千葉撃破で昇格PO決勝進出の東京Vは“勝ってポジティブに反省”…森田は更なる進化示し、齋藤&谷口は清水との決戦へ決意

2023.11.27 07:15 Mon
緑の名門を決勝に導く主将の仕事を果たした森田晃樹
©超ワールドサッカー
緑の名門を決勝に導く主将の仕事を果たした森田晃樹
東京ヴェルディは26日、味の素スタジアムで行われた2023J1昇格プレーオフ準決勝でジェフユナイテッド千葉を2-1で破り、決勝進出を決めた。

今シーズンの明治安田生命J2リーグを2位のジュビロ磐田と同じ勝ち点75で終えたものの、得失点差で涙を呑んで3位フィニッシュとなった東京V。これにより、2018シーズン以来の参戦となるプレーオフで、16年ぶりのJ1昇格という悲願達成を目指す。
6位の千葉を味スタで迎え撃った一戦では前半にMF中原輝、MF森田晃樹が挙げた2ゴールを守り切って2-1の勝利を収めた。そして、城福浩監督率いるチームはJ1最後の切符を懸けて12月2日に国立競技場で行われる決勝で、モンテディオ山形を破った清水エスパルスと対戦する。

殊勲の1ゴール1アシストで緑の名門を決勝に導くキャプテンとしての重要な役割を果たした森田。この試合では卓越したポジショニング、ターンの巧さ、厳しいプレッシャーに晒されてもぶれない技術を活かした配球役に加え、守備でも強度の高いプレーを90分間継続。

さらに、ゴールに絡んだシーンではシーズン最終盤に入って磨きをかけたゴール前に入っていく積極性という進化も示した。そして、個人としてもゴールに至った自身の動きに手応えを感じている。
「自分の得点に関しては齋藤選手と練習からずっとああいう形のボールを練習してきていたので、質の高いボールが上がってくると思ってあそこに入っていくことができました」

「自分でもあれ入ったかなという感じでした。去年とかはわりとヘディングシュートはありましたが、今年はなかなかそこまで入っていくことができていなかったので…」

また、チームとしては相手の圧力に呑まれた前半を中心に試合運びでの課題を口にしながらも、シーズンを通して築き上げてきた粘り強い戦いを評価。

「少し自分たちに硬さがありましたし、アドバンテージを持つ自分たちに対して千葉さんは前からハイプレスをかけてきたところで、主導権を奪われる形になりました。マテウスのファインセーブに感謝という場面もありましたし、前半だけでなく後半の最後の方も何本もシュートを打たれてしまったので、そこは反省点かなと思います」

「ただ、前半の最初に難しい時間帯があって、あそこでよくゼロで抑えた。そこがまず大きかったです。得点シーンもそうですが、時間帯がすごくよかったと思います」

「当初はファー狙いも意図したところに蹴ることができた」と、その森田の決勝点をお膳立てするなど前半の2ゴールの起点を担ったMF齋藤功佑

前半の苦戦はある程度想定通りだったとしながらも、後半に関しては「マイボールの時間が少なすぎて、ボールを取った後もすぐに相手に取られてしまって押し込まれて守備をするという展開がずっと続いてしまった」と想定以上の苦戦を認める。それでも、「(2-1となった後は)そこまで崩れることなく守備に意識を置きながら、うまくやれていたのかなと思う」と、試合の締め方についてはポジティブに振り返った。

同じくディフェンスラインで攻守両面のかじ取り役を担うDF谷口栄斗は、「結果がすべて」と語っていた通り、勝利での決勝進出という結果に満足しながらも、よりシビアな相手との決勝戦を控えるなかで課題の部分によりフォーカスしている。

「千葉が勢いをもって入ってくるということは頭に入っていましたが、無駄なファウルをしてしまってオフサイドではありましたが、ピンチも招いて勢いよくやられてしまった印象。後半は守備に回る時間帯が長かったですし、2-0という大きなアドバンテージがあったなかで、ああいう展開にしてしまったことは反省すべき」

「(後半はカウンターチャンスで)やり切ることが大事でしたし、やり直す選択肢も持っていてもよかったと思います。失った瞬間の切り替えやリスク管理のところももう少し徹底できればよかったです」

この千葉戦後も“勝ってポジティブに反省する”という城福体制で染みついているメンタリティを示した選手たち。

この1年間の集大成となる清水との決勝に向けて齋藤は、「やることは変わらず、アドバンテージがあるという部分でよりいつも通りにやれるというか、先制点を取れれば守備のところで連動してハードワークして堅く戦っていくという部分で自信を持っていますし、入りさえ間違えなければ先制点を奪って勝つことができると思っている」と、改めて自動昇格に肉薄した自分たちのスタイルへの自信を示した。

一方、谷口は今季レギュラーシーズンで2敗を喫した難敵へのリスペクトを示しながらも、来シーズンJ1で戦っていくうえで引き分けではなく勝利で昇格を決めたいと語っている。

「決勝戦はせっかくの機会なので、しっかりと勝って昇格を決めたいです。清水はJ2の中でタレントも揃っていますし、一番強いと言ってもいいようなチームです。そういうチームに勝たないとJ1はないので、しっかりと勝って上がりたい」

「歴史もあるスタジアムでヴェルディとしてもいろんな歴史が国立で刻まれています。そういった場所でまた新しい歴史を刻めるような一日にしたい」
関連ニュース

Jはアジアの審判のレベルアップに貢献してほしい/六川亨の日本サッカー見聞録

ACLのラウンド16で、甲府はアウェーこそ0-3と完敗したが、ホーム国立競技場での試合は終盤に1-1のタイスコアに追いつくなど粘りを見せた。相手の蔚山にはGKチョ・ヒョンウ、DFキム・ヨングォン、ソル・ヨンウらアジアカップでベスト4の守備陣が揃っている。にもかかわらずホームでの善戦を含め、グループリーグ突破など貴重な経験を積めたACLではなかったか。 一方、残念な結果に終わったのが川崎Fだった。山東泰山との試合では、信じられないミスからの失点もあったが、「気迫の違い」を感じた。きれいなサッカーで勝てればいいが、それをできないときにどうするか。反則を推奨するつもりはないが、「ここはイエロー覚悟でストップする」という執念で山東が上回っていたのではないか。その原因がどこにあるのか、アジアカップでの日本にも通じるような気がしてならない敗戦だった。 山東泰山の粘りは正直予想外だったが、クウェートのアハマド・アルアリ主審はうまくゲームをコントロールしたのではないだろうか(アジアカップでは日本対バーレーン戦の主審を担当)。そこで思い出したのが、19日のJリーグ開幕PRイベントに出席した野々村芳和チェアマンの「2024年の取り組み」の1つである「より多くの外国籍審判員の招へい」だった。 野々村チェアマンは、「ヨーロッパの審判だけでなく、次回のW杯やACLを制覇すると考えた時、アメリカや中東の審判を多く連れてきたいと思っている。日本人の審判が世界基準のレフェリングを体感することも重要だ」との構想を明らかにした。 Jリーグは「世界基準」を選手に肌で体感してもらうため、少々の反則では笛を吹かない。フィジカルコンタクトに慣れ、インテンシティの高いプレーを実感するためでもある。ところがアジアカップで目の当たりにした主審の基準は、「接触プレーがあるとすぐに笛を吹く」だった。 Jリーグの基準なら、そのままプレー続行となるところ、すぐに笛を吹いてプレーを止める。そしてサウジアラビアやカタールなど国内でプレーしている選手は、大げさに痛がったりする。これではワールドカップで勝てるはずもない。 だからといって日本の選手も痛がるふりをするよりは、アジア全体のレフェリング技術の向上にJFAとJリーグで貢献するようにした方が、アジアのサッカーのレベルそのものの向上につながるのではないだろうか。 アジアカップの決勝では中国のマー・ニン(馬寧)主審が笛を吹いた。日本対イラン戦も彼だったが、優柔不断な印象が強く、とても巧いとは思えなかった(こちらは個人的な印象です。イラン戦の決勝点につながるロングスローに関しては、主審よりも第1、第2の副審を務めた両オーストラリア人に問題があると思う)。逆に言うと、まだまだアジアのレフェリーは、世代交代もありアジア・レベルにとどまっているということなのかもしれない。 中東をはじめ中央アジアや東南アジア、極東を含めてレフェリーを招待し、Jリーグで笛を吹くことで切磋琢磨してレベルの向上を図れたら、それはそれで素敵なことではないだろうか。 最後に、Jリーグの開幕PRイベントでは95年5月15日の開幕戦、ヴェルディ川崎対横浜マリノスの映像が流された。ゲストで登壇した松木安太郎氏もかなり若いが、マイヤーの先制点に始まり、ラモン・ディアスの決勝点など懐かしい映像に見入った。 そして今週日曜の25日、国立競技場で東京ヴェルディ対横浜F・マリノスの開幕戦がある。30年前の映像についてトークセッションに参加したマリノスGK飯倉大樹は当時の試合について「VHS(ビデオテープ)やダイジェストですり切れるほど見ていました」と振り返った。 彼は1986年生まれのため、93年当時は小学1年生になったばかり。たぶんテレビで眩い開幕セレモニーに心をときめかせたのではないだろうか。そして、なぜダイジェストの名前が出てきたのかというと、それは表紙にあったのだろう。国立での記念すべき開幕戦だが、当時はまだフィルムの時代のため、ナイターの試合は粒子が荒れてしまい、いまのデジタルのようにクリアに再現できない。 それでも記念すべきJリーグ開幕戦のため、ディアスのゴール後の両手を広げたガッツポーズを表紙にした。一方ライバル紙であるマガジンは16日のデーゲーム、鹿島対名古屋戦でハットトリックを達成したジーコを表紙にした。もちろん、この試合を含めて全カードをテレビで観戦してから表紙を決めたのだが、インパクトの強さと多くの観客が集まったことで、ディアスを表紙に選んだ。それが31年後に、現役選手の口から「ダイジェスト」の誌名を聞くとはまったくの想定外の出来事だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.02.22 18:15 Thu

「鳥肌が立った」「感動で涙出る」Jリーグの開幕戦煽り映像にファンが感動…31年前の再現となる東京Vvs横浜FMは必見「これはヤバい」

2024シーズンの明治安田Jリーグは23日に開幕。19日には、開幕イベントが行われ、J1の19クラブの選手が集まった。 野々村芳和チェアマンからは、今後10年、30年と成長していくための改革案とビジョンが語られ、登壇した選手たちからは、新シーズンへの意気込みが語られた。 そんな中、Jリーグは公式YouTubeチャンネルにて19日に開幕戦に向けた「煽り映像」を投稿。2024シーズンの開幕カードから数試合をピックアップして紹介した。 多くの注目カードがある中、やはり今シーズンの開幕カードで一番注目を集めるのは、東京ヴェルディvs横浜F・マリノスの国立競技場での一戦。1993年、Jリーグのオープニングマッチのカードが、31周年を迎える開幕戦のカードで実現した。 横浜FMは、オリジナル10のなかで、鹿島アントラーズと共に降格を経験したことがないクラブ。一方で、東京Vは長らくJ2で過ごした中、16年ぶりにJ1の舞台へと復活する。 かつては読売クラブ、日産自動車と日本サッカー界でも名門と呼ばれた両者であり、ライバル関係でもあったが、この16年でその差は大きく開くことに。それでも、ユースレベルを含め、この2クラブのライバル関係は変わっていなかった。 「煽り映像」では、この一戦を「歴史が渇望した一戦」としてピックアップ。ユース出身の東京V・谷口栄斗、横浜FM・喜田拓也や城福浩監督、ハリー・キューウェル監督のインタビューも交えて盛り上げている。 ファンは「ここから始まる次の30年の開幕戦がまたヴェルディ対マリノスにすることが出来たのは熱すぎる」、「入場は是非ともJリーグアンセムを!」、「鳥肌が立った」、「対照的ですらあるナショナルダービー」、「これはヤバい。涙出る」、「カッコよすぎる」、「感動で涙出る」とコメント。両クラブ以外のファンにとっても、胸が熱くなるものとなった。 その他、昇格組・ジュビロ磐田vs王者・ヴィッセル神戸、初J1のFC町田ゼルビアvsガンバ大阪、開幕カードであるサンフレッチェ広島vs浦和レッズがピックアップされている。 <span class="paragraph-title">【動画】感動の声続出! 31年前の開幕戦再来の煽り映像が話題に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 237;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 12:57 Tue

「新しい歴史が始まる1日」 東京Vの16年ぶりとなるJ1の戦いがJ開幕再現カードでスタート! 谷口栄斗が決意

「2024Jリーグ開幕PRイベント」が19日に催され、東京ヴェルディからはDF谷口栄斗が出席した。 チームにとって、16年ぶりとなるJ1の舞台。大卒3年目のセンターバックもシーズン開幕が迫っての心境を問われると、「こういう場に来て、いよいよだなと。やっと実感が湧いてきた」と話した。 かつてリーグの盟主だった歴史を持つ東京VのJ1復帰は今季におけるトピックの1つ。東京Vのアカデミー育ちもその大きなをひしひしと感じるようだ。 「ヴェルディにとっても、日本サッカーにとっても重要だと思う」 また、チームとして「まずは残留するのが大事になる。より上の順位が目指せればベスト。去年積み上げた守備は自信がある。それをやれればチームとしてブレないことに繋がると思う」と語った。 そんな東京Vは25日の開幕戦で横浜F・マリノスと対戦。1993年のJリーグ開幕戦の再現カードであり、このイベントでは当時の試合映像が特別に流されるほど、今季開幕の注目カードとなっている。 当時の試合結果は横浜FMが2-1で勝利。24歳の谷口にとって生まれる前の話で、「盛大に開幕した印象があるけど、負けたのは初めて知った」と語った。 東京Vとしては長い年月を経て雪辱を果たす一戦にもなり、「ヴェルディにとっても、Jリーグにとっても、ここから新しい歴史が始まる1日になると思う。素晴らしい試合をしたい」と意気込んだ。 2024.02.19 20:45 Mon

初代王者が16年ぶりJ1復帰、百戦錬磨の指揮官が最年少スカッドと共にサプライズ狙う【J1開幕直前ガイド|東京ヴェルディ】

2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、東京ヴェルディを紹介していく。 【直近3シーズンの成績】 2023シーズン(J2):3位(21勝12分け9敗) 2022シーズン(J2):9位(16勝13分け13敗) 2021シーズン(J2):12位(16勝10分け16敗) 【昨季チーム得点王】 染野唯月 6ゴール 【今季ノルマ】 残留 【編集部イチオシ】 DF谷口栄斗 昨季J2:20試合出場/1ゴール <span class="paragraph-subtitle">◆城福体制2年目で悲願達成</span> 昨季は就任2年目の城福浩監督の下、一昨季の終盤戦に手応えを掴んだハイプレス・ハイラインの戦いを先鋭化。“リカバリーパワー”を合言葉に、クラブ伝統の高い技術と新たに加えたハイインテンシティを武器に、シーズン通して昇格争いのメインキャストを担い、最終的に3位フィニッシュ。その後、劇的な形で昇格プレーオフを制し、16年ぶりのJ1復帰という悲願を達成した。 <span class="paragraph-subtitle">◆平均年齢24歳の今季J1最年少スカッド</span> 昇格組ではJ1仕様への大幅な入れ替え、強力な外国籍選手の補強、J2&J3の主力引き抜きなど様々な強化策がある。そのなかで東京Vは育成路線を継続し、若手偏重の補強を敢行。指揮官が求めるスタイルに合致したタレントを集めた結果、30代の選手がわずか3名、平均年齢24.1歳という今季J1で最も若いスカッドができあがった。 <span class="paragraph-subtitle">◆得点力不足改善に、J1仕様の堅守構築がカギ</span> 現スカッドで最もJ1での実績を持つ宮原和也や染野唯月、林尚輝の残留によって、主力クラスの流出は中原輝、加藤蓮の2選手のみに。その後釜に山田楓喜、翁長聖を迎え入れ、新10番の見木友哉、山見大登といった実力者を補強し、昨季から間違いなく戦力アップに成功した。 ただ、J1基準という点ではエースの染野、J2ベストイレブンに選出された主将の森田晃樹、ディフェンスリーダーを担う谷口栄斗を含め未知数な部分は否めない。とりわけ、昨季J2での総得点が「57」で、2桁得点者不在だった得点力は最大の懸念材料。染野、山田楓、木村勇大といったパリ五輪候補、プロ2年目で本格ブレイクが期待される山田剛綺らアタッカー陣の覚醒は必須だ。 J2最少失点(31)を記録した守備に関しても個のレベルが圧倒的に上がるJ1の舞台において、ハイラインの強気な守備を牽引する谷口や林、守護神マテウスを中心に、いかに早い段階でJ1仕様に仕上げられるかが浮沈のカギを握る。 <span class="paragraph-subtitle">◆初志貫徹で残留勝ち取れるか</span> 16年ぶりのJ1挑戦に向けて「新たなヴェルディのスタイル追求」を掲げ、どんな状況においてもブレない戦いを強調した城福監督。今季J1で最も成長の余白を残すチームは、幾多の苦難が待ち受けるシーズンにおいて、その指揮官の言葉通りの戦いができれば、ノルマである残留と共に下馬評を覆した昨季同様のサプライズをもたらせるはずだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆2024年冬移籍情報</span> 【IN】 GK中村圭佑(18)←静岡学園高校/新加入 DF河村匠(23)←いわきFC/完全移籍 DF山田裕翔(22)←国士舘大学/新加入 DF袴田裕太郎(27)←大宮アルディージャ/完全移籍 DF林尚輝(25)←鹿島アントラーズ/期限付き移籍延長 MF見木友哉(25)←ジェフユナイテッド千葉/完全移籍 MF山田楓喜(22)←京都サンガF.C./期限付き移籍 MF翁長聖(28)←FC町田ゼルビア/完全移籍 MF永井颯太(24)←いわきFC/完全移籍 MF食野壮磨(22)←京都産業大学/新加入 MF山本丈偉(17)←東京Vユース/昇格 MF松橋優安(22)←レノファ山口FC/期限付き移籍より復帰 FW山見大登(24)←ガンバ大阪/期限付き移籍 FW木村勇大(22)←京都サンガF.C./期限付き移籍 FW古川真人(22)←国士舘大学/新加入 FW白井亮丞(18)←東京Vユース/昇格 FW染野唯月(22)←鹿島アントラーズ/期限付き移籍延長 【OUT】 GK高木和徹(28)→ジェフユナイテッド千葉/完全移籍 GK飯田雅浩(23)→ヴァンラーレ八戸/期限付き移籍 DFアルハン(22)→水原FC(韓国)/完全移籍 DF佐古真礼(21)→いわてグルージャ盛岡/期限付き移籍 DF加藤蓮(24)→横浜F・マリノス/完全移籍 DF宮本優(24)→ヴェルスパ大分/期限付き移籍 MF奈良輪雄太(36)→現役引退 MF小池純輝(36)→クリアソン新宿/完全移籍 MF梶川諒太(34)→藤枝MYFC/完全移籍 MF杉本竜士(30)→ザスパクサツ群馬/完全移籍移行 MF楠大樹(23)→テゲバジャーロ宮崎/期限付き移籍 MF阿野真拓(20)→テゲバジャーロ宮崎/期限付き移籍 MF西谷亮(20)→FC岐阜/期限付き移籍 MF橋本陸斗(18)→Y.S.C.C.横浜/育成型期限付き移籍期間延長 MF持井響太(25)→アスルクラロ沼津/完全移籍移行 MF石浦大雅(22)→愛媛FC/完全移籍移行 MF甲田英將(20)→名古屋グランパス/育成型期限付き移籍満了 MF北島祐二(23)→アビスパ福岡/期限付き移籍満了 MF長谷川竜也(29)→横浜FC(→北海道コンサドーレ札幌)/期限付き移籍満了 MF中原輝(27)→セレッソ大阪(→サガン鳥栖)/期限付き移籍満了 FW佐川洸介(23)→ザスパクサツ群馬/期限付き移籍 2024.02.16 18:30 Fri

白井亮丞、山本丈偉…16年ぶりJ1に臨む東京Vの10代生え抜き若武者がプロ1年目へ決意

16年ぶりにJ1の舞台に臨む東京ヴェルディの10代の若武者2人が、プロ1年目の戦いへ決意を語った。 東京Vは昨シーズン、城福浩監督の下でJ2リーグを3位でフィニッシュし、J1昇格プレーオフを制して16年ぶりのJ1復帰を果たした。 今冬の移籍市場では昨季のチームをベースに育成路線を継続しつつ、若手偏重の補強を敢行。指揮官が求めるハイインテンシティのスタイルに合致したタレントを集めた結果、平均年齢24.1歳という今季J1で最も若いスカッドで久々のトップカテゴリーの戦いに挑む。 そのJ1最年少スカッドにおいて静岡学園から新加入のGK中村圭佑(18)と共に、10代でプロ1年目に臨むのが東京Vユースから昇格したFW白井亮丞(18)、MF山本丈偉(17)の生え抜き2選手。 ジュニアユースから東京Vの下部組織に在籍する白井は、2種登録選手として昨年6月に行われた天皇杯2回戦のザスパクサツ群馬戦でトップチームデビュー。さらに、翌月に行われた天皇杯3回戦のFC東京との東京ダービーでは初ゴールを挙げる活躍を見せた、185cmの本格派ストライカーだ。 ユース所属選手としてスポット参加した昨年とは異なり、プロとして1次、2次を合わせて沖縄で行われた約20日間の濃密なキャンプに参加した白井は、「去年に比べればだいぶ慣れた」と語りながらも体力面を含めてトップチーム適応への課題を口にする。 「去年と比べるとだいぶ余裕になってきましたが、体力面だったり、試合に一緒に入ると、このサッカーにまだついていけない部分もあるので、まだまだ成長していかないといけないです」 「(J1相手の練習試合では)感触的にもっと個の能力の差があって、もっと頭を使ってやらなければいけないと思っていましたが、思いのほか自分の長所だったりは通用する部分もあったので、そこは自信を持ってやっていき、足りない部分も明確になったので、そこを直していきたいです」 「ゴール前でのポジショニングだったり、そういうところで結構チャンスになる場面を作れたり、もう少しで得点できそうなところだったりは、多く作れたと思います。足りない部分は足元の技術だったり、シュートの技術や体力だったり、そういうところはまだ足りないです」 東京ダービーでの鮮烈なトップチーム初ゴールやユース年代での活躍、今回のキャンプにおいてもフィニッシュの局面でポテンシャルの高さを垣間見せた生え抜きのストライカーだが、自身の課題、現状の立ち位置を冷静に見極めるクレバーさも併せ持つ。 「試合に絡んでいきたいという気持ちは本当に強い」と1年目からの活躍を目指しながらも、そのための研鑽に励む。 「自分は得点力があって、攻撃の起点にもなれるという部分で存在感を出していきたい。やっぱり他の選手と一緒ではダメなので、自分のアグレッシブなところを出してやってかないといけないと思っています」 「まだ1年目なんで、どんどんチャレンジして、失敗を恐れずにその後に全力で取り返しに行ったりすればいい。そこは城福さんの目指すサッカーがそういうスタイルでもあるので、どんどんチャレンジしていきたいです」 「試合に絡んでいきたいという気持ちは本当に強いですが、自分の身体的な成長も、まだこのままでは通用しないと思っているので、それも同時にやっていきたい。体力もそうですが、相手と当たったときに勝てずに起点を作ることがまだできていなので、そこからしっかりと鍛えてやっていきたいです」 「やっぱり自分が試合に出て、強い相手ですけど、そういう相手との戦いを通じていろんな刺激を受けて成長に繋げつつ、点も取りたいと思っています」 一方、シント=トロイデンのU-23日本代表MF山本理仁を実兄に持つ、山本はトップチームデビューは果たしていないものの、U-17日本代表としてFIFA U-17ワールドカップ(W杯)に出場した185cmの大型ボランチ。 兄同様にジュニアからクラブに在籍し、1年飛び級での昇格を果たした大器は、「1年早いですけどチームの戦力として考えてもらっているので、そこは遠慮とか全くしないで自分の良さだったり、ストロングをどんどん出してチームの力になれたらと思っています」と、17歳での昇格にも遠慮や気負いを見せない。 プロとして初のキャンプではJ1のチームとの練習試合、トレーニングを通して課題に直面しているが、「本当に楽しい時間」と自身の今後の糧とすべくポジティブに向き合っている。 「本当に毎日すごい高いレベルでやれて、自分自身すごく成長できていますし、試合も何試合か出ましたが、対戦相手もすごくいい相手なので、すごく充実した時間を過ごせています」 「自分の特徴はやっぱり足元の技術ですけど、試合をやっていくなかではもっとそこにこだわってやっていかないといけないなと。あとは強度のところで自分はまだ身体が細いので、そういうところは早く対応していけるように頑張っていきたい」 「正直、(J1の選手相手に)通用するということは今のところあまり感じることはできていなくて、逆にそこはまだ足りないんだなと実感させられています」 「森下さん(森下仁志コーチ)からは止める、蹴るのところ。自分の技術を扱うところは本当に細かく言われますし、そこはもう本当、どんどん追求して自分でやっていくだけだと思います。これまで自分がどれだけこだわっていなかったということを思い知らされていますが、そういう意味でも本当に楽しい時間です」 1歳上の白井同様、現状ではチーム内のポジションの序列の一番下から一歩ずつJ1デビューへの道を歩むことになるが、「まずは本当に早く、1日でも早く1試合でも早くピッチに立って活躍したいですし、そのために毎日の練習が本当に大事だと思うので、一つひとつの練習にこだわってやっていきたい」と、チーム最年少MFはプロ1年目への決意を語った。 2024.02.09 20:15 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly