「無礼な措置」バイエルンCEO解任のカーン氏の扱いに兄は憤慨「最終的な責任はヘーネスにある」

2023.05.31 14:55 Wed
Getty Images
バイエルンの取締役(CEO)を解任されたオリバー・カーン氏の兄であるアクセル・カーン氏が、クラブに対する怒りを露わにした。
バイエルンが誇る世界屈指のGKとして名をはせたカーン氏は、現役引退後しばらく解説業などを務めた後、2020年1月に執行役員として古巣に復帰。その翌年7月には、カール=ハインツ・ルンメニゲの後任として、同クラブのCEOに就任した。
自身の就任と同時に招へいしたユリアン・ナーゲルスマン監督の下、今季は3冠の可能性もあった中で、今年3月にチームのクオリティ不足を理由に突如として指揮官を解任。後任にトーマス・トゥヘル監督を据えたが、DFBポカールとチャンピオンズリーグ(CL)から相次いで敗退すると、最終節に逆転優勝を果たしたブンデスリーガの1冠のみにとどまった。

ブンデスリーガこそ11連覇を達成したものの、クラブに不要の混乱を招いたとして、カーン氏とスポーツ・ディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏には批判が集中。27日に両名の解任が発表された。

これに対して、アクセル氏は自身のフェイスブックにて「誰が最終的な責任を負うべきかはっきりさせたい。それは今の上層部を据えた張本人であるウリ・ヘーネスだ!」とし、2019年に会長職を退いてからも依然として強い影響力を持つとされるウリ・ヘーネス名誉会長を非難。ドイツ『スカイ・スポーツ』に出演した際も、弟への敬意が欠如していると怒りを示した。
「我々は良くない道を歩んでいる。ここでの我々とは私のことではなく、バイエルンについてだ。彼らの取った措置や決定方法は無礼だと思う。オリバーにはもっと早く知らせるべきだった」

「ドイツではいつだって、自分たちのアイコンを壊すんだ。ボリス・ベッカーやミハエル・シューマッハもそうだろう。オリバーは何カ月も泥沼に引きずり込まれ、すべての決定は否定的に捉えられて彼のせいになった。それはあまりにも酷だったと思う。全体的に、もう少し敬意を払うべきだ」

「オリバーは元気にしているよ。ただ、ここ1、2日は連絡を取っていない。彼は今、回復して少し落ち着くべきだ。今すぐリングに上がるのではなく、冷静になってから物事を始めるべきだと思う」




関連ニュース

ボアテングのバイエルン復帰交渉が進行中、トゥヘル監督も歓迎「彼は十分な価値を持った選手」

バイエルンのトーマス・トゥヘル監督は、現在フリーの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングについて、加入に歓迎の意思を示した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ボアテングはかつて2011年7月から10シーズンにわたってバイエルンでプレーし、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)などのタイトル獲得に尽力。その後、2021年夏にリヨンへ移籍したが、十分な出場機会は確保できず昨シーズン限りで退団となった。 そんなボアテングは現在バイエルンのトレーニングに合流しており、センターバックの層に不安を抱えるクラブはこのまま短期間の契約を計画している模様。すでに選手と交渉を進めており、ボアテングも古巣復帰に乗り気だという。 経験豊富なベテランの復帰についてはトゥヘル監督も歓迎の意向を示しており、加入が正式に決まれば大きな戦力になることを期待している。 「みんなは彼のポジションがどこであるかを知っており、我々のセンターバックが特にカップ戦で不足しているのを見たと思う。ジェロームはミュンヘンにいて、コンディションを整えていた。今、我々は彼にチームと練習するチャンスを与えており、それから決断を下すつもりだ」 「彼が夏にどこからのオファーも受け入れなかったのは、適切なオファーがなかったからだ。彼はドイツの絶対的なトップクラブで、長年にわたってトップパフォーマンスを発揮してきた。十分な価値を持った選手であり、(加入への)扉は常に開かれている。彼がフィットさえしていれば我々が前向きに検討するのは当然だろう」 また、トゥヘル監督はボアテングに対して現在2件の傷害事件の訴訟が進められており、一度は有罪判決が下されるも手続きミスによって判決が覆されたことに言及。ファンからは懸念の声もあるが、クラブとして有罪でない以上は問題ないとの見方を示した。 「手続きが中断された場合には、推定無罪が適用される。それが事実である以上、クラブは自分たちに相応しいと判断した選手を練習させる権利があるだろう。そして、我々はそうする必要がある」 2023.10.03 18:02 Tue

CB不足のバイエルン、無所属ボアテングの復帰に本腰か… トレーニングに合流

バイエルンが現在フリーの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(35)の復帰を画策しているようだ。ドイツ『スカイ』が報じた。 2011年7月から10シーズンにわたってバイエルンでプレーし、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)などいくつものタイトル獲得に貢献してきたボアテング。2021年9月にリヨンへと移籍していたが、昨シーズンは8試合の出場にとどまり、今夏以降は無所属の状態が続いている。 『スカイ』によると、主力センターバックが韓国代表DFキム・ミンジェ、フランス代表DFダヨ・ウパメカノ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの3人という状況にあるバイエルンは、キム・ミンジェが1月中旬からアジアカップに韓国代表として出場することも踏まえ、ボアテングとの契約を考えているという。 首脳陣は長い間ボアテングの復帰を検討していたようで、すでに交渉も行われているとのこと。メディカルチェックの初期段階はすでに終え、ボアテングはスプリントテストで良好な成績を収めたという。 半年間の契約を結ぶのか、シーズン終了までの契約を結ぶのかはまだ明らかになっていないとのこと。ボアテングは1日から数日にわたってバイエルンのトレーニングに参加し、今後も交渉を重ねていくようだ。 2023.10.01 22:00 Sun

ライプツィヒとバイエルンによる首位攻防戦はドロー決着、バイエルンが2点差追いつく【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第6節、ライプツィヒvsバイエルンが9月30日に行われ、2-2で引き分けた。 1ポイント差のライプツィヒ(勝ち点12)とバイエルン(勝ち点13)による、今季優勝を争う予感の両チームによるビッグマッチ。 ライプツィヒは前節、ボルシアMGに1-0で勝利。4連勝とした中、オペンダとY・ポウルセンの2トップとする[4-4-2]で臨んだ。 対するバイエルンは前節、ケインのハットトリックなどでボーフムを7発粉砕。[4-2-3-1]で臨み、ケインを最前線に、2列目に右からサネ、ムシアラ、コマンと並べた。 開始3分、まずはバイエルンに決定機。クイックリスタートからケインのスルーパスに抜け出したムシアラがGKと一対一となるもブラシュヴィッヒの好守に阻まれた。 対するライプツィヒは12分、ボックス外に飛び出したGKウルライヒのミスパスを拾ったフォルスベリがロングシュートを狙ったが枠を捉えきれず。 互いに好機を作った中、20分にバイエルンが先制する。シェラーガーのスルーパスに抜け出したオペンダがキム・ミンジェと並走しつつシュートを決めきった。 さらに26分、ライプツィヒに追加点。CKをGKウルライヒが被ってオペンダが頭で折り返したところをルケバが蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけては2点を追う展開となったバイエルンが押し込むも、自陣に引いたライプツィヒを崩せず0-2で折り返した。 迎えた後半、テルとラファエル・ゲレイロを投入したバイエルンが引き続き前がかる中、54分にPKを獲得。 サネのFKが壁に入っていたヘンリクスのハンドを誘い、VARの末にPKとなった。これをケインが決めて1点差としたバイエルンは70分に追いつく。 ロングカウンターに転じた流れからムシアラのパスを受けたサネが独走し、GKとの一対一を制した。 終盤にかけても疲労の見えるライプツィヒを相手にバイエルンが攻勢をかけたが、最終盤にかけてはライプツィヒにも好機。しかしGKウルライヒの好飛び出しもあって勝ち越しゴールを奪うには至らず2-2のドロー決着となった。 2023.10.01 03:27 Sun

ノイアーがついにチーム練習の輪に! 部分合流果たす

ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーがチームの練習に復帰した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後に休暇中のスキーツーリングで足を骨折して、昨季後半戦を棒に振ったノイアー。今季が開幕したが、プレシーズンも間に合わず、復帰予定が大きくずれ込む。 そんな守護神だが、クラブの公式サイトによると、28日からチーム練習に復帰。まだ一部だが、「チームメイトと一緒にピッチに戻れて最高の気分だ。本当に楽しみだったんだ」と前進を喜んだ。 ノイアー離脱後のバイエルンでは昨季の残りで代役を担ったヤン・ゾマーが去り、今季のここまでスヴェン・ウルライヒが最後の砦に。ノイアーの実践復帰はまだ不明だが、復活に向けた一歩を踏み出したようだ。 2023.09.30 11:50 Sat

バイエルン戦前にライプツィヒで激震、エバールSDを電撃解任

ライプツィヒは29日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマックス・エバール氏(50)を解任したことを発表した。 ライプツィヒは同氏の解任の理由を「クラブに対する責任の欠如」とし、チームの成績、編成面の問題ではないとしている。 実際、今季のライプツィヒはブンデスリーガでは4勝1敗と好スタートを切り、チャンピオンズリーグ初戦も制していた。チーム編成に関してもMFクリストファー・エンクンク、MFドミニク・ソボスライ、DFヨシュコ・グヴァルディオルら主軸を引き抜かれた中、MFシャビ・シモンズ、FWルイス・オペンダ、DFカステロ・ルケバらが早々にチームにフィットし、戦力ダウンを感じさせない戦いを見せている。 ドイツ『キッカー』によればかねてより噂されるバイエルンの次期SD候補として名前が挙がるエバール氏が、明確にその噂を否定しなかったことが解任の引き金になったとのこと。 元々、現役時代はバイエルンに在籍していたこともあり、その憶測は否定しきれない状況だった。 ボルシアMGで手腕を発揮し、昨年12月に就任したライプツィヒでも補強を成功させたエバール氏。その手腕は確かだったが、ライプツィヒへの忠誠を欠いたことで、バイエルン戦を前にチームを離れることになった。 なお、後任にはエバール氏の右腕として働いていたルベン・シュレーダー氏(47)が就任すると報じられている。 2023.09.30 07:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly