「色んな人の苦労によって僕らは喜びを味わえた」、東京V生え抜きの谷口栄斗は苦難の15年で奮闘した偉大なる先達に感謝

2023.12.02 23:54 Sat
東京Vの昇格に貢献した若きDFリーダーの谷口栄斗
©超ワールドサッカー
東京Vの昇格に貢献した若きDFリーダーの谷口栄斗
東京ヴェルディのDF谷口栄斗が、16年ぶりの悲願達成の喜びを語った。

東京Vは2日、国立競技場で行われた清水との2023J1昇格プレーオフ決勝を制し、16年ぶりのJ1昇格を決めた。
今シーズンの明治安田生命J2リーグを3位フィニッシュした東京Vは、昇格プレーオフでジェフユナイテッド千葉を2-1で破り、ジュビロ磐田に敗れた2018シーズンのJ1参入プレーオフ決定戦以来の決勝へ駒を進めた。

5万3264人の観客を集めたレギュラーシーズン4位の清水とのオリジナル10対決では、ゴールレスで折り返した後半序盤にMF森田晃樹のハンドで与えたPKをFWチアゴ・サンタナに決められて先制を許す。しかし、8分が加えられた後半アディショナルタイムの96分にFW染野唯月がDF高橋祐治に倒されて得たPKを自ら決め切り、土壇場で同点に追いつく。そして、このまま1-1で試合をクローズした東京Vはリーグ上位のアドバンテージによって悲願のJ1復帰を成し遂げた。

2敗したレギュラーシーズンの対戦を負傷で欠場していた谷口は、今季3度目の清水との対戦で初出場。チームとしてはPKで1失点を喫したものの、相手のキーマンであるチアゴ・サンタナに安定した対応を見せるなど、1-1のドローに大きな貢献を見せた。
その激闘を振り返った谷口は、「勝ってしっかり決めたかった」と正直な気持ちを明かしながらも、持ち味の堅守と粘り強さで勝ち取った昇格を誇る。

「勝ってしっかり決めたかったというのが正直な気持ちです。ただ、昇格を掴むには引き分け以上という条件だったので、そこはもう良かったなと思います」

「J1に行くのであれば、ああいったタレントの選手と対峙しなければいけないというのは当たり前のことなので、今日はそこを意識して臨みました。乾選手が自由に動くぶん、自分たちの味方が絞ったときにサイドが空いてしまうことは仕方ない部分がありました。ただ、クロスの対応は1年間積み上げてきた部分だったので、そこはしっかりと対応できました」

「(失点後は)自分たちがよりボールを持つ展開となり、自分たちがやりたいというか特徴が出る展開になっていたので、しっかりとボールをつなぐことだったり、取られた後の切り替えは今年1年間積み上げてきたので、それが出たと思います。1失点した後に相手がやり方を変えてきたので、そこまでピンチというピンチはなく自分たちの失い方の問題でピンチになる場面もありましたが、そこはリスク管理もしていましたし、相手がそこまで寄ってこないという部分もあってそういう展開になりました」

また、ジュニア時代から東京Vの下部組織に在籍し、国士舘大学を経て古巣に帰還した緑のDNAを色濃く受け継ぐ若きディフェンスリーダーは、16年ぶりの昇格に言及。経営難によるクラブ消滅の危機、15年間のJ2での苦しい戦いのなかで懸命に戦い続けた偉大な先達、そういった苦境のなかでもクラブを支え続けた“12人目の選手”への感謝の想いを語っている。

「まだ実感はないですが、言葉で表すことができないぐらいのものを手にできたと思っています」

「僕たちはタイミングよく昇格の場に立てただけで、この15年にはいろんな歴史があって僕がジュニア時代には経営危機でクラブ存続できるかできないかの瀬戸際でしたし、その経営危機以外ではJ2で15年戦ってきた選手や監督、スタッフ。いろんな人の苦労があったからこそ今日僕たちがこのタイミングで昇格を掴み取れたので、そういう人たちに対する敬意を示さなければいけないですし、そういう人たちの苦労があったからこそこういう大きな喜びを味わうことができたと思います」

「(5万人を超える観客に)ちょっと感慨深いものがありますし、少し言葉で言い表すのは難しいですが、自分たちが1年間やってきたことが、そういったところに表れたことは良かったと思います。入場のときは素晴らしい雰囲気を作ってくれたので、そこは感謝していますし、素晴らしいサポーターとともに歴史を動かせて良かったです」

さらに、今季は副キャプテンとして支えた1歳下のキャプテンへの気遣いも忘れない。

「彼のハンドでPKを与えてしまってサッカーの神様は本当に残酷なことをするんだなと試合中に少し思っていました。ただ、追いついたことで(森田)晃樹もすごく安心したと思いますし、晃樹がキャプテンでJ1昇格を成し遂げることができて本当によかった。自分が言うのもなんですが、本当にたくましくなったと思います」

今回のJ1昇格によって名門復活の足掛かりを掴んだ東京Vだが、谷口は「昇格を達成できましたが、本当の勝負はこれからだと思います。クラブとしてもう一度気を引き締めていきたいです」と、来季J1での厳しい戦いに向けての決意を示した。
関連ニュース

今季初出場で東京Vの16年ぶり勝利貢献へ…山越康平「強度を保ってプレーしたい」、深澤大輝「結果だけを求めて…」

東京ヴェルディは3日、埼玉スタジアム2002で行われる明治安田Jリーグ第2節の浦和レッズ戦に臨む。 16年ぶりJ1に復帰した東京Vは、1993年のJリーグ開幕カードの再現となった、横浜F・マリノスとの国立競技場での開幕戦を1-2で落とした。 ここ数年、J1のトップ・オブ・トップに位置する相手に先制点を奪い、前半は攻守両面で圧倒する戦いぶりを見せたが、後半終盤の連続失点によって最後は地力・勝負強さを見せつけられる形となった。 その開幕戦ではベンチからチームの戦いを見守ったDF山越康平は、自身にとって大宮アルディージャ時代の2017年以来のJ1での戦いについて語った。 「チームとしてうまく戦えていたと思いますけど、J1は最後の最後に決め切るクオリティというか、いくら良いゲームをしていても最後の最後にああやって引っくり返す力があるなというのを改めて、J1のクオリティを外から体感しました」 開幕戦では後半終盤に投入の可能性がありながらも、追いつかれた影響もあって久々のJ1でのプレーはお預けとなった山越だが、今回の浦和戦では本職のセンターバックに加え、右サイドバックでの起用も見込まれる。 大宮時代に埼スタで2度のダービーを経験した山越は、久々の難所での戦い、常日頃から渇望するタフなアタッカーとのマッチアップに向けて静かに闘志を燃やす。 「ダービーだったので、サポーターの対戦相手に対する圧というのはすごかったなというのを印象的に覚えています」 「個人としては相手に良い状態でボールを持たせないことが大事だと思うので、コンパクトにスペースをなるべくない状態で、うまく守れればと思っています」 「チームとしては(前節浦和に勝利した)広島が本当に良い嵌め方をしていたのを映像で見て、うまく自分たちもあれぐらいの強度でやれれば、いくら浦和相手といえども、うまく攻撃できないと感じているので、うまく強度を保ってプレーしたいと思います」 同じく開幕戦ではベンチからチームの戦いを見守る形となったDF深澤大輝は、「チームの力になれなかったことが悔しい」とJ1デビューがお預けとなった一戦を振り返る。 「前半、良い戦いできていて外から見ててもみんな戦って走ってるなと思った中、後半はやっぱりちょっと落ちているなというところで、自分が入って手助けできればと思っていたところで失点してしまいました」 「それによってプランが崩れたところもあって、自分自身も準備していましたが、結果的に出ない形になり、J1デビューは意識していましたが、開幕戦はチームが勝つことがすごく大事だったので、チームの力になれなかったことがまず悔しいです」 直近のトレーニングマッチでは左右のサイドバックでプレーし、状態を上げるなか、東京Vのアカデミー、中央大学で共にプレーした盟友、大久保智明との関係で幾度となく観戦に訪れた経験のある埼スタでのデビューを目指す。 負傷の影響で出遅れた盟友とのピッチ上での再会は難しいものの、浦和にはMF前田直輝、MF中島翔哉というアカデミーの先輩2人が在籍している。 「(前田と中島は)僕らがジュニアユースのときのユースの選手で、(2012年の)高円宮杯の試合を埼スタに見に行きました。(現同僚の宮原)和也くんもいた広島ユースとの試合でした。すごく強い代でしたし、一種の憧れの存在でもあったので、そういう人たちとJ1のピッチで戦えるというのはすごい嬉しいですが、負けたくない気持ちが強いです」 「埼スタでプレーしたことはないですが、トモ(大久保)の応援でACL決勝とかも見に来ているので、あのピッチでプレーしたいという思いはありますし、出るか分からないですけど、ピッチに立ったら全力でやるしかないなと思います。トモの試合なんか見ても応援は半端ないなと思いますし、本当にチームを勝たせる応援をしてくるので、そういう中で自分が何ができるかというのは楽しみですし、本当に結果だけを求めて、次の浦和戦は勝ち点3を求めて戦っていければいいなと思います」 その浦和戦での勝利に向けては、「(サミュエル・)グスタフソンが関わるとうまく崩せそうなシーンがあり、僕らはそこに起点を作らせたくない」、「勇気をもって前からプレッシャーをかけたい」と、相手の新司令塔を警戒しつつ、城福浩監督が求めるハイライン・ハイプレスのアグレッシブな戦いを強調した。 2024.03.02 20:25 Sat

東京Vの齋藤功佑「やるべきことをやることが大事」…勝ち点奪取へ継続・修正を説く

東京ヴェルディのMF齋藤功佑が、今季初勝利を目指す浦和レッズ戦へ意気込みを語った。 16年ぶりJ1に復帰した東京Vは、1993年のJリーグ開幕カードの再現となった、横浜F・マリノスとの国立競技場での開幕戦を1-2で落とした。 ここ数年、J1のトップ・オブ・トップに位置する相手に先制点を奪い、前半は攻守両面で圧倒する戦いぶりを見せたが、後半終盤の連続失点によって最後は地力・勝負強さを見せつけられる形となった。 それでも、齋藤は「自分たちが準備して積み上げてきた部分はしっかりと出せた」、「あれをベースに成長していければ、良いシーズンになる」とポジティブに開幕戦を振り返った。 そして、3日に埼玉スタジアム2002で行われる明治安田Jリーグ第2節の浦和戦に向けて意気込みを語った。 横浜FC時代にも埼スタでプレー経験のある齋藤だが、当時はコロナ禍で無観客開催だったこともあり、5万人以上の来場が見込まれる完全アウェイでの戦いは今回が初めての経験になるという。 「めちゃくちゃ楽しみですね。自分は横浜FCのときもやりましたけど、そのときは無観客だったので…。埼スタのあの雰囲気は初めてですけどすごい楽しみです。国立のときもあまり声が届かなかったりしましたけど、その中でも積極的にコミュニケーションをとって、言う側と聞く側がお互いを意識しながら、コミュニケーションを取ることが大事だと思います」 また、「ちょっと変わっている」と評する横浜FC時代の同僚であるMF松尾佑介との対戦に向けては「まずは早い。それプラス、チャンスメイクもできるし、クロスとか足元の技術もしっかりしてると思いますし、相手の嫌なことできる選手なので脅威になる」と警戒を示す。 開幕戦では今後の戦いに向けて大きな可能性を示した一方、残留を重要な目標に掲げる状況においてはシーズン序盤での勝ち点獲得が求められるところだ。 齋藤は、昨季から継続する堅固な守備を維持しつつ、ボール保持・最後の精度をキーワードに勝ち点奪取を誓った。 「(ゲーム運びの課題は)メリハリが大事だと思っていて、後半押し込まれたのは、自分たちが頑張って守備した後のボールをまた拾われて二次攻撃、三次攻撃に持ち込まれたのが、押し込まれた要因だったと思います。どこかで組織として共通認識を持ってロングボールを蹴るのであれば、セカンドボールを拾うとか、そういうポジションをしっかり取るなり、繋ぐなら繋ぐで、ちゃんと立ち位置を取るというメリハリはもうちょい共通認識で高められる」 「良いサッカーすることが目的じゃないと監督も言っいたと思いますけど、本当にポイントを稼いでいかなきゃいけない中で、経験が少ない若手が多いですけど、こういった経験をしっかりと次に、同じミスを繰り返さないように試合の終わらせ方とか、試合の運び方っていうのは、学んでいかなきゃいけないなと思います」 「J1なのでどこのチーム相手でも難しい戦いになりますが、そこから勝ち点を取っていかなければいけないです。守備の部分はこの前をベースにやっていければ、抑えれると思いますし、あとは決め切るところを大事にしていければいいかなと思います」 「ここで勝ち点を重ねないと、自信を失っていきますし、そういう意味でも勝ち点がすごい必要だと考えています。とはいえ、やっていくことは変わらないというか、しっかりと課題を見つめ直してやるべきことをやることが、勝ち点を取る上で大事だと思うので、そこにフォーカスしてやっていきたい」 2024.03.02 20:20 Sat

東京Vの森田晃樹、初白星目指す浦和戦へ…「マリノス戦ぐらい強度高く」、「プラスで課題を克服できれば勝ち点を取れる」

東京ヴェルディは3日、埼玉スタジアム2002で行われる明治安田Jリーグ第2節の浦和レッズ戦に臨む。 16年ぶりJ1に復帰した東京Vは、1993年のJリーグ開幕カードの再現となった、横浜F・マリノスとの国立競技場での開幕戦を1-2で落とした。 昨シーズンのJ1を2位フィニッシュし、ACLベスト8進出を果たした相手に試合内容では手応えを手にしたものの、後半終盤の連続失点によって勝ち点1も手にできず。久々のトップカテゴリーでの難しさを味わう結果となった。 その開幕戦でチームを攻守両面で牽引するパフォーマンスを見せたキャプテンのMF森田晃樹は、自身にとってもチームにとってもJ1での試金石となった一戦を振り返った。 「前半は僕たちのゲームだったかなと思います。うまくボールを持たれていましたけど、うまくブロックを引いた中から最後のところでやらせなかったですし、引っ掛けてショートカウンターという形からも多くのチャンスを作っていたので、前半は良かったかなと思います。後半もそんなに崩れたりはしなかったんですけど、やっぱり自分たちの時間を持ちたかったというか、勝っていたというのももちろんありますけど、少しそういうところで疲弊というか、セカンドボールとかも拾われた印象もありますし、そういうクローズのところでもっとうまくやれれば良かったかなと思います」 「(後半はセーフティーなクリアが多すぎたか?)後半は特に多くありましたし、前半の最初の方は相手陣地でやろうという共通認識があって、わりとセカンドボールを拾えたりしたんですけど、やっぱり後半になってフリーだけど、クリアしちゃうというところで、やっぱり慌てて前に蹴ってしまって、簡単に相手ボールにしてしまったところはあったので、その辺はチームとして、どうやってゲームを作っていくかというのは課題だと思います」 その開幕戦では走行距離・スプリント回数の部門でJ1の1位と2位を記録。城福浩監督がコンセプトに掲げるハイインテンシティのスタイルを早速体現した。また、森田はいわゆる“走らされた”形ではなく、チームとして狙いを持って“走り切った”上での好スタッツと捉えている。 「しっかりブロックを引いた中で、組織的に守備ができていたので、そのぶん人に強度高くいけたというのありますし、あんまり引っくり返されるシーンもなかったので、そういうところで強度は出せたかなと思います。組織的に守備ができている部分でリアクションではなくて狙ったところでいけるので、疲労というのは少なく感じたと思います」 今回の浦和戦は、横浜FM戦で得た手応えを今度は結果に繋げることが求められる一戦となる。 会場は埼スタではなかったものの、2018年の天皇杯の浦和戦で2種登録選手としてトップデビューを飾った森田は、その相手との対戦に特別な感慨はないとしながらも、5万人以上の来場が見込まれる完全アウェイでの一戦に向けて気持ちを高ぶらせる。 「5万人超える試合はどちらも自分たちのホームだったので、アウェイでしかも浦和さんはすごく熱狂的なファンが多いと思いますし、雰囲気もすごくアウェイの中でやるというのは初めてなので、やっぱり楽しみではあるかなと思います」 共に今季の初白星を懸けて激突する浦和については、「なかなかうまくいってない印象」と率直に語る。そして、相手が0-2で敗れたサンフレッチェ広島戦と同様のスタイルで臨むのであれば、自分たちの志向するスタイルが嵌る可能性が高いと考えている。 「初戦を見た感じではなかなかうまくいってない印象です。[4-3-3]の形でやってますけど、繋ぐ意識はあると思うんですけど、そこからなかなか前に進めなかったような印象があります。どういう修正をしてくれるかは気になるところではありますけど、もし同じような形で来たら、ハイプレスにかけていけたらチャンスも生まれるんじゃないかなと思います」 「あとは後ろが広島とかもそうですけど、ほとんどマンマークでやって、追い込まれてもそこで全部セカンドボールを拾えている感じだったので、もしハイプレスで行くのであれば、ハイラインを保ちながらそういった一対一のところで負けなければ、同じような試合展開でうまくやれるのではないかと思います」 最後に、勝ち点3でもおかしくない内容で勝ち点0に終わった厳しいJ1復帰戦の反省を踏まえ、結果にこだわる姿勢を示した。 「手応えもありましたが、勝ち点を取れないと意味がないと思っています。ただ、自分たちのやり方を変えることはないと思うので、マリノス戦ぐらい強度高く、プラスで課題をしっかり抑えていければ、勝ち点を取れると思っています」 2024.03.02 20:10 Sat

完全アウェイの浦和戦で今季初白星狙う東京Vの城福浩監督、「我々らしくプレーを変えずに入りからやりたい」

東京ヴェルディの城福浩監督が、初白星を目指す明治安田Jリーグ第2節の浦和レッズ戦(3日)に向けて展望を語った。 16年ぶりJ1に復帰した東京Vは、1993年のJリーグ開幕カードの再現となった、横浜F・マリノスとの国立競技場での開幕戦を1-2で落とした。 昨シーズンのJ1を2位フィニッシュし、ACLベスト8進出を果たした相手に試合内容では手応えを手にしたものの、後半終盤の連続失点によって勝ち点1も手にできず。久々のトップカテゴリーでの難しさを味わう結果となった。 同試合後の会見で「内容が悪くなかったという一つの言葉でまとめたくない」、「我々に足りなかったものがあると、そこをしっかり突き詰める1週間にしたい」と語っていた指揮官は、1日にクラブハウスで行われた会見で、改めて前節を振り返ると共に今回の浦和戦に向けたアプローチについて語った。 「毎試合、我々はそうですが、目指しているものに対して、何がやれて何がやれなかったのか。これはもう結果に関わらず、常にやってきているので、それでも選手は手応えを掴んだ部分もありますし、勝ち点0で終わった。そこはフォワードからディフェンスまで全員がキーパー含めて共有できています」 「(失点場面の振り返りを)映像で確認しました。誰も見たくないし、どこからスタートしてるかというところを含めて、ディテールのところは確認しました。あの試合では実際のところはほとんど崩されていない。したがって、なぜああいうシーンに至ったのかいうことと、最後のクローズのところのプレー判断など、そこはJ1で勝ち点3を取るというのが、こういうことだとみんなで良い学びができたかなと思います」 また、以前からチームの課題であり、横浜FM戦の後半でも守勢が続く要因となった自分たちでボールを保持する、ボールを奪った後の繋ぎの判断・精度についても個々の改善を求める。 「我々は相手陣でサッカーをやるという部分で常に言っているのは、ピンチキックのようにボールを蹴っていたら、プレッシャー全部いけるはずがないし、相手陣でサッカーをやるには相手陣にプレッシャーをかけて奪うということと、もう一つは相手陣でボールを繋ぐということ」 「この2つの時間が長くないと難しくなると。ただ、相手陣で繋ぐという部分は、それが目的になってしまうと、おそらくショートカウンターがなくなってしまうし、相手にとって怖さがない。ショートカウンターができないときには、いかに相手陣でサッカーするというところの、この2つを目指しています」 「ただ、ボールを奪ってからの繋ぎのところは、我々にとって一つの課題だと思います。例えば試合の入りであれば、大枠でどういうプレーをしようとか、試合の終盤にどういう守備をしようという部分はみんなで大枠は掴んでいるつもりですけど、サッカーでは同じ場面は2度とないので、そこはコントロールできた、クリアしなくて良かったというような場面は、ざっくりと言えば1人1回ぐらいあったと思います。それを個々が改善できれば、チームとしては10回クリアではなくてパスにできたということになります」 「それだけでゲームの要素は全然違います。そこは全部を繋げと言っているわけではなく、自分のあのプレーというのはひょっとしたらヘディングをパスにできたんじゃないか、クリアをコントロールできたんじゃないか。これはもうレベルを上げていくしかないので、その状況判断とか、技術の自信とか、声でプレッシャーがかかってるかどうか助けてあげると、そういうところで、我々がボールを持つ時間というのは、もっとみんなで手助けできるチームになりたいと思います」 その一方で、Jリーグ開幕戦において1位と2位を記録した走行距離・スプリント回数という部分に関しては、ビッグネーム不在の今季J1最年少スカッドとして特長にすべく部分をひとつ見せられたと手応えを感じている。そして、そのアグレッシブさとチャレンジの回数の増加が課題の得点力不足を改善することにも繋がると考えている。 「JリーグのJ1の中で走行距離が一番だったというのは、ある意味、J1の出場実績の日数が、群を抜いて低いチームが、それが一番でなければどうするんだという思いがあります。ただ、自分たちの決定的なシーンを見ると、これは決まったと思って横で見ている」 「そうではなくて、決定的なシーンを超決定的にするのは、あと1人、あと2人走らなきゃいけない。それができれば、我々がこの前に125kmぐらいだったと思いますが、チームトータルで128kmになって、その増えた数字が決定的なチャンスでもう1人、2人が絡む。そういう状況を作っていけば、おそらく超決定機がもっと増えるので、我々はそこに対しては足りなかったと思っているし、もちろん良い守備からスタートして良い攻撃ができた。この感覚を大事にしながら、何が足りなかったかと言えば、この選手が正確性がなかったのではなく、最後のシュートに対するサポートがあと1人、2人。あと5メートル、10メートル足りないと、ここを突き詰めていきたい」 5万人以上の来場が見込まれる埼玉スタジアム2002での完全アウェイの戦いに向けては、昨季天皇杯でのFC東京との東京ダービーを引き合いに出しつつ、J1経験が少ない選手たちに普段通りの力を出させることに腐心しているという。 「当たり前ですけど、選手は約5万人入ると聞いてますけど、完全アウェイというのは、ほとんど経験したことはない。試合前のメンバー表にはJ1の通算出場試合数が載っていますが、ヴェルディの選手は驚くほどその数字が低いです。相手チームの1人の出場試合数よりも、我々全員を足しても少ないような状況。したがって、当たり前ですが、それは初めての経験になる。選手にもちょっと『こういう空気になるぞ』とは言いました」 「それこそ半年前の天皇杯の東京ダービーのときに、選手はそれを知らないので、『こういうお客さんの反応がある』、『こういう空気になるんだ』と言っても選手はボーっとしていました。ただ実際に、その通りの雰囲気で選手はびっくりしていました。そういった部分でちょっと心の準備をしてくれたんじゃないかと思います」 「それをエネルギーに変えられる選手もいれば、圧力と感じる選手もいると思いますが、それも含めてJリーグのホームアンドアウェイなので、自分たちはそれをしっかりとエネルギーに変えられるように、プレーに集中できるように、挑ませたいです。アウェイにもヴェルディのサポーターが来てくださると思うので、彼らの声をしっかり背負って、とにかく我々らしくプレーを変えずに、ゲームの入りからしっかりやりたい、やらせたいなと思います」 サンフレッチェ広島との開幕戦を0-2で落とした浦和に関しては、広島のアグレッシブな前線からの守備に対してビルドアップの局面での苦戦が印象的だった。城福監督はシステムや選手の特徴の違いに言及しながらも、アグレッシブさやリスクの冒し方という部分では同様に相手に自由を与えない戦いを見せたいと語っている。 「広島は3バックなので、非常に対人能力が高い3バックが1人について、そうなると必然的にマンマークになります。あの状況で、それがすごく嵌ったゲームだったと思います。ただ、我々がどういうシステムでやるかは分かりませんが、全くあれと同じようにはならない」 「ただ、広島が見せたようなアグレッシブさというのは、形は違えど我々も目指すもので、アグレッシブさを見せたときに負うリスクというのもあるので、そこはしっかり共有して試合に臨みたい。リスクを共有することがおそらく、僕らの対戦相手対策になります」 「我々のサッカーを変えるのではなくて、我々のことをやり切ったときに何のリスクが発生するかということ。もう一つは、後半にやはりリードされているので、浦和さんは交代カードを切ってきて、交代カードもやはり非常に特徴的な選手、実績豊富な選手がいるので、そこでリズムが変わったというふうに思いますので、それが頭から来るのか、あの開幕戦を踏まえて、どのような試合の入りをするのか、そこは我々も多少想定しておかなければいけないですし、試合の入り含めて広島戦と同じような展開になるかというと、そうではないというふうに考えています」 2024.03.02 20:05 Sat

東京V、U-17日本代表FW川村楽人の2025年トップ昇格内定&今季の2種登録を発表!「身体を張って戦います」

東京ヴェルディは29日、ユースに所属するFW川村楽人(17)の2025シーズントップチーム昇格内定、及び2024シーズンのトップチーム登録(2種)を発表した。 東京都出身の川村は、ジュニアユース時代から東京Vの下部組織に所属。2023年にはU-17日本代表に選出されており、6月のU17アジアカップや9月のフランス遠征、11月のU-17ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていた。 昇格内定と今シーズンの2種登録が発表された川村は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「2025シーズンからトップチームに昇格することになりました、川村楽人です。チームのために身体を張って戦います。熱い応援よろしくお願いいたします」 2024.02.29 15:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly