実力者ナンデスがついにインテル移籍へ? カリアリ側から譲渡の形...代理人も示唆「交渉中だ」

2023.11.29 14:05 Wed
ナイタン・ナンデスがインテルへ?
Getty Images
ナイタン・ナンデスがインテルへ?
カリアリのウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(27)。代理人がインテル移籍を示唆した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

カルチョファンにお馴染みのナンデス。かつての“闘犬”ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏のごとく、中盤の低い位置から相手選手を削るファイターは、2019年夏にボカ・ジュニアーズからカリアリへ加入後、幾度となくさらなるステップアップが囁かれてきた実力者だ。
その過程で度々名前が上がってきたのがインテル。移籍成立が間近…という噂が広まった時期もありながら、最後はカリアリに残り、昨シーズンはセリエBでのプレーを余儀なくされることに。ただ、インテルからの関心は残っていたようだ。

ナンデスの代理人を務める同胞のパブロ・ベンタンクール氏がこのほど、「現在のナンデスはケガからの回復に尽力している」と、ハムストリング治癒を目指しているクライアントの現状を報告しつつ、こんなことを語った。

「彼は来たる移籍市場で名前が上がることになるだろう。我々はインテルと交渉中だ」
『カルチョメルカート』によると、カリアリはクラウディオ・ラニエリ監督の指令により、インテルから1年間のレンタル移籍で獲得しているU-21イタリア代表MFガエタノ・オリスタニオ(21)の完全移籍移行を目指しているという。

インテルとの契約には買い取りオプションが付帯しているようだが、今季終了後に契約が切れるナンデスを交渉に含めることで減額につなげたい考え。「ナンデスはインテルの軌道に乗った」と論じられており、どうやら交渉成立の可能性が高まっているようだ。
関連ニュース

順風満帆なシーズン送るインテル、マロッタCEOはインザーギ監督を絶賛「全員の信頼を勝ち取っている」

インテルの最高経営責任者(CEO)であるジュゼッペ・マロッタ氏が、シモーネ・インザーギ監督への信頼を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インザーギ監督は、電撃辞任となったアントニオ・コンテ氏の後任として、2021年夏にインテルの指揮官に就任。財政難もあり定期的に主力を売却せざるを得ないクラブ事情がありながらも、コッパ・イタリア連覇を果たすなど安定感ある戦いを見せており、昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝にまでチームを導いた。 今シーズンはセリエAで序盤から好調を維持しており、26試合を消化した時点で2位ユベントスに12ポイント差をつけて首位を独走。コッパ・イタリアこそラウンド16で敗退となったが、CLは決勝トーナメント進出を果たすなど順調なシーズンを送っている。 こうした成績もあり、マロッタCEOは『DAZN』のインタビューを受けた際にインザーギ監督への信頼を強調。指揮官との契約は2025年6月までなっているが、契約延長の可能性についても示唆している。 「我々が成し遂げた最善は、適切な指揮官を選んだことだろう。 数年間にわたって同じ監督がいればチームに一貫性が生まれる。そして、彼が選手たちと非常に強く結びついているのも利点だ」 「現在わかっている素晴らしい点は、インザーギがインテルの全員から信頼を勝ち取ったこと、それは長年にわたるパフォーマンスによるものということだ。良い結果が出ている以上、我々はもちろん彼との仕事継続を望んでいる。そして何より、我々は彼のやり方に確信を持っているんだ」 「セリエAの上位4クラブを見てみると、どのクラブも2025年に指揮官が契約満了を迎える状態だ。これについて、クラブは適切な時期に話し合うつもりだが、彼は我々を全面的に信頼していると思う。我々は彼に満足し、彼も我々に満足しているのだから、契約はそれを補完するものに過ぎないだろう」 2024.02.29 13:45 Thu

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

4試合連続4ゴールで破竹のリーグ8連勝、それでもインテル指揮官は「集中力を維持する必要がある」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、好調のチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 28日、アタランタとのセリエA第21節延期分に挑んだ首位のインテル。26分にDFマッテオ・ダルミアンのゴールで先制すると、前半アディショナルタイムにはFWラウタロ・マルティネスの得点でリードを広げる理想的な展開に。後半もDFフェデリコ・ディマルコ、MFダビデ・フラッテージにゴールが生まれ、難敵相手に盤石の試合を見せたチームは4-0で勝利した。 セリエAで4試合連続4ゴールと飛ぶ鳥を落とす勢いのチームをインザーギ監督も称えており、この勢いを維持したいと意気込んでいる。 「選手たちは素晴らしかった。 最初の10~15分、アタランタは非常に高い位置からプレスをかけてきたこともあり、我々はいつものようなアプローチができなかった。落ち着く必要があったが、その後は非常によく機能し、ゴールが生まれ、我々の特徴である獰猛さを再発見できた」 「これは我々にとって、立ち止まることなく続けるべき旅の素晴らしい兆候だ。もちろん細部に至るまでの改善も重要であり、すべての試合で学ぶべきことはある。だがチームは好調であり、(就任後は)5つのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグ決勝も経験できた」 「我々はファンと同じく多くの満足を得ているが、まだたくさんの試合が残っており、フットボールではすべてがすぐに変化する可能性がある。だから、集中力を維持しなければならない。それでも、選手が入れ替わっても理念を維持するチームができたことは、本当に満足している。現時点では、スタメンの選択が難しい状態だ」 2024.02.29 10:45 Thu

無双インテルが4試合連続4ゴール、好調アタランタを粉砕し2位ユベントスと12pt差【セリエA】

インテルは28日、セリエA第21節延期分でアタランタをホームに迎え、4-0で圧勝した。 3日前のレッチェ戦をターンオーバーした中、4発快勝として2位ユベントスとの9ポイント差を維持した首位インテル(勝ち点66)は、チャルハノールが負傷欠場となった中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 3日前のミラン戦を1-1の引き分けに持ち込み、8戦負けのない5位アタランタ(勝ち点46)に対し、ラウタロとアルナウトビッチの2トップで臨んだインテルがボールを持つ入りとなったが、10分に失点しかける。デ・ケテラエルにボレーでネットを揺らされたが、VARの末にミランチュクにハンドがありノーゴールに覆った。 すると助かったインテルが26分に先制する、ラウタロのスルーパスをGKカルネセッキがキャッチし損ねると、ルーズボールをダルミアンが押し込んだ。 その後、29分のダルミアンの決定機はGKカルネセッキの好守に阻まれ、40分のラウタロのシュートがバーに直撃した中、追加タイム2分にリードを広げる。ペナルティアーク中央でパスを受けたラウタロが反転から強烈な左足ミドルでゴールに突き刺した。 迎えた後半、開始3分にディマルコがGK強襲のシュートを浴びせたインテルは直後にPKを獲得。ダンフリースのクロスがハテブールの手に当たると、VARの末にPK判定となった。 このPKをラウタロはGKカルネセッキに止められるもルーズボールをディマルコが押し込んでインテルに決定的な3点目が生まれた。 余裕のインテルはラウタロやディマルコをお役御免とした中、71分にサンチェスのFKからフラッテージが頭で決めて4-0に。 直後、フラッテージが負傷交代するアクシデントがあったインテルだったが、4試合連続4ゴールの無双劇で試合を終わらせ、2位ユベントスとの勝ち点差を12に拡大している。 2024.02.29 06:40 Thu

無敵のインテルを築き上げた“弟”インザーギ、必然的に他クラブからも関心か

インテルのシモーネ・インザーギ監督(47)に関する動向が注目されている。 インテルを率いて3シーズン目のインザーギ監督。偉大な兄の影に隠れた現役時代は遠い過去、昨季はチームをチャンピオンズリーグ(CL)決勝まで導き、今季は指導者として初となるスクデットにも限りなく近づいている。 インザーギ・インテルの完成度、タフネスぶりはもはや説明不要だが、故にいつまでネラッズーリを率いるかも気になるところ。現行契約は2025年6月、24-25シーズンまでとなっている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、遅くとも9月までには契約延長+550万ユーロ(約8億9000万円)への年俸アップが完了する見通し。これにより、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督に次いで、カルチョ2番目の高年俸になるという。 一方で、その手腕はイングランド・プレミアリーグを含む欧州各国のビッグクラブからも高く評価されているとのこと。2024年夏は、欧州5大リーグ間で指揮官の大規模スライドが予想されているタイミングだ。 ほんの1年前には、セリエA3連敗などで解任濃厚と言われていたシモーネ・インザーギ。名実ともに指揮官大国イタリアを代表する存在になるなど、20年前に誰が予想していただろうか。 2024.02.28 21:25 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly