ハノーファー加入の松田隼風がトップのTMに室屋成と先発!映える髪色でツーショットも「お世話になりすぎてます」

2023.07.11 14:50 Tue
Getty Images
ハノーファーのU-20日本代表DF松田隼風が、室屋成とのツーショットを公開した。6月8日に水戸ホーリーホックから2.ブンデスリーガクラブへの期限付き移籍が発表された松田。U-23チーム所属ではあるものの、7日行われたホルシュタイン・キールとのトレーニングマッチには、室屋と揃って先発出場を果たした。
[3-5-2]の布陣で臨んだハノーファーは右のウイングバックに室屋、左に松田と、両ウイングバックに日本人選手を並べた。

シーズン前のトレーニングマッチで、30分+22.5分の2セットという変則ながらも、早速トップチームの中でもまれた松田。9日には自身のインスタグラムにて「お世話になりすぎてます」と、“先輩”とのツーショットを公開している。室屋も茶目っ気たっぷりの絵文字で返信するなど、新加入選手をかわいがっているようだ。

なお、ハノーファーは現在オーストリアでキャンプ中。室屋は帯同しているが、松田は不在となっている。
1 2

関連ニュース

ドイツ4年目、室屋成がハノーファーでの公式戦100試合出場達成!「これだけ出場できたのは特別なこと」

ハノーファーの元日本代表DF室屋成がクラブでの公式戦100試合出場を達成した。 FC東京で確かな実績を残し、2020年8月にドイツへと渡った室屋。2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でも加入初年度から出場を重ね、ハノーファーでの4シーズン目を迎えている。 今季はドイツ人DFヤニック・デームにポジションを明け渡しているが、3日の第5節グロイター・フュルト戦に途中出場し、リーグ戦今季初出場。代表ウイーク後の第6節オスナブリュック戦でもピッチに立ち、節目となるハノーファーでの公式戦通算100試合出場を達成した。 オスナブリュック戦では68分に投入され、直後にドリブル突破からPK奪取。試合後には「(ハノーファー)96でこれだけ多くの試合の出場できたのは特別なことです。ここに来た時は100試合もプレーできるなんて思ってもいませんでした」と喜びを語った。 既存メンバーの中では、元ドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーに次ぐ2番目の出場数に。ハノーファーでは出場300試合を超える守護神を引き合いに出し、「さすがにロンには追い付けない」と苦笑しながらも、「どの試合でも最高のパフォーマンスをピッチで発揮したいですし、もっともっと多くのことをチームで達成したい」と、さらなる意気込みを語る。 とはいえ、数多のプレーヤーがひしめくヨーロッパで出番を得続けるのは容易ではない。欧州圏外の選手となればなおさらだろう。「ぼくは外国籍の選手なので、さらに特別なことだと思います。(でも)チームからは(加入時から)ずっと多くの敬意とサポートを受けているので」と、周囲の支えにも感謝の言葉を口にする。 前述の通り、今季の室屋には定位置が約束されているわけではない。それでも、競争を歓迎し、自身のパフォーマンス向上を誓った。 「もちろん、(ベンチスタートが続く)今はぼくにとって難しい状況ですけど、良いチームには競争がありますし、そのなかで立ち位置を受け入れる必要があるので、すべてのトレーニングと試合で自分自身を証明しなければならないですね」 2023.09.20 17:35 Wed

ライプツィヒDFハルステンベルクが古巣ハノーファーへ12年ぶりの復帰!

ハノーファーは19日、RBライプツィヒから元ドイツ代表DFマルツェル・ハルステンベルク(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までの2年間となる。 ユース時代に過ごした古巣への復帰が決定したハルステンベルクは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「僕の場合、あの有名なことわざは本当なんだ。僕は幼い頃、実際にハノーファーの布団で寝ていた。僕の青春時代のほとんどすべてをハノーファーで過ごしたし、家族や 友達もハノーファーにいる。自分のキャリアの中で、故郷のクラブでもう一度プレーしたいという気持ちは常に強く持っていたんだ」 「今、この機会を得られてとても嬉しい。マーカス・マン(SD)とシュテファン・ライトル監督とは本当によく話をした。彼らは彼らのアイデアで僕を納得させ、僕がとても共感できるサッカー観を示してくれた」 「また、僕の願いを真剣に受け止め、移籍を許してくれたライプツィヒの責任者たちにも感謝したい。今、土曜日のビジャレアル戦で初めてハノーファーのジャージーを着ることを本当に楽しみにしているよ」 ハノーファーの南隣の町ラッツェンに生まれたハルステンベルクは、8歳でハノーファー下部組織に入団。その後、2011年にドルトムントへ移籍したが、リザーブチームにあたるドルトムントⅡでのプレーにとどまると、ザンクトパウリでのプレーを経て、2015年8月にライプツィヒへ移籍。 ライプツィヒでは、左サイドバックやセンターバックを主戦場に在籍8年間で公式戦240試合に出場し16ゴール27アシストを記録。2021-22シーズンはユーロ2020で負った足首のケガの影響でシーズンの大半を欠場したが、昨シーズンは完全復活を遂げ、主力として公式戦40試合に出場し2ゴール4アシストを記録。DFBポカール連覇に貢献した。 2023.07.20 06:30 Thu

水戸から世界へ! U-20日本代表DF松田隼風がハノーファーへ期限付き移籍…提携の一環、高く評価されU-23チーム所属へ「海外の厳しい環境に身を置きたい」

水戸ホーリーホックは8日、U-20日本代表DF松田隼風(20)が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハノーファーへ期限付き移籍することを発表した。 なお、レギオナルリーガ(ドイツ4部)に所属するU-23チームに所属することとなる。移籍期間は2023年7月1日から2024年6月30日までに決まった。 松田は北海道出身で、JFAアカデミーで育った。U-15、U-18と過ごし、2022年に水戸へと入団。プロ1年目から明治安田生命J2リーグで12試合に出場すると、今シーズンもここまで7試合に出場し1得点を記録していた。 これまでU-16からU-20まで日本代表を経験し、先日まで参加していたU-20ワールドカップにも参加。3試合に出場していたが、チームはグループステージで敗退していた。 水戸とハノーファーは、2023年7月1日から3年間の育成を目的とした業務提携をスタートさせるが、今回の移籍はその条項の1つ。ハノーファーが松田を高く評価したことで実現した。 なお、11日のジェフユナイテッド千葉戦が松田にとって最後の試合に。その後、現地でメディカルチェックを受け、正式契約を結ぶこととなる。 松田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ドイツブンデスリーガ2部に所属するハノーファー96のU23チームに期限付き移籍することになりました。僕はこれまでの各年代別の代表チームの活動で、海外の選手たちと対戦する機会に恵まれてきたこともあり、少しでも早く海外挑戦をしたいという思いを持っていました。また、今年5月に行われたU20W杯に出場させていただいたことで、あらためて自分の課題にも気づかされました。そんな中、クラブの取り組みがきっかけとなり、ハノーファー96からお話をいただけたことは大変光栄ですし、自分の成長のためにも海外の厳しい環境に身を置きたいと思い、今回の移籍を決断しました」 「特別指定も含めると約2年間、いろいろな経験を通じて選手としても人としても大きく成長させてくれただけでなく、今回の移籍も快く送り出してくれたクラブのすべての皆さん、そしてスタジアムやアツマーレでいつも僕を鼓舞してくれたファン・サポーターの皆様に心から感謝しています。今チームは少し苦しんでいる状況ですが、きっとここから好転していくと信じていますし、ドイツから水戸ホーリーホックの躍進を応援しています」 「まずは一年間の期限付き移籍となりますが、次のステップを勝ち取れるよう、そしてもっともっと良い選手になっていけるよう、一日一日を大切に過ごしてきますので、今後も応援いただけると嬉しいです。いつか自分の成長の証と感謝の気持ちを水戸ホーリーホックのユニフォームを着て、ピッチで表現する日を僕自身、楽しみにしています。頑張ってきます!!」 また、ハノーファーのアカデミーダイレクターを務めるユリアン・バットマー氏も松田の獲得にコメントしている。 「松田隼風選手のU23チームへの移籍が実現することは、水戸ホーリーホックとの提携関係をより良いものにしていく上で大きな意味を持つことです。才能に溢れ、非常に高いモチベーションを持った左利きのサイドバックがハノーファー96のファミリーに加わり、我々のアカデミーチームでプレーすることで、ヨーロッパでのキャリアをスタートしてくれることを非常に嬉しく思っています」 ハノーファーのファーストチームにはDF室屋成が所属。過去には、日本代表DF酒井宏樹(浦和レッズ)やMF原口元気(シュツットガルト)、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)、FW浅野拓磨(ボーフム)など、多くの日本人が所属していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ハノーファーのユニフォームを手にする松田隼風</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Hayate <a href="https://twitter.com/hashtag/Matsuda?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Matsuda</a> kommt auf Leihbasis für eine Saison von <a href="https://twitter.com/hollyhock_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@hollyhock_staff</a> in unsere <a href="https://twitter.com/hashtag/96U23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#96U23</a>.<a href="https://t.co/429iZhPFv8">https://t.co/429iZhPFv8</a></p>&mdash; 96-Akademie (@96Akademie) <a href="https://twitter.com/96Akademie/status/1666719438098296833?ref_src=twsrc%5Etfw">June 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.06.08 17:38 Thu

水戸が室屋成所属のハノーファーと育成業務提携締結、若手選手が毎年U-23へ期限付き移籍

水戸ホーリーホックと2.ブンデスリーガに所属するハノーファーは28日、両クラブ間で育成業務提携を締結したことを発表した。 今提携は、水戸のトップパートナーであるJX金属株式会社のグループ会社TANIOBIS GmbHが両クラブのパートナーになることで実現した。 契約期間は2023年7月からの3年間。水戸の若手選手が毎年1名、ハノーファーのU-23チーム(レギオナルリーガ所属:ドイツ4部リーグ相当)へ期限付き移籍し、トレーニングや試合を通じて、トップレベルへのステップアップを目指すとしている。 そのほか、協働でのスカウティングシステムの構築や、eスポーツを通じた交流、アカデミーからトップまでの指導者研修や若手選手の短期留学の機会の提供を行い、それぞれが持つノウハウやネットワークを共有しながら、両クラブのさらなる発展を目指すとのことだ。 ハノーファーには元日本代表DF室屋成が所属し、今季ここまでドイツ2部で10位に位置。過去には酒井宏樹(浦和レッズ)や清武弘嗣(セレッソ大阪)、山口蛍(ヴィッセル神戸)、原口元気(シュツットガルト)、浅野拓磨(ボーフム)と日本代表でプレーしていた選手たちも所属していた。 また、Jクラブと海外クラブとの育成業務提携は、近いとことでは徳島ヴォルティスとレアル・ソシエダが契約を締結。そのほかV・ファーレン長崎とレバークーゼン、サンフレッチェ広島とケルンの例などがある。 2023.04.29 14:55 Sat

2カ月メンバー外、浅野拓磨が過去に受けた不遇の理由が明るみに…4.4億円の移籍金回避のため

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨が、思わぬ形で不遇の時期の理由が明かされることとなった。 2021年7月からボーフムでプレーする浅野。今シーズンはブンデスリーガで19試合に出場し2ゴールを記録している。 ウイングを主戦場に出場する浅野だが、満足のいく結果を残しているとは言えず、献身的な守備は評価が高いものの、攻撃的なポジションながらゴールに絡む回数が少ないという点が指摘されがちだ。 その浅野だが、ドイツ『ビルト』が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハノーファーの特集を組み、今夏の移籍市場での選手の契約事情について触れている中、過去の話として取り上げられることとなった。 浅野はサンフレッチェ広島から2016年7月にアーセナルへと完全移籍。そのままシュツットガルトへとレンタル移籍すると、2018年7月からハノーファーにレンタル移籍。2019年8月にパルチザン・ベオグラードへと完全移籍し、現在に至る。 ハノーファー時代は、シーズン途中に負傷離脱する期間がありながらも、攻撃的なポジションで13試合に出場。ただ、4月以降は一度もメンバー入りすることなくレンタル期間が終了していた。 完全に干される状況となっていた浅野だったが、『ビルト』によるとアーセナルとの契約問題があったとのこと。15試合以上に出場すると、300万ユーロ(約4億4300万円)の移籍金が発生する契約であり、その試合数が迫っていたこと、そしてブンデスリーガからの降格が近づいたことから、資金を投じたくない思いがあり、メンバー外にしていたという。 レンタル移籍の選手にたまに起こる契約状況。チームが順調なシーズンを送っていれば決断も変わってくるが、苦しいシーズンを送っているチームでは起こり得ることだろう。 なお、ハノーファーはこのシーズン17位で終了し2部に降格。それ以降2部暮らしが続いており、今シーズンも昇格の可能性はない状況となっている。 2023.04.20 19:15 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly