元伊代表FWジラルディーノが古巣ジェノアの暫定指揮官に就任

2022.12.06 22:24 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWのアルベルト・ジラルディーノ氏(40)が、暫定的ながら古巣ジェノアのトップチームを指揮することになった。

ジェノアは6日、アレクサンダー・ブレシン監督(49)の解任を発表した。

ブレシン監督は今年1月中旬にジェノアの指揮官に途中就任。しかし、残留争いに巻き込まれていたチームを立て直せず。チームは19位でのセリエB降格となった。
そのまま留任となった今季のセリエBでは、15節消化時点で自動昇格圏内と6ポイント差の5位に位置するが、直近の5戦未勝利(2分け3敗)という不振を受け、クラブはドイツ人指揮官の更迭を決断した。

イタリア代表としても2006年ドイツ・ワールドカップで優勝を果たしたジラルディーノ氏は、現役時代に数多くのクラブでプレー。ピアチェンツァでキャリアをスタートさせると、エラス・ヴェローナ、パルマ、ミラン、フィオレンティーナ、ジェノア、ボローニャ、広州恒大(現:広州FC)、パレルモ、エンポリ、ぺスカーラ、スペツィアでプレーした。

2018年7月の現役引退はレッツァートで監督業をスタート。その後、プロ・ヴェルチェッリ、シエナで監督を務めていたが、2021年10月に解任。そして、今年7月から古巣ジェノアのプリマヴェーラで指揮を執っており、今回内部昇格の形で暫定指揮官に任命された。

関連ニュース
thumb

アウグスブルクがイェボア&カルドナと2人のストライカー獲得!

アウグスブルクは18日、U-21イタリア代表FWケルビン・イェボア(22)とフランス人FWイルヴァン・カルドナ(25)の2選手の獲得を発表した。 イェボアは、かつてフランクフルトでブンデスリーガ2度の得点王に輝いた元ガーナ代表FWアンソニー・イェボアを叔父に持つサラブレッド。 ガーナ生まれイタリア育ちの185cmのストライカーは、WSGティロル、シュトゥルムグラーツとオーストリアのクラブでブレイクを果たすと、2022年1月にジェノアへ完全移籍。加入直後から主力として活躍したものの、チームは無念のセリエB降格に。そのまま残留した今シーズンはセリエBで11試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 また、ガーナとイタリアの国籍を有するが、現在はU-21イタリア代表でプレーしている。全体的に粗削りな面は否めないが、センターフォワードに加え、左右のウイングでプレー可能なスピードとテクニックを併せ持つ逸材だ。 なお、移籍形態は買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタルとなる。 一方、モナコの下部組織育ちのカルドナは、2019年に加入したスタッド・ブレストで台頭。ここまで公式戦106試合19ゴール7アシストと数字面では目立った活躍はないものの、高い身体能力を生かした意外性のあるフィニッシュが印象的な185cmのストライカーだ。ただ、今シーズンのブレストではリーグ戦10試合ノーゴールと思うような活躍を見せられずにいた。 なお、アウグスブルクへは2027年6月30日までの4年半契約での加入となる。 2023.01.18 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼ、新監督にダビデ・バッラルディーニ氏招へい

クレモネーゼは15日、イタリア人指揮官ダビデ・バッラルディーニ氏(59)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 クレモネーゼは26年ぶりにセリエA昇格に導いたファビオ・ペッキア監督の退任に伴い、今季よりマッシミリアーノ・アルヴィニ監督がチームを指揮。しかし、リーグ戦はここまで18試合終了時点で7分け11敗と勝利がなく最下位に沈んでいた。 そして、14日に行われた昇格組のモンツァ戦での敗戦が引き金となり、クラブは同日にアルヴィニ監督の解任を発表していた。 後任に就任したバッラルディーニ氏は、これまでカリアリやラツィオ、ジェノアなどイタリア国内クラブの監督を歴任。直近では、2020年12月末から4度目となるジェノアの監督を務めたが、2021年11月に成績不振を理由に解任。その後はフリーの状態が続いていた。 2023.01.16 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがジラルディーノ率いるジェノア撃破で8強! W杯優勝後ホーム凱旋ディバラが決勝弾《コッパ・イタリア》

ローマは12日、スタディオ・オリンピコで行われたコッパ・イタリアのラウンド16でジェノアと対戦し、1-0で勝利した。 現在、セリエAで7位に位置するローマは、今シーズンのコッパ初戦でセリエBで3位に位置するジェノアと対戦した。 直近のリーグ戦でミラン相手に敵地で2点差を追いつく2-2のドローゲームを演じたモウリーニョ率いるチームは、週末に難敵フィオレンティーナ戦を控える中、先発4人を変更。スモーリングとチェリク、クリスタンテ、ディバラに代えてクンブラ、エル・シャーラウィ、ボーヴェ、マティッチを起用した。 立ち上がりからボールを握ったローマは、[5-3-2]のコンパクトなブロックを敷くジェノアの守備攻略を狙う。アタッキングサードではザニオーロの個人技で局面の打開を図るが、崩し切るには至らず。 以降は相手が狙うカウンターに晒される一方、21分にはペッレグリーニのスルーパスに抜け出したエイブラハムがボックス右に抜け出して最初の決定機に絡む。だが、枠を捉えたシュートは相手GKの好守に遭う。 これをキッカケに少しずつリズムを掴み始めると、31分にはセットプレーの二次攻撃からボックス中央でマティッチの折り返しに反応したペッレグリーニが右足ダイレクトで合わすが、これは惜しくも枠の右上角に直撃した。 前半終盤にかけても得意のセットプレーを中心にシュート数を増やしたホームチームだったが、粘り強い相手の守備を崩し切るまでには至らず。前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、モウリーニョ監督はペッレグリーニを下げて切り札のディバラをハーフタイム明けに投入。立ち上がりから押し込む入りを見せると、52分には右サイドからドリブルで内に切り込んだディバラが強烈な左足のシュートを枠の右隅へ飛ばすが、これはGKマルティネスのビッグセーブに遭う。 前半に比べてゴールの匂いは色濃くなるも、相手GKマルティネスの再三の好守に手を焼くローマは、60分過ぎにボーヴェとエル・シャーラウィを下げてクリスタンテ、スピナッツォーラを同時投入。対するジェノアは3枚替えを敢行し、古巣対戦のストロートマン、引退撤回で帰還したクリーシトという百戦錬磨のタレントをピッチに送り込んだ。 この選手交代によって流れが変わると、やはり決定的な仕事を果たしたのは、カタール・ワールドカップ優勝後初のオリンピコ凱旋となったアルゼンチン代表FW。64分、ペナルティアーク手前でマンチーニから縦パスを引き出したディバラは鮮やかなドリブルでボックス左に持ち込んで、最後はGKマルティネスの右の肩口を狙ったパワフルなシュートを突き刺した。 これでようやくリードを手にしたローマは、チェリクやタヒロビッチの投入で試合をクローズにかかる。粘るジェノアに追加点を奪えず、最少得点差で試合終盤を迎えることになったが、最後まで集中した守備でディバラのゴールを守り切ってウノゼロ勝利。 セリエBチームに格の違いを見せつけるには至らなかったが、危なげなくベスト8進出を決めた。 また、同日行われたフィオレンティーナvsサンプドリアは、1-0で勝利したフィオレンティーナが準々決勝進出を決めている。 前半から相手を押し込んだホームチームは、25分にセットプレーの二次攻撃からゴール前の混戦でバラクが見事なボレーシュートをゴールネットに突き刺した。 以降はなかなか決定機を奪えず、後半終盤は相手の反撃に晒されたが、きっちりウノゼロで逃げ切った。 なお、ベスト8進出のフィオレンティーナは準々決勝でミラン撃破のトリノと対戦する。 2023.01.13 07:06 Fri
twitterfacebook
thumb

お金より心! ジェノア電撃復帰の35歳クリーシト、月給はなんと…

現役引退を撤回してジェノアに電撃復帰した元イタリア代表DFドメニコ・クリーシト(35)だが、驚きの契約を結んでいたようだ。 昨夏にジェノアを退団し、アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCに移籍したクリーシト。トロントもわずか半年で退団し現役引退も示唆していたが、昨年末に急転直下、ジェノアへの復帰が発表された。 今季のジェノアは16シーズンぶりにセリエBでの戦いとなるも、第19節を終えて自動昇格圏に3ポイント差の3位と、1年でのセリエA復帰が現実的な目標に。そこにレジェンドのクリーシトが復帰となれば、チームやファンにとってこの上なく心強い。 そんなクリーシト、イタリア『カルチョメルカート』によると、なんと同国のプロサッカー選手に規定で保証されている最低額、月給2000ユーロ(約28万円)でジェノアと契約したとのことだ。 なお、セリエAの指揮官で最も高額な給与とされているローマのジョゼ・モウリーニョ監督は年俸700万ユーロ。月給換算では58万ユーロ(約8100万円)のため、クリーシトは同監督のおおよそ1/300となる。 それでも、「クリーシトにとってはお金よりも心の選択が重要だった」と締めくくられている。 2023.01.12 19:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ジラルディーノが古巣ジェノアの指揮官に正式就任、昨年12月から暫定監督として好成績を記録

元イタリア代表FWのアルベルト・ジラルディーノ氏(40)が、ジェノアの監督に正式に就任した。 今季セリエBに降格したジェノアは先月6日、成績不振を理由にアレクサンダー・ブレシン監督(49)の解任を発表。プリマヴェーラを率いていたジラルディーノ氏が、内部昇格の形で暫定指揮官に任命されていた。 就任当初、チームはリーグ5位に位置していたが、ジラルディーノ氏の指揮した直近4試合では3勝1分け。順位も3位にまで上昇し、自動昇格圏内と3ポイント差まで詰め寄っている。 この好成績を受けてクラブは3日、公式SNSでジラルディーノ氏の正式就任を発表。契約期間については明かされなかったが、『フットボール・イタリア』はシーズン終了までの任期だと伝えた。 イタリア代表として2006年のドイツ・ワールドカップで優勝を果たしたジラルディーノ氏は、現役時代に数多くのクラブに在籍。ピアチェンツァでキャリアをスタートさせると、エラス・ヴェローナ、パルマ、ミラン、フィオレンティーナ、ジェノア、ボローニャ、中国の広州恒大(現:広州FC)、パレルモ、エンポリ、ぺスカーラ、スペツィアでプレーした。 セリエAで通算188得点を記録したストライカーは、2018年7月の現役引退後、セリエDのレッツァートで監督業をスタート。セリエCのプロ・ヴェルチェッリ、シエナでも監督を務めていたが、2021年10月に解任されると、今年7月から古巣ジェノアのプリマヴェーラで指揮を執っていた。 2023.01.04 11:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly