移籍の噂が沸き立つベリンガム、今月末にも去就決断か?

2023.03.13 21:30 Mon
Getty Images
ドルトムントに所属するイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)だが、このところレアル・マドリーが積極的に動いているようだ。

バーミンガム・シティからドルトムントへと17歳で加入し、すでに主軸としてプレーするベリンガム。イングランド代表としても主軸となり、カタール・ワールドカップ(W杯)でもプレーしていた。
2025年までドルトムントと契約を残す中、今夏の移籍が噂され、リバプールやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどが関心を寄せているとされている。

中でも積極的に動いているのがマドリー。すでにロンドンとマドリードでベリンガムの父親と会っていたと報道されている。

そんな中、イギリス『talk SPORT』はベリンガムが近々将来を決めたいと考えていると報道。今月のインターナショナル・マッチウィーク後には決めるとしている。
ドルトムントに残る気がないとも言われているベリンガムだが、移籍金は1億ポンド(約160億6000万円)を超えてくると見られており、獲得に動くクラブも簡単には手を出せないと考えられている。

関連ニュース

ロイス2戦連発のドルトムントが今季初の連勝! ヴォルフスブルク撃破でCL敗戦を払拭【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsヴォルフスブルクが23日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが1-0で勝利した。 チャンピオンズリーグ(CL)初戦のパリ・サンジェルマン(PSG)戦で0-2の敗戦を喫し、今シーズンの公式戦初黒星を喫したドルトムント。その敗戦からのバウンスバックと共に、今季初のリーグ連勝を目指した一戦では勝ち点1差で1つの上の6位に位置するヴォルフスブルクとの上位対決に臨んだ。 テルジッチ監督はPSG戦から先発6人を変更。並びを[3-5-2]から[4-2-3-1]に変更し、負傷離脱のザビッツァーの代役に加え、ジューレやマレン、ジャンといった主力をベンチに。代わってベンセバイニやエンメチャ、バイノー=ギテンス、フュルクルクらを起用した。 立ち上がりから高いインテンシティで試合に入ったドルトムント。開始5分にはボックス手前左の好位置で得たFKの場面でキッカーのロイスが右足の鋭いシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKカスティールスの好守に遭う。 10分過ぎには攻守両面で相手を圧倒したものの、時間の経過と共に強度にアジャストしてきたヴォルフスブルクが押し返す展開に。アウェイチームは決定機には至らないものの、スヴァンべリらがボックス付近で足を振っていく場面も作り出す。 前半半ばから終盤にかけては中盤での潰し合いが目立つなど、試合は完全に膠着状態に。序盤以降攻めあぐねるドルトムントがなかなかフィニッシュまで持ち込めない中、37分にはヴォルフスブルクにビッグチャンス。 相手セットプレーを撥ね返してのロングカウンターからヴィンドとのパス交換でトマスがボックス内に侵入。だが、DFに寄せられながら放ったシュートはGKコバルの好守に阻まれた。 結局、ゴールレスでの折り返しとなった試合は後半も拮抗。それでも、徐々に攻勢を強めたドルトムントは、53分にフュルクルク、ブラントと続けてディフェンスラインの背後を取って決定機。だが、いずれも先制点に繋げられない。 それでも、後半に入って相手を押し込むことに成功したドルトムントは、攻勢が続く状況で切り札を投入。63分にバイノー=ギテンスを下げて同じ左サイドにマレンを送り出した。 すると、この選手交代が待望の先制点をもたらす。68分、バイタルエリアで身体を張ってボールを収めたマレンが左サイドに展開。ブラントから絶妙な折り返しが入ると、マレンと動きが重なりながらもロイスが左足ワンタッチで合わせ、リーグ戦2試合連続ゴールとした。 先制したことでゲームコントロールに重きを置いた戦い方にシフトしたドルトムントだが、不用意な自陣でのロストからヴィンドに枠のわずか左に外れる際どいシュートを打たれるなど、やや締まらない場面も。 ヴォルフスブルクが攻撃的な3枚替えを敢行したことを受け、テルジッチ監督はフュルクルク、ロイスを下げてアラー、ジャンと続けて交代カードを切って試合をクローズにかかる。 その後、前線でのミスが散見されてトドメの追加点を奪うことはできなかったドルトムントだが、ヴォルフスブルクの反撃を危なげなく凌ぎ切って1-0の勝利。お得意様のヴォルフスブルク撃破でリーグ連勝を飾ったチームは、CL敗戦をきっちり払拭した。 2023.09.24 00:32 Sun

PSG戦で負傷交代のザビッツァー、数試合の欠場へ

ドルトムントのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーが今後数試合欠場するようだ。エディン・テルジッチ監督がブンデスリーガ第5節ヴォルフスブルク戦の前日会見で明かしている。 ザビッツァーは19日に行われたチャンピオンズリーグ初戦のパリ・サンジェルマン戦に先発。しかし14分に内転筋を痛めて交代していた。 テルジッチ監督によれば重傷ではないものの、今後数試合欠場するとのこと。 今夏、バイエルンから完全移籍したザビッツァーは今季ここまでの公式戦6試合全てに先発していた。 ドルトムントは今後、ヴォルフスブルク戦、ホッフェンハイム戦、CLではミラン戦を控えている。 2023.09.22 22:30 Fri

「興奮しすぎは良くない」ドルトムントとの接戦を制したPSG、ルイス・エンリケ監督は勝利を喜ぶ「本当に幸せで満足」

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が、ドルトムント戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節でPSGはドルトムントをホームに迎えた。 “死のグループ”とされるグループF。PSG、ドルトムント、ミラン、ニューカッスルという顔ぶれが並び、ホームゲームは特に重要な役割を持つこととなる。 試合は互いに譲らない展開となると前半はゴールレス。それでも後半早々にキリアン・ムバッペがPKを決めて先制すると、アクラフ・ハキミが追加点。2-0でPSGが先勝した。 初戦でしっかりと勝利したルイス・エンリケ監督は選手たちを称え、勝利を喜んだ。 「とても満足している。チーム、選手、サポーターにとってもとても幸せなことだ。最初の瞬間からゴールの状況を作り出すことができたので、選手たちの姿勢がとても気に入った」 「後半も前半と同じように試合を支配し、良いサッカーをする方法を知っている良い相手にコントロールしなければならなかった。そして、我々の方が優れており、勝利に値したと思う」 また、グループのライバルを相手に接戦を制したことについても言及。試合を支配できたことを喜んだ。 「このタイプの試合は選手にとってとてもモチベーションが高まるが、興奮しすぎては良くない。エネルギーをコントロールし、プレーの瞬間や激しさをコントロールし、やりすぎないようにしなければいけない」 「でも、チームは非常に良く、一進一退の状態が多かった最後の15分間を除いて試合を支配していたと思うが、私は本当に幸せで満足している」 2023.09.20 16:30 Wed

PSGがムバッペのPK弾とハキミの恩返し弾で低調ドルトムントに快勝、死のグループを白星スタート【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)グループE開幕節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsドルトムントが19日に行われ、2-0でPSGが快勝した。 昨季はバイエルンの前にベスト16で敗れたPSGは、直近のニース戦で今季初黒星を喫し、リーグ・アンで2勝2分け1敗スタートとなった中、ムバッペ、デンベレ、コロ・ムアニの3トップで臨んだ。 一方、チェルシーの前にベスト16で敗れたドルトムントは、ブンデスリーガで2勝2分けスタートとなった中、不調のアラーをベンチスタートとし、マレンとアデイェミの2トップとする[5-3-2]で臨んだ。 5バックを敷くドルトムントに対し、PSGが押し込む展開で推移。すると19分にはボックス内からヴィティーニャの放ったシュートがポストに直撃した。 その後、ザビッツァーが負傷したドルトムントがエンメチャを投入したのに対し、引き続きハーフコートゲームを展開したPSGは39分、CKの流れからデンベレのシュートがGKを強襲。しかしゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半開始2分、PSGがPKを獲得する。ムバッペのシュートがボックス内のジューレの手に当たった。このPKをムバッペが決めてPSGが先制した。さらに58分、ヴィティーニャとのパス交換からハキミが決めてPSGに追加点が生まれた。 ハキミの恩返し弾でリードを広げられたドルトムントはフュルクルクとロイスを投入。しかし終盤にかけても好機を作れずPSGが快勝。 ミラン、ニューカッスルが同居する最激戦のグループ初戦をPSGが制している。 2023.09.20 06:09 Wed

【CLグループ開幕節プレビュー①】最激戦区でPSGvsドルトムント、鎌田は堅守アトレティコに挑戦

2023-24シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが19日に開幕する。ここでは開幕節1日目となるグループE~Hの戦いを展望していく。 ◆鎌田がアトレティコの堅守に挑戦、日本人対決は実現せず~グループE~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202300917_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 3クラブに日本人が所属するグループEではFW上田のフェイエノールトとFW古橋、FW前田、MF旗手らを擁するセルティックの一戦で日本人対決が実現するはずだったが、上田がドイツ代表戦で負傷したためお預けとなった。 昨季はレアル・マドリー、ライプツィヒが同居したグループで2分け4敗の最下位に終わったセルティック。古橋は好機がありながらもゴールを奪えず悔しい結果となった。スコットランドリーグでは昨季得点王に輝き、今季も早くも4ゴールと得点を量産しているその決定力を欧州最高峰の舞台でも発揮できるかに注目だ。 そしてフランクフルトからラツィオに活躍の場を移したMF鎌田はアトレティコ・マドリーと対戦する。鎌田はセリエA開幕から先発の座を確保。前々節の王者ナポリ戦では移籍後初ゴールと順調なスタートを切った。チームは直近のユベントス戦に敗れて1勝3敗スタートと躓いたが、CLで切り替えられるか。堅守アトレティコ相手に鎌田がいかようなアクセントを付けるかに注目だ。 対するアトレティコは昨季、まさかのグループステージ最下位で敗退の屈辱を味わった。直近のバレンシア戦ではボールを持たされる展開となって0-3の完敗を喫したが、ラツィオ戦では持ち味のカウンターを出しやすい展開になることが予想される。シメオネ監督が現役時代に在籍していたラツィオとの初戦を制し、今季は手堅くグループステージ突破を狙いたい。 【グループE】 ▽9/19(火) 《28:00》 フェイエノールト vs セルティック ラツィオ vs アトレティコ・マドリー ◆最激戦区幕開け~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202300917_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 欧州4大リーグの強豪クラブが組み込まれた最激戦区のグループFでは、パリ・サンジェルマン(PSG)とドルトムントが、ミランとニューカッスルが初戦で相まみえる。 まずはPSGvsドルトムント。昨季はラウンド16でバイエルンに連敗して敗退となったPSG。FWメッシ、FWネイマール、MFヴェッラッティ、DFセルヒオ・ラモスら重鎮がクラブを離れ、ルイス・エンリケ監督が新たに就任して生まれ変わったチームは、直近のリーグ・アンでニース相手に今季初黒星を喫した。良くも悪くもFWムバッペに頼りきりな状態だが、3試合連続2ゴールとチーム復帰後も流石の存在感を見せ付けるエースがドルトムント戦でも躍動となるか。 対するドルトムントも昨季はチェルシーの前にベスト16敗退に終わった。若きチームリーダーだったMFベリンガムが流出した中、ブンデス開幕以降、低調なパフォーマンスが続いている。FWマレンが一人気を吐き、4戦で3ゴールを挙げているものの、直近のフライブルク戦でも一時逆転されるまずい試合運びを露呈した中、相手に退場者が出たことで何とか勝利を掴んだ格好だ。売りの攻撃陣が空回り気味の中、PSG戦で覚醒となるか。 続いてミランvsニューカッスル。ミランは昨季、ライバルのインテルの前にベスト4敗退となった。そのインテルに直近のセリエAでは粉砕され、5失点惨敗となった。セリエA開幕3連勝と好スタートを切った勢いを削がれた格好だが、ニューカッスル戦でバウンスバックとなるか。 一方のニューカッスルは21年ぶりのCL出場。直近のブレントフォード戦で連敗を3で止め、ミラン戦に向かうことができた。選手層の面で厳しいところはあるが、久々のCLをサポーターと共に満喫するためにも初戦を取りたい。古巣対決となるMFトナーリが出場できればさらに盛り上がる一戦となりそうだ。 【グループF】 ▽9/19(火) 《25:45》 ミラン vs ニューカッスル 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs ドルトムント ◆2強が2弱と初戦~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202300917_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 王者マンチェスター・シティが本命のグループGでは2強2弱の構図となることが予想される。シティはツルヴェナ・ズヴェズダと、シティと共に突破候補のライプツィヒはヤング・ボーイズと初戦を戦う。 まずはシティから。昨季、悲願のCL初優勝を果たしたシティはMFギュンドアンやMFマフレズ、DFラポルテらがクラブを離れ、MFコバチッチやDFグヴァルディオルらが加入。直近のウェストハム戦では新戦力のMFドクが躍動し、移籍後初ゴールもマーク。FWハーランドが早くもプレミアリーグ7ゴールと流石の得点力を発揮している中、CL初戦でも攻撃陣爆発となるか。 昨季、シティにベスト16で敗れたライプツィヒはスイス王者ヤング・ボーイズと対戦。ライプツィヒはMFエンクンク、MFソボスライ、グヴァルディオルをそれぞれプレミアリーグのメガクラブに引き抜かれ、戦力ダウンが心配された。しかし蓋を開ければMFシャビ・シモンズとFWオペンダが大当たりの予感で早くもチームにフィットし、多くのゴールシーンに絡んでいる。ブンデスリーガで3勝1敗と良いスタートを切った中、CLでも白星スタートといきたい。 【グループG】 ▽9/19(火) 《25:45》 ヤング・ボーイズ vs ライプツィヒ 《28:00》 マンチェスター・シティ vs ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆バルサが新ベルギー王者アントワープと初戦~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202300917_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループHではバルセロナとポルトが突破候補。ウクライナ王者シャフタールが割って入れるかが注目され、66年ぶりにベルギー王者となったアントワープは厳しい戦いが予想される。 昨季は死のグループを突破できなかったものの、スペイン王者に返り咲いたバルセロナは初戦、アントワープと対戦。ラ・リーガでは際どい試合を制しつつ4勝1分けスタートと徐々にエンジンがかかってきた。直近のベティス戦では新戦力のFWフェリックスとDFカンセロにゴールが生まれた中、5-0と圧勝。良いチーム状態でCL初戦を迎えており、その勢いを持続したい。 毎シーズン、グループステージ突破を狙えるチーム力を着実に擁するポルトは初戦、シャフタールと対戦。主軸だったMFオタビオがサウジアラビアに引き抜かれたが、主砲FWタレミが残留したのはプラス。何よりセルジオ・コンセイソン監督の堅実なスタイルで大崩れすることは想像できず、今季も決勝トーナメント進出は堅いか。シャフタールとの初戦を制すことができればその可能性は増す。 【グループH】 ▽9/19(火) 《28:00》 バルセロナ vs アントワープ シャフタール vs ポルト 2023.09.19 18:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly