ネイマールばりのテクニック?相手の頭上を通した三笘薫の華麗シャペウをブライトンも絶賛!「ミトマの魔法」

2023.05.30 19:05 Tue
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫のプレーが周囲を驚かせている。
PR
28日に行われたプレミアリーグ最終節でアストン・ビラと対戦したブライトン。三笘は久しぶりのベンチスタートとなると、1-2とビハインドで迎えた65分から途中出場した。
すると69分、左サイドの深い位置でボールを収めると、寄せに来た相手のエミリアーノ・ブエンディアをボールを浮かせるシャペウでかわし、そこからカバーに来たマッティ・キャッシュも急加速する切り返しでかわしてボックス内に侵入した。

3人目はかわせずチャンスとはならなかったものの、観客も大きく沸いたこのシーン。ブライトンの公式YouTubeチャンネルも29日にこのプレーをピックアップすると、「ミトマの魔法のフリック」として紹介。ファンからも「ドリブルも凄いけどトラップが異次元」、「彼のプレーを見るのが好き」、「うますぎやろ」、「シャペウしてから切り返しする時の推進力と加速力ヤバすぎ」と多くの称賛の声が寄せられている。

相手の頭上を通すテクニックに加え、そこからの鋭い切り返しはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールを彷彿とさせるという声もあがったプレー。見応えのあるシーンだった。



PR
1 2
関連ニュース

バーミンガム三好康児が巧みな胸トラップからの右足弾! 2戦ぶりとなる今季6ゴール目

バーミンガム・シティMF三好康児がゴールだ。 バーミンガムは2日のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)第35節でサウサンプトンと対戦。ホームに4位チームを迎え撃っての一戦で2度のリードもあったが、3-4で競り負けた。 4試合連続で先発の三好は右サイドハーフでプレーし、開始2分に逆サイドからの展開をボックス右に入り込みながら反応。胸トラップでボールをゴール方向に収めて、右足で蹴り込んだ。 26歳MFにとってはチャンピオンシップ2試合ぶりとなる5ゴール目(5アシスト)。シーズンを通じては6ゴール目となった。 そのゴールで幸先よく先制したものの、打ち負けたバーミンガムはこれでチャンピオンシップ2連敗。順位も18位から降格圏に迫る20位に落としている。 <span class="paragraph-title">【動画】バーミンガム三好康児が開始2分弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E5%A5%BD%E5%BA%B7%E5%85%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三好康児</a> が開始2分弾‼<br>\<br><br>三好康児が電光石火の先制弾!<br>巧みな胸トラップから右足一閃<br>今季6ゴール目となる絶妙なコントロールショットを突き刺した<br><br>EFLチャンピオンシップ第35節<br>バーミンガム × サウサンプトン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/Bj5n6Ag55C">pic.twitter.com/Bj5n6Ag55C</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1764092061152919814?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.03 10:20 Sun

橋岡がPLデビューもルートンはエメリ采配的中のビラに惜敗…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節のルートン・タウンvsアストン・ビラが2日に行われ、2-3でビラが勝利した。ルートンのDF橋岡大樹は53分からプレーしている。 ミッドウィークに行われたFAカップ5回戦でマンチェスター・シティに惨敗した18位ルートン(勝ち点20)が、4位アストン・ビラ(勝ち点52)をホームに迎えた一戦。ル-トンに今冬加入した橋岡はベンチスタートとなった。 立ち上がりから主導権を握るビラは23分、ベイリーのパスで抜け出したワトキンスがボックス中央右から侵入し決定機を作ったが、シュートはGKカミンスキの好セーブに弾かれた。 決定機を逃したビラだったが24分、直後の右CKからベイリーがクロスを供給すると、ニアサイドのワトキンスがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 先制したビラは38分にも、センターサークル内で獲得したFKからドウグラス・ルイスが素早くリスタートすると、相手DFの裏に抜け出したワトキンスがボックス中央左からゴール右隅にシュートを流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うルートンは53分にタウンゼントを下げて橋岡を投入。すると66分、ダウティーの右CKがファーサイドで競り合った相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前のバークがプッシュ。これはGKエミリアーノ・マルティネスに弾かれたがこぼれ球をチョンがゴールに押し込んだ。 1点を返して勢いづくルートンは、72分にも敵陣左サイドで獲得したFKからダウティーがクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだモリスが右足ボレーでゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 追いつかれたビラは、79分にベイリーやティーレマンス、A・モレノらを下げてディアビ、ザニオーロ、ザニオーロら4枚替えを敢行。すると89分、右サイドのディアビが供給したピンポイントクロスをファーサイドから走り込んだディーニュがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功した。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。エメリ采配的中で劇的勝利のビラが4位を死守、橋岡のプレミアデビュー戦はFAカップに続きほろ苦いモノとなった。 2024.03.03 04:35 Sun

ギラシーがドッペルパックで大台の20G、伊藤フル出場のシュツットガルトがヴォルフスブルクに逃げ切り勝利【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、DFチェイス・アンリはベンチ入りも出場せず、MF原口元気はベンチ入りしなかった 前節ケルン戦を引き分けた3位シュツットガルト(勝ち点47)は、伊藤が[3-4-2-1]の左センターバックでスタメンとなった。 13位ヴォルフスブルク(勝ち点25)に対し、ポゼッションする入りとなったシュツットガルトは11分、左クロスに合わせたヴァグノマンのボレーでゴールに迫ると、14分に押し切る。ミッテルシュタットの左クロスをギラシーがヘッドで合わせた。 先制後もボールを持って試合をコントロールするシュツットガルトは37分、ヒューリッヒが中央から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、前がかってきたヴォルフスブルクに対し、シュツットガルトは開始5分に追いつかれる。メーレにボックス左への侵入を許し、シュートを決められた。 それでも直後、ミロがドリブル突破を図り、ボックス右へ侵入したところでメーレに倒されPKを獲得。これをギラシーが決めて勝ち越した。 ギラシーの今季20ゴール目が決まったシュツットガルトは56分、ディフェンスライン裏に抜け出したヴァグノマンがネットを揺らすも、VARでオフサイドと判定され3点目を奪うには至らない。 それでもウンダブを投入したシュツットガルトは77分に勝負を決める。ルウェリングのパスをボックス右で受けたヴァグノマンがカットインから左足シュートを蹴り込んだ。 5分後、FKの流れからエンメチャにゴールを許したシュツットガルトだったが、3-2で逃げ切り。勝利を取り戻し3位の座を堅守している。 2024.03.03 04:29 Sun

伊東純也はフル出場で中村敬斗は途中出場…S・ランスは主将痛恨ミスでリールに惜敗【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、スタッド・ランスvsリールが2日にスタッド・オーギュスト・ドローヌで行われ、アウェイのリールが0-1で勝利した。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は72分から途中出場した。 前節、退場者を出しながらもダラミーの2ゴールの活躍によってル・アーヴルを撃破し、劇的な形でリーグ5戦ぶりの白星を手にした8位のランス。連勝を狙う今節は5位のリールをホームで迎え撃った。この試合では伊東が引き続きスタメンも中村はベンチスタートとなった。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ上位対決は、立ち上がりからボールの主導権を争う拮抗した展開となる。 ランスは開始4分にカドラが両チームを通じて最初のシュートを放つが、以降はボール保持率こそ五分五分もリールにペースを握られる。20分にはボックス左に持ち込んだシェグロヴァのシュートのこぼれ球をゴール前に詰めたデイビッドに蹴り込まれるが、ここはGKディアウが見事な連続セーブで阻止した。 攻撃の形を見いだせない状況で右サイドの伊東の打開力に期待が集まるが、この日はなかなか良い形でボールを受けることができず。幾度かのクロスも味方との呼吸が合わない場面が多く、チーム同様にフラストレーションが溜まる形で前半を終えた。 後半も一進一退の攻防が続くなか、ランスに痛恨のミスが出てしまう。56分、最後尾でバックパスを受けたアブデルハミドがGKに戻そうとしたボールが蹴り損ねとなると、これを狙っていたデイビッドがGKのポジションを見極めてミドルシュートを流し込んだ。 キャプテンの信じがたいミスでリードを奪われたランスはここからリスクを冒して前に出る。60分過ぎに両サイドバックを入れ替えると、72分にはカドラとテウマを下げて中村とディアキテとアタッカーをピッチに送り込む。その中村は投入から数分後にエリア外から足を振るなど、積極的なプレーで攻撃の活性化を図る。 後半終盤にかけては守備的な交代策で逃げ切りを図るリールに対して、ランスが押し込む展開に。前半は沈黙した伊東もこの時間帯に入ってようやく前向きな状態での仕掛けやクロス、ラストパスで存在感を示し始める。 その後、7分が加えられた後半アディショナルタイムには中村に見せ場が訪れる。94分、ボックス左で複数のDFに囲まれながらもカットインから右足を振り抜く。だが、完璧なミートには至らなかったグラウンダーシュートはGKシュヴァリエのセーブに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、リールに競り負けたランスは重要な上位対決を落として連勝を逃した。 2024.03.03 03:18 Sun

ヌニェスの後半ラストプレー弾で劇的勝利リバプールが首位で次節シティとの大一番へ! 遠藤航は途中出場で復帰【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節、ノッティンガム・フォレストvsリバプールが2日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は60分から途中出場した。 次節にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える首位のリバプールは、17位のフォレストとのアウェイゲームでリーグ4連勝を狙った。前節、ルートン・タウンを4-1で一蹴したクロップのチームは、先週末のEFLカップ決勝でチェルシーを撃破し、今季初タイトルを獲得。さらに、過密日程が続くなかで直近のFAカップではクーマス、ダンズの18歳FWの初ゴールによってチャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の完勝。多くの離脱者をものともしない総合力を示し、好調を継続している。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦を控えるなか、この一戦ではセインツ戦から先発4人を変更。ツィミカスとクアンサー、マコーネル、クーマスに代えてコナテ、ロバートソン、マク・アリスター、ルイス・ディアスの主力が復帰。また、遠藤、ソボスライ、ヌニェスの3人がベンチに戻ってきた。 エランガを最前線に配し、後ろ重心で自陣に堅固なブロックを構えるフォレストに対して、マク・アリスターを起点にボールを動かしながらサイドを起点にチャンスを窺うリバプール。 序盤から睨み合いの展開が続くなか、15分には古巣対戦のオリジが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを放つと、23分にはエランガのスピードを活かしたカウンターでGKとの一対一を作るが、ここはケレハーの好守に阻まれる。 一方、ボールは握っているものの、相手を崩し切れないリバプールは、ディアスとマク・アリスターの即興的なコンビプレー、ミドルレンジからのシュートでチャンスを窺う。27分にはクラークのミドルシュートのこぼれにゴール前で反応したディアスに決定機も、ここは相手DFとGKの決死の寄せに阻まれる。 以降はピンチこそなかったものの、枠内シュート0本という攻撃の停滞を払拭できず。フラストレーションを溜める形で前半45分を終えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールだったが、立ち上がりに続けて決定機を創出。まずは49分、ボックス右に抜け出したブラッドリーのマイナスの折り返しがDFに当たってファーでフリーのロバートソンの足元に流れるが、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。さらに、直後の51分にはボックス右のマク・アリスターが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 後半は良いリズムでの攻撃が続くなか、60分にはロバートソンとクラークを下げて遠藤とヌニェスを同時投入。これでアンカーに入っていたジョー・ゴメスと前線に入っていたエリオットがポジションを一列下げた。 ヌニェスの推進力という新たなオプションを手にしたリバプールは、より攻撃に迫力が出てきた一方、リスクを冒して前に出ることでエランガ、途中投入のアウォニイに際どいシーンを作られる。 ゴールレスの状況のまま後半も半ばを過ぎると、クロップ監督は76分にエリオットを下げてソボスライを投入。だが、粘るフォレストの守備を前に最後のところでうまくいかない。さらに、試合終盤にはガクポ、ブラッドリーを下げてダンズ、ツィミカスの投入で攻撃に変化を加える。 8分が加えられた後半アディショナルタイムには互いに勝ち点3を奪うチャンスが訪れたものの、集中した相手の守備を崩し切れず。そして、このままゴールレスで試合終了かに思われたが、首位チームが土壇場で底力を発揮する。 後半ラストプレーとなった99分、右CKの二次攻撃から遠藤が身体を張って相手のクリアを阻むと、ボックス手前右でこぼれを回収したマク・アリスターが浮き球でゴール前に入れたボールをヌニェスが頭で左隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、復帰のヌニェスによる値千金のラストプレー弾で競り勝ったリバプールがリーグ4連勝で首位をキープし、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2024.03.03 02:12 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly