「FKのコースエグすぎ」「決まってる世界線見たかった」久保建英が後半ATに放った絶妙FKにファン反応! 相手GKのセーブにレジェンドの凄さを実感「俊輔ってやばかったんだ」

2023.11.30 16:01 Thu
後半途中出場で惜しいFKを放った久保建英
Getty Images
後半途中出場で惜しいFKを放った久保建英
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英のFKが話題を呼んでいる。
PR
29日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループD 第5節でソシエダはザルツブルクと対戦した。
すでに突破を決めているソシエダ。一部選手を温存しながらの戦いとなり、久保も74分からピッチに立つこととなった。

ザルツブルクのGKアレクサンダー・シュラガーのビッグセーブもあり0-0で推移していた試合は、後半アディショナルタイムにソシエダにビッグチャンスが訪れる。

ボックス手前でFKを得ると、久保がキッカーに。左足で直接ゴールを狙うと、ゴール左隅に見事なシュートが弧を描いて飛ぶが、ここでもGKシュラガーがビッグセーブ。ゴールとはならなかった。
わずかに内側に入ったシュートだったが、壁を越えて素晴らしいコースに飛んだ一撃。ファンは「FKってそんな簡単に入らないのね」、「決まってる世界線見たかった」、「FKのコースエグすぎる」、「相手のGKが凄すぎる」とコメントが集まった。

また、CLのFKといえばセルティック時代にマンチェスター・ユナイテッド相手に2試合連続でゴールを奪った中村俊輔氏が思い出されるが、「改めて凄かった」、「中村俊輔ってやっぱ凄まじかったんだな」、「俊輔ってやばかったんだ」と、改めてその凄さを実感した人も多いようだ。



PR
1 2
関連ニュース

マルキーニョスのソシエダ戦出場が不透明…ふくらはぎを負傷中

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスのレアル・ソシエダ戦出場が不透明な状況だ。フランス『レキップ』が伝えている。 今月14日に行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを2-0で先勝したPSGは、3月5日にソシエダホームの2ndレグに臨む。 この重要な一戦に向け、キャプテンとディフェンスリーダーを担うブラジル代表DFの状態が懸念されている。 マルキーニョスは17日に行われたナント戦でふくらはぎを痛めて後半途中に負傷交代。直近のスタッド・レンヌ戦では予防措置の形で招集メンバー外となっていた。 さらに、28日に行われたトレーニングセッションでもチームトレーニングに参加しておらず、負傷箇所の回復は思わしくないようだ。 現状では3月1日に行われるモナコ戦の欠場は濃厚で、ソシエダ戦でのぶっつけ本番での復帰を目指すことになる。 2024.02.28 23:31 Wed

「他の試合のような成功は…」「運がなかった」決勝進出を逃したソシエダ、久保建英にはまずまずの評価「大きな希望だった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はまずまずの評価を得た。 27日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグが行われ、ソシエダはマジョルカをホームに向けた。 1stレグはゴールレスドローだったこの対戦。勝利した方が決勝に駒を進める中、試合は膠着した展開に。久保は先発出場し、積極的なプレーをこの試合も見せたが実らなかった。 先制を許す苦しい展開の中、71分にはミケル・オヤルサバルのゴールで同点に追いつき、1-1のまま90分間が終了。久保は延長前半に完璧なクロスを入れると、ミケル・メリーノがファーサイドで合わせるもゴールならず。こぼれ球をキーラン・ティアニーが振り抜くも、顔面ブロックに遭ってしまった。その後、久保は交代となった中、チームはゴールを奪えず。PK戦の末に敗退となってしまった。 決勝を目前に敗れたソシエダ。スペイン『ElDesmarque』は久保に対して6点(10点満点)の評価を与えた。 「いつものように危険人物として注目を集めた。ただ、他の試合のような成功は掴めなかった」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は5点(10点満点)の評価。チャレンジしたことは称えたが、結果が付いてこなかったとした。 「彼はチャレンジしていたが、運がほとんどなかった。インスピレーションもなかった。決して隠れることはなく、大きな希望だった。メリーノと共に中盤で素晴らしかった」 <span class="paragraph-title">【動画】延長前半、久保建英の完璧なクロスから最大の決定機!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YoeBWvtCQPU";var video_start = 311;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 12:45 Wed

PK戦の末にコパ・デル・レイ準決勝敗退…ソシエダ指揮官も落胆 「ロッカールームは打ちのめされ、傷ついている」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が敗退のショックを語った。 コパ・デル・レイではマジョルカとの準決勝まで勝ち進み、アウェイの1stレグをゴールレスドローで終えたソシエダ。27日にはホームで2ndレグを迎え、引き続き日本代表MF久保建英らが先発した。 前半終盤にPKを獲得したホームチームだったが、スペイン代表MFブライス・メンデスが失敗し、0-0のまま後半へ突入。50分に先制点を許す展開となりながら、71分に途中出場のスペイン代表FWミケル・オヤルサバルが同点ゴールを決め、試合の行方は延長戦に持ち越された。 結局、120分を戦っても勝敗決まらず、PK戦での決着に。ソシエダは1人目のオヤルサバルが外してしまった一方、マジョルカが5人全員成功し、決勝進出を決めた。 あと一歩のところで準決勝敗退となったイマノル監督は試合後にコメント。チーム全体が落胆していることを明かした。 「ロッカールームは打ちのめされ、傷ついている。消化するのは非常に難しい。我々は観客と共に決勝戦を戦いたかったし、突破の可能性も見えていたが、今日も引き分けに終わった。あらゆる形で努力したが、ゴールのチャンスを多く逃してしまった。マジョルカを祝福し、選手たちの努力に感謝したい」 「相手よりも多くのチャンスを生み出すことができていて、上に立ちたいなら、試合に勝つために正しいことをやらなければならない。正しくやる必要があるし、自己批判も必要だ」 また、「個人的にもつらい」と語ったイマノル監督だが、前を向いて切り替え。3月2日のラ・リーガ第27節セビージャ戦や、同月5日のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、パリ・サンジェルマン(PSG)戦での挽回を誓った。 「これもサッカーの一部だ。準決勝にたどり着くのも簡単ではない。今は消化するのが難しいが、我々にはラ・リーガなどいくつかの目標がある。ヨーロッパの舞台でプレーしたいし、セビージャ戦やチャンピオンズリーグのリターンレグに向けて頭を上げたい」 2024.02.28 10:34 Wed

久保のソシエダをPK戦の末に下したマジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進める!【コパ・デル・レイ】

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・ソシエダvsマジョルカが27日に行われ、1-1で120分が終了。その後、PK戦を4-5で制したマジョルカが決勝進出を決めた。ソシエダの久保建英は104分までプレーしている。 6日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたソシエダは、直近のビジャレアル戦のスタメンからバレネチェアとパチェコに変えてメリーノとスベルディアを起用した以外は同じスタメンを採用。久保は3トップの右ウイングで先発した。 決勝進出を懸けた一戦は立ち上がりから一進一退の展開が続き、互いになかなかシュートまでボールを運ぶことができず時間が経過。ソシエダは29分にザハリャンのミドルシュートで最初の枠内シュートを放ったが、これはGKグライフに正面でキャッチされた。 ゴールレスのまま前半終了かと思われたが、ソシエダは45分に最大のチャンスを迎える。久保のスルーパスでボックス右侵入したスビメンディのダイレクトクロスがライージョの腕に当たると、主審はPKを宣告。しかし、ブライス・メンデスのPKはGKグライフの残した足に弾かれ、前半は0-0で終了した。 後半開始からアンドレ・シウバに代えてベッカーを投入したソシエダだが、立ち上がりの50分に失点する。ボックス左横でボールを受けたハウメ・コスタがクロスを供給すると、逆サイドから走り込んだG・ゴンサレスがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 先制を許したソシエダは、63分にザハリャンを下げてオヤルサバルを投入。すると71分、ブライス・メンデスのスルーパスでボックス中央右に抜け出したオヤルサバルがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 試合を振り出しに戻したソシエダは、79分にもドリブルで仕掛けたベッカーがボックス左手前からコントロールショットを放ったが、これはGKグライフの好セーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、1-1のまま90分が終了。延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人全員が成功したマジョルカに対し、ソシエダが1人目のオヤルサバルが失敗。この結果、マジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進めた。 2024.02.28 08:26 Wed

ホームで3失点敗北のソシエダ…指揮官は「コパ・デル・レイ準決勝で別の姿を見せられるはず」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、ラ・リーガでの敗戦についてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。 23日、ビジャレアルとのラ・リーガ第26節に臨んだ6位のソシエダ。日本代表MF久保建英も先発した試合は、前半に先制点を許すとその後はチャンスを作りながら得点は生まれずハーフタイムへ。後半早々に追加点を奪われる苦しい展開になると、終盤にMFミケル・メリーノのゴールで1点を返すもアディショナルタイムに再び失点し、1-3で敗れた。 ラ・リーガ連勝とはならずライバルで5位のアスレティック・ビルバオとの差を詰めることに失敗したアルグアシル監督は対戦相手を称えつつ、27日に予定されるコパ・デル・レイ準決勝では別の姿を見せたいと意気込んだ。 「ビジャレアルは以前より改善されており、よりうまくやるべきペナルティエリア内でしっかりとプレーした。それが彼らの勝因だろう。私はビジャレアルが見せた素晴らしい守備とゴール前での成功を称えたい」 「今日は私が選手たちのため立ち上がる瞬間だと思う。というのも、彼らが見せる態度は本当に素晴らしいからだ。そしてこれ以上、我々にとって悪い出来事が起こるかどうかはわからない」 「(火曜日のコパ・デル・レイ準決勝では)うまくいけば違う姿が見られるはずだ。今日、チームは期待に応えられなかったが、ファンは期待を裏切らなかった。火曜日のスタジアムは満席だろうし、素晴らしい雰囲気になると確信している」 「我々は決勝まであと一歩なのだ。チームとして良いプレーができない日もあるが、彼らの姿勢は責められない。火曜日は、ファンに拍手喝采してもらえるような何かを示し、チームを誇りに思ってもらえる試合ができると期待している」 2024.02.24 10:20 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly