「こういうインテンシティに慣れていかなければ…」、藤田譲瑠チマが強豪ローマ戦で自身の課題口に

2022.11.29 06:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのMF藤田譲瑠チマがASローマ戦を振り返った。

横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。

明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。U-21日本代表の欧州遠征から戻ってきたばかりの藤田は、MF渡辺皓太との交代で後半頭から出場。ワールドクラスの相手に対して、攻守両面でアグレッシブなパフォーマンスを見せた。
当初は試合終盤の短い時間でのプレーが予定されていた中、約50分ほどプレーすることになったU-21日本代表MFは強豪相手の一戦を振り返った。

「代表帰りということもあったので、自分は20分ぐらいしか出ない予定でしたが、(チーム内で)アクシデントもあって後半初めからのプレーになりました」

「相手は全体を通して個人個人の能力が高く、インテンシティが高いところもあったので、少しキツい部分もありました。ただ、個人としてこういうインテンシティに慣れていかなければいけないと感じました」

「そこ(ニコロ・ザニオーロ)でなかなかボールを奪い切れず、相手の攻め残っている選手にうまくボールが入ってしまった際にカウンターを多く受けてしまうシーンが多かったので、そこは自分たちとして厳しい感じでした」

また、常々最高峰の舞台への挑戦に意欲を示す若武者は、自身のパフォーマンスに言及。一定の手応えを口にしながらも多くの課題を得たという。

「攻撃の部分で言えば、自分が良い立ち位置を取って周りを認知できているときは、ああいう相手に対しても問題なくプレーできました。ただ、球際の部分ではもっとやっていかないといけないと感じています」

「(試合終盤にあわやPK献上という場面もあったが?)あの時間帯はボールの取られ方がよくない時間が続きアップダウンが激しくなっていました。その中でああいう軽いプレーはやってはいけないと強く感じました。あそこの対応に関してはもっとできたと考えています」

カタール・ワールドカップ開催に伴い、例年に比べて一足早くシーズンを終えることになったが、U-21日本代表の欧州遠征でのスペイン、ポルトガルとの連戦、今回のローマ戦とシーズン最後に強豪との対戦を経験できたことは個人としてプラスになったようだ。

「いろいろとタイプの違うレベルの高い相手とできているので、早く行きたいという気持ちが強くなりました」

関連ニュース
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本最高位は浦和もアジアで5位、韓国勢が上位占める…クラブランキングのアジアトップ30にはJリーグ4クラブ

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は25日、2022年のアジアサッカー連盟(AFC)所属クラブのランキングを発表した。 様々な統計を行うIFFHS。2022年1月1日から12月31日までの試合結果を基に作成され、勝利数や勝ち点数などからポイントを算出。ランキングを作成している。 Jリーグクラブで最上位は浦和レッズ。98ポイントを獲得し、アジアで5位となった。なお、世界では150位となっている。 アジア1位は天野純が所属する全北現代モータース(韓国)で165ポイント。世界全体でも42位に位置している。また、2位は江坂任が所属する蔚山現代(韓国)で121ポイント。こちらも世界で99位と100位内に入り、韓国の2クラブが上位に並んだ。 3位はアル・ヒラル(サウジアラビア)で112ポイント。4位は大邱FC(韓国)で104.75ポイントとなっている。 なお、6位には川崎フロンターレで93.5ポイント(世界161位)、昨年のJ1王者の横浜F・マリノスは88.5ポイントで8位(世界179位)となっている。 ちなみに、トップ30では日本は4クラブで2位、韓国が8クラブで1位となっている。日本の残り1クラブはヴィッセル神戸で69.5ポイントの16位(世界267位)だった。 <span class="paragraph-subtitle">◆IFFHSクラブランキング(アジア)</span> 順位/世界順位/クラブ名/ポイント 1(42):全北現代モータース(韓国)/165pt 2(99):蔚山現代(韓国)/121pt 3(115):アル・ヒラル(サウジアラビア)/112pt 4(133):大邱FC(韓国)/104.75pt 5(150):浦和レッズ/98pt 6(161):川崎フロンターレ/93.5pt 7(167):アル・シャーブ(サウジアラビア)/91.5pt 8(172):BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)/90.5pt 9(179):横浜F・マリノス/88.5pt 10(183):ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)/87pt 11(188):アル・ドゥハイル(カタール)/86pt 12(213):フーラード(イラン)/77.5pt 13(242):シャールジャ(アラブ首長国連邦)/72.75pt 14(249):PFCソグディアナ・ジザフ(ウズベキスタン)/71.5pt 15(250):ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)/71pt 16(267):ヴィッセル神戸/69.5pt 17(271):FCソウル(韓国)/68.5pt 17(271):アル・アハリ・ドバイ(アラブ首長国連邦)/68.5pt 19(296):浦項スティーラース(韓国)/66pt 20(308):セパハン(イラン)/65.5pt 21(310):山東泰山(中国)/64.5pt 22(320):メルボルン・シth(オーストラリア)/63.75pt 23(321):アル・シーブ(オマーン)/63.5pt 24(339):仁川ユナイテッド(韓国)/61.5pt 25(370):アル・タアーウン(サウジアラビア)/58.75pt 26(372):アル・ジャジーラ(アラブ首長国連邦)/58.5pt 27(390):済州ユナイテッド(韓国)/57pt 27(390):パフタコール(ウズベキスタン)/57pt 29(407):アル・サッド(カタール)/55.5pt 29(407):江原FC(韓国)/55.5pt 2023.01.27 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

王者・横浜FMに痛手、DF小池龍太が右膝蓋骨脱臼で手術…全治6〜8週間

横浜F・マリノスは24日、DF小池龍太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、小池は20日のトレーニング中に負傷したとのこと。検査の結果、右膝蓋骨脱臼と診断された。 なお、24日に神奈川県内の病院にて手術。全治は6〜8週間とのことだ。 小池は右サイドバックや左サイドバックで横浜FMを支え、J1では26試合に出場して3ゴールを決め、2022シーズンのリーグ優勝に貢献していた。 2023.01.24 18:38 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのGK高丘陽平に海外移籍の可能性、 MLSのバンクーバーがオファーと現地報道…かつては工藤壮人氏もプレー

J1王者の横浜F・マリノスを最後尾から支えるGK高丘陽平(26)に海外クラブが興味を示しているようだ。 『ESPN』によると、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスが関心を持っており、すでにオファーを出しているという。 横浜FCの下部組織で育った高丘は、2014年2月にトップチームへ昇格。2018年3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍をすると、2019年2月に完全移籍。2020年10月に横浜FMへと完全移籍で加入した。 これまでJ1で111試合に出場。横浜FMでは公式戦85試合に出場し、2022シーズンは見事にリーグ優勝に貢献。ベストイレブンにも選ばれていた。 新シーズンも守護神としての活躍が期待される一方で、『ESPN』は新たな挑戦を望んでいると報道。日本代表も目指す中で、海外に挑戦する可能性があるという。 バンクーバー・ホワイトキャップスは、昨年10月に水頭症により36歳の若さで急逝した工藤壮人氏も在籍。クラブも追悼メッセージを送っていた。 2023.01.23 18:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly