U-22日本代表が6月にU-22イングランド代表と対戦、完全非公開で開催

2023.03.22 10:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は22日、U-22日本代表の6月の海外遠征の相手を発表した。

パリ・オリンピックを目指す世代のU-22日本代表。3月にはU-22ドイツ代表、U-22ベルギー代表との対戦が予定されている。

その日本だが、6月にはイングランドに出向き、U-22イングランド代表と対戦することが決定した。
しかし、この試合は完全非公開で行われるとのこと。イングランドサッカー協会(FA)の意向により、メディアを含めて対外的に情報が公開されないこととなっている。

イングランドには、リーグ・アンで得点ランキング上位に位置するスタッド・ランスのFWフォラリン・バログンやアーセナルのMFエミール・スミス・ロウ、リバプールのMFハーヴェイ・エリオットなどがいる世代となっている。

なお、試合は6月10日(土)に開催されることとなる。



関連ニュース
thumb

パリ五輪予選も兼ねるU23アジアカップ予選の組み合わせ決定! 日本はバーレーン、パレスチナ、パキスタンと同居…大岩剛監督「簡単な試合は1つもない」

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、AFC U23アジアカップの予選組み合わせ抽選会を開催した。 今年9月に行われる予選。日本はグループDに入り、バーレーン、パレスチナ、パキスタンと同組となった。 予選グループでは各1位と2位のうちの上位4チームが本大会に出場。ホスト国のカタールを加えた16チームで本大会が行われる。 日本のグループはバーレーンで予選が集中開催。9月6日(水)にパキスタン、同9日にパレスチナ(土)、同12日(火)にバーレーンと対戦する。 本大会は来年4月に開催。2024年のパリ・オリンピック出場権をかけた予選にもなっており、まずは予選を突破し、五輪につなげる必要がある。 U-22日本代表を率いる大岩剛監督は、組み合わせ結果を受けてコメントしている。 「来年 4 月に開催される AFC U23 アジアカップが、我々のターゲットであるパリオリンピック 2024 の出場権をかけた予選を兼ねており、まずはそのアジアカップ本大会につながる予選が今年 9 月に行われます」 「今回その対戦相手と開催地が決まり、どの国を見ても簡単な試合は1つもないと感じています。アジアでの戦いは年々厳しさを増していますが、我々はしっかりと準備をして一戦一戦勝ち進んでいきたいと思います」 U-22日本代表は6月に欧州遠征を行い、イングランド代表、オランダ代表と対戦する。 ◆AFC U23 アジアカップ カタール 2024 予選 組み合わせ ※(H)は予選開催国 <グループ A> 【A1】ヨルダン(H) 【A2】シリア 【A3】オマーン 【A4】ブルネイ <グループ B> 【B1】韓国(H) 【B2】ミャンマー 【B3】キルギス 【B4】カタール <グループ C> 【C1】ベトナム(H) 【C2】シンガポール 【C3】イエメン 【C4】グアム <グループ D> 【D1】日本 【D2】バーレーン(H) 【D3】パレスチナ 【D4】パキスタン <グループ E> 【E1】ウズベキスタン(H) 【E2】イラン 【E3】ホンコン・チャイナ 【E4】アフガニスタン <グループ F> 【F1】イラク 【F2】クウェート(H) 【F3】東ティモール 【F4】マカオ <グループ G> 【G1】アラブ首長国連邦 【G2】インド 【G3】モルディブ 【G4】中国(H) <グループH> 【H1】タイ(H) 【H2】マレーシア 【H3】バングラディシュ 【H4】フィリピン <グループI> 【I1】オーストラリア 【I2】タジキスタン(H) 【I3】ラオス 【I4】朝鮮民主主義人民共和国 <グループJ> 【J1】サウジアラビア(H) 【J2】カンボジア 【J3】レバノン 【J4】モンゴル <グループ K> 【K1】トルクメニスタン 【K2】インドネシア(H) 【K3】チャイニーズ・タイペイ 2023.05.25 23:53 Thu
twitterfacebook
thumb

パリ五輪世代のU-22日本代表が6月にオランダと対戦…イングランドに続き強豪国と強化試合

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-22日本代表がU-22オランダ代表と対戦することを発表した。 パリ五輪世代でもあるU-22日本代表。強化が進む中、6月には欧州遠征を実施する。 すでに非公開ではあるがU-22イングランド代表と対戦することが発表されていた中、6月14日にオランダとも対戦することが決定した。 試合は14日の21時30分キックオフ予定。放送は調整中だという。 大岩剛監督は、JFAを通じてコメントしている。 「6月の欧州遠征では、イングランドに続いて強豪国・オランダと対戦できることが決まり、試合を非常に楽しみにしています。これまでチームの立ち上げから継続的に、強豪国との緊張感のあるハイレベルな試合ができることを本当に感謝しています。欧州の強豪国に勝つための準備を選手たちと進めていきます」 2023.05.15 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

柏が拓殖大学のU-22日本代表候補DF関根大輝の2025年加入内定を発表、特徴は「積極的な攻撃参加とビルドアップ能力」

柏レイソルは11日、拓殖大学のDF関根大輝(20)が2025シーズンから加入することが内定したと発表した。 関根は静岡県出身で、静岡学園の中学・高校と進学。2019年度の全国高校サッカー選手権で優勝を経験し、その後、拓殖大学へと進学した。 2022年は関東大学サッカーリーグ1部で22試合に出場し3ゴール3アシストを記録。今シーズンも4試合に出場している。 パリ五輪世代でもあるU-22日本代表にも選出されている。 関根はクラブを通じてコメントしている。 「2025シーズンから柏レイソルに加入することになりました、拓殖大学の関根大輝です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを、柏レイソルという素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「自分の特徴である、積極的な攻撃参加とビルドアップ能力を存分に発揮し柏レイソルの勝利に貢献できるようプレーします。これまで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、沢山の方から愛される選手になれるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】2025年に加入が内定した拓殖大学DF関根大輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【加入内定のお知らせ】<br><br>この度、弊部所属の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%96%A2%E6%A0%B9%E5%A4%A7%E8%BC%9D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#関根大輝</a> (3年/静岡学園高校出身)の柏レイソル(<a href="https://twitter.com/REYSOL_Official?ref_src=twsrc%5Etfw">@REYSOL_Official</a> )への2025年シーズン加入が内定いたしましたのでお知らせします!<br><br>✔︎コメント・詳細はこちら<a href="https://t.co/EtOVZPomSP">https://t.co/EtOVZPomSP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9F%8F%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#柏レイソル</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/raysol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#raysol</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%8B%93%E5%A4%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#拓大</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%8B%93%E5%A4%A7%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#拓大サッカー部</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%8B%93%E6%AE%96%E5%A4%A7%E5%AD%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#拓殖大学</a><a href="https://twitter.com/hashtag/JUFA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JUFA</a> <a href="https://t.co/50PE6MxmkM">pic.twitter.com/50PE6MxmkM</a></p>&mdash; 拓殖大学麗澤会体育局サッカー部 (@takushokuufc) <a href="https://twitter.com/takushokuufc/status/1656524537796894720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.05.11 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2026年北中米W杯を本気で狙う! U-22代表期待の大学生FWが見据える「三笘ロード」/佐藤恵允(明治大学)【新しい景色へ導く期待の選手/vol.10】

2024年パリ五輪まであと1年あまり。新型コロナウイルス感染拡大で1年延期となった東京五輪とは違い、日本代表の強化期間は3年しかない。 2021年12月の大岩剛監督就任後、2022年6月のAFC U-23アジアカップ(ウズベキスタン)や同年9・11月、2023年3月の3度の欧州遠征などに赴いて強化を続けているが、フルメンバーのA代表を経験したのはバングーナガンデ佳史扶(FC東京)と半田陸(G大阪)くらいだ。 攻撃陣の方は2022年カタールW杯の主力だった伊東純也(スタッド・ランス)、鎌田大地(フランクフルト)、三笘薫(ブライトン)、堂安律(フライブルク)ら欧州組がひしめいており、若手アタッカー陣にとっては非常に高い壁というしかない。 とはいえ、本当の勝負は3年後。現時点でA代表経験がなかったとしても、突き抜けてくる人材がいないとも限らない。我々の全く予期せぬ人材が頭角を現すかもしれない。98年フランス大会一世を風靡した中田英寿、2002年日韓大会で2ゴールをマークした稲本潤一(南葛SC)、2010年南アフリカ大会で世界の度肝を抜いた本田圭佑といった過去のスターたちも、W杯3年前の時点では数多くいる候補の1人でしかなかったのだ。 今やトップスターに上り詰めた三笘にしても、3年前の2019年は筑波大学の学生だった。川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせたのは2020年。最初は体力面や守備力の課題に直面し、先発で使ってもらえないことが多かった。A代表デビューは東京五輪後の2021年11月のオマーン戦(マスカット)。それからわずか1年あまりで日本のエースに躍り出たのだから、凄まじい成長曲線には驚かされるばかりだ。 その「三笘ロード」を歩もうとパリ世代の面々も虎視眈々と狙っているに違いない。 候補者筆頭と目される1人が、目下、明治大学4年の佐藤恵允(けいん)だろう。大学2年だった2021年11月にU-22日本代表の1人として1月のAFC U-23アジアカップ予選(福島)に参戦してから、彼はコンスタントに日の丸を背負ってきた。大岩監督就任後も昨年のウズベキスタン、9月の欧州遠征に参戦。今年3月のU-22ドイツ・ベルギー2連戦にはいずれも出場し、2戦連発という離れ業をやってのけたのだ。 そして4月23〜26日にかけて行われたU-22代表候補合宿にも参加。今回は新顔18人を加えた28人での活動となったが、実績面で頭抜けている佐藤の存在感は圧倒的で、最終日の11対11の紅白戦でもゴール。常連メンバーの意地とプライドを見せつけた。 「僕はこれまで代表にコンスタントに選ばせていただいている身。今まで積み重ねてきたシームレス(な攻守の連動)だったり、インテンシティってところを自分が示していかないといけない。それに攻撃の選手なんで、得点に絡む仕事をしないと生き残っていけない。そこはもっと磨いていきたいです」と本人は強調していたが、最後まで高い意識を見せつける形になった。 コロンビア人の父、日本人の母を持つ佐藤は2001年7月生まれ。東京都世田谷区出身で、実践学園高校から2020年に明治大学に進んだ。明治では入学当初は試合に出られず、苦い思いも味わったというが、栗田大輔監督から口を酸っぱくして言われた「人間性の部分」を大事にしながら、ここまで這い上がってきたという。 「自分の中で大学に入ってからテーマにしていたのは『素直な気持ち』と『謙虚さ』。あとは『気を使える選手』になりたいと思って、ここまで努力してきました」 「まずは人の意見を聞いて、それが自分にとって必要なのかどうかを考え、噛み砕いて落とし込んでいく。その作業が大切だとすごく感じたし、それを繰り返してきました」 「1つの例が守備。明治に入った頃は守備が全然ダメだと言われて悩んだんですけど、今では自分の特徴になっている。大岩監督も前線からチームを助ける泥臭い守備と対人の強さが評価されて、ここに呼んでもらっていると思います」と佐藤は大学生らしい冷静かつ客観的な分析力で自己評価をしてみせた。 こういった表現力の高さは三笘に通じる部分がある。サイドアタッカーでドリブル突破が武器という共通点もあるため、「ネクスト三笘」という呼び声も高い。 「三笘さんは同じ大学経由の選手というのもありますし、ポジションも同じ。1対1の仕掛けとか相手との駆け引きが非常にうまいんで、すごく参考になります。自分は1年後のパリ五輪に行って、2026年北中米W杯に出るのが目標ですけど、そのためには三笘さんを超えないといけない。そうなるような日々の積み重ねをしていかないといけないと思っています」と彼は語気を強めていた。 壮大な夢を現実にするためにも、明治大学からどういうルートを歩むかが肝心。彼のところには数多くのJクラブからオファーが殺到しているが、本人は「プロ1年目で活躍できる環境」というのを第一に選択していくつもりだ。 確かに今のA代表の軸を担う伊東、守田英正(スポルティング・リスボン)、三笘ら大卒選手たちはプロ1年目から圧倒的なインパクトを残していた。そういう人材でなければW杯に行けないということだ。 賢い佐藤は厳しい現実をよく分かっているはず。まずは最適な進路を選択し、U-22代表での地位を固めていくことが肝心である。ここからの飛躍が大いに楽しみだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2023.04.27 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

パリ五輪世代、U-22日本代表候補発表! 大学生16名、Jリーガー12名の編成でトレーニングキャンプ

日本サッカー協会(JFA)は21日、トレーニングキャンプに臨むU-22日本代表候補メンバーを発表した。 大岩剛監督が率い、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代のU-22日本代表。3月にはヨーロッパ遠征を行い、U-22ドイツ代表、U-22ベルギー代表と対戦した。 今回のメンバーには、大学生が16名招集。Jリーガーからは12名が招集され、FW中島大嘉(北海道コンサドーレ札幌)やGK野澤大志ブランドン(FC東京)、DF加藤聖(V・ファーレン⾧崎)、MF谷内田哲平(京都サンガF.C.)などが招集を受けている。 6月にはU-22イングランド代表と非公開で対戦予定となっている。今回発表されたU-22日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-22日本代表候補メンバー GK 藤田和輝(栃木SC) 中島佳太郎(常葉大学) 小畑裕馬(ベガルタ仙台) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 山﨑大地(サンフレッチェ広島) 今野息吹(法政大学) 岡哲平(明治大学) 加藤聖(V・ファーレン⾧崎) 吉田真那斗(鹿屋体育大学) ⾧澤シヴァタファリ(関東学院大学) 坂岸寛大(新潟医療福祉大学) 関根大輝(拓殖大学) 根本健太(流通経済大学) MF 近藤友喜(横浜FC) 山内日向汰(桐蔭横浜大学) 佐藤恵允(明治大学) 永田貫太(中京大学) 藤井皓也(中京大学) 鮎川峻(サンフレッチェ広島) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 細谷航平(法政大学) 美藤倫(関西学院大学) 中川敦瑛(法政大学) 櫻井辰徳(徳島ヴォルティス) 中村草太(明治大学) FW 鶴野怜樹(アビスパ福岡) 木村勇大(京都サンガF.C.) 中島大嘉(北海道コンサドーレ札幌) 2023.04.21 16:23 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly