レーティング:アトレティコ 3-1 レアル・マドリー【ラ・リーガ】

2023.09.25 06:20 Mon
Getty Images
ラ・リーガ第6節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーが24日にシビタス・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
PR
▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 オブラク 6.0
失点はノーチャンス。それ以外で難しい対応は少なかったが、普段通りの安定したゴールキーピングを見せた
DF
16 モリーナ 6.5
前半はジョレンテと共に推進力をもたらすプレーでフラン・ガルシアを圧倒。後半は守備の局面でロドリゴらに安定した一対一の対応を見せた

(→アスピリクエタ 6.0)
クローザーとして求められた守備の役割を完遂

15 サビッチ 6.5
前半はベリンガムやロドリゴ、後半はホセルらを相手に周囲と連携しながらきっちり封じ切った。カードなしに終わったことも好印象
2 ヒメネス 6.0
コンディションにやや不安がある中でのプレーで後半終盤は体力の限界で交代に。ただ、要所を締める守備でしっかりと役目を果たした

(→アンヘル・コレア -)

22 エルモソ 6.5
安定した守備に加え、クロスバー直撃のヘディングシュートで攻撃でも見せ場を作った。サビッチ同様に荒れるダービーにおいてカードなしで乗り切った

12 リーノ 7.0
見事なピンポイントクロスで先制点を演出。以降もサウールやグリーズマンとの良い関係性で攻撃の起点として機能した

(→ハビ・ガラン -)

MF
14 M・ジョレンテ 6.0
失点場面ではクロースとの駆け引きに敗れたが、試合を通しては攻守に持ち味のダイナミズムを発揮。守備では献身的にフィルター役の一人として奮闘

6 コケ 6.0
負傷明けながらカピタンとしてのリーダーシップを期待されての先発起用。本調子ではなかったが、攻守両面で一定水準以上のプレーは見せた

(→ヴィツェル 6.0)
コケからバトンを受け取ってフィルター役としての仕事を完遂。終盤は一列下がって安定したプレーを見せた

8 サウール 7.0
丁寧なクロスから2アシスト。ジョレンテと共に最も運動量が要求されたポジションで攻守にハードワークし、多くのチャンスにも顔を出した

FW
19 モラタ 7.0
古巣相手に会心のドブレーテを達成。ボックス内での駆け引きの巧さ、決定力を見事に発揮した

(→デパイ -)

7 グリーズマン 7.0
貴重な2点目を奪い、3点目の起点にもなった。前線と中盤のリンクマン役に加え、守備でも効果的に相手の起点を潰していた

監督
シメオネ 6.5
相手の出来の悪さもあったが、大戦前まで開幕全勝中の宿敵に内容も伴った会心の勝利を収めた

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 ケパ 5.0
3失点共に大きな責任はなし。前半にサウールの決定機を阻止して意地は見せた

DF
17 L・バスケス 4.5
構造上の問題はあったが、自身のサイドから上がった3本のクロスで3失点。2失点目、3失点目のところでは受け渡しや取捨選択の部分でより良い対応をしたかった

(→ナチョ 5.0)
相手が攻め気を抑えたことで守備で苦労することはなかったが、前の選手を後方支援するには至らず

22 リュディガー 5.0
強烈なミドルシュートで見せ場を作った。個人として明確なミスはなかったが、低調だったディフェンスラインの一員として責任は免れない

4 アラバ 4.5
個人としてだけの責任ではないが、モラタに2度出し抜かれて失点に関与。ディフェンスラインの統率者としてうまくコントロールできなかった

20 フラン・ガルシア 4.5
守備時の判断、強度の低さでモリーナやジョレンテらに劣勢を強いられる。持ち味の攻撃面でもほぼよさを出せなかった

(→F・メンディ 4.5)
開始早々のカードで無理の利く対応が不可能となり、フラン・ガルシアと同等の低調な出来に

MF
15 バルベルデ 5.5
曖昧な起用法の影響で攻守に躍動感を出せず。失点場面を筆頭にダービーらしくない淡白な対応の数々もやや気になった

10 モドリッチ 5.0
ウニオン戦からの連戦の影響からしくないロストやイージーミスが散見。前半のみの出場に

(→ホセル 5.5)
前線で幾度か際どいシーンに顔を出したが、屈強な相手守備陣を前に決定的な仕事はできなかった

12 カマヴィンガ 5.0
前半終盤に中盤の左に移ってからやや盛り返したが、全体的にプレーの粗さが目立つ試合に

(→チュアメニ 5.5)
球際の勝負でまずまず奮闘し、得意のミドルレンジのシュートも放った

5 ベリンガム 5.0
初のダービーはほろ苦い内容に。蓄積疲労やシステム変更の影響もあったか、なかなか効果的にボールに絡めず。試合終盤には危険なタックルを見舞う場面も

8 クロース 5.5
圧巻のミドルシュートで一矢報いるゴールを決めたが、それ以外のパフォーマンスに関してはかなり厳しいものだった

(→ブラヒム・ディアス 5.5)
試合の大勢が決していた中で気概は見せた。少なくとも今後チャンスを与えたいと思わせるプレーは見せた

FW
11 ロドリゴ 5.0
試合を通して何度か惜しい仕掛けは見せたものの、相手の守備陣を前にほぼ沈黙。決定機はおろか良い形でフィニッシュに顔を出せなかった

監督
アンチェロッティ 4.5
ヴィニシウスの欠場という誤算はあったと思われるが、システム変更や用兵がことごとく嵌らず。シーズンに1度か2度ある酷い試合をダービーで見せてしまい、今季の公式戦初黒星に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
モラタ(アトレティコ)
サウールやリーノらの活躍も見事だったが、前後半の入りのタイミングで見事な決定力を発揮したモラタをMOMに選出。得点場面以外でもグリーズマンと攻守にやるべき仕事をきっちりこなした。

アトレティコ・マドリー 3-1 レアル・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
モラタ(前4)
グリーズマン(前18)
モラタ(後1)
【レアル・マドリー】
クロース(前35)

PR
関連ニュース

「努力が何を意味するのか分からない」若くして才能が高く評価されるも燻るケアン、今冬のアトレティコ移籍破談について語る「家族と失望させてしまった気がした」

ユベントスのイタリア代表FWモイゼ・ケアン(24)が、今冬のアトレエティコ・マドリー移籍失敗を告白した。スペイン『アス』が伝えた。 ユベントスの下部組織出身で、ユベントスの他、エラス・ヴェローナ、エバートン、パリ・サンジェルマン(PSG)でもプレー経験があるケアン。2023年7月にエバートンからユベントスへと復帰していた。 今シーズンはセリエAで12試合に出場もゴールなし。今冬にはアトレティコへの移籍が噂された中、最終的にはユベントスに残留。アトレティコ移籍で合意していたが、メディカルチェックで破談に。この移籍失敗を自身のYouTubeチャンネルで語ったという。 「とても大変だった。そしてガッカリした。僕は母と家族と一緒にいたけど、彼らを失望させてしまった気がしたんだ」 「でも、その後は母が人生はそこでは終わらないことを僕に理解させてくれた。前に進まなければならない。僕は大人の男性でさり、自分の責任を引き受けて、一生懸命働かなければならない」 「以前は努力が何を意味するのかわからなかった。『僕には才能があるのに、なぜ頑張らなければいけないのか?』と思っていた。でも、人は努力することで成長するのをみて、自分もトップになりたいと思っていた。だから、一生懸命トレーニングに取り組み始めたんだ」 これまでは才能に溺れていたケアン。ただ、移籍が破談になったキッカケで、自身と向き合う必要があることを初めて感じたという。 現在は負傷離脱中だが、ようやくグループトレーニングに復帰できる状態に。改めてアトレティコに移籍するとしても、ここからのアピールが重要となりそうだ。 2024.03.03 23:05 Sun

【ラ・リーガ第27節プレビュー】アスレティックvsバルサの上位対決! ヴィニシウスは因縁メスタージャに乗り込む

先週末に行われた第26節では競り勝ったレアル・マドリーを始め、ジローナ、バルセロナと上位3チームが揃って勝利。その一方で、アトレティコ・マドリー、アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダと第2集団が揃って勝ち点を取りこぼす結果となった。 3月最初に行われる今節では5位のアスレティック・ビルバオと3位のバルセロナによる上位対決、FWヴィニシウスが因縁のメスタージャに乗り込む首位のレアル・マドリーと、9位のバレンシアが対峙する2つの名門対決に注目が集まる。 バルセロナは前節、難敵ヘタフェのハイライン・ハイプレスをものの見事に攻略して4-0の圧勝。主砲レヴァンドフスキの連続ゴールこそストップしたが、得点力不足の改善に守護神テア・シュテーゲン復帰後初のクリーンシートと最高の内容でのリーグ連勝となった。コパ・デル・レイ準々決勝で敗戦した難所サン・マメスでのタフなアウェイゲームとなるが、対戦相手は3日前にアトレティコとのコパ準決勝の激闘を戦っており、3-0の勝利での決勝進出で勢いはあるものの、コンディション面、メンタル面の部分で優位に進められる可能性は高い。改善傾向のある攻撃に加え、ウィリアムズ兄弟を中心に強烈な相手のサイドアタック、カウンターに対応したい。 首位のレアル・マドリーは前節、徐々に安定してきたセビージャ相手に苦戦を強いられながらも、途中投入のMFモドリッチのスーペルゴラッソを守り切ってウノセロ勝利。きっちりと白星を取り戻した。週明けにRBライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)のリターンレグを控えるなかで臨むアウェイゲームでは、難所メスタージャに乗り込む。いくつかのポジションでのターンオーバーが見込まれるが、きっちり勝ち切りたい。なお、昨年5月に行われた同カードではヴィニシウスに対する再三の人種差別行為が大きな騒動に発展し、改めてフットボール界の差別撲滅への契機となる一戦となった。ヴィニシウスのパフォーマンスに注目しつつ、問題が発生しないことを願いたいところだ。 2位のジローナはコパ決勝進出に沸く16位のマジョルカ相手にに連勝を狙う。前節のラージョ戦は前半に相手の堅守攻略に手を焼いたが、後半立ち上がりのMFツィガンコフの先制点、後半半ばの相手の退場によって一気に優位に試合を運ぶと、後半アディショナルタイムにはFWサヴィオがトドメのドブレーテを記録し、3-0の完勝となった。残留争い脱出へ勝ち点がほしいマジョルカとのアウェイゲームは決してラクではないが、連敗ストップの良い流れにのってきっちり連勝を達成したい。 公式戦3試合未勝利と失速傾向にある4位のアトレティコは、前節アスレティックに完勝した6位のベティスとのアウェイゲームに臨む。前節、最下位のアルメリア相手に2度のリードを守り切れず、厳しい2-2のドローに終わったシメオネのチームは、逆転突破を目指したコパ準決勝でもアスレティックに0-3で完敗。エースFWグリーズマンの不在が響いた攻撃面の停滞に加え、直近2試合連続複数失点と守備面にも問題を抱える。その厳しい敗戦から中2日で臨むベティス戦も難しい試合になることは間違いないが、逆境でこそ力を発揮するコルチョネロスらしい戦いぶりで公式戦4試合ぶりの白星を手にしたい。 MF久保建英を擁する7位のレアル・ソシエダは、コパ準決勝敗退からのバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨む。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、コパのマジョルカ戦をPK戦の末に敗戦。復帰したFWオヤルサバルのゴールで同点に追いつき、延長戦ではDFティアニーによる勝ち越しゴール奪取かに思われたが、ゴールラインを割ったか否かの微妙な判定によって“幻”に終わる不運もあって厳しい敗退となった。週明けには0-2からの逆転を目指すCLのパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるが、まずは公式戦連敗をストップしたい。久保のベンチスタートの可能性を含めイマノル監督の用兵にも注目だ。 その他では開幕未勝利が続くアルメリアと17位のセルタによる残留争い直接対決、激戦必至のヘタフェvsラス・パルマスにも注目したい。 《ラ・リーガ第27節》 ▽3/1(金) 《29:00》 セルタ vs アルメリア ▽3/2(土) 《22:00》 セビージャ vs レアル・ソシエダ 《24:15》 ラージョ vs カディス 《26:30》 ヘタフェ vs ラス・パルマス 《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー ▽3/3(日) 《22:00》 ビジャレアル vs グラナダ 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《26:30》 マジョルカ vs ジローナ 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs バルセロナ ▽3/4(月) 《29:00》 オサスナ vs アラベス 2024.03.01 19:00 Fri

コパ・デル・レイ準決勝敗退のアトレティコ、シメオネ監督が切り替え 「トップ4入りに努力」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がコパ・デル・レイ敗退について語った。スペイン『アス』が伝えた。 準々決勝でセビージャを破り、アスレティック・ビルバオとの準決勝に駒を進めたアトレティコ。2月7日に行われたホームでの1stレグを0-1で落とした中、逆転でのファイナル進出を目指し、29日の2ndレグに挑んだ。 しかし、試合は立ち上がりの13分に先制を許す展開となり、前半終盤にもリードを広げられ0-2で折り返し。後半にはダメ押しされ、2戦合計スコア0-4で大会を後にした。 シメオネ監督はスペイン『Movistar+』で試合を振り返り、内容を悔やんだ一方、今後の戦いにも戦いを向けた。 「滑り出しは順調だった。最初の20〜22 分間で、より良いものを生み出せる重要な場面が2つか、3つあった。しかし、我々はそれをものにできなかった」 「相手は最初のシュートを決め、2点目は決定的だった。それ以降は彼らの方が良かった。彼らの決勝進出は妥当だった。このような状況にあり、力強いプレーができなければより難しくなる。彼らにはそれがあった」 「1stレグでは多くのチャンスがあったが、同点に追いつくことができなかった。相手を祝福したい。選手たちは全てを捧げてくれたし、クラブの目標であるトップ4入りに向け努力を続けていく」 また、リーグ戦のみならず、チャンピオンズリーグ(CL)の戦いにも言及。インテルとのラウンド16・1stレグも0-1で落としているが、コパ・デル・レイと同じ轍は踏まないと述べた。 「久しぶりに準決勝に進出したが、良い仕事をした。ここからはリーグ戦に焦点を当てる。そして、CLはある意味このカップ戦と状況が似ているが、そこに向けてもっと力強さが必要なことはわかっている」 2024.03.01 17:07 Fri

コパ・デル・レイ制覇に王手のアスレティック指揮官、マジョルカとの決勝でも「力合わせれば勝てる」

アスレティック・ビルバオがコパ・デル・レイのタイトルに王手をかけた。スペイン『マルカ』が指揮官のコメントを伝えている。 アスレティックは準決勝でアトレティコ・マドリーと激突。2月7日に敵地で行われた1stレグで1-0と先勝すると、29日にホームで行われたリターンレグも3-0で制し、マジョルカとのファイナル進出を果たした。 アトレティコにとって約1年ぶりとなる本拠地での黒星で弾みをつけ、ホームでも完勝し、チームを2020年のスーペルコパ・デ・エスパーニャ以来となるタイトルに近づけたエルネスト・バルベルデ監督はこう述べた。 「簡単ではなかった。ゴールで落ち着き、後半はとてもいい形で相手を圧倒できた。大事なのは勝つために全力を尽くすことで、昨季もそうだった」 1984年以来となる40年ぶりの優勝がかかる決勝は4月6日に行われ、マジョルカが相手。バルセロナ相手に涙した2021年以来のファイナルに向け、メッセージを残している。 「人々がサポートしてくれるのはわかっているし、我々は力を合わせれば勝てると信じている。マジョルカもそう考えているはずだ。誰でも勝てる」 「ラ・リーガではレアル・ソシエダがマジョルカよりも上に立っているが、マジョルカが追い越していき、我々もアトレティコに勝った。何でも起こりうる」 2024.03.01 10:45 Fri

ホームでアトレティコに完勝のアスレティックが3大会ぶりの決勝進出!【コパ・デル・レイ】

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのアスレティック・ビルバオvsアトレティコ・マドリーが2月29日に行われ、3-0でアスレティックが勝利。この結果、2戦合計4-0でアスレティックが決勝進出を決めた。 7日にアウェイで行われた1stレグをベレンゲルの決勝点で勝利したアスレティックは、直近のレアル・ベティス戦からスタメンを3人変更。ベレンゲル、ユーリ、GKウナイ・シモンに代えてニャキ・ウィリアムズ、レクエ、GKアギレサバラをスタメンで起用した。 一方、ホームで惜敗したアトレティコは、直近のアルメリア戦からスタメンを4人変更。デパイやバリオス、ガブリエウらに代えてモラタ、マルコス・ジョレンテ、ヴィツェルらをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にスコアを動かしたのはホームチームだった。アスレティックは13分、左サイド深くまで切り込んだニコ・ウィリアムズのクロスをファーサイドのイニャキ・ウィリアムズが右足ボレーでゴールに叩き込んだ。 反撃に出たいアトレティコだったが、27分に再びピンチ。ボックス右横まで切り込んだイニャキ・ウィリアムズの折り返しをボックス中央左に走り込んだニコ・ウィリアムズがダイレクトシュートで合わせたが、これはわずかにゴール右に外れ、難を逃れた。 そのアトレティコは30分、ボックス右でボールを受けたアンヘル・コレアの落としからボックス右手前のデ・パウルがクロスを供給。ファーサイドのモラタが折り返しがファーに流れると、アンヘル・コレアが右足で合わせたが、シュートは枠の上に大きく外れた。 ハーフタイムにかけては拮抗した展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはアスレティック。42分、サンセトのパスを右サイドで受けたイニャキ・ウィリアムズがドリブルでボックス右から侵入すると、折り返すをゴール前のニコ・ウィリアムズがワンタッチで流し込んだ。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはアスレティック。61分、デ・マルコスの右クロスをゴール前で競り合ったグルセタが頭で触ったボールがファーに流れると、ボックス左で拾ったサンセトがシュート。これはGKオブラクに阻まれたが、こぼれ球をグルセタがゴールに押し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。アトレティコは85分にリケルメの左クロスから途中出場のサウールがヘディングシュートでゴールに迫ったが、これは枠の右に外れる。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。この結果、2戦合計4-0で勝利したアスレティックが、3大会ぶりの決勝進出を決めた。 2024.03.01 07:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly