鎌田大地がマルセイユ行きも? ラツィオで出番減少、今夏獲得に動いていた興味再燃か

2023.11.21 18:20 Tue
ラツィオで出番が減少している鎌田大地
Getty Images
ラツィオで出番が減少している鎌田大地
日本代表MF鎌田大地(27)がマルセイユに移籍する可能性があるようだ。
PR
今夏フランクフルトからラツィオへと活躍の場を移した鎌田。開幕当初から先発で出番をもらっていたものの、徐々に序列が低下。途中出場で出番はあるものの、思い描いていた状況とは異なっている。
その鎌田には今夏マルセイユも興味を示していたが、ラツィオ行きを決断。そしてそのマルセイユからはフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージもラツィオに加入。鎌田とは対照的に出場時間を伸ばして行っている。

加入して半年で移籍する可能性はなかなか考えにくいが、フランス『Le10sport』によると、1つは出場機会が減少していること。また、日本代表の活動で腰を痛め、しばらく欠場する可能性があることだ。

さらに、1月にはアジアカップに参加する可能性もあり、そのことを考えると、ラツィオでのチャンスはさらになくなるという懸念もあるとしている。
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、鎌田についてラツィオの首脳陣が頭を悩ませているとしており、マルセイユとの交渉が再開される可能性も十分にあるようだ。

PR
関連ニュース

ケガ人続出&5連敗の流れからELベスト4…マルセイユ指揮官「このヨーロッパでの2本勝負で大事なのは突破できるかだけ」

マルセイユのジャン=ルイ・ガセ監督がヨーロッパリーグ(EL)4強入りにコメントした。 準々決勝でベンフィカと激突し、敵地での1stレグを1-2で落としたマルセイユだが、18日にホームで行われたリターンレグを1-0で勝ち切り、延長戦に。最後はPK戦にもつれたが、4-2で制して7季ぶりのベスト4進出を決めた。 70歳のフランス人指揮官は『UEFA.com』で「1-2で落とした1stレグでもチャンスがあった」と振り返り、平常心を保った戦いぶりがこの結果に繋がったと評価。厳しい台所事情や、この試合までの公式戦5連敗にも言及している。 「90分以内にゴールを決める必要があるなか、理想どおりだったが、ベンフィカも非常に優れ、なおかつ成熟したチームであり、我々はかなり走らされてしまったよ。だが、パニックにならず、120分にわたって一貫したスピリットをもってしてプレーを続け、PK戦に持ち込んだ」 「起用可能な選手がいないポジションもあり、何人かの若い選手を使わざるを得なかった。だが、アカデミーにも優秀な選手がたくさんいて、これからのシーズン終了までに何人かを使っていくつもりだ。5連敗にはビジャレアルやベンフィカとの試合も含まれるが、このヨーロッパでの2本勝負で大事なのは突破できるかだけだ」 2024.04.19 11:45 Fri

「疲れたけどすごく嬉しい」 EL4強入りに導くアシストのオーバメヤン、言葉でもチームを鼓舞

マルセイユがヨーロッパリーグ(EL)4強入りを果たした。 準々決勝でベンフィカと激突し、敵地での1stレグを1-2で落としたマルセイユだが、18日にホームで行われたリターンレグを1-0で勝ち切り、延長戦に。最後はPK戦にもつれたが、4-2で制して7季ぶりのベスト4進出を決めた。 この試合にも先発したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンはゴールこそなかったものの、79分にトータルスコアをイーブンに戻すファリス・ムンバグナの一撃をアシスト。試合後の『UEFA.com』で喜びの心境を語った。 「疲れたけど、すごく嬉しいよ。今夜は素晴らしい試合がやれたと思う。簡単じゃなかったけど、辛抱強かったし、大きな試合では何をしなければならないかをわかっていれば、それが違いになる。80分に生まれたゴールは最終的にチームにとっても、クラブにとっても、街にとってもすごく良いものだった」 ムンバグナのゴールについても「彼にとって大きな瞬間だった。ここ数試合、少し難しい時期だったから、嬉しく思うよ」と話すと、ケガ人が続くチーム状況をカバーする若き力の存在を強調し、信頼を口にしている。 「僕は選手たちに『今夜は今季最大の試合になる。勝てば最後までいけるはず』と言ったんだ。ケガ人が多いけど、今夜は若い選手が出て、準備できているところや、フィットしているところを目の当たりにした。僕らは彼らを信じているし、それがフットボールの素晴らしいところ。厳しい戦いになるだろうけど、僕らは信じている」 2024.04.19 11:05 Fri

マルセイユがPK戦の末にベンフィカを撃破!7季ぶりのベスト4進出【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマルセイユvsベンフィカが18日に行われ、1-0でマルセイユが勝利。2戦合計スコア2-2で並んだ中、PK戦を4-2で制したマルセイユが準決勝進出を決めた。 先週行われた1stレグで敗れたマルセイユが、ホームにベンフィカを迎えた2ndレグ。 2戦合計スコアで1点ビハインドを背負うマルセイユが、立ち上がりからハイプレスをかけると、24分にディ・マリアのパスミスを敵陣でカットしたオーバメヤンにチャンスが訪れたが、ボックス外から放ったがミドルシュートは枠に上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、マルセイユはムベンバを下げてムリージョを投入。すると60分、ムンバグナの横パスをペナルティアーク内で受けたアリが左足で狙ったが、これはGKトルビンの好セーブ防がれる。 対するベンフィカは75分、ジョアン・ネヴェスの浮き球のパスをボックス右のバーが右足で折り返すと、中央のジョアン・マリオが落としたボールをラファ・シウバがシュート。さらにGKが弾いたボールをディ・マリアが詰めたが、これもGKパウ・ロペスの好セーブに阻まれた。 1点が遠いマルセイユは、直後にエンディアイエを下げてホアキン・コレアを投入。すると79分、ヴェレトゥのスルーパスで左サイドを抜け出したオーバメヤンのクロスをゴール前に走り込んだムンバグナがヘディングで流し込み、マルセイユが2戦合計スコアで追いついた。 結局、試合は2戦合計スコア2-2のまま延長戦に突入。延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、4人全員が成功したマルセイユに対し、ベンフィカは1人目のディ・マリアと4人目のアントニオ・シウバが失敗。この結果、マルセイユが7シーズンぶりのベスト4進出を決めた。 2024.04.19 07:07 Fri

ディ・マリアがマルセイユ戦先勝に導く今季EL4ゴール目 「優勝は重要な夢」

ベンフィカのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがヨーロッパリーグ(EL)4強入りに前進し、今大会にかける思いを口にした。『UEFA.com』が伝えている。 ベンフィカは11日の準々決勝1stレグでマルセイユとホームで対戦。67分にピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで1点差に迫られたが、ラファ・シウバとディ・マリアの得点によるリードを守り抜き、2-1で先勝した。 右ウィングでスタートから出場したディ・マリアは1-0の52分にボックス右からの折り返しをワンタッチで押し込み、今大会4ゴール目で貴重な追加点。1週間後の18日に敵地で行われるリターンレグに向けて弾みをつけた。 チャンピオンズリーグやワールドカップをはじめ、数々のタイトルを手にするディ・マリアだが、『Sportv』のインタビューでマルセイユとの1stレグを振り返りながら、まだ経験のないEL制覇を夢だと語った。 「(EL優勝は)僕にとって重要な夢なんだ。このクラブや、素晴らしい仕事をして目標達成のために戦う選手たちにとってもね」 「僕らは素晴らしい試合をした。マルセイユはベンチにも素晴らしい選手がいる。何人かはベンチ入りし、大きな違いを生み出した」 「大事なのは2-1のリードとゴールの差だ。マルセイユがこの準々決勝に勝ち進んでいるのは多くの意味を持つ」 2024.04.12 16:30 Fri

ラファ・シウバ&ディ・マリア弾で逃げ切ったベンフィカがマルセイユに先勝!【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのベンフィカvsマルセイユが11日に行われ、2-1でベンフィカ勝利した。 ラウンド16でレンジャーズを下したベンフィカが、ビジャレアルを下したマルセイユをホームに迎えた一戦。 試合は16分にスコアが動く。ベンフィカはネレスのパスをボックス右手前で収めたテングシュテットの折り返しをボックス中央に走り込んだラファ・シウバがワントラップからシュートを流し込んだ。 1-0で迎えた後半、再びスコアを動かしたのはリードするベンフィカだった。52分、自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったディ・マリアがパスをボックス右に駆け上がったネレスが縦に切り込み、中央へラストパス。これを再び受けたディ・マリアがワンタッチでゴールに流し込んだ。 2点を追う展開となったマルセイユは、54分にムンバグナを下げてウナイを投入。すると67分、ウナイのロングスルーパスから上手くDFの裏に抜け出したオーバメヤンがボックス左からゴール右隅にシュートを決めた。 1点を返したマルセイユは、73分にもウナイの右クロスからファーサイドでフリーのアリに決定機が訪れたが、ボレーシュートは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。ホームできっちり先勝に成功したベンフィカが準決勝進出に王手をかけた。なお、2ndレグは18日にスタッド・ヴェロドロームで行われる。 2024.04.12 06:27 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly