ミラン退団のリッキー・マッサーラが古巣ローマに復帰か?

2023.09.20 07:30 Wed
Getty Images
ミランを退団したリッキー・マッサーラ氏(54)が、古巣ローマに復帰する可能性が浮上している。
PR
2019年7月にスポーツディレクター(SD)としてミランに招へいされたマッサーラ氏は、テクニカルディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏との二人三脚で名門復活の礎を築き、2021-22シーズンのセリエA優勝の立役者となった。
しかし、昨夏の移籍市場における新戦力補強の失敗によって立場が危ぶまれると、予てより補強方針の違いなどを巡って確執が伝えられていたオーナーのジェリー・カルディナーレ氏に解任を言い渡され、6月にマルディーニ氏と共にクラブを離れていた。

以降はフリーの状況が続いているが、ここにきて古巣ローマへの復帰の可能性が浮上しているようだ。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ローマのゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏は、17日のエンポリ戦を前にマッサーラ氏を会談の場を設けていたという。
この会談では復帰に向けた詳細に関して話し合われたわけではないが、敏腕リクルーターはフリードキン・ファミリーが率いる経営陣にとって今後のオプションとなる可能性があるようだ。

マッサーラ氏は2011年にローマへ加入し、以降はワルテル・サバティーニ氏やモンチ氏の右腕としてリクルート部門で活躍。イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(現アストン・ビラ)の獲得を主導するなど、リクルーターとしての確かな眼と国内での交渉力に定評がある。

PR
関連ニュース

ディバラが監督交代、自身の将来に言及…「良い結果を出してCLに出場したい」

ローマのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが監督交代によるチームの変化について語っている。『Al Arabi Al Jadeed』が伝えている。 ローマ加入2年目となった今シーズンも前線の主力として攻撃を牽引する“ラ・ホヤ”。ただ、セリエAで厳しい戦いが続いたチームでは、ジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、クラブレジェンドであるダニエレ・デ・ロッシ新監督の下で巻き返しを図る状況だ。 ディバラは、2022年夏の加入時に熱烈なラブコールを受け、良好な関係を築いてきたポルトガル人指揮官の退任に言及。改めて感謝の言葉を語る。 「モウリーニョ? モウリーニョとの仕事は僕にとって刺激的であり、大きな成長を意味したよ。僕らが話しているのは、キャリアの中で多くのことを成し遂げた監督であり、間違いなくその経験を活かしてフットボーラーとしての成長を助けてくれる。彼の将来がどうなるかは分からないけど、これからもトップクラブで働き続けるだろうと確信しているよ」 その百戦錬磨の指揮官に代わってチーム立て直しを託されたデ・ロッシ監督については、モウリーニョ前監督同様に良い形で刺激を受け取っているという。 「彼はプレーヤーとしてローマの象徴であり、今は新たな役割に全力で取り組んでいる」 「彼は明確に自分のアイデアを伝えてくれるし、彼と一緒に仕事をするのは本当に刺激的なんだ」 また、不透明な自身の去就に関して明言は避けながらも、チームの目標のため常に全力を尽くすことを約束している。 「このチームのために、そして素晴らしい形で僕を歓迎してくれたファンのためにベストを尽くしたい。今年は良い結果を出してチャンピオンズリーグに出場したいと思っているんだ」 「僕の将来? 現時点で僕の未来は次の試合たちに向けられているよ。その後に何が起こるか見てみようじゃないか。だけど、僕はローマでプレーしていて、自分自身もローマに属していると考えている」 2024.02.21 23:28 Wed

ローマで活躍のハイセンがスペイン代表でのプレーを決断…3月にU-21スペイン代表初招集か

ローマで注目を集めるDFディーン・ハイセン(18)が、スペイン代表でのプレーを決断したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ハイセンは元アヤックスのドン・ハイセン氏を父に持つ195cmのセンターバック。両利きと称されるほど両足を遜色なく扱え、フィジカルとスピードも申し分なし。クラブ関係者が口を揃えて「我々の未来」と絶賛する逸材。 今冬にユベントスからのレンタル移籍で加入したローマではここまで公式戦8試合に出場し、2ゴールを記録。直近のフロジノーネ戦ではハーフウェイライン付近から相手ボックス手前まで持ち込んでの圧巻のミドルシュートでゴールを挙げ、大きな話題を集めていた。 すでに移籍市場で国内外の注目を集める逸材だが、代表レベルにおいてもスポットライトが当たっている。 『マルカ』によると、オランダ生まれでU-17からU-19までオランダ代表でプレーしているハイセンだが、このたびスペイン代表でのプレーを決断したという。 5歳のときにアンダルシアのマルベーリャに移住し、2021年までマラガのカンテラに在籍していたハイセンはオランダとスペインの二重国籍を有している。 そして、オランダではなくスペインでのプレーを選択した同選手は、ラ・ロハでプレーするために必要なすべての書類手続きの完了に近づいているという。 手続きが順調に進んだ場合は、3月末のインターナショナルマッチウィークでサンティ・デニア監督率いるU-21スペイン代表に初招集される見込みだ。 2024.02.20 23:25 Tue

熊谷紗希&南萌華所属のローマ女子がスプーニャ監督との契約延長を発表!昨季初の女子セリエA制覇、公式戦勝率は85%

なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマの女子チームは19日、アレッサンドロ・スプーニャ監督(50)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月30日までとなる。 これまでトリノやユベントスの男女ユースチームを指導してきたスプーニャ監督は、エンポリの女子チームを経て、2021年7月からローマの女子を率いている。 ローマでの3年間では、2022-23年シーズンにクラブを史上初の女子セリエA優勝に導き、女子スーペル・コッパとの2冠を達成。昨季はUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも、ベスト8に入る躍進を見せた。 今季はUWCLこそグループステージ敗退に終わったものの、リーグ戦ではレギュラーシーズンを2位ユベントスと勝ち点8歳の首位で終え、連覇への道は明るい。公式戦の勝率は85%と、圧倒的な結果を残している。 スプーニャ監督は契約延長に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようなコメントを残している。 「この数シーズン、イタリア最高のクラブであるローマで仕事を続けられることができ、とてもうれしく思っています」 「女子チームへの献身と継続的な投資をしてくれたフリードキンファミリー、私や選手、そして目標に向かって日々努力するスタッフを信頼してくれた(エリザベッタ・)ベティ・バヴァニョーリ代表と経営陣に感謝します」 「我々は、今後もイタリアで毎年、自身の歩みを確認するために協力し続け、ヨーロッパでさらなる進歩を遂げられるよう、努力していきたいと思います」 2024.02.20 21:25 Tue

熊谷紗希&南萌華のローマが女子セリエA連覇へ前進!レギュラーシーズンを2位と8pt差の首位で終える

なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、女子セリエAのレギュラーシーズンを首位で終えた。 10チームで争われる女子セリエAは、2回戦総当たりのレギュラーシーズン18試合を行い、その後プレーオフとして上位・下位それぞれ5チームに分かれ、再びの2回戦総当たりを行う。 勝ち点はレギュラーシーズンからプレーオフへそのまま持ち越され、26試合の結果で順位を決める。同勝ち点の場合は、直接対決の結果が優先される。 優勝チームのほか、3位までにUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)出場権が与えられ、最下位が女子セリエBに降格。9位チームは2部の2位とホーム&アウェイの入れ替え戦を行う。 17日から18日にかけては第1フェーズの最終節となる第18節が行われ、首位に立つローマはアウェイで3位フィオレンティーナと対戦した。 南はセンターバック、熊谷は中盤の底で先発フル出場。序盤から好機を作り続けるローマは43分、ノルウェー女子代表FWエミリエ・ハーヴィが左サイドを切り裂き、グラウンダーの折り返しをイタリア女子代表MFマヌエラ・ジュリアーノが蹴り込んで試合を動かすと、これが決勝点に。1-0で勝利を収めた。 また、DF小林海青が所属する昇格組の9位SSDナポリは、2位ユベントスとアウェイで対戦し、1-4で敗戦。PKを献上し、9分に先制を許すと、以降も失点が重なり、前半だけで3失点。後半アディショナルタイムにさらにリードを広げられ、その後PKで1点を返すも、力の差を見せ付けられた。 最終的なレギュラーシーズンの順位は以下の通り。ディフェンディングチャンピオンのローマはユベントスに8ポイント差を付けて、プレーオフへ臨むこととなった。 ◆女子セリエA レギュラーシーズン終了後順位(勝ち点/得失点差) 1.ローマ(51pt/+40) 2.ユベントス(43pt/+31) 3.フィオレンティーナ(39pt/+17) 4.サッスオーロ(26pt/0) 5.インテル(26pt/-1) ----------------------- 6.ミラン(21pt/0) 7.コモ(21pt/-13) 8.サンプドリア(18pt/-17) 9.ナポリ(6pt/-25) 10.ポミリアーノ(6pt/-32) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】熊谷紗希と南萌華はフル出場のローマがフィオレンティーナに勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DQTns7raevI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 22:10 Mon

アズムンがゴール後の謝罪ジェスチャー説明…後輩ハイセンの非礼を詫びる

ローマのイラン代表FWサルダール・アズムンが、フロジノーネ戦後の謝罪ジェスチャーについて説明した。『romapress』が伝えている。 ローマは18日に敵地で行われたセリエA第25節のフロジノーネ戦に3-0の勝利を収めた。 前半は[4-2-3-1]の布陣変更が機能せず、ビルドアップの局面でもミスが目立って再三シュートを浴びる展開に。それでも、GKミル・スヴィラールの好守などで凌ぐと、前半終盤にはDFディーン・ハイセンのスーパーゴールで先制に成功。 後半は[4-3-3]への布陣変更や細かな修正で流れを引き寄せると、MFブライアン・クリスタンテのミドルシュートのこぼれ球に詰めたアズムンのゴール、MFレアンドロ・パレデスのPKによるゴールで一気に突き放し、最終的に3-0で勝利した。 ダニエレ・デ・ロッシ新体制で初スタメンを飾り、今季セリエA2点目を記録したアズムンは、同試合後のインタビューでゴール後にフロジノーネサポーターに向けた謝罪ジェスチャーについて説明。後輩ハイセンの非礼を詫びる意図があったことを明かした。 今冬の移籍市場でユベントスからローマに加入したハイセンだったが、その加入前にはフロジノーネへのレンタルでクラブ間合意。選手自身も当初はフロジノーネ行きに応じていたものの、ローマからのオファーによって翻意。不誠実な対応にフロジノーネのフロント陣から怒りの声が上がっていた。 そんな経緯もあり、今回の試合ではホームサポーターからブーイングや野次を浴びる形となっており、同選手はゴールを決めた直後にホームサポーターに向けて「黙れ」というジェスチャーを行い、主審からイエローカードを掲示されていた。 その行為に関しては試合後にデ・ロッシ監督、敵将エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の双方から苦言が呈されていた。 そういったなか、アズムンはすでに後退していた後輩に代わって謝罪を行ったことを明かした。 「なぜ僕がフロジノーネのファンに謝罪したのか? それはハイセンの最初のゴールの後、フロジノーネのファンは彼のセレブレーションに怒っていたからだ」 「フロジノーネのプレーヤーは僕らに理解を示してくれたけど、僕は謝罪したかった。フットボールにおいてリスペクトは最も重要なことだ。僕らは同僚であり、友人であり、ピッチ上では難しいことだけど、お互いを尊重するのは正しいことだ」 また、結果的に3-0の勝利も前半はかなり厳しい内容だった試合に関しては、「特に前半は厳しい試合だった。だけど、ドレッシングルームでスタッフと戦術を変更し、後半は良いプレーができた。ゴールするのが僕の仕事だし、勝利には満足しているよ」と謙虚に振り返っている。 過去の日本代表戦でのMF柴崎岳への張り手によって悪童のイメージが拭えないイランのエースだが、対戦相手やファンへのリスペクトを持つ紳士な部分も持ち合わせているようだ。 2024.02.19 07:45 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly