アスレティック新SD、ウナイ・シモンら主力選手の慰留に自信「最優先事項だ」

2022.11.30 16:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオの新たなスポーツ・ディレクター(SD)に就任したミケル・ゴンザレス氏が、主力選手らの慰留に自信をのぞかせた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

アスレティックはラ・リーガの中堅クラブながら、複数のスペイン代表選手が在籍。同国代表の正GKウナイ・シモン(25)とFWニコ・ウィリアムズ(20)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも選出されている。

両選手は揃ってビッグクラブからの関心が高く、近い将来のステップアップは濃厚とも。だが、ゴンザレス新SDは29日の就任セレモニーで、2人を含めた主力選手らの引き留めはクラブの最優先事項と明言している。
「優れたタレントの維持は最優先事項。クラブはこれまでも力を入れてきた。ニコとイニャキはこの街とクラブに根ざした存在で、今後何年もここで過ごすだろう。若いサンセトも将来のプロジェクトを語る上で必要不可欠だ」

ニコと兄のガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズ(28)、U-21スペイン代表MFウイハン・サンセト(22)をクラブの根幹と位置付けるゴンザレスSD。一方、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されるシモンについても同様の姿勢を崩していない。

「彼は現時点でワールドクラスのGK。アスレティックのみならず、W杯でも力を発揮しているね。レベルの高い選手がビッグクラブに注目されるのは当然のこと。彼とは長い契約を結んでいて、我々は非常に落ち着いている」

関連ニュース
thumb

低迷バレンシア… ガットゥーゾ監督がチームのメンタリティ改善に意欲「相手に怯えている」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 バレンシアは26日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝でアスレティックと対戦。1点ビハインドの43分にオウンゴールで同点とするも、前半のうちに勝ち越しを許し、後半にもPKで追加点を献上。その後の反撃も乏しく1-3で敗れ、敗退が決まった。 試合後には数百人のサポーターがスタジアム近辺で抗議の大合唱。ラ・リーガは昨年11月を最後に勝利がなく、降格圏と3ポイント差の12位とあってか、オーナーのピーター・リム氏とガットゥーゾ監督を槍玉にしたチャントが歌われたという。 ガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で「困難に直面した矢先に去るのは私のやり方ではない」と辞任を否定した上で、選手たちのメンタリティの欠如を指摘している。 「100%を出し切ったが、それでも質は低かった。相手に怯えているようにも見えた。このようなゲームをしてしまうと私は謝罪せざるをえない。私にはその責任がある」 「何が起こっているかをよく分析する必要がある。明日は選手たちとコミュニケーションをとるよ。なぜ選手たちが恐れているのか、なぜいつも前半に失点するのか…。彼らから意見を聞くべき部分もある」 また、本拠地で国王杯敗退を喫した事実をサポーターに詫びている。 「メスタージャに来た45000人に謝りたい。我々はほとんどの時間帯で自分たちのプレーができなかった。サポーターたちもその状況を好まないだろうし、我々全員が教訓を突きつけられた。試合中のブーイング? それも尊重する」 2023.01.27 13:57 Fri
twitterfacebook
thumb

2試合連続で躍動! セバージョスはマドリーとの契約延長諦めず「長く在籍するためには…」

レアル・マドリーの元スペイン代表MFダニ・セバージョス(26)が自身の去就について口を開いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 マドリーは22日に行われたラ・リーガ第18節でアスレティック・ビルバオと対戦。24分にFWカリム・ベンゼマが先制点を、試合終了間際の90分にMFトニ・クロースが追加点を決め、アウェイで0-2の勝利を収めた。 セバージョスは85分までプレーし勝利に貢献。カルロ・アンチェロッティ監督のもとでは出場機会が限られているものの、19日にはコパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド16のビジャレアル戦で途中出場から1得点1アシストの活躍でチームを逆転勝利に導いており、その活躍もあってか、この日のスタメンの座を掴んでいた。 マドリーとの契約は今季限り。シーズン後の退団が既定路線とも言われるが、試合後のインタビューでは充実感を語るとともに、最後まで契約延長を諦めない姿勢もアピールした。 「アンチェロッティは僕をスターターで起用してくれた。そして僕はチームを助けられたと思う。結局それが一番大事だよね。木曜日(ビジャレアル戦)は重要なゴールを決めたし、今日も役割を果たせたと感じているよ」 「いつもアンチェロッティが言っている。『マドリーは世界最高のクラブ、世界最高の居場所だ』とね。ここで長く在籍するためにはチームのために汗をかき続け、歯を食いしばり続けなくてはならない」 2023.01.23 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

難所サン・マメスで2発完勝のレアル、アンチェロッティ監督「苦しみながらも戦った」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、アスレティック・ビルバオ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 レアル・マドリーは22日、ラ・リーガ第18節でアスレティックと対戦。序盤からチャンスを多く作ると、24分にフランス代表FWカリム・ベンゼマの見事なボレーシュートが決まって先制する。 試合を折り返しても引き続き主導権を握り、90分にはカウンターの流れから元ドイツ代表MFトニ・クロースが追加点を奪取。2-0で勝利を掴み、アウェイで貴重な3ポイントを獲得した。 アンチェロッティ監督は試合後、難所であるサン・マメスでの久々の完封勝利に満足感を示した。 「ここ最近は守備が上手くいっていなかったが、この試合に対するコミットメントは正しかったと思う。今日は相手が非常に良いチームだったので苦戦したが、コンパクトにブロックが作れており、ここ数試合にはなかったチーム全体での守備ができていた」 「このスタジアムでポイントを獲得するのはとても難しい。昨シーズンは上手くいったが、カップ戦ではここで敗れた。この雰囲気は相手にとって最高のものだが、我々にとっては非常に難しい。我々は試合をコントロールし、苦しみながらも戦った」 また、「詳細なプランはまだ決めていないが、3日おきに試合を行い、それら勝つことだけが我々の今決まっていることだ」ともコメント。次節はアトレティコ・マドリーとの“マドリード・ダービー“に臨む。 2023.01.23 11:06 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがゴラッソ2発でアスレティック撃破! ジダン彷彿ボレー弾のベンゼマはラウールに並ぶリーグ歴代5位の228ゴール《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第18節、アスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが22日にサン・マメスで行われ、アウェイのマドリーが0-2で勝利した。 スーペル・コパでバルセロナに完敗し、今季初のタイトル逸となったリーグ2位のマドリーは、8位のアスレティックとのタフなアウェイゲームでバウンスバックの勝利を目指した。直近のコパ・デル・レイではリーグ戦で敗れたビジャレアルとの再戦となった中、途中出場のセバージョスの1ゴール1アシストの活躍などで2点ビハインドを撥ね返して3-2の逆転勝利。辛くも白星を取り戻した。 そして、アンチェロッティ監督は難所サン・マメスでの一戦に向け、そのコパから先発2人を変更。クロースとロドリゴに代えてセバージョスとアセンシオを起用した。 試合はコンディション面でアドバンテージを持つホームのアスレティックが、キックオフ直後から高いインテンシティで押し込む入りを見せる。イニャキとニコのウィリアムズ兄弟の推進力を生かした仕掛けでマドリー守備陣に後手の対応を強いると、10分にはセットプレーからパレデスがヘディングで最初の枠内シュートを放つ。 さらに、勢いづくアスレティックは17分にニコ・ウィリアムズのミドルシュート、19分には快足を飛ばしてボックス内に侵入したイニャキ・ウィリアムズがゴールライン際の角度のないところからシュートを狙うが、いずれもわずかに枠を外れる。 守勢の序盤を凌いだマドリーは、序盤から幾度かフィニッシュの局面に顔を出していたエースが圧巻のゴラッソを叩き込み。24分、中央での細かい繋ぎからボックス手前右のバルベルデが正確なクロスを上げると、アセンシオの当たり損ねとなったヘディングシュートがゴール前に浮き球の形でこぼれると、バックステップを踏みながらタイミングを合わせたベンゼマが抑えの利いた左足ダイレクトボレーでゴール右隅へ突き刺した。 なお、同胞ジネディーヌ・ジダンのCL決勝での有名なゴールを彷彿とさせるスーペルゴラッソを決めたベンゼマは、これがラ・リーガ通算228ゴール目となり、ラウール・ゴンサレスと並びラ・リーガ得点ランキングで5位タイに浮上した。 敵地で先制に成功したマドリーは時間の経過と共にボールの循環を改善し、安定したボール保持でゲームをコントロール。相手のプレスを効果的に外しながら、ヴィニシウスを起点とした縦に速い攻めで相手を引っくり返す。アスレティックの堅守もあって2点目を奪い切るまでには至らなかったものの、危なげなくリードを維持してハーフタイムを迎えた。 後半はホームチームの勢いをうまく吸収して危なげなくゲームをコントロールするマドリー。59分にはセットプレーの流れからナチョのシュートでGKウナイ・シモンを脅かすと、66分にはベンゼマのスルーパスに抜け出したアセンシオに決定機が訪れるが、利き足とは逆の右足で放ったボックス右からのシュートは枠を捉え切れない。 一方、後半に入って攻撃の形を作れないアスレティックは67分に3枚替えを敢行。ムニアイン、エレーラ、グルセタと経験豊富な選手とストライカーをピッチへ送り出す。この交代で攻撃の精度を上げたホームチームは、ムニアインの正確なプレースキックを生かして決定機を作り出していくが、イニャキ・ウィリアムズのゴールネットを揺らした場面がオフサイドになるなど、あと一押しが足りない。 その後、徐々に守勢を強いられたマドリーは、アセンシオとヴィニシウス、ロドリゴを下げて、モドリッチ、ロドリゴ、クロースとフレッシュな選手を続けてピッチへ送り出すと、この交代が試合を決める追加点をもたらすことに。 90分、ハーフウェイライン付近で相手のトラップミスを狙ったロドリゴがバルベルデと共にカウンターを繰り出すと、ボックス手前右でロドリゴがグラウンダーで折り返したボールをペナルティアーク付近に走り込んだクロースが見事な右足のダイレクトシュートをゴール右下隅へ突き刺した。 そして、ベンゼマとクロースの2つのゴラッソで難所サン・マメスを攻略したマドリーが、リーグ戦2試合ぶりの白星を手にし、週明けに控えるコパのマドリード・ダービーへ弾みをつけている。 2023.01.23 06:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゲームで負けた時の顔してる」大勢のソシエダサポーターの間で1人沈黙する相手サポーターの表情が切ない

バスク・ダービーでの一幕が話題だ。 14日にアノエタで行われたラ・リーガ第17節、レアル・ソシエダvsアスレティック・ビルバオの一戦。ソシエダの日本代表MF久保建英も自身初のバスク・ダービーでスタメンを飾った。 試合は、25分にノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートのゴールでソシエダが先制すると、38分には久保のゴラッソで追加点。しかし、アスレティックが意地の1点を返し、2-1で前半を折り返した。 迎えた後半の60分、久保が相手のパスを奪ってボックス内に侵入すると、相手DFに倒されてPKを獲得。これをスペイン代表FWミケル・オヤルサバルが確実に決め、3-1のスコアでソシエダが勝利した。 ソシエダの公式SNSは、試合の裏側を公開しているが、オヤルサバルのPK直後のスタンドの様子も披露。そこには、熱狂に沸く大勢のソシエダサポーターの中でただ、1人沈黙するアスレティックサポーターの姿があった。 ダービーマッチの中では比較的友好的だと知られるバスク・ダービーで起こったこの光景。ファンからは「絶対嫌な顔してるって。ゲームで負けた時の友達の顔してるって笑」、「ちょいキレてるやん笑」、「そっとしておいてあげようよ」とコメントが集まっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】揺れるソシエダサポーターの中心で1人沈黙するアスレティックサポーターの姿が切ない</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El derbi es esto, ganar, perder o empatar, pero siempre amigos <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/7sFdPm9JlG">pic.twitter.com/7sFdPm9JlG</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1614721584593346563?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.17 12:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly