東京Vの城福浩監督、自動昇格の可能性残して臨む栃木とのホーム最終戦へ「やってきたことのすべてを出す…」

2023.11.04 10:30 Sat
栃木とのホーム最終戦へ意気込む城福浩監督
©︎J.LEAGUE
栃木とのホーム最終戦へ意気込む城福浩監督
東京ヴェルディを率いる城福浩監督が、5日に味の素スタジアムで開催される明治安田生命J2リーグ第41節の栃木SCに向けた意気込みを語った。

前節、3位のジュビロ磐田(勝ち点69)とのアウェイゲームを1-1のドローで終え、自動昇格圏の2位浮上のチャンスを逃した4位の東京V(勝ち点69)。今節は2位の清水エスパルス(勝ち点70)、磐田が前日に試合を戦うなか、その翌日に18位の栃木(勝ち点44)との一戦に臨む。
ホーム最終戦でもあり、自動昇格へ勝利必須の一戦に向け、城福監督は試合2日前に行われたクラブハウスでの公式会見で栃木戦に向けたいくつかのトピックについて言及した。

前回対戦で2-0と勝利した栃木の印象については、シーズン途中の補強に加え、シーズン最終盤を迎えてより戦い方が整理されてきたように感じているという。その中で互いに信条とするハードワークの部分での戦いが勝敗のカギを握るとしている。

「まずは選手補強を非常に有効に使っていますし、戦い方がかなり明確になっていると思います。特に直近で前からプレッシャーに行くときと、引いて[5-4-1]のブロックを敷くときのメリハリは元々ありましたが、前からのプレッシャーの割合が少し増えたと思いますし、そこの覚悟というか迫力があり、前で引っかけてシュートまでという部分がシーンとして増えたと感じています。あとは全員がハードワークするので、すごくシンプルなクロスでもそれがチャンスになる。全員がボールに対してアタックするなど、そういう栃木というチームの印象はすごくポジティブです。中には足元の技術が高い選手もいますが、ハードワークの部分で我々も競り負けてはいけないと考えています」
自動昇格の可能性を残して臨むホーム最終戦に向けては、磐田戦でも経験した昇格争い真っ只中での緊張感を良い形でパフォーマンスに還元することを求めている。

「ヴェルディがJ2になってからという言い方が適切だと思いますが、このタイミングで自動昇格の可能性を持って迎えたことは自分の認識では初めてだと思います。したがって、当たり前ですが、味わったことがない緊張感をこの前のジュビロ戦でも経験しましたし、こういう一試合一試合は選手個人にとってもチームにとっても大きな経験になります。この前のヒリヒリする磐田でのアウェイを経験したからこそ、我々のホーム最終戦もどのようにプレーすべきか、特別ではなく我々らしくプレーするとはどういうことか、もう一度改めて感じた選手もいたと思います」

「自分たちも何をやるべきかというと、勝ち点を一番多く取れると信じているからこそ、開幕から我々のやり方をやってきたわけで、これを突き詰めていくことが勝ち点を重ねることであって、特別なことをやるのであれば最初から特別なことをやっていればいい。そういう意味では自分たちが立ち返るところをもう一度認識し、やってきたことのすべてを出す。そこに集中できれば自ずと良い結果が出ると考えています」

また、完全アウェイの雰囲気に加え、若手主体のチームゆえの昇格争いでの経験不足も見受けられた磐田戦からの修正に関しては、昨シーズンのチーム発足時から要求する“尖ったサッカー”を実現する上で、改めてチーム全体でリスクを背負う重要性を説いている。

「もちろんミーティングのシーンのピックアップの仕方や伝え方は、その都度違っていて自分の感覚でこれは強く言った方がいいとか、ここはポジティブなシーンを多く見せた方がいいとか、言い方に関してもネガティブなシーンでも言い方を試合ごとに変えています。ただ、ずっと変えていないのは誰しもが見たくない失点シーンは必ず直視するようにしています」

「なぜこうなったのか、チームとして何ができたのか、それはどんなシチュエーションであっても誰が絡んでいてもそこに聖域はないので、全く今までと同じように過去の39試合と同じようにやりました。その中でも我々らしく攻守に戦っていくためにどうするべきかを選手たちが感じられるような伝え方をしました」

「失点シーンで言えば、その10秒前や20秒前から遡りますが、なぜここでポジションを外してのか、ここはもう少し絞っていればボールに詰めていれば良かったとか、そういうことはやりますが、トータルで自分たちが相手陣でポゼッションをし始めたときに我々がプレッシャーのチャンスをすべて活かして相手に圧力をかけたのかということ」

「選手たちはやっぱり負けたくなかった。あの空気感の中で後ろに重たいというのは可哀想ですが、我々らしいアグレッシブさをキックオフから全部出せたのかと言えば、悪い試合ではなかったですが、言葉を恐れずに言えば、『勝っても負けても我々らしくやろう』それが一番悔いがないので。ただ、それは前の日や試合当日のミーティングでも言葉に出していましたが、あの空気感のピッチに立つというのは、ほとんどの選手が初めてですし、それを経験しながら勝ち点を得たことは非常に大事だったと思います」

「失点シーンだけでなく全体として前が出し切ってバトンを渡したのか、そこまで追うのかと見ている選手が思うようなプレッシングをしたのか、全員がここまでハードワークしてリカバリーパワーを出すのか、そこはもっと臆せずに出した方がいい。やり切ってやり切って最後にバトンを渡していくという部分は、サボったという負けたくないという部分で慎重になる。それがイコール我々らしくなくなるという部分が多少見受けられたと思います。これは経験だと思います」

「どんなサッカーにもリスクはあります。リスクを考えたときに、これをやれば後ろのスペースが空く、これをやれば抜かれたときにどうする、これをやればラインが上げられない。おそらくリスクだけを考えれば、尖ったサッカーにはならずに、まん丸なサッカーになってしまう。金太郎あめのようにこういうチームはよくあるというような形になります」

「それを非難しているわけではないですが、何かを研ぎ澄ましてやるためにはリスクを背負う必要があり、あれぐらいの緊迫感の中でやると人間はそういったリスクが思い浮かんでしまいます。ただ、自分たちはそれを覚悟してやってきたので、攻守においてこだわってきたものに関してはもう一度リスクを背負って自分たちらしくやる。あえて、ここで掛け声をかけるという、立ち戻ってみんなで共有する。そのリスクは全員でリスクヘッジするんだ、というようにしないといけないような緊張感の中でやっているということ」
関連ニュース

「細かいところで勝ちを逃し続けている…」、東京Vの主将・森田晃樹が東京ダービーで痛恨ドローのチームの甘さ指摘

東京ヴェルディのMF森田晃樹が、土壇場で勝利を逃した東京ダービーを振り返った。 東京Vは、13日に味の素スタジアムで行われた明治安田J1リーグ第8節でFC東京と対戦。 3万1000人以上を集めた16年ぶりのJ1での東京ダービーに臨んだ緑の名門は、前半半ば過ぎの28分にMF見木友哉のPKによるゴールで先制に成功。さらに、33分にはFW染野唯月の見事な右足ダイレクトボレーで追加点を挙げると、前半終了間際にはFW安斎颯馬が2枚目のイエローカードをもらって退場となり、2点リードに加え、数的優位まで得た。 しかし、後半は序盤こそ相手陣内でうまくゲームをコントロールしたが、68分にミス絡みのカウンターから途中出場のMF遠藤渓太に1点を返されると、以降は数的優位を活かせずに防戦一方の展開を強いられる。そして、後半アディショナルタイムの94分に相手のパワープレーから遠藤に左足ミドルシュートを決められ、土壇場で勝ち点3を逃す痛恨の2-2のドローとなった。 トップチームでは自身初のダービーに臨み、キャプテンとして攻守両面で戦い、個人としては質と量を兼ね備えたプレーで十分な存在感を示した森田だが、試合終了を告げるホイッスルを聞いた際には珍しく憤りを露わにした。 試合後の囲み取材では普段通りの飄々とした姿を見せたが、ダービーの重みを知るアカデミー出身の選手、チームリーダーとしてチームの甘さを指摘した。 「もったいなかったなというのが、率直な感想」 「相手が10人というところで、緩みみたいなものもあったと思いますし、守備のときにも、もっと前から行ってボールを蹴らせなければいけないところを、なぜか中途半端に行こうとして、簡単にボールを蹴られて、セカンドボールを拾われたりというところで、センターバック2枚余っていましたし、そういうところで難しさは感じていました」 「1失点目のシーンとかもそうですけど、その前にも同じようなシーンがあって、カウンターを作られていました。そういうミスというのは本当になくしていかなければいけない」 「失点のところもそうですけど、やっぱりこっちの方が人数が多いのに、なぜか一歩寄せられていないとか、そういう細かいところで、僕たちは勝ちを逃し続けているので、これは本当に反省するしかないなと思います」 個人としては後半のうまくいっていない状況において、もう少しチームを良い方向に導くことができたとキャプテンとしての反省も口に。 「雰囲気としてふわふわしていたし、そういうところは僕も声張って言っていましたけど、そういうところで良い方向に持っていくことができなかったというのが反省」 「もっとちゃんと僕がチーム全員を集めて、方向性というか、そういうのをしっかりとチームで話し合う時間を作れれば良かったのかなと思っています」 開幕からの8試合のうち、5試合で先制点を挙げるなど全試合で得点を挙げているものの、クリーンシートが一度もなく試合のクローズに問題を抱えるチームは、森田が指摘する緩みや甘さを改善し、次こそは勝ち点1ではなく勝ち点3を取り切れるか…。 2024.04.14 07:15 Sun

2点リードに数的優位活かせず痛恨ドローの東京V・城福浩監督「本当の意味で出し切らせることができなかった…」

東京ヴェルディの城福浩監督が、土壇場で勝利を逃した東京ダービーを振り返った。 東京Vは、13日に味の素スタジアムで行われた明治安田J1リーグ第8節でFC東京と対戦。 3万1000人以上を集めた16年ぶりのJ1での東京ダービーに臨んだ緑の名門は、前半半ば過ぎの28分にMF見木友哉のPKによるゴールで先制に成功。さらに、33分にはFW染野唯月の見事な右足ダイレクトボレーで追加点を挙げると、前半終了間際にはFW安斎颯馬が2枚目のイエローカードをもらって退場となり、2点リードに加え、数的優位まで得た。 しかし、後半は序盤こそ相手陣内でうまくゲームをコントロールしたが、68分にミス絡みのカウンターから途中出場のMF遠藤渓太に1点を返されると、以降は数的優位を活かせずに防戦一方の展開を強いられる。そして、後半アディショナルタイムの94分に相手のパワープレーから遠藤に左足ミドルシュートを決められ、土壇場で勝ち点3を逃す痛恨の2-2のドローとなった。 「何を目指しているかを示す試合にしたい」と、自分たちらしい戦いで勝利を掴みたいと意気込んで臨んだダービーだったが、10人相手に2点差を追いつかれた結果に加え、プレー内容に関しても後半は腰の引けた印象もあり、ファン・サポーター、指揮官自身にとっても承服しがたいものとなった。 同試合後、公式会見に出席した63歳の指揮官は、「サポーターには悔しい思いをさせました。申し訳ない」と、何とか絞り出した非常に短い言葉で試合を総括した。 2022年6月の就任以降、ハイライン・ハイプレスのハイインテンシティという尖ったスタイルを標ぼうする中、城福監督は“バトンを繋ぐ”、“ゲームチェンジャー”といったキーワードを使い、5枚の交代枠を含めチーム全員がパワーを出し切り、90分を通して高いプレー強度を維持することを求めてきた。 昨シーズンはそのスタイルが機能し、予算規模や選手層で大きく上回るライバルに対して、ポテンシャル以上にチームとしての最大値を出す形で昇格を果たした。 しかし、今季のJ1での舞台ではよりクオリティが高く、選手層の部分でも大きく上回る相手に対して、経験不足や選手層の問題を露呈。とりわけ、選手交代によってパワーダウンした後半終盤の失点によって勝ち点を取りこぼす試合が目立っている。 その点について城福監督は、「自分の指導不足」、「僕の力が未熟」と自身の責任に言及しながらも、J1最年少となるスカッドに対してさらなる成長、どんな状況においてもスタイルを徹底することを改めて求めた。 「このチームはやはり選手層を厚くしていかないといけないということを痛感しています。選手が変わったら、落ち着きがなくなるというような状況を変えていかないと、ゲームの中の終盤でやはり我々がこういった思いをするというのを繰り返していますし、選手層のところで我々は、(前半に負傷交代した)谷口栄斗もどれぐらいのケガかはちょっとわかりませんけど、そこを上げていくのは私の手腕を問われているところかなと思っています」 「未だにあの展開で勝ち点1で終わるというのが、自分のどこを直せばいいか、じっくり考えたいなと。ただ選手は、本当の意味で出し切ったかという意味で出し切らせることが、自分はできなかった」 「(課題のクローズについて)もちろん3点目を取れるチャンスもありましたけど、チーム全体がクローズのイメージを持っていたと思いますけども、あたふたしてしまいました。相手は1人退場しているにもかかわらず、私の指導不足でしょう。あの状況でスローインもゴールキックにして、そこから時間を費やせずに、普段の私の指導不足だなと思っています」 開幕前の段階から厳しい戦いを予想すると共に、J1で最も伸びしろを残す若きチームの「成長」を浮沈のカギとして語ってきた城福監督。 ここまでのチームの成長曲線は思い描いたものではないかもしれないが、この試合でも追加点奪取という開幕からの課題のひとつをクリアするなど半歩ずつではあるものの着実に成長を示していることも確かだ。 誰にとっても承服しがたいダービーでの苦い経験を今後の教訓とすべく、まずは17日に控えるJリーグYBCルヴァンカップ 1stラウンド2回戦の鹿児島ユナイテッドFC戦で、指揮官が求める選手層に厚みをもたらす新たな戦力の台頭を期待したいところだ。 2024.04.14 06:30 Sun

「僕が負けちゃいけない相手」東京Vとのダービーでドロー、FC東京の守護神・波多野豪は悔しさを露わ「本当に悔しい」

FC東京のGK波多野豪が、東京ヴェルディ戦を振り返った。 13日、明治安田J1リーグ第8節でFC東京は東京Vとダービーで対戦した。 アウェイ扱いとなる中で、味の素スタジアムには4万人弱のファン・サポーターが集結。試合は、前半に2失点を喫した他、安斎颯馬が2枚のイエローカードで退場となり、厳しい状況で後半に入る。 すると迎えた61分、遠藤渓太と寺山翼を投入。すると68分には白井康介がパスカットするとそのまま持ち上がりクロス。遠藤がボックス内に走り込み、そのまま決め切って1点差に迫った。 しかし、その後はなかなかゴールに迫ることができず。このまま敗戦かと思われたアディショナルタイム4分、ロングボールのこぼれ球をボックス手前で拾った遠藤が左足一閃。ゴール左にシュートが決まり、土壇場で同点に。2-2のドローに終わった。 16年ぶりの“東京ダービー”で敗色濃厚だった中、引き分けに終わったFC東京。育成出身の波多野は改めて、このダービーについて振り返った。 「シンプルに勝ちたかったですね。僕が負けちゃいけない相手で、引き分けも許されない相手だったので、10人とはいえ、勝ち切れなかったのは本当に悔しいです」 劇的に追いついてのドローだったが、満足感はない波多野。前半の失点シーンについては「(PKは)止められるなという感じはしましたが、相手の方が少し上だったかなと思います。次は止められるように頑張りたいです」とコメント。また、染野唯月の強烈なボレーについては「2点目は相手もなかなか良いボレーシュートでした。褒めたくないですけど、凄かったです」と、悔しさを見せながらも相手のシュートを称えた。 2点ビハインド、数的不利という中での同点劇。波多野は今シーズンすでに退場経験があり、チームとしてはその時の反省が生きたとした。 「前回は僕が退場して、みんなが10人になってもまとまって集中してゲームを進めていこうと試合後に話していたので、今日はその反省がしっかり生かされていたかなと思います」 2024.04.14 00:10 Sun

「サポーターをあのまま帰すわけにはいかない」苦しんだ中“東京ダービー”の主役に、途中出場から2発の遠藤渓太が語ったスイッチが入った瞬間は?

“東京ダービー”の主役となったFC東京のMF遠藤渓太が、東京ヴェルディ戦を振り返った。 13日、明治安田J1リーグ第8節でFC東京は東京Vとダービーで対戦した。 アウェイ扱いとなる中で、味の素スタジアムには4万人弱のファン・サポーターが集結。試合は、前半に2失点を喫した他、安斎颯馬が2枚のイエローカードで退場となり、厳しい状況で後半に入る。 すると迎えた61分、遠藤は俵積田晃太に代わって出場。すると68分には白井康介がパスカットするとそのまま持ち上がりクロス。遠藤がボックス内に走り込み、そのまま決め切って1点差に迫った。 しかし、その後はなかなかゴールに迫ることができず。このまま敗戦かと思われたアディショナルタイム4分、ロングボールのこぼれ球をボックス手前で拾った遠藤が左足一閃。ゴール左にシュートが決まり、土壇場で同点に。2-2のドローに終わった。 16年ぶりの“東京ダービー”で敗色濃厚だったチームを救った遠藤。試合後のメディア取材で改めて試合を振り返った。 「あのままサポーターの方々を帰すわけにはいかなかったので、ベンチでサポーターの応援と熱量も感じていました」 「個人的にはダービーでチャンスだと思っていて、今まで結果は出ていなかったですけど、ここで1つ残せば認められるかなと思っていたので、決められて良かったなと」 ウニオン・ベルリンから期限付き移籍で今シーズンから加入した遠藤。11日には完全移籍に移行することが発表され、チームの一員となった初戦だった。 「10人になってから割り切っていましたし、チームとしてもがむしゃらにやって、あそこに走り込んでいました。その結果が勝ち点1になったという感じで、僕だけというよりチーム全体のこと。何が正解、不正解じゃなく、がむしゃらにやったということが良かったと思います」 苦しい状況でも勝ち点獲得を目指して「がむしゃら」にプレーしたという遠藤。改めて簡単ではない2つのゴールを振り返った。 「1点目は(白井)康介くんがインターセプトした時点で前にいたのが僕と(寺山)翼だったので、流れを変えてやろうと出る前から話していましたし、相手にスプリントで勝つことを意識してゴール前に入っていきました」 「2点目はあの時点でシュートまで持っていくことは決めていたので、良いところにボールがいったなという感じです」 ゴールに向かう気持ちを持っていたからこそ決められた2つのゴール。「正直攻撃のことしか考えていなかった」と明かした中、後半自分たちが攻める先にいるサポーターの存在は大きかったという。 「やっぱりサポーターの方々の応援も感じましたし、ダービーに対する熱量や思い入れ。僕はFC東京に長年いる選手じゃないけど感じていたので、責任を果たせたかなと思います」 熱量を受け止めたという遠藤だが、前半にゴールを決めた染野唯月の行動で、スイッチが入ったと明かした。 「10人になって、ああやって染野選手に2点目決められて、FC東京のゴール裏が煽られて、あそこで自分的にはスイッチが入りました」 「入ったらプレーで見せてやろうと思いましたし、それが良い方向に転んで追い付けました」 しっかりと気持ちをプレーに出せた遠藤。チームは攻撃を牽引していた荒木遼太郎と松木玖生がパリ・オリンピック最終予選のために不在に。その中で結果を残そうと誓っていたという。 「チャンスだと思っていました。(荒木遼)太郎だったり、(松木)玖生が活躍する中で代表に行って、あいつら頼りだったと言われたくなかったですし、まだまだ他の選手みたいに結果はついてこないですけど、ダービーが1つ良いキッカケになれば良いなと思っていました」 自身の思いを成就させ、チームを救うという結果につなげた遠藤。「嬉しいですし、個人的にゴールしたのもいつぶりだろうという感じで、ドイツでも試合に出れずゴールも久しぶりだったので、認められるように頑張りたいし、一流の選手は良いパフォーマンスを継続できると思うので、この一発で終わるんじゃなくて、継続できるようにしたいと思います」とコメント。この先も、結果を残していきたいと強く誓った。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤渓太が起死回生の2発! 90+4分に同点ゴールの劇的ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>FC東京がダービーでの意地を見せた!<br>\<br><br>遠藤渓太のロングシュートは劇的同点弾となり<br>この試合2得点と大活躍を見せる!<br><br>明治安田J1リーグ第8節<br>東京V×FC東京<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E4%BA%ACV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東京V</a> FC東京 <a href="https://t.co/niIv8arGyS">pic.twitter.com/niIv8arGyS</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1779073317980291442?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.13 23:50 Sat

16年ぶりJ1での東京ダービーは劇的ドロー…10人FC東京が遠藤渓太の劇的2発で意地見せる【明治安田J1第8節】

明治安田J1リーグ第8節の東京ヴェルディvsFC東京が13日に味の素スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 現在、16位の東京Vは前節の柏レイソル戦を1-1のドロー。4戦無敗継続も今季ホーム初白星と初の連勝を逃した。16年ぶりJ1での東京ダービーではU-23日本代表招集中の山田楓喜に代えて齋藤功佑を右サイドで起用した。 一方、7位のFC東京は前節の鹿島アントラーズ戦に2-0の快勝。今季初の連勝を飾った。U-23日本代表招集中の荒木遼太郎、松木玖生、野澤 大志ブランドンを欠く中、前節からは先発2人を変更。野澤と松木に代えてGK波多野豪、小柏剛が起用された。 昨年に行われた天皇杯のダービーでの因縁を経て、16年ぶりにJ1の舞台で実現した緑と青赤の首都決戦。荘厳のコレオグラフィーと両サポーターが作り出す熱狂的な空気の中でスタートした大一番は、東京Vが開始2分に齋藤のカットインからの左足シュートでファーストシュートを記録した。 以降は互いに長いボールを要所で使いながらリスクを回避しながら、自分たちの形からゴールを目指していく。11分には相手ボックス付近で森田晃樹のミスパスをカットした仲川輝人のラストパスからゴール前の小柏に決定機もDFのブロックに遭う。さらに、15分にもルーズボールを制した流れから仲川が枠を捉えたミドルシュート。FC東京が続けて良い形でフィニッシュに持ち込む。 相手の時間帯を凌いだ東京Vは徐々にボールの主導権を握って相手陣内でのプレー時間を増やすと、その流れで先制点を奪い切った。26分、中盤でのリスタートから染野唯月が左サイドのスペースに抜け出してキープ。アンダーラップでサポートに入った見木友哉がボックス内で安斎颯馬に足をかけられてPKを獲得。これを見木自らゴール右隅に蹴り込み、緑の新10番が加入後初となる値千金のJ1初ゴールを挙げた。 この先制点で勢いづくホームチームは課題の追加点まで奪い切る。33分、左サイドを起点とした攻撃は一度撥ね返されるが、右サイドの高目でエンリケ・トレヴィザンの縦パスを狙っていた宮原和也がインターセプト。高精度のクロスを入れると、これをボックス中央の染野が圧巻の右足ダイレクトボレーでゴール右隅に突き刺した。 畳みかける攻めで一気に流れを引き寄せた東京Vだが、直後に谷口栄斗が負傷して山越康平のスクランブル投入を余儀なくされる。だが、ディフェンスリーダーの離脱にも慌てることなく冷静に進める。 一方、2点ビハインドのFC東京は41分、俵積田晃太の馬力のある左サイドでの突破からゴールライン際からの絶妙なクロスに内へ絞った小柏がワンタッチで合わすが、この決定的なシュートは枠の左に。すると、直後の43分はに見木へのアフターのファウルで安斎に2枚目のイエローカードが出されて退場。数的不利まで背負う苦境に立たされた。 東京Vの2点リードで折り返した試合は後半も互いに選手交代なしでスタート。早い時間帯にゴールがほしいFC東京が攻守にリスクを負って前に出ていくが、冷静に対応するホームチームを前に決定機まで持ち込めない。 60分を過ぎて両ベンチが動く。FC東京は俵積田、小柏を下げて寺山翼、遠藤渓太を同時投入。対する東京Vは木村勇大、齋藤を下げて翁長聖、山見大登を投入。両サイドに翁長、山見、セカンドトップに見木を移した。 すると、この交代によって試合が動く。68分、FC東京が白井康介の自陣右サイドでのインターセプトから一気にサイドを駆け上がってボックス付近まで運んで絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これを中央の寺山がスルー。ファーに走り込んだ遠藤が右足ダイレクトで左隅に流し込んだ。 これで俄然アウェイチームが息を吹き返すと、ここからダービーらしい緊迫感のある空気に。勢い乗って追いつきたい青赤は73分、バングーナガンデ佳史扶を下げて16年前のダービーを唯一知る長友佑都を送り出した。 後半終盤にかけては数的不利を感じさせない粘りを見せるFC東京が猛攻を仕掛けていく。その中で好位置で得たFKを“ピンチキッカー”の形で投入された原川力が直接右足で狙うも、これは枠を外れた。 4分が追加された後半アディショナルタイムも意地と意地がぶつかり合う白熱の攻防が繰り広げられると、FC東京が土壇場で底力を発揮した。 94分、パワープレーの流れからペナルティアーク付近でクリアボールを回収した遠藤がペナルティアーク付近から左足を振り抜くと、ゴール左下隅に鋭いシュートが突き刺さった。 そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、16年ぶりに実現したJ1での東京ダービーは数的不利を撥ね返して2点差を追いついた青赤の粘りで劇的なドロー決着となった。 東京ヴェルディ 2-2 FC東京 【東京V】 見木友哉(前28) 染野唯月(前33) 【FC東京】 遠藤渓太(後23) 遠藤渓太(後45+4) <span class="paragraph-title">【動画】遠藤渓太が起死回生の2発! 90+4分に同点ゴールの劇的ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>FC東京がダービーでの意地を見せた!<br>\<br><br>遠藤渓太のロングシュートは劇的同点弾となり<br>この試合2得点と大活躍を見せる!<br><br>明治安田J1リーグ第8節<br>東京V×FC東京<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E4%BA%ACV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東京V</a> FC東京 <a href="https://t.co/niIv8arGyS">pic.twitter.com/niIv8arGyS</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1779073317980291442?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.13 18:07 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly