アトレティコ戦で顔面骨折のアラウホ、ジローナとの上位対決はマスク着用で出場へ

2023.12.07 00:10 Thu
Getty Images
バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが顔面を骨折したようだ。スペイン『アス』が報じている。
PR
アラウホは3日に行われたラ・リーガ第15節アトレティコ・マドリー戦でフル出場していたが、試合中にMFマルコス・ジョレンテとの接触があった際に顔面を骨折していたようだ。
全治は3週間とのことだが、マスク着用で10日に行われるラ・リーガ第16節ジローナとの上位対決には出場できる見込みだ。

バルセロナは首位レアル・マドリーと同勝ち点で並ぶ2位ジローナを4ポイント差で追っている。

PR
関連ニュース

バルセロナがヘタフェに4発完勝! 公式戦5戦ぶりクリーンシートで連勝【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第26節、バルセロナvsヘタフェが24日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが4-0で圧勝した。 3位のバルセロナは前節、下位セルタとのアウェイゲームで苦戦を強いられたが、レヴァンドフスキの最終盤のPKによるゴールで2-1と競り勝った。ただ、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)では新生ナポリとのアウェイゲームで試合を支配しながらも、後半終盤に巻き返された結果、1-1のドローで初戦を終えた。 10位のヘタフェ相手にリーグ連勝を狙った一戦ではナポリ戦から先発3人を変更。イニゴ・マルティネス、ラミン・ヤマル、ペドリに代えてパウ・クバルシ、ハフィーニャ、フェリックスを起用した。 [4-5-1]の布陣で入ったヘタフェに対して、立ち上がりからボールを握って試合を進めるバルセロナ。立ち上がりは相手の強度の高いハイプレスに手を焼き、スムーズにボールを前進させられない。そういったなか、3列目からの飛び出しや両ウイングのダイアゴナルランで幾度となくハイラインの背後を取ってチャンスに繋げていく。 すると20分、後方からの繋ぎで右のクンデが背後に入れた縦パスに反応したハフィーニャが完全に抜け出すと、ボックス内でのGKソリアとの一対一を制した。 一方、先に失点を喫したヘタフェは両サイドの立ち位置を変更。ジェネを右サイドバック、ディエゴ・リコを左サイドバックに落としてサイドハーフは右にイグレシアス、左にグリーンウッドの形に。そして、前半半ばを過ぎて攻勢を強めると、グリーンウッドやマジョラルと好調なアタッカー陣が幾度か良い形でフィニッシュに持ち込んでいく。 前半終盤にかけては球際のバトルの激化に加え、ヘタフェ悪癖のラフプレーが目立って試合は荒れ模様の展開に。それでも、攻撃では引き続き効果的に背後を取って一気にチャンスまで持ち込むバルセロナ。だが、その形から迎えたビッグチャンスでハフィーニャのシュートミスや判断ミスが重なり、前半の内に追加点を挙げることはできなかった。 迎えた後半、立ち上がりの49分にミジャの鋭いミドルシュートでいきなりゴールを脅かされる嫌な入りとなったが、後半ファーストチャンスをゴールに繋げる。 53分、自陣からクバルシ、ギュンドアン、クリステンセンと鮮やかなパス交換で右サイドを攻略すると、ボックス付近まで抜け出したクリステンセンからの完璧な折り返しをファーでフリーのフェリックスが難なくワンタッチで流し込んだ。 さらに、畳みかけるホームチームは61分、自陣中央からドリブルで運んだフレンキー・デ・ヨングがギュンドアンに繋ぐと、ギュンドアンのスルーパスがDFにディフレクトしてボックス付近にこぼれる。これをGKよりも先に回収したハフィーニャがフリーのデ・ヨングに短く落とすと、オランダ代表MFはDFのゴールカバーが届かないコースに右足シュートを突き刺した。 この3点目で勝利を決定付けたバルセロナは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。さらに、フェリックス、ハフィーニャの両ウイングやギュンドアンら主力を早いタイミングで下げて控え選手や若手をピッチに送り出す。 その後、一矢報いたいアウェイチームの攻撃を冷静に撥ね返していくと、試合終了間際の91分にはデ・ヨングの絶妙スルーパスに抜け出したヴィトール・ロッキのシュートのこぼれ球をフェルミン・ロペスが抑えの利いた右足ボレーシュートで決め切り、トドメの4点目とした。 そして、公式戦5戦ぶりのクリーンシートを含め難敵ヘタフェに完勝を収めたバルセロナがリーグ連勝で暫定2位に浮上した。 2024.02.25 02:35 Sun

ミランが若き才能の宝庫・ボローニャから“看板3枚抜き”?

ボローニャは、言わば若き才能の宝庫だ。 24日現在、セリエAでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の暫定4位につけるボローニャ。資金力に乏しいプロヴィンチャだが、その安定感はインテルら強豪に勝るとも劣らない。 率いるは就任2年目のチアゴ・モッタ監督(41)。現役時代にバルセロナとインテルでCL制覇を経験し、キャリア晩年はパリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。地味ながらもチームに欠かせぬリンクマンだった名役者だ。 そんな男はボローニャでの舵取りも高く評価され、古巣バルセロナが次期指揮官にリストアップしているとも。また、それ以上に有力視されているのは、古巣インテルの宿敵・ミランの次期指揮官職だ。 モッタ監督の下で大きく成長した選手も多数。 バイエルンでの伸び悩みはもはや過去、U-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)。自国の偉大な指揮官と同じ姓を持つスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)。2人は揃ってモッタ監督と共にミラン行きが噂されている人気銘柄だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ザークツィーは前所属バイエルンが4000万ユーロ(約65億2000万円)の買い戻しオプションを保有。ファーガソンも2027年6月までの契約+1年延長オプションがあり、2500万ユーロ(約40億7000万円)程度で獲得できる選手ではない。 ミランとしては、モッタ監督をポスト・ピオリの筆頭に据えるなか、カギを握りそうなのがボローニャへ貸し出し中のベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。この男を交渉に含めることにより、“最大操作”=モッタ+ザークツィー+ファーガソンの3者同時獲得へ、というプランがあるとみられている。 3者同時獲得…もちろん現段階ではミランにとってアイデアのひとつに過ぎないようだが、実現なら素晴らしい補強に。優秀な青年指揮官、若き攻撃的タレント2枚…その腕に疑いの余地はない。 2024.02.24 17:50 Sat

ラ・リーガ連覇を諦めないチャビ「タオルを投げるつもりはない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が23日、ラ・リーガ第26節ヘタフェ戦に向けた前日会見に臨んだ。 首位レアル・マドリーとは8ポイント差となっている3位バルセロナ。前節、マドリーが引き分け、2位ジローナが敗れたことでポイント差が縮まっている。チャビ監督はリーグ連覇をまだ諦めていない。 「数字的に可能性があるまで我々は戦い続ける。我々は失敗できないし、ホームでは尚更だ。難しいことはわかっているが、リーグ優勝のためにタオルを投げるつもりはないよ」 水曜にチャンピオンズリーグのナポリ戦を戦ったバルセロナ。翌週のミッドウィークには試合がないにも関わらず土曜開催になったことを受けてチャビ監督は「日曜か月曜の方が良かった。それでもスケジュールを言い訳にはしない。勝利を目指すよ」とコメント。 現在、公式戦5戦負けなしと復調気配のバルセロナだが、チャビ監督は今季限りで退任する決断に間違いはなかったと断言した。 「決断は正しかった。そのステップが必要だった。クラブがシーズン後、変化を必要としてもいた。我々は今、良い戦いができている。決断は正しかったよ」 2024.02.24 01:00 Sat

【ラ・リーガ第26節プレビュー】首位マドリーはS・ラモス帰還のセビージャ戦! 久保は2戦連続恩返し弾狙う

先週末に行われた第25節では首位のレアル・マドリーがドロー、2位のジローナが敗戦と上位2チームが取りこぼす波乱が起きた一方、3位のバルセロナ以下の上位陣が勝ち点3を積み上げて第1グループと第2グループの勝ち点差が縮まっている。 上位陣がボトムハーフと対峙する第26節では、DFセルヒオ・ラモスのサンティアゴ・ベルナベウ帰還に注目集まる首位のマドリーと15位のセビージャの名門対決が最注目カードだ。 マドリーは前節、ラージョとのマドリード自治州ダービーに臨み1-1のドローに終わった。FWホセルが開始早々に先制点を挙げたものの、FWデ・トーマスに恩返し弾となるPKのゴールを決められると、以降は連戦による勤続疲労によって攻撃のギアが上がらず。試合終了間際には途中出場のDFカルバハルが退場となるアクシデントにも見舞われ、イニゴ・ペレス新監督率いるラージョと前回対戦に続くドロー決着となった。 ただ、今回の一戦に向けては中6日と十分な休養期間もあり、本来のパフォーマンスを見せられるはずだ。ただ、セビージャとはラージョ同様に前回対戦で1-1で引き分けており、ホームゲームとは言えども気を引き締めて臨みたい。なお、同試合ではカルバハルと共にMFカマヴィンガが累積警告で不在となる。 対するセビージャは前節のバレンシア戦を0-0のドローで終えて今季初の3連勝を逃したが、直近2勝2分けの4戦無敗とキケ・フローレス体制でようやく復調の気配を見せる。得点力は引き続き課題も、この4試合ではわずかに2失点と守備に安定感が出てきている。首位チームとのタフな一戦ではベルナベウ初帰還のセルヒオ・ラモスを中心に粘り強い守備で勝ち点を持ち帰りたい。 前節、アスレティック・ビルバオとの上位対決に敗れて今季初の連敗を喫した2位のジローナは、マドリー相手のドローで勢いに乗る14位のラージョ相手に連敗ストップを狙う。前々節の首位攻防戦での惨敗を引きずったか、アスレティック戦では2つのミスからMFベレンゲルにドブレーテを献上するなど、らしくない戦いとなった。それでも、堅守を誇る難敵相手に2点を奪い、後半最終盤にはあわや同点という場面を作り出した点はポジティブに捉えたいところ。今回の試合では守備面での軽率なミスを減らすと共に、ここにきてやや調子を落とす主砲ドフビクら攻撃陣の奮起に期待したい。 3位のバルセロナは10位のヘタフェ相手に連勝を狙う。前節、下位のセルタとのアウェイゲームで苦戦を強いられたが、FWレヴァンドフスキの蹴り直しとなった痺れる最終盤のPKによるゴールで2-1と競り勝った。ただ、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)では新生ナポリとのアウェイゲームで試合を支配しながらも、後半終盤に巻き返された結果、1-1のドローで初戦を終えた。 ここにきてレヴァンドフスキが公式戦4試合連続ゴールと本来の決定力を取り戻したところはプラス材料だが、守護神テア・シュテーゲン復帰後も失点が続く守備面の立て直しは急務だ。とりわけ、ヘタフェはファウルを辞さないタフな球際、前線にFWマジョラル、FWグリーンウッドと強力なタレントを擁しており、簡単には勝ち点3を取らせてくれない相手だ。 4位のアトレティコ・マドリーは最下位のアルメリアとのアウェイゲームでリーグ連勝を狙う。前節は堅守を誇るラス・パルマス相手に2トップで起用されたMFジョレンテ、FWアンヘル・コレアの2人がいずれもドブレーテを達成する見事な戦いぶりでマニータの大勝を収めた。しかし、直近のCLではインテルとのアウェイゲームで0-1と競り負けて先勝を許した。同試合ではDFヒメネス、FWグリーズマンと負傷者も出ており、週明けに逆転での決勝進出を目指すアスレティックとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグを控えるなか、再びのターンオーバーを敢行して勝利を目指すことになる。 アルメリアは前節のグラナダ戦のドローによって昨季から数えてリーグ28試合連続未勝利というワースト記録を樹立したが、上位陣相手には接戦を演じる侮れない相手だ。そのため、ラス・パルマス戦同様に対戦相手攻略に適した用兵を選択しつつ、起用された選手たちの躍動が求められる。 MF久保建英を擁する6位のソシエダは週明けにマジョルカとのコパ準決勝第2戦を控えるなか、13位のビジャレアルと対戦する。前節のマジョルカ戦ではカードで試合をコントロールする愚行を働いた主審が主役を演じる、後味が悪い内容ながらも久保の見事な同点ゴールに、MFメリーノの後半アディショナルタイムのゴールによって2-1の逆転勝利を収めた。イマノル監督がコパに向けてターンオーバーを行う可能性も考えられるが、前節も攻撃面で違いを生んだ久保にはビジャレアル相手に2試合連続の古巣恩返しゴールを期待したい。 その他では7位のベティスと5位のアスレティックが対峙する上位対決、18位のカディスと17位のセルタが3ポイント差で対峙する、残留争い直接対決にも注目だ。 《ラ・リーガ第26節》 ▽2/23(金) 《29:00》 レアル・ソシエダ vs ビジャレアル ▽2/24(土) 《22:00》 グラナダ vs バレンシア 《24:15》 バルセロナ vs ヘタフェ 《26:30》 アラベス vs マジョルカ 《29:00》 アルメリア vs アトレティコ ▽2/25(日) 《22:00》 カディス vs セルタ 《24:15》 ベティス vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 ラス・パルマス vs オサスナ 《29:00》 レアル・マドリー vs セビージャ ▽2/26(月) 《29:00》 ジローナ vs ラージョ 2024.02.23 19:00 Fri

ナポリ初陣はいきなりのCLバルサ戦も引き分け 指揮官「まだ課題が多いが選手を祝福したい」

ナポリがチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを1-1の引き分けに持ち込んだ。 21日にバルセロナとの1stマッチをホームで迎えたナポリ。60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制を許したが、その15分後にビクター・オシムヘンが同点ゴールを決め、1-1のドローに終わった。 初陣がいきなりのCL、しかもバルセロナが相手だったが、引き分けに持ち込んだフランチェスコ・カルツォーナ監督は『UEFA.com』によると、選手の頑張りを労ったようだ。 「まだ課題が多いが、選手を祝福したい。戦ったし、後半は良かった。最後の15分間は素晴らしかったよ」 「スピリットにおいてはとても私好みだった。最後の方はこの試合を勝てるという自信があったんだ」 「序盤の30分間は苦しんだが、それからチームが反発してくれた。交代選手においてもとても満足だ」 バルセロナとのリターンレグは来月。12日に今度は敵地で行われる。 2024.02.22 09:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly