「こういう瞬間いいよね」UEFA公式もヨーロッパの舞台で戦った日本人2人のユニ交換シーンをピックアップ!「かっこいい…」

2023.03.10 19:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の1stレグでMF守田英正が所属するスポルティングCPと日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナルが対戦。日本人対決が実現した。守田はフル出場、冨安は63分からプレーした試合は1-1で前半を折り返すと、後半の55分にスポルティングCPが2点目。しかし62分にアーセナルのグラニト・ジャカのミドルシュートが守田にディフレクトして大きくコースが変わってゴールネットに吸い込まれた。

そこからは冨安が入ったアーセナルが安定感を増すと、一進一退の攻防を見せた試合は2-2のままタイムアップ。ELでの日本人対決はドローに終わった。
試合後には、2人が笑顔で会話をかわすと互いのユニフォームを交換する場面も。互いの健闘をたたえ合ったが、その姿はUEFA(欧州サッカー連盟)の公式ツイッターも紹介。SNS上のファンからも「こういう瞬間いいよね」、「日本のクラック」、「素敵なシーンだ」、「かっこぃぃ..」と反響が集まっている。

アーセナルのホームで行われる2ndレグは16日に開催。だが、この試合でイエローカードをもらった守田は出場停止になっている。

1 2

関連ニュース
thumb

三笘×ポルシェの2ショット再び!「全然興味なさそう」「嬉しそうじゃない笑」と三笘の表情が話題

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がクラブの3月の最優秀パフォーマンス賞を受賞した。 3月のキリンチャレンジカップ2023では日本代表としてウルグアイ代表戦とコロンビア代表戦の2試合にどちらも先発出場した三笘。コロンビア戦では開始早々の3分に高い打点からヘディングで電光石火の先制弾をマークした。 3月はクラブでも全4試合に出場し2ゴール3アシストと結果を残した三笘だが、特に11日に行われたプレミアリーグ第27節のリーズ・ユナイテッドでは、アシストにOG誘発と2点に絡む活躍。チームは引き分けたものの見事なプレーを披露していた。 リーズ戦のパフォーマンスがクラブの月間最優秀パフォーマンス賞を受賞。三笘は1月と2月に続いて3カ月連続の受賞となった。 さらに、クラブは受賞の記念にポルシェと三笘の2ショットを公開。「全然嬉しそうじゃない笑」、「圧倒的な虚無」、「全然興味なさそうだな」と注目が集まった1月に受賞した時と同じ写真だったが、知らないファンからは「三笘薫さん、ポルシェゲットしたらしい」、「何台貰うんだよ」、「また車クレル⁇」と珍しい光景に驚く声が上がっていた。 なお、月間最優秀ゴール賞はクリスタル・パレス戦のMFソリー・マーチのゴールが受賞。この賞も三笘が2カ月連続で受賞していたが、今回は逃す形となった。ただ、マーチのゴールをアシストしたのは三笘。毎月のように印象的なパフォーマンスを披露している。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘の虚無な表情に注目!ポルシェとの貴重2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Back-to-back Performance of the Month awards for <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/yYLzezH5aF">pic.twitter.com/yYLzezH5aF</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1641734835352870913?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】月間最優秀ゴールをアシストしたのは三笘薫</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It had to be him. Solly March wins March&#39;s GOTM award! <a href="https://twitter.com/BrightonTools?ref_src=twsrc%5Etfw">@BrightonTools</a> <a href="https://t.co/BjeXnJUAik">pic.twitter.com/BjeXnJUAik</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1641700856738504704?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.31 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律がクィディッチの選手に?1200万人超フォロワーのブンデス公式がタイトル争うチームの顔に起用

1200万人を超えるフォロワーを抱えるブンデスリーガの公式インスタグラムが更新。フライブルクの日本代表MF堂安律も起用された。 全34節のうち第25節までを終えたブンデスリーガ。3月のインターナショナルマッチウィークも終わり、いよいよ終盤戦へと入る。 今シーズンのブンデスリーガでは10連覇中の絶対王者バイエルンが不調。現時点で2位に位置しており、ユリアン・ナーゲルスマン監督を解任する事態に。首位にはドルトムントがつけているが、3位のウニオン・ベルリン、4位フライブルク、5位RBライプツィヒも優勝を狙える位置につけている。 4月1日にはバイエルンとドルトムントの頂上決戦のデア・クラシカーも控えている中、ブンデスリーガが公式インスタグラムを更新。「タイトルレース。レガシーが生まれる」とタイトル争いを煽る投稿をした。 ブンデスリーガが投稿したのは、大人気のファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの「クィディッチ」風の画像。同シリーズに登場する架空のスポーツであるクィディッチは箒に乗った魔法使いたちが相手チームのゴールにボールを投げ入れるというものだ。 ブンデスリーガのSNSでは、優勝チームに与えられるシャーレをボールに見立て、各チームの選手たちがユニフォーム風のローブを着用した画像を投稿しており、ドルトムントはイングランド代表MFジュード・べリンガム、バイエルンはドイツ代表MFジャマル・ムシアラといった具合に看板選手が起用されている。 そしてフライブルクで起用されたのは堂安。アニメ調のデザインになっているが、箒に乗った堂安がシャーレを追いかけている。 今シーズンここまでブンデスリーガ全25試合に出場し4ゴール5アシストをマークしている堂安。4位につけるチームの顔としても認識されているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】クオリティが高い!ブンデスリーガがハリーポッター風のイラストを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CqatOKDqcZo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CqatOKDqcZo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CqatOKDqcZo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bundesliga(@bundesliga)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.31 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「ありがとう板倉」「キャプテン最高」日本代表で初キャプテンのDF板倉滉の称賛の嵐、試合前の檄も公開「入りから行くぞ!」

日本代表の「Team Cam」が更新。キリンチャレンジカップ2023のコロンビア代表戦の舞台裏が公開された。 28日、日本は大阪のヨドコウ桜スタジアムでコロンビアと対戦。試合は三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)のゴールで幸先良く先制も、その後に逆転を許して1-2で敗れた。 日本サッカー協会(JFA)は試合に向けた「Team Cam」を更新。キックオフ直前のロッカールームでの様子も公開され、初めてキャプテンを務めたDF板倉滉(ボルシアMG)の姿が話題だ。 新生・日本代表のキャプテンをまだ決めていない森保一監督。ウルグアイ代表戦はMF遠藤航(シュツットガルト)が務め、コロンビア戦は遠藤がベンチスタートとなったために板倉が務めた。 カタール・ワールドカップ(W杯)まではDF吉田麻也(シャルケ)が務めており、同じポジションの選手、隣でプレーする選手のキャプテンシーを見てきた板倉は、コロンビア戦前にチームメイトに檄を送った。 「いくよ。入りから行くぞ!みんな準備できてるよ」 「入りからインテンシティ高く、一対一は絶対負けんな。この活動最後勝って終わりにしよう」 円陣を組みチームを鼓舞した板倉。この姿にファンは「板倉さん最高」、「ありがとう板倉」、「プレッシャーえぐいだろうな」、「キャプテンて本当に大事」、「良いキャプテンだ」、「板倉キャプテン最高」と初キャプテンという大役にコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】初キャプテンを任された板倉滉が試合前に鼓舞</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ekTFH5yA0yQ";var video_start = 770;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.31 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

新キャプテン候補に名乗りを挙げた板倉滉。最終ラインの統率役に求められることとは?【新しい景色へ導く期待の選手/vol.8】

3月シリーズはウルグアイに1-1にドロー、コロンビアに1-2の逆転負けと、厳しい船出を余儀なくされた新生・日本代表。2026年北中米ワールドカップ(W杯)ベスト8への道は想像以上に険しそうだ。 それでも、森保一監督は「未来を見据えて選手個々のレベルアップ、チーム全体の選手層・戦い方の選択肢を増やすことは絶対的に必要」と3年後を見据えた若手抜擢を今後も推し進めていくという。6月以降はパリ五輪世代のさらなる抜擢やU-20世代の発掘も推し進めていく構えだ。 2024年1〜2月のアジアカップ(カタール)などでは、吉田麻也(シャルケ)ら30代ベテランの呼び戻しもあり得るだろうが、基本的には2022年カタールW杯を経験した東京五輪世代とパリ世代を融合させ、次なる高みを目指していくことになりそうだ。 そういった流れを見越して、キャプテンの人選も慎重に進めている。ご存じの通り、指揮官はウルグアイ戦でまず30歳の遠藤航(シュツットガルト)にマークを託し、続くコロンビア戦では26歳の板倉滉(ボルシアMG)を抜擢している。 ただ、2戦目がベンチスタートだった遠藤とは異なり、板倉は2戦連続フル出場。菅原由勢(AZ)や瀬古歩夢(グラスホッパー)ら若いDF陣がズラリと並んだ最終ラインの統率役も託された。それだけ森保監督も彼を重視しているということなのだ。 もともと東京五輪世代のリーダーは中山雄太(ハダースフィールド)が長く担ったが、カタールW杯を棒に振った彼を今後のキャプテン候補と位置づけるのは厳しい。冨安健洋(アーセナル)もケガがちで先々の不安が拭えないことを踏まえると、板倉というのは適切な人選と言っていい。 「高校の時やアンダー世代の時に巻いたことはありますけど、それとは比較にならないくらい重みがある。絶対チームを勝たせたいという思いがありました。その自覚を持ってまた自チームに帰って成長したい」と本人も語気を強めたが、正式キャプテン就任のありなしに関わらず、第2次森保ジャパンの大黒柱にならなければいけないのは間違いない。 2試合を通して見ると、守備面では瀬古や菅原に声をかけながらラインコントロールをリードし、危ない場面では自ら体を張って阻止しようとしていた。不慣れな面々との連携はやりづらさもあったはずだが、意思疎通を図りながら合わせようと努めていた。 だが、コロンビアに同点弾を奪われた前半33分のシーンは悔やまれた。自らが競ったボールを相手MFアリアス(フルミネンセ)に奪われ、左SBマチャド(ランス)へ。板倉は必死に対応したが間に合わず、マイナスクロスを入れられた。次の瞬間、ドゥラン(アストンビラ)に決められたのだ。 1-1に追いつかれた苦しい局面。板倉にはここでこ周囲を鼓舞するような声出しや盛り上げが期待されたが、そういうアクションは見られなかった。これまで吉田や長友佑都(FC東京)に任せていた分、自分のことで精一杯になったのかもしれないが、やはり物足りなく映った。 今後、名実ともに大黒柱に君臨しようと思うなら、周りに苦言を呈するくらいの厳しさを示せなければいけない。穏やかな性格の板倉にはハードルが高いテーマかもしれないが、DF最年長である以上、やるしかない。 一方の攻撃面は落ち着いて、やはり球出しに長けた選手。落ち着いて見ていられるプレーが多かった。特にコロンビア戦はボランチに鎌田大地(フランクフルト)と守田英正(スポルティングCP)という配球に長けた2人が並んだことから、ビルドアップの部分はかなり改善された印象だった。 「ただ、結局、いいビルドアップをしようが、いいつなぎをしようが、コロンビア相手に勝っていかないといけないというのを思い知らされた試合だった。個人の感覚としては全然悪くなかったけど、相手は修正も早いし、インテンシティが上がった時にどう崩すかという課題もあった。これを積み重ねていくしかない」と板倉は悔しさをにじませたが、トライしていること自体は悪くない。もっと長短のボールを織り交ぜながら、攻撃に緩急をつけていくことができれば、日本の攻撃も活性化するはずだ。 新生・代表は今後、6・9・10月のインターナショナルマッチデー(IMD)のテストマッチを経て、11月から2026年W杯アジア予選に突入。前述の通り、来年にはアジアカップを戦う。その後、2024年パリ五輪を経て、秋からは最終予選に挑むことになるが、その時点ではより多くの若い選手が入ってくる可能性が大だ。 となれば、板倉はより重責を背負うことになるだろう。ドイツでは吉田と徒歩圏に住み、時には自宅に大先輩が来ることもあるという彼には、大先輩が何を考え、どんな行動を取ってきたかを誰よりもよく分かっているはず。それを今後の代表に生かさなければ意味がない。 「チームやディフェンスラインがうまくいっていないときに軸となって支えられる選手でないといけないと今回やってみて感じている。そして個の力ももっと伸ばさないといけない」と強調する板倉には、まずボルシアMGで少しでも順位を引き上げられるように努めてもらいたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2023.03.30 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

三笘薫にユナイテッド移籍のススメ? OBが太鼓判「とても感銘を受けている」

マンチェスター・ユナイテッドのOBが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫(25)の獲得を進言した。 2021年8月に川崎フロンターレからブライトンへと完全移籍。1年目はロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍していた中、ベルギーで大きな活躍を見せてブライトンへと復帰。初のプレミアリーグでのプレーとなった中、20試合で6ゴール3アシストを記録。公式戦では27試合で9ゴール5アシストを記録するなど、チームの主軸としてプレーしている。 カタール・ワールドカップ(W杯)での「三笘の1ミリ」、そしてFAカップのリバプール戦でのスーパーゴールなどで世界的にも注目を集めている三笘だが、ユナイテッドのOBであるFWルイス・サハ氏が、クラブに獲得を進言。ブライトンからアーセナルへ今冬移籍したベルギー代表MFレアンドロ・トロサールのような活躍が見込めるとした。 「そうだ。三笘薫はエリートクラブでプレーできる。彼はとても賢く、機動性があり、機敏な素晴らしい選手だ。トロサールがアーセナルで何ができるかを見てきたが、三笘はより大きなクラブで同じことをすることができると私は信じている」 「彼は今シーズン、ブライトンで多くの一貫性を示しており、私は彼にとても感銘を受けている。ブライトンでプレーすることと、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルでプレーすることには違いがあり、薫にとって大きな一歩となるだろう」 プレミアリーグでも実績を残し、フルアム時代には元日本代表MF稲本潤一(南葛SC)ともプレーした仲だが、ビッグクラブも狙う三笘の獲得にユナイテッドは動くだろうか。 2023.03.30 18:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly