【ラ・リーガ第20節プレビュー】後半戦スタート! 首位バルセロナは復調セビージャと対戦

2023.02.03 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週末に行われた前半戦最終戦では、レアル・マドリーとレアル・ソシエダの白熱の上位対決がゴールレスドローに終わった中、ジローナに競り勝った首位のバルセロナが独り勝ちの形となった。

ミッドウィークにスーペル・コパ参戦の4クラブが延期分を消化し、今節から全チームが足並みを揃える形で後半戦がスタート。その後半戦初戦では首位のバルセロナ(勝ち点50)と、13位のセビージャ(勝ち点21)による名門対決が最注目カードとなる。

バルセロナは前節、ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーをペドリの2試合連続ゴールを守り切ってウノセロ勝利。さらに、第17節延期分のベティス戦ではDFバルデの活躍が光った中、FWハフィーニャと3試合のサスペンションから復帰した主砲レヴァンドフスキのゴールで難敵相手に2-1の勝利。公式戦9連勝と共に50ポイント到達で前半戦を締めくくった。
そのベティス戦から中3日でのホームゲームでは直近のラ・リーガ連勝で復調気配を見せるセビージャと対戦。前回対戦では敵地で3-0の圧勝を収めたが、再開後のセビージャはサンパオリが志向する攻撃的なスタイルを遺憾なく発揮とは言えないものの、崩壊していた守備に大きな改善が見受けられており、引き続きFWデンベレを欠く中で攻撃陣のパフォーマンスが勝利のカギを握る。

そのバルセロナを追走するレアル・マドリー(勝ち点45)は、ソシエダ戦で勝ち点を取りこぼしたが、第17節延期分のバレンシア戦ではガットゥーゾ監督を解任し、ボロ暫定体制のチームを相手にFWアセンシオのゴラッソと、クラブ通算200試合出場を達成したFWヴィニシウスのメモリアルゴールによって2-0の勝利。きっちりバウンスバックに成功した。

週明けに昨季欧州王者としてモロッコ開催のFIFAクラブ・ワールドカップ2022に向かうエル・ブランコは、10位のマジョルカ(勝ち点25)を相手に弾みを付ける連勝を目指す。そのバレンシア戦ではMFチュアメニが戦列に復帰した一方、DFミリトンとFWベンゼマが負傷交代。今後の超過密日程に向けて不安を残す形に。アギーレ率いる粘り強さが信条の難敵に対しては、前半の内に先制点を奪ってよりラクな展開に持ち込みたい。

MF久保建英を擁する3位のソシエダ(勝ち点39)は、前回対戦で敗れた17位のバジャドリー(勝ち点20)を相手に公式戦3試合ぶりの白星を狙う。コパ・デル・レイでバルセロナ、前節にレアル・マドリーと古巣との連戦で勝利を逃した久保だが、いずれの試合でも圧巻のパフォーマンスでチームの攻撃を牽引。改めて自身の価値を証明した。対戦相手のバジャドリーは前回対戦で微妙な判定によってゴールを取り消された因縁の相手でもあり、今回の一戦ではトップ下でチャンスメークしつつ、積極的にゴールを狙いたいところだ。

前半戦4位からの巻き返しを図るアトレティコ・マドリー(勝ち点34)は、降格圏の19位に沈むヘタフェとのマドリード自治州ダービーで後半戦をスタート。前節は難敵オサスナとのアウェイゲームを、MFサウールの今季リーグ戦初ゴールで1-0と競り勝って、コパのマドリード・ダービーで喫した悔しい敗戦を払しょく。伝統的に相性が良いヘタフェ戦ではFWデパイやDFドハーティといった新戦力の活躍にも期待しつつ、力強いパフォーマンスでリスタートを飾りたい。

その他ではラージョに競り負けて6試合ぶりの黒星を喫した5位のビジャレアル(勝ち点31)と、前半戦唯一未勝利に終わった最下位のエルチェ(勝ち点6)が対峙する一戦にも注目。また、今冬の移籍市場最終盤には主に下位チームが大きくメンバーを入れ替えており、各チームの新戦力の活躍にも期待したい。

《ラ・リーガ第20節》
▽2/3(金)
《29:00》
アスレティック・ビルバオ vs カディス

▽2/4(土)
《22:00》
エスパニョール vs オサスナ
《24:15》
エルチェ vs ビジャレアル
《26:30》
アトレティコ・マドリー vs ヘタフェ
《29:00》
ベティス vs セルタ

▽2/5(日)
《22:00》
マジョルカ vs レアル・マドリー
《24:15》
ジローナ vs バレンシア
《26:30》
レアル・ソシエダ vs バジャドリー
《29:00》
バルセロナ vs セビージャ

▽2/6(月)
《29:00》
ラージョ vs アルメリア


関連ニュース
thumb

バルセロナが改修前最後のカンプ・ノウでマジョルカに3発快勝!ファティが電光石火弾を含む2G《ラ・リーガ》

バルセロナは28日、ラ・リーガ第37節でマジョルカと対戦し3-0で勝利した。 リーグ2連敗中の王者バルセロナは、直近のレアル・バジャドリー戦からスタメンを5人変更。ハフィーニャやエリック・ガルシア、セルジ・ロベルトらに代えて今季限りでの退団が決まっているブスケッツやジョルディ・アルバらをスタメンで起用した。 すでに残留を決めている11位マジョルカ(勝ち点47)に対し、バルセロナは開始早々の48秒で先制する。ブスケッツからの縦パスをボックス手前のレヴァンドフスキがワンタッチではたくと、ボックス内に侵入したレヴァンドフスキの折り返しをファティが難なくゴールに流し込んだ。 幸先良く先制したバルセロナは、14分に数的優位を得る。自陣右サイドでパスを出したバルデが後方からアマトにスライディングタックルで倒されると、主審は一度イエローカードを提示したが、VARで再確認した結果、故意で危険なものだったとしてレッドカードに変更となった。 数的優位となったバルセロナは24分、F・デ・ヨングの縦パスをボックス内のレヴァンドフスキがワンタッチでつなぐと、ゴールエリア左に抜け出したファティが冷静にシュートを流し込み、追加点を奪った。 迎えた後半もバルセロナは早い時間にチャンスを作る。47分、ショートコーナーの流れからジョルディ・アルバが左クロスを供給すると、クンデがヘディングシュート。さらに67分にもボックス手前で獲得したFKからレヴァンドフスキが直接ゴールに狙ったが、共にシュートはクロスバーに弾かれた。 さらに攻勢を続けるバルセロナは、70分にボックス右横のデンベレが供給した折り返しを中央で受けたガビがワントラップから左足一閃。強烈なシュートをゴール左に突き刺した。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず、3-0でタイムアップ。ファティの電光石火弾などで3発完勝のバルセロナが、改修前最後のカンプ・ノウでの一戦を勝利で飾った。 2023.05.29 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG関心もデンベレはバルサに忠誠を誓う?「ここで何年も素晴らしい選手でいたい」

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがバルセロナでのプレー継続を希望した。 今シーズンのデンベレは、ハムストリングの負傷があり一時戦線を離脱。それでも、ラ・リーガで23試合に出場し5ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグでは6試合で1ゴール2アシストを記録するなど、一定の活躍を見せていた。 これまでは数々の負傷もあり、加入当初の期待ほどの活躍はできていない状況。ただ、コンディションが万全の時のパフォーマンスは圧倒的であり、ファンやチームの期待も大きい。 ただ、契約が残り1年となる中、ここに来て今夏の移籍話が浮上。パリ・サンジェルマン(PSG)などが獲得に興味を持っていると報じられた。 ラ・リーガを制したバルセロナの一員として戦うデンベレだが、フランス『テレフット』のインタビューで改めてタイトル獲得についてコメント。「このタイトルは僕にとって誇りの源。僕の夢はバルセロナでプレーすることだといつも言ってきたし、クラブでタイトルを獲得することは大きな誇りだ」と語っていた。 バルセロナ愛を改めて口にしたデンベレ。フランス代表にも復帰する予定であり、自身のケガのせいでここまで大きな数字を残せていないことも理解している状況。ただ、自身の将来はバルセロナと共にあるという。 「バルセロナはとても居心地が良く、大好きなクラブだ。ここで何年も素晴らしい選手でいたいと思っている」 「今の僕の目標はバルセロナでタイトルを獲得し続け、チャンピオンズリーグで優勝を目指したいと思っている」 残り1年となった契約。クラブが契約延長を打診しないのであれば、今夏の退団もあり得るが、どのような動きを見せるだろうか。 2023.05.28 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「正気かい?」バルサ女子の行動に賛否!リフティングチャレンジに食物使用「かわいそうなレタス」「絶望的で気持ち悪い」

バルセロナ女子チームのリフティングチャレンジに賛否が集まっている。 28勝1分け1敗という成績でリーガF(スペイン女子1部)4連覇を達成したバルセロナ。UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも決勝進出を果たし、2シーズンぶりの優勝を懸けて6月3日にPSVスタディオンでヴォルフスブルクと対戦することになっている。 『DAZN』のグローバルアカウントでは、ファーストタッチチャレンジと題して選手のテクニックをアピール。イングランド女子代表DFルーシー・ブロンズをはじめ、スペイン女子代表FWクラウディア・ピナ、同代表MFパトリシア・ギハロ、ブラジル女子代表FWジェイゼ・フェレイラの4選手が登場した。 企画は様々なものを使って4人全員がリフティングできるかというもの。最初の課題はサッカーボールで、当然難なくクリアした。 続いてのラグビーボールも攻略し、続いての課題は果物のオレンジ。さらにぬいぐるみ、卓球のピンポン球とクリアし、最後の題目はレタスだった。 ただ、最初のキックからレタスは砕け散り、当然のことながら弾むことはなかった。それでも、葉部分の大半がはがれ、残った芯でトライ成功。周囲はなかなかの惨状だったが、無事にチャレンジは終了した。 27日にこの様子がツイッターやYouTubeで公開されると、賛否が分かれた。 「このグループは面白いですね」、「このビデオは素晴らしい」、「かわいそうなレタス...そこがとても楽しいのだけれど!」と面白がるものもいれば、「なんで食べ物で遊んでるの?」、「まったく絶望的で気持ち悪い」、「全然面白くないよ!正気かい?DAZNもバルセロナも」、「食べ物で遊ぶのは良くないと、制作現場の誰かが思いつかなかったのか?」といった非難の声も寄せられているが、果たして望ましい行いだったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】バルセロナ女子のリフティングチャレンジにより砕け散るレタス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ldaf8iunQJM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.28 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサの選手としてもプレー? 神戸退団のイニエスタがブスケッツとのビデオ通話でプラン明かす「バルサとヴィッセル、半分づつでプレーする」

ヴィッセル神戸からの退団を発表した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、元チームメイトであるバルセロナのMFセルヒオ・ブスケッツとのビデオ通話の模様をアップした。 25日、イニエスタは記者会見を実施。今シーズンまでの契約がある中で、今夏早期に退団することを発表した。 今シーズンはケガでの出遅れなどもあった中、チームのスタイルが変わり出番が激減。現状を受け入れながらも、ピッチ上でプレーをしたいという意思を伝え、退団が決定した。 今後の去就はまだ不明としながらも、現役を続けたい意向を示したイニエスタ。神戸としてのラストマッチは、7月1日になるが、6月6日には、古巣であるバルセロナとの一戦を控えている。 イニエスタは、ブスケッツとのビデオ会話をインスタグラムで公開。自身のプランを明かした。 イニエスタは退団会見をした日にブスケッツと話したとのこと。「今日、日本での退団の記者会見をしたばかりだよ」と伝えると、ブスケッツは「いつが最後の試合?」と質問。イニエスタは、「2つのうち1つは君たちとの試合だよ。6月6日。君が来てくれることをみんなが期待しているよ」と、6月6日の対戦を楽しみにし、ブスケッツの来日を望んでいるとした。 ブスケッツも自身がカンテラ時代から過ごしたバルセロナを今シーズン限りで退団することが決定。イニエスタとの試合が、バルセロナでのラストマッチとなる。 また、イニエスタは「そして7月1日だ」と札幌戦も最後であると伝えた。 その親善試合ではイニエスタは驚きのプランを持っているとのこと。「アイデアとしてはバルサとヴィッセル、半分づつでプレーすることだ」と、どちらのチームでも出場したい意向を示すと、ブスケッツも「本当に?」と驚き。イニエスタは「少し昔を思い出しながら楽しめたらなって」と伝えると、「監督もプレーすればいいんだよ(笑)」とブスケッツはかつて中盤を形成したチャビ・エルナンデス監督もピッチに立つべきだと冗談混じりに語った。 イニエスタは国立競技場での開催についても言及。「素晴らしいのはスタジアムだよ、日本の国立競技場だからね」と語り、「前回のオリンピックが行われた場所でとても良いスタジアムだよ」と語った。 ブスケッツはこれまで何度か来日した際の素晴らしい思い出についても言及。日本のファンの熱烈な歓迎は素晴らしい思い出として残っているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】イニエスタがブスケッツとのビデオ通話公開!対戦に言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CsxHwO3ro73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CsxHwO3ro73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CsxHwO3ro73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.05.28 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第37節プレビュー】勝利でトップ4確定の久保ソシエダはアトレティコとの上位対決!

ミッドウィーク開催となった前節は、今季初の連敗を喫したバルセロナやアトレティコ・マドリーの上位陣が取りこぼした一方、レアル・マドリーが公式戦3試合ぶりの白星を奪取。また、熾烈なトップ4争いではレアル・ソシエダ、ビジャレアルの2チームがいずれも勝ち点3を奪取した。 セビージャが来週ミッドウィークにローマとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控える関係で、セビージャvsレアル・マドリーが前日に前倒し開催となったものの、今節はそれ以外の全カードが一斉開催となる。 今節の最注目カードは、トップ4争いの行方を左右する、3位のアトレティコ(勝ち点73)と4位のソシエダ(勝ち点68)の上位対決だ。 ソシエダは前節、残留を決定したいアルメリアとホームで対戦。トップ4争いの重圧もあってか相手の粘り強い守備に苦戦を強いられたが、そのチームを救ったのがMF久保建英。前半半ば過ぎに退場者を出した相手が後ろに重心を置いた中、前半終了間際にボックス手前右でボールを受けた日本代表は細かいフェイントを交えたカットインから左足を振り抜き、ゴール左上隅の完璧なコースに突き刺すスーペルゴラッソ。そして、久保の値千金の今季8点目を最後まで守り切ったラ・レアルが連勝で、悲願のトップ4フィニッシュへ残り2ポイントとした。 最終節にセビージャとのホームゲームを残しているものの、今節で勝利してトップ4を決めたいイマノルのチームでは、アルメリア戦で負傷交代したMFダビド・シルバという重要なプレーヤーを負傷で欠くが、それ以外の主力はほぼ戦列に復帰。5枚の交代カードを有効に活用しながら、総力戦で難所攻略といきたい。その中で以前からアトレティコを得意とする久保には2試合連発を含む躍動をみせ、チームをCLの舞台に導く活躍を期待したい。 一方、最終節にビジャレアルと対戦するなどトップ4争いのカギを握るアトレティコ。2位フィニッシュを目指すチームは前々節のオサスナ戦を3-0の快勝で飾り、前節は後半立ち上がりまでに3点を奪う余裕の戦いぶりを見せたが、残留を目指すホームチームにセットプレーを中心に一気に3点を叩き込まれる拙い試合運びで3-3のドロー。この結果、宿敵に抜かれて再び3位に転落する形となった。この勝ち点逸で逆転での2位フィニッシュは厳しくなったが、ホーム最終戦を白星で飾るべく難敵撃破を狙う。その中で2戦連発中のMFサウール、MFカラスコと共に古巣対戦のFWグリーズマンがキーマンとなるはずだ。 3連勝でソシエダを5ポイント差で追走する5位のビジャレアル(勝ち点63)は、12位のラージョ(勝ち点46)とのアウェイゲームで4連勝を狙う。前節は残留争いに身を置くカディスを相手に、目下絶好調のFWジャクソンのドブレーテの活躍で2-0の完勝。十分な余力を残した状態で難所バジェカスに乗り込む。相手の強度の高いプレッシングをかいくぐりながら、多士済々の攻撃陣の活躍でチャンスをしっかりと仕留め切り、逆転トップ4への望みをホーム最終節まで繋げたい。 降格2枠を巡る残留争いでは、13位のバレンシア(勝ち点40)と19位のエスパニョール(勝ち点35)、17位のカディス(勝ち点38)と14位のセルタ(勝ち点40)、15位のアルメリア(勝ち点39)と18位のバジャドリー(勝ち点38)の直接対決3試合に大きな注目が集まる。 崖っぷちの立場にいるエスパニョールは今節勝利を逃すと、ライバルの結果次第で降格が決定する可能性もあるが、逆に勝利できれば、近年稀に見る熾烈な残留争いを演出できる。 優勝決定による集中力、強度の欠如から今季初めて連敗を喫したバルセロナ(勝ち点85)は、前節バジャドリー戦での3失点によって今季の失点数が「18」となり、ラ・リーガ最少失点記録の新記録樹立を逃すことに。ただ、残り2試合を無失点で終われれば、1993-94シーズンのデポルティボ・ラ・コルーニャと並んで記録保持者となれる。今季のホーム最終戦となる11位のマジョルカ(勝ち点47)との試合では今季限りでの退団が発表されたMFブスケッツとDFジョルディ・アルバのレジェンド2人に白星を捧げると共に、ラ・リーガ新記録となる26度目のクリーンシート、3戦連発でピチーチに迫る主砲レヴァンドフスキの4試合連続ゴールで勝ち切りたい。 前節、FWベンゼマとFWロドリゴの2ゴールによってラージョに競り勝って公式戦連敗をストップし、2位に返り咲いたレアル・マドリー(勝ち点74)。今節はラージョ戦で右足に裂傷を負ったFWベンゼマと打撲による軽傷を抱えるFWヴィニシウスの両エース、同じく負傷でFWアセンシオが招集外に。そのため、敵地での一戦ではチーム事情でU-20ワールドカップ行きを断念したFWアルバロ・ロドリゲスがロドリゴやFWアザールと共に前線でプレーすることになるようだ。 対する10位のセビージャ(勝ち点49)は、前節のエルチェ戦でのドローによって逆転でのヨーロッパコンペティション出場が絶望的に。そのため、ホーム最終戦となる今節は主力を温存し、EL決勝に向けて万全の準備を整えることになる。とはいえ、ローマ戦に影響が及ぶような大敗は避けたく、後ろに重心を置きながら手堅い戦いを見せたいところだ。 《ラ・リーガ第37節》 ▽5/27(土) 《26:00》 セビージャ vs レアル・マドリー ▽5/28(日) 《26:00》 アスレティック・ビルバオ vs エルチェ アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ バルセロナ vs マジョルカ ヘタフェ vs オサスナ カディス vs セルタ ラージョ vs ビジャレアル アルメリア vs バジャドリー ジローナ vs ベティス バレンシア vs エスパニョール 2023.05.27 12:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly