元アルゼンチン代表のパストーレがエルチェを早期退団「自分のサッカーができず、本当に申し訳ない」

2023.01.07 16:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(33)がエルチェに別れを告げた。

2009年に加入したパレルモでブレイクし、パリ・サンジェルマンやローマでプレーしてきたパストーレ。ローマとは2021年夏に双方合意の下で契約を解除し、エルチェに新天地を求めた。

ただ、初のスペイン挑戦は、度重なるケガに悩まされたローマ時代同様、うだつの上がらないものに。昨年3月にはベンチから主審に暴言を吐き4試合の出場停止処分を受けるなど、ピッチ外で注目を浴びてしまった。
結局、スペイン1年目は公式戦15試合の出場にとどまった中、今季の出場もラ・リーガ第2節のアルメリア戦でのわずか4分間のみとなっており、6日にパストーレからインスタグラムを通じて退団が明かされた。

「2日前、エルチェのチームメイトと全てのスタッフに個人的に別れを告げてきた。今日は、初日から愛とサポートを示してくれたエルチェのファンにも別れの言葉を送る。あなた方が毎日見せてくれた愛情や、僕の家族に温かく接してくれたことに感謝したい」

「一方で、ピッチ上では僕の望む1年半ではなかった。自分のサッカーができず、本当に申し訳ない」

「2023年が皆にとって満足のいくものとなりますように、心から願っている。ありがとう、エルチェ」

関連ニュース
thumb

マチン解任の最下位エルチェ、サンパオリの“右腕”ベッカセセ氏を招へい

エルチェは21日、アルゼンチン人指揮官のセバスティアン・ベッカセセ氏(42)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。 エルチェでは前日、ホルヘ・アルミロン前々監督の後任として昨年11月に就任していたパブロ・マチン前監督(47)を成績不振により解任。現在、残留圏の17位エスパニョールとは14ポイント差の最下位に沈んでいる。 ベッカセセ氏はホルヘ・サンパオリ氏の右腕として14年間、アシスタントコーチを務めていた経歴の持ち主。 直近では2021年2月にアルゼンチンのデフェンサを指揮。92試合を指揮して34勝27分け31敗の戦績を残し、翌年9月に辞任して以降はフリーだった。 2023.03.22 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

最下位エルチェが今季3度目の監督交代…12試合でわずか2勝に終わる

エルチェは20日、パブロ・マチン監督(47)の解任を発表した。 昨年11月18日にホルヘ・アルミロン前監督の後任として、エルチェの指揮官に就任したマチン監督。最下位に沈むチームの立て直しを期待されたが、就任後はリーグ戦12試合で2勝3分け7敗と立て直しに失敗。 直近の試合では久保建英の所属するレアル・ソシエダに公式戦7試合ぶりの勝利を献上しており、残留圏の17位エスパニョールとの勝ち点差は14pt差となっている。 なお、現時点で後任は決まっておらず、今後のトレーニングはコーチングスタッフが担当するとのことだ。 2023.03.20 23:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「シルバとの連係は無敵」7戦ぶり勝利に導いた久保建英に現地紙も高評価、それでも「もっと狙いを研ぎ澄ませるべき」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が高い評価を受けている。 19日、ラ・リーガ第26節でソシエダはエルチェと対戦。久保はこの試合で2トップの一角として先発出場。ゴールレスで前半を終えた中、後半早々に大きな仕事をする。 パスを受けたダビド・シルバが滑りながらも絶妙なスルーパス。これをボックス内で受けた久保が、落ち着いてゴールに流し込みソシエダが先制に成功。前半からニアゾーンを狙っていた久保に通った絶妙なパス。最後はクロスではなくシュートを選択し見事に決め切り、今シーズンのラ・リーガで5点目を記録。2019-20シーズンに記録した4ゴールを抜き、自身のリーグ戦シーズン最多得点記録を更新した。 その後も1点を追加したソシエダが2-0で勝利。公式戦7試合ぶりの勝利を収めることとなった。 チャンスを生かせていなかった久保だが、なんとかゴールを決めたこの試合。スペイン『ElDesmarque』は8点(10点満点)の評価を与えた。 「彼は狙いを定めるのに苦労していたが、シルバとの連係は無敵だった。この2人は、後半開始早々に日本人が決めたゴールの主人公だった」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』も8点(10点満点)を与えている。 「許せないことが多い。彼の持つクラスとテクニックがあれば、もっともっと狙いを研ぎ澄ませるべきだ。シルバが与えてくれた最初のチャンスを逃すわけにはいかなかった」 「先制点を決め、悪夢のような活躍を続け、決して仕事を止めない」 <span class="paragraph-title">【動画】無敵の連係!シルバの絶妙パスから久保建英が技ありゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RbJnVoQh10o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.20 11:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「決めなければ殺されていた」5試合ぶりゴールの久保建英、アシストのダビド・シルバを語る「個人的に彼に恩がある」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、エルチェ戦を振り返った。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。 19日、ラ・リーガ第26節でソシエダはエルチェと対戦した。 久保はこの試合で2トップの一角として先発出場。ゴールレスで前半を終えた中、後半早々に大きな仕事をする。 パスを受けたダビド・シルバが滑りながらも絶妙なスルーパス。これをボックス内で受けた久保が、落ち着いてゴールに流し込みソシエダが先制に成功。前半からニアゾーンを狙っていた久保に通った絶妙なパス。最後はクロスではなくシュートを選択し見事に決め切り、今シーズンのラ・リーガで5点目を記録。2019-20シーズンに記録した4ゴールを抜き、自身のリーグ戦シーズン最多得点記録を更新した。 久保にとっては、2月13日のエスパニョール戦以来5試合ぶりのゴールとなり、良い形で日本代表の活動に合流することとなった。 なお、チームは90分にアンデル・バレネチェアが追加点を奪い、2-0で勝利。チームにとっては公式戦7試合ぶりの勝利となり、しっかりと4位をキープしている。 久保は久々の勝利についてコメント。責任を感じていたと明かした。 「僕たちは長い間ホームでファンの前で勝利していませんでした。ファンはすでにそのような喜びに値していました。僕たちは悪い結果が続くことに責任を感じていました。この勝利とこの休みで、チームはもう一度浮上します」 また、自身のゴールについても言及。アシストをしてくれたダビド・シルバについても語った。 「あのゴールを決めなかったら、ダビドに殺されていたでしょう。僕は幸せだし、チームで最高の存在であるシルバに感謝したいです。僕は個人的に彼に恩があります」 「その前に、すでに2本ゴールに繋がるようなパスを出してくれていました。そして、ゴールが彼のアシストによるものだったのは良かった」 これで日本代表へと合流する久保。チームでの調子の良さを持ち込みたい一方で、代表活動中もチームのことを考えているとした。 「この調子の良さが、日本代表のユニフォームを着るのを助けてくれるのかを見てみたいと思います。親善試合のことも考えますが、日本代表と一緒に居ても、チャンピオンズリーグに出ることが目標なので、ラ・レアルのことも考えているつもりです」 <span class="paragraph-title">【動画】シルバの絶妙パスから久保建英が技ありゴール!キャリアハイのリーグ5点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RbJnVoQh10o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.20 10:32 Mon
twitterfacebook
thumb

「スターや」「救うのは結局久保だった」シルバから久保建英へのホットライン! キャリアハイの5点目で6戦未勝利のソシエダを救う「相当信頼されてる」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が久しぶりにネットを揺らした。 19日、ラ・リーガ第26節でソシエダはエルチェと対戦した。 久保はこの試合で2トップの一角として先発出場。ゴールレスで前半を終えた中、後半早々に大きな仕事をする。 パスを受けたダビド・シルバが滑りながらも絶妙なスルーパス。これをボックス内で受けた久保が、落ち着いてゴールに流し込みソシエダが先制に成功した。 前半からニアゾーンを狙っていた久保に通った絶妙なパス。最後はクロスではなくシュートを選択し見事に決め切り、今シーズンのラ・リーガで5点目を記録。2019-20シーズンに記録した4ゴールを抜き、自身のリーグ戦シーズン最多得点記録を更新した。 久保にとっては、2月13日のエスパニョール戦以来5試合ぶりのゴールとなり、良い形で日本代表の活動に合流することとなった。 なお、試合は2-0でソシエダが勝利。チームにとっては公式戦7試合ぶりの勝利となり、しっかりと4位をキープしている。 ファンは久々の久保のゴールに「決め切った久保が素晴らしい!」、「久保くんのシュートもすげぇ」、「スターや」、「うまいゴール!」、「ソシエダを救うのは結局久保だった」、「キャリアハイおめでとう」、「久保は相当信頼されてるな」とコメントが集まっている。 ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのローマ戦では先発落ちとなり、スペイン代表FWミケル・オヤルサバルにポジションを奪われる形となったが、今回は先発して勝利に導く活躍。ソシエダを牽引できることを結果で示す形となった。 <span class="paragraph-title">【動画】シルバの絶妙パスから久保建英が技ありゴール!キャリアハイのリーグ5点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RbJnVoQh10o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.20 07:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly