「求められたことは全て果たした」「印象的」前節スーパーゴールの遠藤航、先発フル出場で攻守に効果的なプレーを見せ高評価を得る

2023.12.07 12:15 Thu
先発フル出場した遠藤航
Getty Images
先発フル出場した遠藤航
リバプールの日本代表MF遠藤航が評価を上げている。
PR
6日、プレミアリーグ第15節でリバプールはシェフィールド・ユナイテッドとアウェイで対戦した。
前節のフルアム戦で衝撃的なミドルシュートを決め、プレミアリーグ初ゴールを記録した遠藤は、アンカーとして先発フル出場を果たした。

試合はヴィルヒル・ファン・ダイクドミニク・ソボスライのゴールで0-2とリバプールが勝利。遠藤は得意の守備でチャンスを阻んだほか、ターンからの持ち出し、鋭いパスなど攻撃面でも効果的なプレーを見せていた。

イギリス『リバプール・エコー』は遠藤に対して7点(10点満点)の評価を与えた。
「前半はターンしての前方へのプレーは良かったが、ポゼッションを奪われる場面もあった」

「ハーフタイム前にイエローカードをもらったが、後半は非常によくプレーしていた」

リバプール専門メディアの『This is Anfield』も7点(10点満点)の評価をつけている。

「遠藤はフルアム戦でリバプールの英雄の1人となった中、水曜日は先発出場し、ディフェンスの前で主に良いパフォーマンスを見せたことが報われた」

「彼はタッチライン上での無謀なタックルで警告を受け、多くの選手と同様にスタートは遅れたが、パスは鋭く、求められたことは全て果たした」

「マク・アリスターの負傷により、土曜日に再び先発する必要がありそうだ」

『ESPN』も7点(10点満点)の評価。「日本代表の遠藤航は、中央で一貫してブレークアッププレーを見せ、パスで正しい判断をすることも多く、前線に対してプレーする前のハーフターンでボールを受けて角度を作る場面は印象的だった」と攻撃面での印象の良さを伝えた。

この試合ではアレクシス・マク・アリスターが負傷交代。遠藤は週末の試合も先発するチャンスがありそうだ。



PR
1 2
関連ニュース

クロップ時代の終わりに備えるリバプール、2022年に退任の敏腕SD復帰を熱望か

リバプールはかつてクラブでスポーツ・ディレクター(SD)を務めたマイケル・エドワーズ氏の復帰を望んでいるようだ。 エドワーズ氏は2011年にアナリティクス部門の責任者としてリバプール入り。その後はテクニカル・パフォーマンス・ディレクター、テクニカル・ディレクターへの昇格を経て、2016年11月からSDの座に就いた。 リクルート部門の中心を担うことになったエドワーズ氏は、FWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミノ、FWサディオ・マネ、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカー、MFファビーニョらの獲得を主導。ユルゲン・クロップ監督が名門復権の表の立役者なら、エドワーズ氏は陰の立役者と言うべき働きを見せた。 優れた手腕を発揮してきたエドワーズ氏だったが、2022年6月にリバプールを退任。一部メディアでは、スカッド編成についてクロップ監督と意見の食い違いがあったことも原因の一つと囁かれていた。 そんな中で、イギリス『タイムズ』のポール・ジョイス記者によると、リバプールはクロップ監督の今シーズン限りでの退任が決定したこと、ヨルグ・シュマートケSDが今冬の移籍市場終了後にチームを去ったことを受け、エドワーズ氏の再招へいを希望している模様。凄まじい影響力を誇るカリスマ指揮官が去った後のチーム構築に、エドワーズ氏の力を再び借りたいと考えているようだ。 ただし、エドワーズ氏はクラブに復帰するとしても、SDの役職には関心を示しておらず、すでに一度リバプールからのオファーを拒否しているとのこと。復帰するのであれば、フットボール運営を完全に掌握できるより重要な役職を希望すると報じられている。 3月中に体制を整えたいリバプールは、こうしたエドワーズ氏の希望も踏まえて最後の交渉を行っている最中であり、仮に復帰となればクロップ監督が去るクラブにとってまたとない人事になるだろう。 2024.02.29 18:05 Thu

「これなら行けると思っていた」チーム全体の自信を感じたという10番・長野風花、狙い通りの2点目の起点に「上手くいって良かった」

なでしこジャパンの10番を背負うMF長野風花(リバプール)が、パリ・オリンピック行きを喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はなのゴールで先制すると、後半2位は藤野あおばがヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 試合後のメディア取材に現れた長野は「最高です」と五輪出場に率直な気持ちを語り、「私自身は凄く楽しみだったというか、正直負ける気があまりしなかったので、みんなで自信を持っていこうという話をしていました。切符を掴めたのでとっても嬉しいです」と、勝利を喜んだ。 第1戦では攻撃の形が上手く作れずに引き分けとなった中で、この試合に向けたプランは「第1戦目はああいう試合になってしまったので、今日はとにかくホームで勝つしかないという気持ちしかなかったです」とコメント。「チーム全員が自信を持ってプレーできたことが、今日の結果に繋がったと思います」と、勝利への自信もあったという。 攻撃面については「まだまだ精度は上げていかなければいけないですが、第1戦になかった縦パスやボールが入るようになって、そこからの関わりもワンタッチのフリックが増えていって、私たちも修正していけたと思います」と修正できた手応えも感じている様子。システムも[3-4-2-1]に変更したが「第1戦目は後ろで回して詰まったら蹴るというチームとしての繋がりが見れなかったんですが、今回[3-4-3]になって(長谷川)唯だったり私がビルドアップに関わりながら前進できたというのは、ワールドカップでもこの形をやっていてやり慣れているというのがあるので、スムーズに試合に入れました」と、チームとしてもしっかり機能できたと振り返った。 中盤で伸びるドアップの出口になったほか、サイドに流れてもプレーしていた長野。「相手選手が凄くミスマッチが苦手という分析もあったので、私たちに相手のボランチが食いついてくるかどうかを見て、うまく対応できました」と、狙いを持って判断していたという。 プレッシャーのかかる試合だったが、チームの雰囲気についても「昨日の前日練習からみんながやるぞという気持ちが出ていたので、これなら行けると私は思っていました」と自信を持てていたとし、「試合前は必ず選手でミーティングしますし、一丸となってプレーできました」と、大事な試合にひとつになれたと振り返った。 試合の決勝ゴールとなった2点目のシーンでは、右サイドのスペースに走りこむ清水梨紗への絶妙なパスを出した。 「今日のような相手というのは前には強いけど、ちょっとズラされたのは弱いというのは1戦目でも感じていました」と相手の状況を見ての判断だとし、「1戦目はその距離に選手がいなかったというのもあって、そこにボールが入らなかったですが、今日は距離感も修正できて3人目を使えば崩せると思っていたので上手くいって良かったです」と、しっかりとチームとして動けた結果が、良いパスに繋がったとした。 清水が右で1人をかわしてクロス。待ち構えた清家貴子ではなく、飛び込んだ藤野が頭で合わせる素晴らしい流れでのゴールとなったが、「出したらもう1度ボールに関わるというのはみんな常に意識していたと思います」と、プレーを終えて動きを止めない姿勢が生んだゴールだとした。 <span class="paragraph-title">【動画】長野風花の展開から、貴重な追加点が生まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 304;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 15:40 Thu

「夢が叶った」アンフィールドでの初ゴールにリバプール若手FWダンズが喜び爆発「映画の中にいるみたいだ」

リバプールのU-18イングランド代表FWジェイデン・ダンズが、夢の実現を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールで生まれ、8歳からクラブのアカデミーに所属するダンズ。下部組織で得点を量産していたストライカーはユルゲン・クロップ監督の目に留まると、チームに負傷者が続出していたこともあり21日のプレミアリーグ第26節ルートン・タウン戦で待望のプレミアリーグデビューを果たした。 EFLカップ(カラバオカップ)決勝にも出場するなど勢いが止まらないダンズは、28日に行われたFAカップ5回戦のサウサンプトンで63分から出場。73分に絶妙なループシュートでファーストチーム初ゴールを記録すると、88分にもこぼれ球を逃さず詰めて2ゴール目を挙げる活躍を見せ、3-0で勝利したチームに大きく貢献した。 彗星の如く現れ、瞬く間にKOPのハートを掴んだダンズは試合後に喜びを爆発させており、夢の実現に歓喜している。 「夢が叶ったよ。僕は幼い頃から、生まれた時からこのクラブをサポートしてきたんだ。だから、アンフィールドのコップエンドでゴールを決めるなんて、現実じゃないみたいだね。まるで映画の中にいるような気分で、今夜は眠れないと思う」 「(1点目は)相手GKが近づいてきた。彼がそこまで近づいたら、チップさせるしかない。2点目は純粋に嬉しかったよ。まさか自分のところにボールが来るとは思わなかった。1点目の時点で満足だったけど、2点目の後は見てもらったらわかる通り、完全に平静さを失っていた」 「父は僕がデビューしたとき泣いたと言っていた。今どうなっているかはわからないね。彼はスタンドで見てくれていたし、それは母も兄も妹も祖母も同じだ。だから、信じられない」 「(FAカップ準々決勝に出場するかは)わからない。その時が来たらインパクトを残せると思うけど、様子を見るだけさ。僕は今与えられているチャンスに感謝している。これ以上を望むことはできないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ダンズが記念すべきファーストチームでの初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>FAカップ5回戦<br>ダンズ トップチーム初ゴール!<br>\<br><br>GOOOOAL!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リヴァプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サウサンプトン</a><br><br>レッズの若武者が躍動!<br>クーマスに続き18歳 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダンズ</a> が貴重な追加点!<a href="https://twitter.com/hashtag/LIVSOU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LIVSOU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SPOTVNOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SPOTVNOW</a> でライブ配信中 <a href="https://t.co/ZOvtkgZRbN">pic.twitter.com/ZOvtkgZRbN</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1762957205450747956?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 12:15 Thu

「類まれな才能を持っている」若手躍動でFA杯勝利、クロップ監督は2ゴールのダンズを「期待していたもの」と称賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、FAカップでの若手の活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 28日、サウサンプトンとのFAカップ5回戦に臨んだリバプールは、多くの負傷者が出ていることや先週末にEFLカップ決勝を120分間戦ったこともあり、多数の若手を起用。序盤はピンチを招きながらGKクィービーン・ケレハーの好セーブでしのぐと、44分にこれがデビュー戦のFWルイス・クーマスに嬉しい先制ゴールが生まれハーフタイムへ。後半に入ると今度はEFLカップ決勝から存在感を示すFWジェイデン・ダンズが2ゴールを決めて勝利を決定づけ、3-0で勝利した。 若手の躍動でFAカップベスト8進出を果たしたクロップ監督は困難な状態での勝利を喜びつつ、躍動した選手たちを称えている。 「サウサンプトンはいずれにせよ我々に問題を起こしてきただろうチームに勝つことができた。そして今の我々の特殊な状況は明らかだったと思う。我々はできるだけチームに多くの情報を与えたかったが与えすぎることもせず、試合中の改善が必要だった」 「私はクィービーンがどれだけ優れているかは知っているし、それはジョー(・ゴメス)、8番の位置でプレーした2人の19歳、左ウイングの18歳、そしてコーディ(・ガクポ)、ハーヴェイ(・エリオット)も同じだ。ハーヴェイに至っては数日前120分プレーしたんだ!本当に信じられない」 「残念ながら、我々は試合が多すぎて選手が足りていない。これは本当に難しい状況だ。それでも、これまでは何とか解決策を見つけられたのだから、それを続ける必要がある。そしてアンフィールドでの試合では、非常に特別な雰囲気を作り出さなければならない」 「前半は有頂天になれる試合ではなかったが、我々が得たサポートや人々が生み出した感情はポジティブなもので、 超一流だった。本当に気に入ったよ。土曜日に誰がプレーできるかはチェックしていきたい。残念ながらそれほど時間はないが、(対戦相手の)ノッティンガム・フォレストも今夜は試合があったと知っている」 「若い選手には改善すべきこと、学ぶべきことがたくさんある。これからも彼らにはその瞬間が訪れるだろう。今のところ、我々のチーム状況では、おそらく予想以上に多くの出番があるはずだ」 「そしてもう一つ言えるのは、彼らが類まれな才能を持っていることだ。(ダンズの1点目は)18歳の少年があの状況で、落ち着いてボールをチップさせるのはおかしなことだと思う。そして彼の2点目は私が期待していたものだった」 2024.02.29 10:10 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly