ご意見番ロイ・キーン氏、カラフルな装いのセネガル応援団を「迷惑だ」と口に...

2022.12.05 15:24 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
辛口ご意見番でお馴染みのマンチェスター・ユナイテッドOB、ロイ・キーン氏が残念な言葉を口にした。イギリス『サン』が伝えている。

現役時代にアイルランド代表として2002年の日韓ワールドカップ(W杯)を経験しているロイ・キーン氏。今回のカタールW杯ではイギリス『ITV』のコメンテーターとして現地に赴いている。

4日には決勝トーナメント1回戦のイングランド代表vsセネガル代表を担当。試合はイングランドが3-0で完勝を収め、2大会連続となるベスト8進出を決めたが、同氏は試合後、会場に詰め掛けたセネガルの応援団について「迷惑だ」と口にしたという。
どうやら応援団の大きな声や、独特かつカラフルな装いが気に食わなかったようで、隣にいた司会者が気を遣ってやんわり場を濁そうとするも、キーン氏はさらに「W杯は素敵な舞台だが、それでも鬱陶しい」と続けたとのことだ。

なお、ギャリー・ネビル氏とイアン・ライト氏はセネガルの応援団について「素晴らしい」と称えていたとのこと。キーン氏の方は多少なりとも冗談交じりのつもりだったのかもしれないが、それでも少し残念な言い方ではある。

関連ニュース
thumb

76歳レドナップ氏がトッテナム復帰に意欲! 31歳メイソンが指揮官就任なら「年配の者が出向いて…」

老将ハリー・レドナップ氏(76)がトッテナム復帰に意欲を見せている。 2008-09シーズンから4年間トッテナムを指揮したレドナップ氏。そのトッテナムは現在、記者会見で選手とクラブを猛批判したアントニオ・コンテ監督(53)の解任が確実視されている。 イギリス『talkSPORT』のインタビューで「コンテ監督の後任を頼まれたらどうする?」と問われたレドナップ氏は、同世代の元指揮官が相次いで現場復帰しているのと同様に、愛着を持つクラブの要請であれば断れないと語った。 「正直なところ、ノーと言うのは難しい。ロイ(・ホジソン)とニール(・ウォーノック)がオファーを受諾したように、そのクラブ(トッテナム)を愛しているならノーとは言えないね」 レドナップ氏が言及したのは同い年のロイ・ホジソン氏。ホジソン氏は昨年5月に監督業引退を表明していたが、21日にパトリック・ヴィエラ前監督の後任としてクリスタル・パレスの指揮官に約2年ぶりに復帰すると発表された。 また、元クリスタル・パレス指揮官のニール・ウォーノック氏(74)も昨年4月に監督業引退を表明していたなか、先月16日に中山雄太が所属するチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールド・タウンの指揮官に就任している。 2017年から監督業を離れているレドナップ氏だが、同世代の現場復帰に刺激を受けている様子。一方、トッテナムから再登板の打診はないとし、今季終了までの暫定指揮官に就任するとみられているコーチのライアン・メイソン氏(31)をサポートする役に名乗りを上げた。 「若いマネージャーがチームを指揮する場合、年配の者が出向いて一緒に働く余地があると思う。たとえ週に数日でもね。口出しする必要はないんだ。若いマネージャーのアイデアに助言することができるよ」 「それ(監督業)は難しい仕事であり、孤独な仕事なのだ。できる限り周囲がサポートしてあげなくてはならない」 2023.03.22 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン一筋20年…ウォード=プラウズは今夏ステップアップすべき?「ビッグ6で挑戦を」

サウサンプトン一筋のイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(28)だが、来季も残留するとは限らないようだ。 サウサンプトンを象徴する選手であるウォード=プラウズ。8歳で下部組織に入団して以降、20年にわたってサウサンプトン一筋を貫いている。現在はキャプテンも務めるなど、唯一無二の存在であり、サポーターの誇りだ。 昨季のプレミアリーグでは、自身初の2桁得点となる10ゴールをマークしたなか、今季はここまでの全28試合にフル出場し、7ゴール2アシスト。文字通り替えが効かない大黒柱となっているが、チームは現在最下位で、チャンピオンシップ(イングランド2部)降格の危機に瀕している。 イギリス『フットボール・インサイダー』によれば、ニューカッスル、トッテナム、アストン・ビラが今夏のウォード=プラウズ獲得を検討中で、サウサンプトンが降格となった場合は移籍の可能性が高まるという。 一方、ハイバーニアンなどでプレーした評論家のタム・マクマナス氏は、残留か降格かにかかわらず、サウサンプトンを離れるべきであると主張している。 「サウサンプトンは厳しそうだ…降格ならウォード=プラウズは100%去るだろうし、たとえプレミアリーグに残留できても去るべきだと思う。彼のキャリアはピークを迎えている。はっきり言って、サウサンプトンと同等の選手ではない。ビッグ6で挑戦するべき時が来たのだ」 2023.03.22 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルドアップへの貢献が光るGKラムズデールだが… 父は息子のスタイルを「嫌ってる(笑)」

アーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが自身のプレースタイルについて言及した。 昨シーズン加入したラムズデールはシーズン序盤こそ控えGKの立ち位置だったが、スタートでつまづいたミケル・アルテタ監督が抜擢し正守護神となると、抜群のシュートストップはさることながら、正確な足元の技術でチームに必要不可欠な存在となった。 DFやGKにもビルドアップへの貢献が求められるのは現代サッカーの主流と言えるが、ラムズデールの父ニックさんはこの風潮を好んでいない模様。ラムズデールが『ESPN』のインタビューで父とのやりとりを明かした。 「父は今でも僕のプレースタイルを嫌ってる。『アルテタ監督にテキストメッセージを送るぞ』って脅してくるんだ(笑) 僕が意地を張りすぎたら父は本当に電話をかけるだろう。監督の番号を知っているからね(笑) 僕は慎重にプレーしなければいけない」 一方、自身が積極的にビルドアップに参加しているのは元々のプレースタイルではなく、選手としてのレベルを上げるのに避けては通れない道だったと10代の頃を振り返った。 「自然と身についたものじゃない。子どもの頃から背は高かったが、ちゃんとボールを蹴れず、ボルトンを放出された。そのあと加入したシェフィールド・ユナイテッド、そして年代別のイングランド代表コーチが今の僕を作ってくれたんだ」 「そのおかげでボールを持っている状態でも快適になれたし、両足とも使えるようになった。少しずつ成長してきたのさ」 ラムズデールは15歳の時にボルトンの下部組織からシェフィールド・ユナイテッドの下部組織へ移籍。これが大きな転機だったようだ。 2023.03.22 13:56 Wed
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表が6月にU-22イングランド代表と対戦、完全非公開で開催

日本サッカー協会(JFA)は22日、U-22日本代表の6月の海外遠征の相手を発表した。 パリ・オリンピックを目指す世代のU-22日本代表。3月にはU-22ドイツ代表、U-22ベルギー代表との対戦が予定されている。 その日本だが、6月にはイングランドに出向き、U-22イングランド代表と対戦することが決定した。 しかし、この試合は完全非公開で行われるとのこと。イングランドサッカー協会(FA)の意向により、メディアを含めて対外的に情報が公開されないこととなっている。 イングランドには、リーグ・アンで得点ランキング上位に位置するスタッド・ランスのFWフォラリン・バログンやアーセナルのMFエミール・スミス・ロウ、リバプールのMFハーヴェイ・エリオットなどがいる世代となっている。 なお、試合は6月10日(土)に開催されることとなる。 2023.03.22 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フォレストMFルイス・オブライエンがMLSへ半年レンタル… ルーニー指揮のDCユナイテッド

ノッティンガム・フォレストは20日、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドへレンタル移籍したことを発表した。契約期間は2023年7月16日までとなる。 ルイス・オブライエンはハダースフィールドの下部組織育ち。フォレストには昨夏加入し、セントラルハーフのポジションでプレミアリーグ13試合、FAカップ1試合、EFLカップ(カラバオ・カップ)1試合に出場した。 開幕当初はスタメンとして出場していたものの、チームの低迷が続くにつれてベンチ要員に。2023年に入ってからのリーグ戦でのプレータイムは1試合の20分間のみで、2月以降は一度もベンチに入れていなかった。 新天地のDCユナイテッドは元ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが在籍し、指揮を執るのは元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー監督。今季のMLSイースタン・カンファレンス(東地区)では、第4節を終えて1勝1分け2敗の11位となっている。 なお、DCユナイテッドの公式発表によれば、契約には買い取りオプションが付帯しているとのこと。ルーニー監督はルイス・オブライエンの加入について、「ゲームを読み、ゴールチャンスを作る選手。我々にとって大きなビジネスだ」と喜んでいる。 2023.03.21 14:09 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly