していたハイセンはオランダとスペインの二重国籍を有している。 そして、オランダではなくスペインでのプレーを選択した同選手は、ラ・ロハでプレーするために必要なすべての書類手続きの完了に近づいているという。 手続きが順調に進んだ場合は、3月末のインターナショナルマッチウィークでサンティ・デニア監督率いるU-21スペイン代表に初招集される見込みだ。 2024.02.20 23:25 Tue

アストン・ビラはザニオーロの買取OPを行使せず? 選手はセリエA復帰を希望か

現在アストン・ビラでプレーするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)は、今夏にセリエAへ復帰する意思があるようだ。 ザニオーロは昨夏の移籍市場で、ガラタサライからビラに買い取りオプションの付随したレンタル移籍の形で加入。初挑戦となるプレミアリーグでローマ時代に披露していたクオリティの発揮が期待されていた。 しかし、今シーズンはウナイ・エメリ監督の下で現在プレミアリーグ4位と躍進するチームで、思うような出場機会を確保できず。公式戦27試合出場2ゴールの成績を残すも、プレミアリーグでの先発は7試合にとどまっている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のアンドレア・ラマゾッティ記者によると、こうした状況もありビラはザニオーロの買い取りを見送る方針とのこと。選手は夏にガラタサライへ戻る可能性が濃厚なようだ。 ただし、ザニオーロはこれ以上トルコでプレーすることを望んでおらず、セリエA復帰を検討している模様。フィオレンティーナ、ミラン、ユベントスが獲得に関心と報じられている。 ただし、いずれのクラブも買い取りオプション付きのレンタル移籍のみ望んでいる様子。ガラタサライがこれ以上のレンタル移籍を望むかは不透明であり、その去就が注目されている。 2024.02.20 10:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly