トリノがスタジアム名を変更、伝説のチームに因んだ“スタディオ・グランデ・トリノ”

2016.04.20 00:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは、ホームスタジアムの名称をスタディオ・オリンピコ・ディ・トリノからスタディオ・グランデ・トリノに変更することになった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、1940年代に「グランデ・トリノ(偉大なるトリノ)」と呼ばれた当時の伝説的なチームを記念し、トリノ議会がスタジアム名を変更することで可決したとのことだ。

▽グランデ・トリノは、1942-43シーズンから1948-49シーズンにかけてセリエA5連覇(1944~1945年は第二次世界大戦により中止)を達成し、多くの選手がイタリア代表として活躍するなど圧倒的な強さを誇っていた。しかし1949年5月4日、選手18名や監督、コーチ、クラブのフロントらを乗せた飛行機が墜落事故を起こし、乗員を含む計31名全員が死亡。この大惨事は現場に因んで“スペルガの悲劇”と呼ばれており、痛ましい事故としてトリノ市民並びにイタリア人の心に刻まれている。

▽トリノは、“スペルガの悲劇”67年目を迎える前の今月24日、新スタジアム名の“スタディオ・グランデ・トリノ”でサッスオーロと対戦する。

関連ニュース
thumb

トリノ、ファルケ退団を発表…契約解消でフリーに

トリノは1日、スペイン人FWイアゴ・ファルケ(31)の退団を発表した。トリノとは今季いっぱいまで契約を残す状況だったが、双方合意による解消が決定した。 ファルケはバルセロナのカンテラ出身で、ユベントスやトッテナム、ローマなどのビッグクラブ在籍歴を持つレフティのアタッカー。2016年からプレーするトリノでは加入後2シーズン連続でセリエA二桁ゴールを記録するなど、主力として活躍した。 だが、2018-19シーズン以降は徐々に出場機会を失い、今年1月に出場機会を求めて、古巣ジェノアにレンタル。昨夏も再びのレンタルでベネヴェントに移ったが、セリエA11試合の出場で1得点1アシストという数字に終わった。 そんなファルケは今夏にレンタルバック。今季からイバン・ユリッチ監督が率いるトリノでの再起が期待されたが、開幕からここまで出番がなかった。 2021.09.02 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノがFWブレカロを獲得! ヴォルフスブルクから買取OP付きのレンタルに

トリノは8月31日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 イタリア『トゥットスポルト』などが報じるところによれば、今回の移籍は100万ユーロ(約1億3000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ23歳は、昨シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 クロアチア代表として通算27キャップを誇る実力者は今夏のヴォルフスブルク退団を希望していた中、ビジャレアルやラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にトリノ移籍を決断した。 2021.09.01 03:44 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノがレスターのベルギー代表MFプラートを買取OP付きのレンタルで獲得

トリノは8月31日、レスター・シティのベルギー代表MFデニス・プラート(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションもついているとのことだ。 プラートは、ヘンクの下部組織出身で、アンデルレヒトの下部組織へと移籍。2011年7月にアンデルレヒトでファーストチームへと昇格した。 2016年8月にはサンプドリアへと完全移籍。セリエAで経験を積むと、2019年8月にレスターへと完全移籍していた。 サンプドリアでは、公式戦106試合に出場し4ゴール6アシスト。セリエAでも98試合に出場し4ゴール6アシストを記録。レスターでは公式戦60試合で3ゴール5アシストを記録していた。 また、世代別のベルギー代表を経験し、A代表でも13試合で1ゴールを記録。今夏のユーロ2020にも招集され2試合に出場していた。 2021.09.01 01:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノ、チェコの次代を担う若手CBジマを獲得

トリノは31日、スラビア・プラハからチェコ代表DFダビド・ジマ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 母国のシグマ・オロモウツでキャリアをスタートしたジマは、2020年2月にスラビア・プラハへレンタル加入。そして、昨夏に完全移籍に移行すると、昨シーズンは公式戦35試合に出場していた。 190cmの恵まれた体躯に加えて、一定のスピードと優れたプレーリード、足元の技術を併せ持つ総合力の高いセンターバックは、今年3月にチェコのフル代表デビューも飾っている有望株だ。 2021.08.31 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランMFポベガ、トリノにレンタル

トリノは27日、ミランのイタリア人MFトンマーゾ・ポベガ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ミランの下部組織出身で188cmの大型MFであるポベガは、これまでテルナーナやスペツィアにレンタル移籍。昨季はスペツィアでセリエA20試合に出場して6ゴール3アシストと活躍していた。 2021.08.28 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly