「可愛すぎるだろ」「さすが勝利の女神!」浦和Lの遠藤優がファン絶賛の完璧なレッズコーデで浦和のホーム最終戦を観戦「最高すぎ」

2023.11.30 08:30 Thu
©超ワールドサッカー
三菱重工浦和レッズレディースのMF遠藤優がサポーターとして埼スタに登場した。浦和レッズは29日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループJ 第5節で浦和は武漢三鎮(中国)をホームに迎えた。
今シーズンのホーム最終戦となった浦和。勝たなければACL連覇の可能性が潰える状況だった中、試合はアレクサンダー・ショルツが落ち着いてPKを蹴り込み先制。この試合は攻め込むもゴールを奪えない時間が続くと後半に追いつかれる展開に。それでも90分に途中出場で今季限りで現役を引退するホセ・カンテが劇的ゴールを記録し2-1で勝利を収めた。

選手でもありながら、根っからの浦和サポーターである遠藤はこの試合をスタンド観戦。浦和のユニフォームを着用し、浦和のマフラーに赤いニット帽と完全にレッズコーデ。てスタグルを楽しむ姿をインスタグラムに投稿。また、巧みなリフティング技術が話題の女優・眞嶋優さんとの2ショットもアップした。

ーーーーー
2023年最後の埼スタに参戦
2-1の勝利で締めくくり!やったー
ホセ・カンテさんの決勝点最高すぎた
本当は引退してほしくないけど、、、最後まで共に!

熱々のカレー食べて、芯から燃やして応援しました
優 & 優で応援もできて楽しかった

沢山パワーもらったので明日からまた頑張るぞ
ーーーーー

しっかりと浦和の勝利を見届けた遠藤。ファンは「可愛すぎるだろ」、「さすが勝利の女神!」、「最高すぎ」、「寒い中お疲れ様!」とコメントを寄せていた。

1 2
関連ニュース

Jリーグが理念強化配分金とファン指標配分金の支給クラブと支給額を発表! 「DAZN」ベースのファン指標分配金の1位は浦和、最下位は福島に

Jリーグは20日、2024年度理念強化配分金の支給対象候補クラブ、2023年度ファン指標配分金支給対象クラブを発表した。 Jリーグは、2023シーズンの競技順位と人気順位に基づく理念強化配分金の支給対象候補クラブが決定した。 理念強化配分金は、2023年の明治安田生命J1リーグで1位から9位に対して送られるもの。また、2023シーズン年間ファン指標順位(DAZN視聴者数等1~9位)に基づく順位でも支給される。 競技面では初優勝のヴィッセル神戸から9位のセレッソ大阪までが支給され、神戸は2024年、2025年にそれぞれ2億5000万円ずつを手にする。2位の横浜F・マリノスは1億8000万円ずつ、3位のサンフレッチェ広島は、1億5000万円と7000万円を手にする。 また、ファン指標順位は1位が浦和レッズで1億7000万円。2位が神戸で1億2000万円、3位が横浜FMで7000万円と続き、9位はアルビレックス新潟で1500万円となった。なお、競技順位で9位以内に入っていないクラブでは7位にガンバ大阪、8位に北海道コンサドーレ札幌、そして9位の新潟となった。 さらに、「ファン指標配分金」として、13億4000万円をJリーグの全60クラブに分配。これは、2023シーズンのDAZN視聴者数やDAZNシーズンパス販売実績等で配分され、1位が浦和で8636万404円。2位が横浜FMに7123万3512円、3位が川崎フロンターレで7021万4068円となっている。なお、最下位は福島ユナイテッドFCとなり2076万217円が分配される。 ◆理念強化配分金(競技) 1位:ヴィッセル神戸 1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:横浜F・マリノス 1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:サンフレッチェ広島 1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:浦和レッズ 1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:鹿島アントラーズ 1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:名古屋グランパス 1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:アビスパ福岡 1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:川崎フロンターレ 1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:セレッソ大阪 1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆理念強化配分金(人気) 1位:浦和レッズ/1億7000万円 2位:ヴィッセル神戸/1億2000万円 3位:横浜F・マリノス/7000万円 4位:川崎フロンターレ/5000万円 5位:鹿島アントラーズ/4000万円 6位:名古屋グランパス/3000万円 7位:ガンバ大阪/2500万円 8位:北海道コンサドーレ札幌/2000万円 9位:アルビレックス新潟/1500万円 ◆ファン指標配分金 1位:浦和レッズ/8536万404円 2位:横浜F・マリノス/7123万3512円 3位:川崎フロンターレ/7021万4068円 4位:鹿島アントラーズ/6722万4841円 5位:名古屋グランパス/6221万4555円 6位:ヴィッセル神戸/6138万6548円 7位:ガンバ大阪/5431万7495円 8位:北海道コンサドーレ札幌/5191万2112円 9位:FC東京/4830万3502円 10位:アルビレックス新潟/4659万8704円 11位:セレッソ大阪/4478万1280円 12位:清水エスパルス/4385万7401円 13位:サンフレッチェ広島/4189万2451円 14位:柏レイソル/3947万9046円 15位:湘南ベルマーレ/3870万9907円 16位:サガン鳥栖/3788万3437円 17位:アビスパ福岡/3583万6995円 18位:横浜FC/3270万4028円 19位:京都サンガF.C./3173万5711円 20位:ジュビロ磐田/2640万1864円 21位:東京ヴェルディ/2611万5857円 22位:ベガルタ仙台/1910万4092円 23位:ジェフユナイテッド千葉/1806万4432円 24位:大分トリニータ/1635万7892円 25位:FC町田ゼルビア/1635万1328円 26位:モンテディオ山形/1596万4500円 27位:大宮アルディージャ/1582万902円 28位:V・ファーレン長崎/1526万9362円 29位:ヴァンフォーレ甲府/1524万4783円 30位:ファジアーノ岡山/1302万4156円 31位:ロアッソ熊本/1260万2259円 32位:徳島ヴォルティス/1141万7554円 33位:ツエーゲン金沢/1107万4002円 34位:水戸ホーリーホック/1097万7559円 35位:栃木SC/1062万9663円 36位:松本山雅FC/1061万4671円 37位:ザスパクサツ群馬/1058万5271円 38位:レノファ山口FC/1056万340円 39位:いわきFC/1053万6990円 40位:ブラウブリッツ秋田/801万5290円 41位:藤枝MYFC/786万5302円 42位:鹿児島ユナイテッドFC/560万5374円 43位:愛媛FC/468万53円 44位:ギラヴァンツ北九州/461万2982円 45位:FC岐阜/412万575円 46位:カターレ富山/407万680円 47位:SC相模原/371万8217円 48位:FC琉球/366万5421円 49位:FC今治/364万1179円 50位:いわてグルージャ盛岡/349万1823円 51位:AC長野パルセイロ/342万817円 52位:カマタマーレ讃岐/320万23円 53位:ガイナーレ鳥取/301万1947円 54位:ヴァンラーレ八戸/272万2294円 55位:アスルクラロ沼津/265万404円 56位:奈良クラブ/246万5890円 57位:FC大阪/221万9666円 58位:テゲバジャーロ宮崎/221万417円 59位:Y.S.C.C.横浜/214万142円 60位:福島ユナイテッドFC/207万6217円 2024.02.20 20:15 Tue

広島の満田誠が開幕戦勝利へ意欲、ボランチ起用にも言及「期待が大きい相手を倒すことで良いスタートを」

19日、Jリーグが23日の2024シーズン開幕を控えて都内でPRイベントを開き、各クラブの選手が意気込みを語った。 サンフレッチェ広島はJ1リーグ第1節(23日)で浦和レッズと新本拠地・エディオンピースウイング広島にて対戦。今回チームを代表して登壇したのは、今やサンフレッチェ広島を名実ともに代表する存在となったFW満田誠(24)だ。 先日こけら落としされた“新エディオン”の芝生について満田は「まだ2回くらいしか使用していないので、あんまり把握しきれていないですけど、いい芝生だなとは思っています」と語る。 開幕戦に向けては、J1得点王経験者のFWチアゴ・サンタナやローマのノルウェー代表FWオラ・ソルバッケンなど大型補強に動き、さらに指揮官も交代した浦和に対し、広島はミヒャエル・スキッぺ監督体制3年目の継続路線であり、補強も最小限。強みを発揮したいとした。 「広島は(スキッペ監督)3年目なので、シーズンの早い段階で監督が交代したチームとぶつかるのは、やりたいサッカーができるんじゃないかと思います」 「熟成度で僕たちのほうに分があって当然だし、相手(浦和)も大きく期待されているチームなぶん、そういった相手を倒すことで僕たちも良いシーズンのスタートを切れるのではないかと思っています」 また、今季の開幕をボランチで迎えると予想される満田。 「ひとつ前のポジション(シャドー)をやっている時に、後ろの選手(ボランチ)に対して思っていたこと。また自分がボランチをやることで前の選手に対して要求したいこと。両方経験したことで見える景色も変わった印象です。やりやすさもありますね」 “得意の飛び出しは3列目からになりますが、この点はいかがでしょう?” 「そうですね。(飛び出しの)回数は間違いなく減ると思います。けど、飛び出すことで相手がついて来れなくなるという狙いがあるので、ボランチでもタイミングを見つけて少ない機会をモノにしたいです。自分の良さはボランチからでも出せると思います」 2024.02.19 20:50 Mon

「やり残しているのはリーグ優勝」 西川周作が浦和入りからいまだ届かずのJ1制覇へ

「2024Jリーグ開幕PRイベント」が19日に催され、浦和レッズからはGK西川周作が出席した。 昨季4位の浦和。今季からマチェイ・スコルジャ体制からペア・マティアス・ヘグモ新体制に変わったなか、開幕前の補強でも派手に動き、優勝争いに割って入っていきそうな選手層を整備した。 昨季J1で最少失点を誇った浦和の守備陣を今季も最後尾から支える37歳守護神は「良いスタートを切れるよう一戦目から勝利を目指して頑張りたい」と意気込んだ。 そんな西川は浦和入りから11年目になり、数々のタイトルに貢献。リーグカップや天皇杯、スーパーカップ、そしてACLで歓喜したが、J1のタイトルだけがない。 ファンやサポーターは2006年以来のJ1優勝を待ち、西川も「僕がやり残しているのはリーグ優勝」と語ると、今年こそはの思いを続けた。 「それを獲得して歴史に名を刻みたいし、記憶に残るようなプレーヤーであり続けたいというのでも結果を示したい気持ちが強い」 今季のスカッドを見ると、優勝争いが期待できる面々。外国籍選手ではローマからオラ・ソルバッケンを獲得したほか、ヘグモ監督の愛弟子であるサミュエル・グスタフソンと清水エスパルスからもチアゴ・サンタナを射止めた。 「公式戦が始まってJリーグの感覚に時間がかかるかもしれないし、すぐに慣れるかもしれない」と話すと、「そこは未知数だし、Jリーグを経験する僕らが声をかけながらやっていきたい」とサポートを誓った。 2024.02.19 20:00 Mon

「美男美女」「お似合い」アジアカップでも話題の女優・眞嶋優さんが浦和DFと偶然出会い2ショット「こそっと声を掛けさせていただくと…」

女優の眞嶋優さんに嬉しい偶然の出会いがあったようだ。 子役の頃から女優として活躍している眞嶋さんは、幼少期からサッカーをプレーしていた経験をいかしてフリースタイルフットボーラーとしても話題に。日々リフティング動画などでファンを楽しませている。 アジアカップ2023では、日本代表の試合を現地で観戦。着物のような青色の衣装を身にまとって日本を応援する姿が大会の公式SNSにも取り上げられ注目を集めていた。 その眞嶋さんが15日に自身のX(旧ツイッター)を更新。浦和レッズのDFマリウス・ホイブラーテンとの2ショットを投稿している。 「数日前の話。マリウス・ホイブラーテン選手に遭遇しました!悩みに悩みながら、こそっと声を掛けさせていただくと、笑顔で話して下さって、もう感激、感動、紳士!いつも応援してますと伝えられて、わわわわ幸せです!今シーズンも全力で応援します!!!」 2ショットにファンからは「美男美女」、「すげぇえええええええ」、「あらお似合い」、「恋する乙女の顔になってる」と反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】眞嶋優さんがホイブラーテンと2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">数日前の話。<br>マリウス・ホイブラーテン選手に遭遇しました!悩みに悩みながら、こそっと声を掛けさせていただくと、笑顔で話して下さって、もう感激、感動、紳士!いつも応援してますと伝えられて、わわわわ幸せです!今シーズンも全力で応援します!!! <a href="https://t.co/7CluPniccM">pic.twitter.com/7CluPniccM</a></p>&mdash; 眞嶋優 Yu Mashima (ましまゆう) (@yu_mashima) <a href="https://twitter.com/yu_mashima/status/1758070250070012414?ref_src=twsrc%5Etfw">February 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.16 12:00 Fri

浦和DF酒井宏樹が2年連続で主将に 「何の迷いもなく、率直にうれしく思いました」

浦和レッズは13日、2024シーズンのチームキャプテンに元日本代表DF酒井宏樹が決まったと発表した。 酒井は2シーズン連続の主将という大役に「2年連続で浦和レッズのキャプテンに指名いただき、とても光栄です」と改めて身を引き締め、決意を新たにした。 「指名いただいたときは、引き受けることに何の迷いもなく、率直にうれしく思いました。昨シーズンと同じく、僕を支えてくれるベテラン選手や自立できている若手選手がいますので、やることは変わらず、自分はピッチの中にフォーカスして、チームが良い方向に行くようやっていきます。必ずチャンピオンになりたいと思っています。共に頑張りましょう!」 長らくドイツとフランスでプレーした33歳の右サイドバックは2021年6月の浦和入りでJリーグに復帰。今季で浦和在籍4シーズン目になる。 また、副キャプテンは今季もセンターバックとして活躍が期待される元デンマーク代表DFアレクサンダー・ショルツに。こちらも留任となる。 2024.02.14 13:20 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly