ユーロ本大会出場が決定した前回王者イタリア、指揮官は「この結果が必要だった」

2023.11.21 10:10 Tue
ユーロ本大会出場を決めたルチアーノ・スパレッティ監督
Getty Images
ユーロ本大会出場を決めたルチアーノ・スパレッティ監督
イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、ユーロ本大会出場決定を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

20日、ユーロ2024予選グループC最終節でウクライナ代表と対戦したイタリア。引き分け以上で本大会出場が決まる一戦は一進一退の攻防が続き、チャンスは作るも決めきれない時間帯が続く。終盤には突破のため勝利が必要な相手チームに攻め込まれる場面がありながらも最後まで失点を許さず、ゴールレスドローに終わった。
前回大会で優勝しているユーロへの本大会出場を決めたスパレッティ監督は、2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場を逃したチームにとってこれは必要な結果だったと喜びを噛みしめている。

「フットボールに簡単なことや明白なものはないと思っている。我々は前半、自分たちをより安全な立場における場面がいくつもあった。だが、それを活かせなければ、試合はより泥臭くよりフィジカルなものになるのは避けられないだろう」

「こうなれば、もう我々のフットボールをするどころではなくなってしまう。ウクライナはしっかり整備されたチームであり、我々を苦しめてきた。緊張感に満ちた試合だったと思う。それでも、我々はやるべきことをやった」
「すでにユーロでの優勝を経験している選手たちは、それが偶然ではないと証明する必要があった。そして新たに加わった選手たちは、イタリア国民のためタイトルを取り戻し、国全体に自分たちが王者だと感じさせることが何を意味するかについて理解する必要があっただろう」

「我々のスタートは絶好調だったが、その後はケガ人や賭博問題もあってグループリーグをひっくり返しかねない試合が2度あった。今回の相手であるウクライナは戦力が整っており、予選を突破する可能性さえある強豪だっただろう。困難もあったが、それを乗り越えられた。今は楽しむチャンスがあり、チームを作る時間もできたと思う」

「私はより多くの知識を持ち、選手たちを見て指導し、ガブリエレ・グラヴィナ会長と組織を作り上げようとしている。この結果は、安心感を与えてくれるものだ。我々は誰もが、この結果に執着していた。我々はよく『イタリアにはこの結果が必要だった』と言ってきたよ。そして、これからが本番だ」
関連ニュース

イタリア代表のスパレッティ監督が“海外組”ザニオーロに電話で問うたこととは?

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、“海外組”MFニコロ・ザニオーロに電話をかけたという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今夏ユーロ2024を控える前回王者・イタリア代表。スパレッティ監督が本大会への準備、選手たちのチェックに忙しくしていることは想像に難くないが、ここにきて数少ない“海外組”、イングランドはアストン・ビラ所属のザニオーロに電話をかけ、「疑問点をぶつけた」という。 ザニオーロは昨年2月にローマからガラタサライへ移籍し、昨季のトルコ1部優勝に貢献したのち、今季1年レンタルでビラへ。好調のチームで出番確保に苦しみ、昨年11月以降の先発出場はわずか1試合、年明け以降の1試合プレータイムは最長で27分間となっている。 スパレッティ監督からみたザニオーロは、自身の就任から6試合中4試合で起用した主力選手であり、2試合は違法賭博スキャンダルで招集を見送ったもの。(ザニオーロは違法性なしと結論) ビラで序列を落としたザニオーロの現状を心配しているようで、つい先日にはインタビューで「本大会落選もあり得る」とも。イングランドへかけた電話の内容は、「出番を回復できるのか」「現在のコンディションは」などだったようだ。 スパレッティ監督は昨年9月の就任当初、最初の代表メンバー発表時に宣言していたように、所属クラブで出番が少ない選手の招集に消極的。ロベルト・マンチーニ体制で不動の存在だったジョルジーニョ(アーセナル)も、出番減を理由に10月まで招集を見送った。 ユーロ開幕まで、もう100日を切っている。ザニオーロは、間に合うか。 2024.02.28 20:15 Wed

「2桁ゴールなし」イタリア代表のストライカー陣が軒並み低調? 伊紙がユーロ2024へ向けて問題提起

イタリア代表のストライカー陣が所属クラブで数字を伸ばせていない。イタリア『カルチョメルカート』が問題提起している。 今夏ユーロ2024を控えるイタリア代表。いくら過去2回のワールドカップ(W杯)に出場できていないと言っても、そこは欧州王者。通算3度目の優勝、同国史上初の連覇に期待が懸かる。 ここで、ルチアーノ・スパレッティ監督就任後の全3回の代表活動(昨年9月・10月・11月)に1度でも招集され、センターフォワードとして1分でもプレーした選手を並べてみよう。(指揮官は全6試合とも[4-3-3]を採用) チーロ・インモービレ(ラツィオ) 今季リーグ戦:22試合6得点 国際Aマッチ通算:57試合17得点 ジャコモ・ラスパドーリ(ナポリ) 今季リーグ戦:25試合3得点 国際Aマッチ通算:24試合6得点 ジャンルカ・スカマッカ(アタランタ) 今季リーグ戦:19試合6得点 国際Aマッチ通算:15試合1得点 マテオ・レテギ(ジェノア) 今季リーグ戦:19試合6得点 国際Aマッチ通算:4試合2得点 『カルチョメルカート』は「危機に瀕する攻撃陣。2月末の段階で、ストライカーは誰一人2ケタゴールまで到達せず。スパレッティは誰をユーロへ連れていき、誰を振り落とすのか」と問題提起。 そう、4者ともそれぞれクラブでの立ち回り・役割の影響であったり、ケガの影響であったりと、あまりゴール数を伸ばせていないのだ。 ゴール数以外にも懸念点があり、34歳インモービレは最近隠せなくなった「衰え」、ラスパドーリは「ナポリで控え」、スカマッカは「代表での存在感に乏しい」などなど… 選手の“枠”を考慮すれば、少なくとも1人はユーロ行きを逃すことになりそうだが、カルチョファンのあなたがスパレッティ監督の立場なら、誰をチョイスするだろうか。 今冬フィオレンティーナへレンタル移籍したアンドレア・ベロッティ、イタリア人ストライカーでセリエA得点ランキングトップ(9得点)のアンドレア・ピナモンティ etc...スパレッティ体制で声がかかっていない選手も数多くいる。 2024.02.28 16:45 Wed

パリ五輪逃したイングランド女子、ユーロへ向けての親善試合でイタリアに5発圧勝

オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)で準優勝したイングランド女子代表が、次なる目標へ向けて歩みを進めている。 2023年の女子W杯では過去最高成績を残したイングランドだったが、UEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)ではノックアウトステージ進出を逃したことで、パリ・オリンピック行きが消滅。そのため、照準を4月にスタートする女子欧州選手権(ユーロ)予選に切り替え、今代表ウイークには、スペイン遠征を決行した。 23日のオーストリア女子代表戦を7-2の完勝で終えたライオネスは、27日のイタリア女子代表戦でも、5-1と勝利を収めた。 メアリー・アープス(マンチェスター・ユナイテッド)やルーシー・ブロンズ(バルセロナ)といった主軸に加え、先のオーストリア戦で代表デビューを飾ったグレース・クリントン(トッテナム)らが先発したイングランドは、開始1分で試合を動かす。 アレックス・グリーンウッド(マンチェスター・シティ)の右CKをロッテ・ウーベン=モイ(アーセナル)がニアでそらしてネットを揺らし、代表初ゴールをマークした。 21分には再びグリーンウッドの右CKから、GKにパンチングされたボールをローレン・ヘンプ(マンチェスター・シティ)が押し込んでリードを広げると、34分にはまたも三度セットプレーから追加点を奪取。左CKが阻まれての二次攻撃から、ジョージア・スタンウェイ(バイエルン)の折り返しにヘンプが頭で合わせた。 ハットトリックを狙うヘンプは37分にも左足のフィニッシュを見せるなど、攻勢続くイングランドだったが、前半の追加タイム3分にショートカウンターから失点を喫し、3-1で前半を終える。 それでも、折り返しての69分にはグリーンウッドのフィードに途中出場のローレン・ジェームズ(チェルシー)が抜け出してマイナスに折り返すと、同じく途中出場のエラ・トゥーン(マンチェスター・ユナイテッド)が鮮やかなボレー弾を沈めてリードを広げる。 79分にはこちらも途中出場、レイチェル・デイリー(アストン・ビラ)が相手のバックパスをさらってダメ押しのゴールを沈めてタイムアップ。 イングランドはビルドアップのミスから時折ピンチを招くシーンが散見されたが、選手層の厚さも見せ付け、2連戦を大勝続きで終えている。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】女子W杯準優勝のイングランドがイタリアに快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LV9E_efb_QQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 15:45 Wed

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat

イタリアサッカー連盟がウクライナを支援、イタリア国内のトレーニング施設を提供

イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、ウクライナサッカー連盟(UAF)と協定を結んだことを発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば紛争が続くウクライナでトレーニングができない選手に対し、イタリア国内の施設を使用してもらう内容とのこと。 使用できる施設にはイタリア代表が活動する際の練習場であるコベルチャーノも含まれている。 FIGCのガブリエレ・グラビナ会長はウクライナと協定を結んだことについて「このような重要な協定を結べたことを誇りに思う。この協定はウクライナのサッカーの未来を守ることが目的。技術面での協力もしていきたい。アンドリー(UAF会長のシェフチェンコ氏)は我々の古い友人であり、適切なタイミングで常に傍に居てくれる存在だ」と協定を結んだ意図を説明した。 2024.02.14 07:45 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly