「来年は100%…」レアル復帰も噂された久保建英がソシエダ残留宣言「みんなが僕を必要としてくれていることを誇りに思う」

2023.05.03 19:25 Wed
Getty Images
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、噂話を一蹴。ソシエダでのプレーを宣言した。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。
PR
ソシエダは2日、ラ・リーガ第33節でレアル・マドリーと対戦。古巣対戦となった久保は先発出場すると、47分に相手のミスにつけ込んでゴール。今シーズン8点目を古巣から記録した。
チームはその後1点を追加して、2-0で勝利。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる4位以内をキープした。

久保を巡っては、来シーズンのマドリー復帰の噂が浮上。カルロ・アンチェロッティ監督は「話し合う」とした一方で、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督は「来季もチュリ・ウルディン(レアル・ソシエダの愛称)だという思いをハッキリ持っている」と、残留すると強調していた。

その久保は、勝利の後にこの件について問われ、アンチェロッティ監督については「彼は僕とは話をしていません。個人的には恐怖を感じました」とコメント。ソシエダに求められていることを喜び、来シーズンの残留を宣言した。
「試合前の記者会見で、ここで話したんです。この時点で、ラ・レアルの人たちが僕を必要としていないのではないかと恐れていました」

「僕としては、少なくとも来年、みんなが僕を必要としてくれていることを誇りに思うし、とても嬉しいです」

「来年は100%チュリ・ウルディンです」

今季はチームを牽引する活躍を見せ、キャリアハイの成績を残す久保。残りシーズンでCLの出場権を掴み、来季もソシエダのために躍動する姿を見せてもらいたい。



PR
1 2
関連ニュース

古巣対決の久保建英が敵ファンにも大人気!マイクが拾ったカタコトの日本語も話題「ありがとうって言ってる?」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が敵地のファンからも歓声を浴びた。 18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。久保にとってはレンタルとはいえ計2シーズンを過ごした古巣との対決となった。 フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールもマーク。チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献していたが、ゴールを決めても喜びを露わにすることはなかった。 古巣への敬意を示した久保だが、試合後にはマジョルカのサポーターたちからの久保人気も明らかになった。 ソシエダの選手たちがドレッシングルームへと戻っていく中、着ていたユニフォームを脱ぎながらマジョルカのサポーターたちのもとへと歩いていく久保。どうやらマジョルカ時代の知人にユニフォームをプレゼントする約束をしていたようだ。 そんな久保に対し、マジョルカサポーターの子どもたちも大興奮。目を輝かせて久保とハイタッチを交わしていた。 その様子はソシエダの公式YouTubeチャンネルでも公開されており、SNS上のファンからは「タケがマジョルカでも愛されてたのがよくわかる」、「ほっこり」、「レンタル先でこんなに愛されるってすごいな」と反響。また、映像に「アリガトー」と久保に向かって叫ぶような大きな声もはいっており、「ありがとうって言ってる?」と注目を集めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】「ありがとうって言ってる?」久保建英が歓声を浴びる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bKp_evnIOIY";var video_start = 610;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 12:55 Tue

「マジで一生の思い出」久保建英のファン対応が話題、少年からカードを受け取り…「大人になっても絶対忘れない」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がファン対応で優しさを見せた。 18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールを決め、チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献した。 アウェイで貴重な勝ち点3を得たソシエダだったが、試合へと向かう前にはファンから嬉しいサポートを受けていたようだ。 クラブは、マジョルカ戦に向かう前の空港でファンと選手たちが交流する様子を公開。久保も子どものファンからサインと記念撮影を求められていた。 子どもたちは、所持しているカードにサインを要求。久保はカードを一通り見ると、「このカードは持ってないな」と子どもたちと軽くコミュニケーションも取りながらサインをかき、ピースで記念撮影に応じていた。 その様子には、ファンも「子供の頃に憧れの選手からサイン貰うって、マジで一生の思い出なんだよね ほんと大人になっても絶対忘れねーもん」、「かわいい」、「うらやましい」とコメント。久保の対応が注目を集めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英のファン対応が話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">憧れのタケのサインを貰えてよかったね☺️ <a href="https://t.co/MnWY3f7KYj">pic.twitter.com/MnWY3f7KYj</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759398914887979201?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 19:05 Mon

久保建英らがカタカナユニフォームを着用も、日本のファンからはツッコみも「フォントをなんとかして」「パワポの初期フォントみたい」

レアル・ソシエダとマジョルカの選手たちが特別のユニフォームを着用した。 ラ・リーガ第25節、マジョルカvsレアル・ソシエダが18日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われた。 ソシエダのMF久保建英にとっては計2シーズンを過ごした古巣との対戦。また、両チームのスポンサーはどちらも日本の企業が務めており、ソシエダは『YASUDA group(ヤスダグループ) 』、マジョルカは『株式会社タイカ』と契約を結んでいる。 そんな両チームの一戦では、選手たちが特別仕様のユニフォームを着用。試合中は通常のユニフォームを着用したものの、選手名がカタカナで記載されたユニフォームを着用して入場した。 珍しいカタカナユニフォームに、ファンからは「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「パワポの初期フォントみたいやな」、「フォントがデフォルトすぎ」、「これ絶対にフォント選びのミスだよな」、「フォントをもうちょっとなんとかしてあげてw」と様々な反響が寄せられている。 日本でも注目の一戦は、久保の恩返し弾も生まれたソシエダが1-2で勝利し、公式戦6試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【写真】フォントは合っていない?ソシエダがカタカナユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> 特別仕様のユニフォームでピッチへ<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/sBW2SJ4GEx">pic.twitter.com/sBW2SJ4GEx</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759285705271034114?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】マジョルカもカタカナユニフォームを用意</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">両チームの選手たちは<br>日本語特製ユニフォームで入場しました<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a><a href="https://twitter.com/gel_taica?ref_src=twsrc%5Etfw">@gel_taica</a> <a href="https://t.co/Gvnc87BYV4">pic.twitter.com/Gvnc87BYV4</a></p>&mdash; RCDマジョルカ (@RCD_Mallorca_JP) <a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca_JP/status/1759368483476054271?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 16:15 Mon

「レアルの話かな?」「内容気になる」久保建英とムバッペの笑顔の談笑シーンに反響!ムバッペの瞬時の切り替えも話題「最後ずるい笑」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英とパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの談笑が話題となっている。 2人は、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグで対戦。試合はムバッペのゴールも生まれたPSGがホームで2-0と先勝。ベスト8進出へ大きなアドバンテージを得ていた。 その中、18日にソシエダの日本語版公式X(旧ツイッター)が、試合中の久保とムバッペの会話シーンをアップ。キックオフ前の短い時間ではあるが、2人が笑顔も見せながら談笑するシーンが公開された。 貴重なシーンには、ファンも「めちゃくちゃ激アツですよね」、「この2人が普通に会話してるだけでもニヤニヤが止まらない」、「内容が気になる」と反応。さらにキックオフの笛が鳴ったタイミングでムバッペが瞬時に切り替えていたこともあり、「最後ずるい笑」、「裏切ってる笑」というコメントも集まっている。 また、この試合の次の日に、ムバッペがPSG退団を決意しレアル・マドリーへの移籍を望んでいるという報道が出たこともあり、「レアルの話かな?」、「マドリー行くのって聞いたのかな?」とかつてマドリーに所属していた久保との会話内容を推測するファンも多く、反響が寄せられていた。 2人は3月5日に行われる2ndレグで再戦。再び言葉を交わすことはあるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英とムバッペが笑顔で談笑も、最後の最後に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> ふたつの才能の競演 <a href="https://t.co/LaqvNx4eyP">pic.twitter.com/LaqvNx4eyP</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759012351842349110?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 12:20 Mon

「トップレベル」「足の振りが早い」久保建英が古巣・マジョルカ相手に巧みなゴール! 今季リーグ戦7点目もノーセレブレーション「特別感ある」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣相手に見事なゴールを記録した。 18日、ラ・リーガ第25節でソシエダはアウェイでマジョルカと対戦。久保は古巣対決に先発出場を果たした。 試合は開始4分にマジョルカが先制する展開に。すると迎えた38分に再三チャンスを作っていたソシエダが仕留める。ハーフウェイライン付近でウマル・サディクが潰された中、主審はプレーオン。ファウルが疑わしい中、ソシエダはプレーを止めないでいると、自陣でのボール奪取からスルーパス。これを受けた久保がドリブルで持ち運び、ボックス内に入ったところで左足シュート。タイミングを外した中で見事にゴールを決めた。 このゴールにファンは「やっぱりトップレベル」、「久々のゴール嬉しい」、「ワンテンポ早いシュートさすが」、「二桁ゴールいって欲しい」、「足の振りが早いんだよね」、「喜ばないのが特別感ある」と称賛のコメントが集まった。 久保は今シーズンのラ・リーガで7点目。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)にも選出されている。試合は後半アディショナルタイムにミケル・メリーノのゴールが決まり、ソシエダが土壇場で勝利を掴んでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】上手いシュート!久保建英が古巣相手に今季リーグ戦7点目を奪う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="loAtvD3ToHE";var video_start = 244;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 10:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly