トリノ、アタランタDFソピーをレンタルで獲得! 主力抜けた右サイドを強化

2023.09.01 19:24 Fri
Getty Images
1日、トリノはアタランタの元U-20フランス代表DFブランドン・ソピー(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得した。アタランタ側の発表によると、レンタル期間は今シーズン限りの2024年6月30日までとなっている。
PR
スタッド・レンヌの下部組織で育ち、2020年夏にリーグ・アンデビューを飾ったサイドプレイヤーのソピー。2021年夏にウディネーゼへ移籍すると、途中出場が大半ながらセリエAで28試合に出場した。
イタリア2年目となった昨シーズンは国内のアタランタへと完全移籍。右サイドをメインにプレーしたが、スタメンに定着することはできず、リーグ戦16試合の出場にとどまった。

今回移籍したトリノは、右ウイングバックの主力だったコートジボワール代表DFウィルフリード・ステファン・シンゴ(22)を今夏モナコへ売却。代わりに新加入のU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(23)が先発で起用されている。

PR
関連ニュース

圧巻のトリプレッタ達成、ローマを勝利に導いたディバラは「これを本当に望んでいた」

ローマのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、勝利への貢献を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ディバラは26日に行われたトリノとのセリエA第26節で先発。42分に得たPKを冷静に決めて先制点を挙げると、同点で迎えた57分には絶妙なファーストタッチからの左足一閃で2点目を記録。69分にはGKの左脇を抜く鋭いシュートを突き刺しトリプレッタを達成して、3-2での勝利に絶大な貢献を果たした。 殊勲のディバラは喜びを露わにしつつ、この先も調子を維持したいと意気込みを示している。 「これを本当に望んでいたよ。(2ゴールを決めた)カリアリ戦では、途中で交代させられてしまったからね。今日はそれを求めていたわけではなかったけど、実現できた。今は幸せさ」 「今日はタフな試合だった。トリノはゲームを難しくしてくるチームで、普段とは違うプレーが強いられる。先制後もすぐ同点に追いつかれてしまい、試合はどう転んでもおかしくなかった。だからゴールが決まった時、僕はベンチに駆け寄ったんだ。最初に迎えてくれたのが監督だった」 「僕たちは常に勝ちたいと思っている。どこにいても、トロフィーを獲りたいんだ。シーズンはまだ長く、難しいチームとの対戦がまだたくさんある。ヨーロッパリーグでも難しい相手が待っているけど、自分たちの目標はわかっているよ。そこから隠れることはできないし、目標達成のため努力したい」 2024.02.27 10:40 Tue

リーグ連勝でトップ4争いに食らいつくローマ、デ・ロッシ監督「厳しい試合になるのはわかっていた」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督が、苦労した末の勝利を喜んだ。 26日、トリノとのセリエA第26節に挑んだローマ。こう着した展開を経ながらも42分にディバラがPKを決めて先制したが、直後に追いつかれハーフタイムへ。それでも後半、57分にディバラが卓越したボールタッチから2点目を記録すると、69分には鋭いシュートを突き刺しハットトリックを達成。終盤に失点を許すも最後までリードを守り3-2で勝利した。 リーグ戦連勝でトップ4争いに踏みとどまったデ・ロッシ監督は『DAZN』に対してチームの課題に言及しつつも、厳しい日程の中で勝利を得たことを誇っている。 「私はラスムス・クリステンセンに対して、トリノは決して諦めないと伝えていた。私は最後まで苦しんだ末に挙げる勝利が好きだが、その一方で、相手がノンストップでプレッシャーをかけてくることを考えると、こうした試合はもっと早い段階で終わらせなければならない」 「このスポーツにおいて、(ディバラのような)チャンピオンは決定的なものになる。それを疑う人は誰もいないだろう。前半はバランスの取れた試合になっていた。我々は木曜に(ヨーロッパリーグで)120分プレーしたこともあり、厳しいものになるのはわかっていた」 「我々はいくつか良いプレーがあり、40分ごろに得点することができたが直後に失点した。そうなれば誰でも打ちのめされるだろうが、我々はよく試合に戻ってきたと思う」 2024.02.27 10:15 Tue

ディバラが圧巻トリプレッタで堅守トリノ攻略! 連勝でトップ4争いに踏みとどまる【セリエA】

セリエA第26節、ローマvsトリノが26日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。 6位のローマは前節、フロジノーネに3-0で勝利し、インテル戦でのデ・ロッシ新体制初黒星を払拭。さらに、直近のヨーロッパリーグではフェイエノールトとの激闘をPK戦の末に制してラウンド16進出を決めた。 10位のトリノをホームで迎え撃った一戦ではそのELから先発5人を変更。ルカク、エル・シャーラウィらがスタメンを外れ、長期離脱から復帰後初先発のスモーリングやエンディカ、アズムンが起用。デ・ロッシ体制では初となるスタートから[3-5-2]の布陣で臨んだ。 並びは変更したものの、後方から丁寧にボールを動かしつつ攻撃を組み立てていくローマ。開始10分には左に流れて完璧に背後を取ったアズムンがボックス付近まで運んで右を並走するクリステンセンへラストパスを供給。だが、デンマーク代表DFの左足シュートは右ポストを叩き絶好の先制機を逃した。 以降は人基準でタイトなチェックを敢行するトリノの守備に苦戦を強いられると、発展途上のビルドアップで嵌められる場面が目立つ。そこからサパタ、サナブリアを起点としたショートカウンターを受けるが、屈強な3バックの集中した対応で決定機までは持ち込ませない。 クリステンセンの決定機以降、チャンスはおろかシュートまで持ち込めずにいたローマだったが、再びアズムンのお膳立てからゴールが生まれる。アタッキングサードでの良い連携からボックスぎりぎりの位置でゴールを背負ってボールを受けたアズムンがDFサゾノフに足を蹴られてPKを獲得。これをキッカーのディバラがきっちり右隅に決めて42分の先制点とした。 リーグ3位の堅守を誇る難敵相手に良い時間帯に先制したが、この直後に一瞬の隙を突かれる。44分、右サイド深くで駆け引きしたベッラノーバが絶妙な右足のクロスを上げ切ると、ゴール前で競り勝ったサパタがピッチに叩きつけるヘディングシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 結局、1-1のイーブンで試合を折り返したローマは、48分にラザロに際どいシュートを打たれるなど難しい入りに。それでも、粘り強く失点を凌ぐと、頼れるエースが決定的な仕事を果たす。 57分、ペナルティアーク手前でクリスタンテから足元にパスを受けたディバラが絶妙なファーストタッチから左足を一閃。ゴール前の密集を抜けた鋭いシュートがゴール左下隅に突き刺さった。 ディバラの今季リーグ10点目となるドッピエッタで勝ち越したジャッロロッシは、65分に3枚替えを敢行。アズムン、アンヘリーニョ、パレデスを下げてルカク、スピナッツォーラ、ボーヴェとフレッシュな選手をピッチに送り出すと、この交代が3点目をもたらす。 69分、ボックス手前でのルカクとのパス交換でボックス左に抜け出したディバラがゴール左角度のないところからニアを消しにきたGKとの駆け引きを制し、左脇を抜く鋭いシュートを逆のサイドネットに突き刺した。 “ラ・ホヤ”の圧巻トリプレッタで堅守トリノを三度攻略したホームチームは、ここから省エネモードで逃げ切り態勢に。負傷明けのスモーリング、連戦のペッレグリーニを下げてハイセン、レナト・サンチェスを続けてピッチに送り出す。 その後、89分にはリッチの高速クロスからハイセンのオウンゴールで1点差に迫られたが、このまま逃げ切って3-2の勝利。リーグ連勝で熾烈なトップ4争いに踏みとどまっている。 2024.02.27 04:28 Tue

まさかの再犯…トリノスタッフが今節対戦するローマの練習をスパイ

トリノのコーチングスタッフが、対戦相手ローマの練習場に潜んでいたようだ。 トリノは26日にセリエA第26節でローマと敵地にて対戦予定。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、コーチングスタッフの1人、ミケーレ・オレッキオ氏がチームに先立って首都入りし、ローマの練習場で隠れてメモを持っているところを警備員に発見されたという。 実はオレッキオ氏、これが“再犯”。 昨年4月、トリノがホームでローマと対戦した際、当時ローマを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督の副官、ヌーノ・サントス氏が会場内で不振な行動をとるオレッキオ氏を発見。オレッキオ氏がローマの練習ルーティーンを記録した録音機を持っていたことが発覚したそうだ。 今回、オレッキオ氏は警備員に見つかり御用。その後の対応、またトリノのイバン・ユリッチ監督が把握していたかなどは明らかになっていないが、何がどうあれ、ローマにとっては厄介極まりない侵入者だ。 2024.02.26 13:30 Mon

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly