横浜FMでのラストゲーム終えた仲川輝人、「こんなにサポーターに支えられてマリノスでサッカーをしていたんだなと…」

2022.11.29 00:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのFW仲川輝人がトリコロールのユニフォームでのラストマッチを振り返った。

横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。

明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦は、試合当日に来シーズンからのFC東京移籍が発表された仲川にとって同クラブでのラストマッチとなった。
そのエモーショナルな一戦に後半頭から投入された30歳FWは、81分に交代するまで左ウイングで精力的なプレーをみせ、チーム3点目の起点やオフサイドで認められなかったものの、ゴールネットを揺らすなど随所に見せ場を作った。

2015年に専修大学から加入して以降、8年を過ごした横浜FMでのラストマッチを終えた仲川は同試合後、率直な想いを語っている。

「いつもと変わらずにピッチに立とうとしていましたし、やるべきことはマリノスのチームとして決まっているので、そこはブレずにやっていました」

「30分ぐらいのプレーでしたが、自分のプレーを表現できたと思っています。点を取ることができなかったという悔しい思いはありましたが、それ以外の部分でやれたことはあったので、今日はラストの試合でしたが、これも良い思い出になったと思います」

「もちろん、寂しい気持ちはありますが、今日でマリノスは終わりなので、次はまた新しいステップを踏んで頑張りたいです」

ピッチ上では普段通りにプレーできたと語った仲川だが、試合後にピッチを一周してファン・サポーターに挨拶を交わした際には感情をたかぶらせる場面も見受けられた。

「ちょっと予想以上に自分のユニフォームを掲げてくれる人が多かったので、こんなにサポーターに支えられてマリノスでサッカーをしていたんだなと思いました。8年間のいろいろなことを思い出したので、結構泣いてしまいました。本当にマリノスに感謝しています。次は対戦相手としてマリノスを倒す気持ちでやっていければと思います」

横浜FMでの在籍8年間では年間MVP、得点王をダブル受賞した2019シーズン、今シーズンに2度の優勝を経験。その一方で、長らくケガに悩まされるなど、紆余曲折があった。元日本代表FWはトリコロールでの日々を振り返り、改めて感謝を語った。

「本当に大学4年生のときにケガをしてしまったにも関わらず、オファーをくれたチームなので、恩返しという形をどれだけできたのかは分かりませんが、結果として2度優勝できましたし、少しでも恩返しになっていればなと、今日最後にプレーしました。まだまだ恩返しできていない部分もあったと思うので、それはまた来年以降は違うチームでぶつけたいです。マリノスと対戦したときに自分の成長したところを見せることで、また違った恩返しができると思っています。とにかく感謝しています」

その8年間で最も印象に残った出来事に関しては、「僕的には2019年にMVPを取った年、そこで優勝したことと、今年の優勝です。優勝というのはなかなかサッカー人生においてできないことなので、それでも2回できたこと、しかもそれをマリノスで優勝できたことは一生の宝物になったと思います。人生で忘れられない経験もしたので、優勝は一番の良い思い出です」と、やはり2度の優勝を挙げている。

さらに、アンジェ・ポステゴルー(現セルティック)、ケヴィン・マスカットという2人のオーストラリア人指揮官の下でプレーした5年間ではチームとしても選手としても大きな成長を実感している。

「アンジェが来てからマリノスのサッカーは360度ぐらい変わったので、それが自分にとっても毎日楽しくサッカーができる要因でした。本当にアンジェには感謝しています。ケヴィンにも感謝していますし、こういったマリノスのサッカーを世界中に広めたいと思っています。まずは日本で結果を出してから世界中に届けたいと思っていたので、今年は良い形で終われたと思います」

また、FC東京移籍を決断した背景に関しては、「言えない部分だったりもあります」と深い言及は避けながらも、現時点での正直な思いを口にしている。

「自分としてはマリノスでサッカーを続けたいという気持ちも、もちろんありましたが、そういった部分だけじゃないこともサッカー選手としてあるので、結構悩みながら…。30歳で僕的にはサッカー人生も長くなく、いろんなプランを考えたときに良い区切りだと思って、FC東京のこれからの未来のプランなども聞いて決断した形でした」

その新天地での来季に向けては近年悩まされてきたコンディション面へのケアを優先しつつ、さらなるレベルアップを誓う。

「身体のキレやコンディションは今年の夏ごろからよくなってきているので、これを来年も維持しながらもっとレベルアップしていけるように、ケガと向き合いながらやっていければいいなと思います」

関連ニュース
thumb

横浜FM、正GK高丘陽平が海外移籍の交渉&準備…以前からMLS挑戦報道

横浜F・マリノスは4日、GK高丘陽平が海外移籍を前提とした交渉と準備のため、同日からチームを離脱する旨を発表した。 2020年10月にサガン鳥栖から加わり、今や正GKの高丘。昨季の明治安田生命J1リーグではチームで唯一の全34試合出場を達成して優勝に貢献し、初の年間ベストイレブンにも輝いた。 そんな高丘は今季に向けたチームのキャンプに参加中だったが、メジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスがオファー打診と報じられ、動向が注目されていた。 なお、高丘のネーム&ナンバー及びナンバーのみの注文したファンに対してはJリーグオンラインストアから今後の対応に関する案内メールが送付されるという。 2023.02.04 10:16 Sat
twitterfacebook
thumb

シティが再び来日か…この夏に日本&タイを巡るツアー

マンチェスター・シティがこの夏に再び来日するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今季のプレミアリーグでこそアーセナルに上を走られているが、近年は強さを誇示するシティ。2019年夏のプレシーズン中にアジアツアーの一環で来日したが、今夏も来季に向けた準備で日本を訪ねるという。 今年7月中旬に行われるとされる今回のアジアツアーでは日本のほかにも、タイを訪問する予定。計画はまだ未確定ながら、日本により長く滞在して、短期間の訪問地としてタイに移動する見込みとのことだ。 2019年夏の来日時はシティ・フットボール・グループの繋がりで横浜F・マリノスと対戦。横浜FMが前半のうちにMF遠藤渓太のゴールで一時追いついたが、そこからシティが引き離して、3-1で勝利している。 なお、Jリーグは先月、今年7月にJリーグワールドチャレンジと銘打ち、海外の強豪クラブを招いて試合を行うと発表済み。その参戦クラブがシティなのか。正式発表が待たれる。 2023.02.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

連覇経験の北澤豪氏が「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のアンバサダー就任、見所は「マリノスは勝たなければいけない状況、甲府がどう試合に入るか」

Jリーグは3日、「FUJIFILM SUPER CUP 2023」の開催概要を発表した。 新シーズンの幕開けを告げる大会。2022シーズンの明治安田生命J1リーグ王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴァンフォーレ甲府が対戦する。 3年ぶり6度目の出場となる横浜FMと初出場となる甲府の一戦。甲府はJ2勢として2チーム目の出場となる。 今大会は30回目のスーパーカップとなり、2月11日(土・祝)の13時35分から国立競技場で開催。2014年以来9大会ぶりに国立競技場で開催される。なお、日本テレビ系で全国生中継。優勝チームには3000万円、準優勝チームには2000万円の賞金が贈られる。 3日には記者会見が行われ、大会アンバサダーにはヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)のOBで3大会出場し2度優勝を果たしている元日本代表MFの北澤豪氏が就任した。 北澤氏は大会の見所に関して「カテゴリ違いでマリノスは勝たなければいけない状況。試合を面白くするのはヴァンフォーレがどうやって試合に入るか」とコメント。甲府については「キャンプではカテゴリの差を感じないぐらい個々のクオリティがありました。練習を見ていてもイージーなミスがない選手が多い。また、ピーター・ウタカを獲って、ゴール前で時間が作れるということもある。監督が代わってシステムが変わる中で、どう落とし込んでいくのかが注目」と分析した。 また、横浜FMに関しては「マリノスは強度が高いです。インテンシティが維持されているのでトレンドになるサッカーをしてくれるのは、世界を見させてくれて楽しみです」と、J1王者としての戦いぶりにも注目した。 また、今大会ではシャレン!(Jリーグ社会連携)活動であるサステナブルアクションを実施。各家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄り、まとめて地域の福祉施設や団体へ寄贈するフードドライブ、小型家電回収、衣類回収などを実施。その他にも、障害者就労体験プロジェクト、センサリールームの設置などが実施される。 2023.02.03 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMvs甲府のスーパー杯で「JO1」のメンバー5名がハーフタイムにライブ開催!オリジナルパフォーマンスを披露

Jリーグは2日、11日に行われる「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のハーフタイムに、JO1がライブを開催することを発表した。 ハーフタイムにライブを行うのは、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、豆原一成の5名となる。 今回のパフォーマンスは、大会限定のオリジナルパフォーマンスとなる。 JO1は、日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、番組視聴者である“国民プロデューサー”累計約6500万票の投票により選ばれた11人組グローバルボーイズグループ。昨年、大晦日には「第73回NHK 紅白歌合戦」への初出場を果たし、日本国内外で非常に高い注目を集めている。 パフォーマンスを行う5名はコメントしている。 ●川西拓実 「まさかこのような大会で、自分たちがライブをさせていただけるとは思っていませんでした。貴重な機会をいただき、本当にありがとうございます。 選手の方々とファン・サポーターの皆さんと一緒に盛り上げられるように頑張ります!」 ●木全翔也 「昔僕もサッカーをしていてJリーグに憧れていたので、こういった形で応援に参加することができて本当に嬉しいです!僕自身も、皆さんも楽しめるよう準備していきます!!宜しくお願いします!」 ●河野純喜 「今回FUJIFILM SUPER CUP 2023のハーフタイムでのパフォーマンスをさせていただくことになり本当に嬉しく思います。毎年熱い戦いを楽しみにしていたので、今回その戦いをもっと熱く、僕たちらしく盛り上げられたらなと思います。みなさんぜひ会場でお会いしましょう。」 ●佐藤景瑚 「僕も昔からサッカーをやっていたので、こうしてJO1としてサッカーに携わることができてとても嬉しいです!盛り上げられるように頑張りたいと思います!」 ●豆原一成 「このような機会をいただき、本当にありがとうございます!5人でのパフォーマンスですが、パワフルにカッコよく、2023シーズンの幕開けに相応しいライブをしたいと思います!」 <span class="paragraph-title">【動画】JO1が横浜FMと甲府のユニフォーム姿でメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/WTbTXkB7Dy">https://t.co/WTbTXkB7Dy</a> <a href="https://t.co/48iJOypa9E">pic.twitter.com/48iJOypa9E</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1620996809165516800?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.02 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly