ハメス・ロドリゲスがオリンピアコスを電撃退団、加入から7カ月で契約解除「これからもファミリー」

2023.04.13 20:36 Thu
Getty Images
オリンピアコスは13日、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)との契約解除を発表した。クラブの発表によると、双方合意の下での契約解除になるとのこと。「ハメスはいつでも我々のクラブの一員であり、『赤と白』のファミリーの一員だ。我々は彼の献身に感謝し、将来の成功を祈っている」と発表した。
ハメス・ロドリゲスは、ポルトやモナコ、レアル・マドリー、バイエルン、エバートンでプレー。2021年9月にカタールのアル・ラーヤンへと移籍し、中東でプレーすると、2022年9月にオリンピアコスへと完全移籍で加入した。

ヨーロッパの舞台に戻ってきたハメスだったが、ギリシャ・スーパーリーグでは17試合に出場し5ゴール5アシスト。3月のキリンチャレンジカップ2023の日本代表戦に向けてもコロンビア代表の一員として来日したが、試合はメンバー外だった。

ハメスは自身のインスタグラムを更新。クラブへの感謝を綴っている。
「一緒に過ごした全ての時間に感謝する。僕たちは別々の道を歩むことになるが、僕は常にメンバーであり、オリンピアコスと偉大な港・ピレウスのファミリーに歓迎されていると感じている」

「オリンピアコスの今後の成功を祈っている」

1 2
関連ニュース

元フランス代表MFエムビラがWBAへフリーで加入

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは19日、元フランス代表MFヤン・エムビラ(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 サンダーランドに在籍した2015-16シーズン以来のイングランド挑戦となるエムビラは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「カルロス・コルベラン監督のことはよく知っているし、彼も僕のことをよく知っている。以前ギリシャのオリンピアコスで一緒に仕事をしたからね」 「監督との仕事は楽しかったし、今また彼と一緒に仕事ができることを本当に嬉しく思っている」 「彼から連絡をもらって、ここに来ないかと誘われたから、すぐにイエスと答えたよ」 フランス代表として22試合の出場歴を持つセントラルMFのエムビラは、レンヌの下部組織出身。レンヌで頭角を現し、これまでルビン・カザンやインテル、サンダーランド、サンテチェンヌでプレーした。 2020年の夏に3年契約で加入したオリンピアコスでは、中盤の主力として公式戦140試合に出場し8ゴール7アシストを記録。オリンピアコスとの契約は昨季限りで満了しており、半年間フリーの状態が続いていた。 2024.02.20 00:50 Tue

オリンピアコスが今季3人目の監督にメンディリバル氏を招へい…昨季はEL制覇、エイバル時代には乾貴士や武藤嘉紀も指揮

オリンピアコスは11日、スペイン人指揮官のホセ・ルイス・メンディリバル氏(62)が監督に就任することを発表した。 メンディリバル氏は、これまでエイバルやアスレティック・ビルバオ、レアル・バジャドリー、オサスナ、レバンテ、アラベス、セビージャで指揮を執ってきた。 エイバル時代にはMF乾貴士(清水エスパルス)やFW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)を指導した経験も持っている。 セビージャを指揮しては、2022-23シーズンのヨーロッパリーグで見事に優勝を果たす功績を残したが、今シーズンは開幕から低迷。2023年10月に解任されており、以降はフリーだった。 オリンピアコスは今シーズンのギリシャ・スーパーリーグでここまで22試合を戦い勝ち点44の4位に位置。首位のPAOKテッサロニキとは勝ち点差6となっている状況。今シーズンから指揮を執っていたディエゴ・マルティネス監督を5カ月で解任すると、後任のカルロス・カルヴァリャル監督(58)も2月8日に解任していた。 2024.02.11 22:15 Sun

アウグスブルク、オリンピアコスからMFペップ・ビエルをレンタルで獲得

アウグスブルクは1日、オリンピアコスからスペイン人MFペップ・ビエル(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ラージョ・バジェカーノの下部組織で育ったペップ・ビエルは、スペイン国内の下部リーグクラブを渡り歩き、2017年の夏にサラゴサに加入。 加入初年度はサラゴサBでのプレーが続いたが、翌年にトップチームに昇格すると、セグンダ(スペイン2部)で21試合に出場し6ゴールをマーク。 この活躍が認められ、2019年夏にデンマークの強豪コペンハーゲンへ活躍の場を移すと、2022年夏にオリンピアコスへ完全移籍。ギリシャの強豪クラブでは、これまで公式戦59試合に出場し12ゴール8アシストを記録していた。 なお、アウグスブルクを率いるジェス・トルップ監督とは、コペンハーゲン時代に指導を受けており、2021-22シーズンにはリーグ優勝に貢献した。 アウグスブルクへの移籍が決まったペップ・ビエルは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回の移籍がうまくいったことを嬉しく思う。FCアウクスブルクは野心的でアットホームなクラブだ。僕はここで、コペンハーゲンでの経験を生かして活躍したいとは思っている」 2024.02.02 16:20 Fri

浦和がローマからノルウェー代表MFソルバッケンを半年間の期限付き移籍で獲得!「ファン・サポーターのすごさについて聞いている」

浦和レッズは12日、ローマのノルウェー代表MFオラ・ソルバッケン(25)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は、2024年6月30日までとなる。 ソルバッケンは母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。2020年1月に加入したボテ/グリムトでは通算91試合20ゴール24アシストを記録。また、2021年11月にデビューしたノルウェー代表では11試合1ゴールを記録している。 ただ、2023年1月に4年半契約で正式加入したローマではここまで15試合1ゴール2アシストの数字にとどまり、同年9月にギリシャの名門へ買い取りオプション付きのレンタルで加入。その新天地では公式戦8試合の出場にとどまっていた。 186cmの左利きの大型アタッカーは、爆発的なスピードとストライドの広さを生かしたオープンスペースでのドリブル突破、パワフル且つ繊細な左足でのフィニッシュが最大の特長。また、スペースがないクロスやラストパス、密集地帯での局面打開も十分に可能だ。 浦和も特長について「左利きのウインガー。複数ポジションをプレーすることができ、パス出しや自らボールをうけてゴールに絡むこともできる選手。ボックス付近での質の高いプレーから多くのゴールに絡むプレーを期待したい」とコメントしている。 ソルバッケンはクラブを通じてコメントしている。 「浦和レッズについては、ファン・サポーターのすごさについて評判を聞いています。みなさんと一緒に、この冒険に乗り出すことを本当に、心から楽しみにしています」 2024.01.12 18:22 Fri

オリンピアコス、モナコで構想外のジェウソン・マルティンスを獲得!2026年までの契約を締結

オリンピアコスは2日、モナコの元ポルトガル代表FWジェウソン・マルティンス(28)を完全移籍で獲得した。『transfermarkt』によれば、契約期間は2026年6月30日までとなる。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍金は300万ユーロ(4億6600万円)に加え、リセール時の10%の支払いという条件での移籍になったという。 カーボベルデ出身のジェウソン・マルティンスは、スポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2015年7月にトップチームへと昇格を果たす。2016年10月にポルトガル代表に初選出されると、コンフェデレーションズカップやロシア・ワールドカップでもプレー。将来性を買われ、2018年7月に5年契約でアトレティコ・マドリーへと移籍していた。 しかし、新天地では期待されたパフォーマンスが出せず、わずか半年でスペインを諦め、2019年1月にモナコへとレンタル移籍。すると、リーグ・アンでは16試合に出場し4ゴール2アシストを記録し、翌年の夏に完全移籍。 モナコではここまで公式戦129試合に出場し16ゴール14アシストを記録してたが、昨季終盤から出場機会を失うと、今季もアディ・ヒュッター新監督の構想外となっており、出場機会を得られていなかった。 2024.01.03 08:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly