マドリーがドルトムントの21歳FWアデイェミに関心 “脱ベンゼマ依存”の一環か

2023.01.31 17:39 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーがドルトムントのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(21)をリストアップしたようだ。

アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利きの快足アタッカー。プロデビューの地はザルツブルクで、昨夏のドルトムント加入でドイツへと帰還し、今季の公式戦21試合で3得点1アシストを記録している。

ゴール数はさほど伸びていないものの、昨秋以降はスタメン起用も多く、プレータイムが増加傾向に。スペイン『Fichajes』によると、そんなアデイェミに対して欧州王者マドリーが興味を寄せ始めたという。
今年で36歳を迎えるFWカリム・ベンゼマへの依存度が高いマドリーは前線の若返りを進行中。2024年夏にはパウメイラスからU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)が加入することが決定済みだ。

ただ、逸材エンドリックも加入時点でまだ18歳で、いきなり即戦力になるかは現段階で未知数な部分も。選手層拡充も考慮して他の選手を獲りたい考えで、本職のサイドだけでなく中央でもプレー可能なアデイェミを高く評価しているとされる。

関連ニュース
thumb

レアルに新たな頭痛の種…負傷中のアラバが代表活動参加、過去にはベイルやアザールなどの悪い例

頭痛の種を取り除いたはずのレアル・マドリーだったが、新たな頭痛の種が生まれてしまったようだ。スペイン『アス』が報じた。 長年マドリーを悩ませていたのは元ウェールズ代表FWガレス・ベイル。ロサンゼルスFCへと移籍した後に現役を引退していたが、マドリー時代の後半は度重なるケガに悩まされていた。 マドリーにとってはケガで起用ができないにも関わらず、ウェールズ代表の活動に招集されるという謎の事態が続いていた中、再び同じ悩みを抱えることに。オーストリア代表DFダビド・アラバが同様の状態になっているという。 ユーロ2024予選に向けたオーストリア代表に招集を受けたアラバ。マドリーではハムストリングのケガのため、2月18日のオサスナ戦以降プレーせず、先週末のバルセロナとの“エル・クラシコ”でもメンバー外だった。しかし、メディカルの許可がない状態で代表活動に参加することとなった。 ラルフ・ラングニック監督率いるオーストリア代表だが、監督は今回の代表活動参加はアラバの申し出だったとほのめかしている。 「彼はキャプテンとして素晴らしいお手本だ。彼にとっては、時間との戦いだ」 オーストリアはアゼルバイジャン代表、エストニア代表と今回のインターナショナル・マッチウィークで対戦。プレーするかどうかは不明だが、プレーできなくとも代表チームと一緒に過ごしたかったという。 ベイルも同様のことが何度か続いたが、過去には元ベルギー代表FWエデン・アザールでも同様の事態が起こっていたとのこと。ケガがありクラブでプレーしていないのにも関わらず、代表活動を優先してきた選手たち。ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは、休むことを選択したが、責任感の強い選手の集まりは頭を痛めることになるようだ。 2023.03.22 08:05 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ケイン売却なら160.9億円の一括払いを要求か

トッテナムがイングランド代表FWハリー・ケイン(29)の移籍に1億ポンド(約160億9000万円)を求めるようだ。 言わずもがな、トッテナムの生え抜きエースとして名を轟かせるケイン。過去に3度のプレミアリーグ得点王に輝いたりと存在価値を高める一方で、クラブとしての栄光からは縁遠く、たびたびトロフィー獲得の野望を公にしている。 それでも、トッテナム愛から移籍話が出るたびに残留を決断し続けるが、現行契約は2024年まで。トッテナムは当然、売却の意思などないが、契約の更新がなければ、来る夏から次の冬までが移籍金を掴むタイミングにもなる。 そんなケインにバイエルンや、レアル・マドリーの関心話もまことしやかにあるなか、より強く獲得を狙っているのがマンチェスター・ユナイテッド。ストライカーの獲得が急務のユナイテッドにとって、ケインはうってつけの銘柄だ。 だが、イギリス『ザ・タイムズ』によると、トッテナムは売却となれば、1億ポンドを要求。しかも、一括払いでだという。これほどの高額となれば、たいていは分割払いだが、国内のライバルドにエースを渡すまいとするトッテナムの抵抗か。 また、両クラブは2008年夏にディミタール・ベルバトフを巡る交渉が長期戦に発展した過去。ユナイテッドは他の補強がその影響を受け、トッテナムは今回のケインも長引けば長引くほど相手の獲得欲が薄れるのではとの思惑があるようだ。 一方で、渦中のケインは今季終了後にトッテナムとの話し合いを予定しているが、移籍となれば、アラン・シアラーのプレミアリーグ得点記録を意識して国内を望む様子。そうなると、現時点でトッテナム残留か、ユナイテッド移籍の2択となるが、いかに。 2023.03.21 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのベリンガム獲得、現時点で希薄か…レアル&シティが資金力でより強い立場

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)は移籍となれば、現時点でレアル・マドリーか、マンチェスター・シティの争いとなるようだ。 ドルトムントでの輝きに続き、先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも株を上げたベリンガム。来る夏の移籍が濃厚視されており、動向が大いに注目される。 だが、ドルトムントは2025年まで残る契約内にリリース条項を設けておらず、欲しがるクラブに言い値での交渉が可能。したがって、マネーゲームが必至だ。 そんな19歳をトップターゲットに定め、獲得有力ともいわれたリバプールだが、イギリス『The Athletic』によると、獲得の可能性が低くなっているという。 リバプールは予想コストに尻込みしている状況で、競合するレアル・マドリーとシティの資金力も相まって、獲得レースに参戦するのを見送る流れにある模様だ。 それでも、リバプールの興味が冷めたわけではないが、現時点でレアル・マドリーとシティがより強い立場にいるというベリンガムの争奪戦。今後、どのような発展を遂げるか。 2023.03.21 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「泣きそうになった」ゴールは取り消しもレアル・マドリーのアセンシオがクラブに忠誠誓う仕草!“禁断の移籍”噂も「バルサ移籍はなさそう」

レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオがクラブ愛を見せた。 19日のラ・リーガ第26節でバルセロナのホームに乗り込んだマドリー。前半の序盤にオウンゴールで幸先よく先制したが、ハーフタイム前に追いつかれると、81分にはアセンシオがネットを揺らしたが、VARの結果オフサイドでゴールは取り消され、後半アディショナルタイムにバルセロナのMFフランク・ケシエに逆転ゴールを許し、敗れた。 バルセロナとの勝ち点差は12とリーグ優勝は相当厳しくなったマドリーだが、バルセロナ戦でポジティブな要素の1つだったのがアセンシオだ。オフサイドとなったシュート以外にもドリブルで持ち味を発揮。気持ちの入ったプレーで一緒に途中出場したMFダニ・セバージョスとともに良いパフォーマンスを見せていた。 そして、アセンシオがゴールネットを揺らした場面。アセンシオはユニフォームの左胸にあるクラブのエンブレムを指差すパフォーマンスを披露。ゴールはその後取り消されたものの、マドリーへの愛を感じさせる瞬間だった。 アセンシオについては2023年6月でマドリーとの契約が満了するため、フリーとなる来夏の退団が濃厚と考えられている状況。そうした中でのゴールパフォーマンスだっただけに、ファンも「オフサイドだったけどアセンシオがゴール決めてエンブレムを指さした時本当に泣きそうになった」、「エンブレム指差すアセンシオ大好きです」、「バルサ移籍はなさそうだな」と反応していた。 過去には今日の対戦相手だったバルセロナの“禁断の移籍”の可能性が報じられたこともあったが、この日のリアクションを見る限りその線は薄そうだ。 バルセロナ戦で好パフォーマンスを披露したアセンシオだが、来季はどのクラブのユニフォームに袖を通しているのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールは取り消しも、アセンシオの気持ちがこもったパフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MOjvkVRWjrQ";var video_start = 424;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.20 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

クラシコ劇的勝利のチャビ「士気が高まるし、自信にもなる」 敵将のゴール取り消し不服も一蹴!

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 19日のラ・リーガ第26節でレアル・マドリーをホームに迎え撃ったバルセロナ。序盤にオウンゴールから先制点を献上したが、前半のうちに追いつくと、後半アディショナルタイムにフランク・ケシエの劇的ゴールで逆転勝ちした。 宿敵に12ポイント差をつけ、2018-19シーズン以来のラ・リーガ制覇にまた一歩前進のチャビ監督は「まだ12試合もある」と気を緩めずだが、クラシコでの勝利を喜んだ。 「クラシコでの非常に大きな勝利だし、それに値する。チームはすべてを出し尽くした。我々からすると、非常に大きな勝利で士気が高まるし、自信にもなる。とても良かった」 試合内容も「我々の方が全体的にレアル・マドリーに勝るものだった」と胸を張ったスペイン人指揮官はまた、12ポイント差という部分により切り込み、見解を示した。 「別に決定的なものというわけではない。チャンピオンという実感もないね。一歩前進したという感じだし、選手のことを思うと、とても嬉しい。良いムードがある」 「彼らの働きは過小評価されているが、並外れたリーグを戦っているんだ。私は彼らの取り組みを誇りに思う」 今回のクラシコを劇的に制したが、1-1の81分にマルコ・アセンシオのゴールがVARの末に取り消されたのも追い風に。敵将のカルロ・アンチェロッティ監督は納得しかねる様子だが、チャビ監督は正しい判定だと言い放った。 「今日もVARの話題が出ているとしたら、ジョークのような話だ。明らかにオフサイドだったのだから」 「それに、全体的に我々が優れ、ケシエのゴールもそれを正当化するものだった。VARがなければはるかに難しかっただろうし、私はVARを気に入っている」 「至ってフェアだ。(相手監督の)オフサイドかどうかなんて、驚きだ」 2023.03.20 11:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly