カイト監督解任のADO、75歳老将アドフォカートが後任に

2022.11.28 22:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダのADOデンハーグは28日、ディック・アドフォカート氏(75)を監督に任命したことを発表した。

同クラブでは先日、ディルク・カイト監督(42)を成績不振で解任した。現役時代にリバプールやオランダ代表で活躍したカイト氏は今年6月にADOの監督に就任し、初めてトップチームの指揮を務めたが、リーグ戦最初の3試合で9失点の醜態を晒すと、その後もチームを改善できず、16試合を消化した時点で4勝4分け8敗の17位に低迷していた。

その後任に選ばれたのは百戦錬磨のアドフォカート監督だ。長きに渡る監督キャリアにおいて、PSVやAZ、フェイエノールトなど母国クラブをはじめ、オランダ代表やUAE代表、韓国代表、セルビア代表など、ナショナルクラスでも様々なチームを率いた。
直近では昨夏に7カ国目となるイラク代表の監督に就任したが、もカタール・ワールドカップのアジア3次予選で大苦戦。日本代表とは別のグループAで本戦出場が絶望的な状況に追い込まれ、同年11月に辞任に至った。

現在はADOでテクニカル・ディレクターを務めていたが、カイト監督の解任を受け、シーズン終了まで手綱を握ることになった。アドフォカート監督にとってADOは現役をスタートした思い入れのあるクラブ。オランダ2部で17位に低迷する状況だが、快くオファーを受け入れたようだ。

なお、経験豊富なアドフォカート監督が指揮するチームは、重複も含めるとADOで26チーム目となる。

関連ニュース
thumb

ボーンマスがサッスオーロMFハメド・トラオレをレンタル! 今季後に5年契約へ

ボーンマスは1月31日、サッスオーロから元コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(22)のレンタル加入を発表した。買取義務オプションが付帯しての加入となり、今季終了後に5年契約を結ぶという。 代表通算4キャップのハメド・トラオレはエンポリ下部組織出身のアタッカーで、2019年夏にサッスオーロ入り。通算111試合出場で18得点11アシストの数字を誇り、今季もここまでセリエA11試合で3アシストを記録中だった。 マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表FWアマド・ディアロは弟。そんな弟は今季、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のサンダーランドに修行中だが、兄もイングランドに活躍の場を移す運びとなった。 なお、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、買取義務オプションで支払う額はアドオン込みで3000万ユーロ(約42億3000万円)になる模様だ。 2023.02.01 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがアカデミー出身のファン・アーンホルトを獲得! ガラタサライからレンタル

PSVは1月31日、ガラタサライから元オランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(32)の獲得を発表した。今季終了までのレンタルとなる。 左サイドバックがメインポジションのファン・アン・ホールトはPSVのアカデミーからチェルシーの下部組織に移り、2009年にプロデビュー。だが、チェルシーでは地位を築けず、レンタルを繰り返した。 そのチェルシーと2014年夏のサンダーランド加入時に袂を分かつと、クリスタル・パレス行きを挟み、2021年夏からガラタサライに移籍。今季も公式戦14試合に出場中だったが、母国の古巣復帰を決めた。 PSVでは今冬に元ドイツ代表DFフィリップ・マックスがフランクフルトに買取オプション付きのレンタルで移籍。その穴埋めの意味合いが強いファン・アーンホルト獲得となった。 2023.02.01 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドDFトゥアンゼベ、ストークに半年ローン 今季はケガの影響で出場ゼロ

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティは1日、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(25)の獲得を発表した。今季終了までのレンタルとなる。 ユナイテッドアカデミー出身のトゥアンゼベ。2017年1月のトップチームデビューから、アストン・ビラや、ナポリでのローンも経験して、今季からユナイテッドに復帰した。 そんなトゥアンゼベだが、シーズン序盤からケガの影響により、ここまで出場なし。再起を期して、この後半戦からチャンピオンシップだが、ストークでプレーする運びとなった。 2023.02.01 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司が古巣C大阪へ! 欧州5カ国を渡り歩いて12年半ぶりの復帰

セレッソ大阪は1日、ジュピラー・プロ・リーグのシント・トロイデンから元日本代表MF香川真司(33)の完全移籍加入を発表した。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムント移籍から、マンチェスター・ユナイテッドなど6カ国でプレー。ドルトムント、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキでキャリアを紡いだ後、2022年1月からシント・トロイデンに活躍の場を移した。 ベルギー挑戦2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグ12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月に慢性的な痛みに悩まされる足の手術を決断。カタール・ワールドカップ(W杯)が終わって少ししてベンチに戻ったが、この冬に12年半ぶりのC大阪復帰を決めた。 通算97キャップ(31得点)の日本代表では長きにわたって背番号「10」をつけ、2014年と2018年のワールドカップ(W杯)にも出場した香川。5日にC大阪加入記者会見が予定され、その模様はクラブ公式のYouTubeチャンネルでライブ配信される。 2023.02.01 11:42 Wed
twitterfacebook
thumb

WBAがフルアムMFチャロバーを完全移籍で獲得、今季は出番激減

WBAは1月31日、フルアムの元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの1年半となる。 チャロバーは、チェルシーの下部組織育ちで、ワトフォードやノッティンガム・フォレエスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへとレンタル移籍を繰り返した。 2017年7月にワトフォードに完全移籍すると、2021年8月にフルアムへと完全移籍する。 フルアムでは公式戦28試合に出場し2アシスト。今シーズンはプレミアリーグで4試合に出場もプレーしたのは12分。FAカップで1試合、EFLカップ(カラバオカップ)で1試合の出場に終わっていた。 チャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「少し前にクラブが僕に関心を持っていると聞いていたので、ようやく契約を結ぶことができてうれしい。自分に興味があると聞いて以来、明らかにクラブの結果をより追いかけるようになった。最近たくさんの試合を見てきたけど、見た限りではかなり良かった」 「僕は間違いなく、このチームに多くの可能性を見出している。ここには才能のある選手が集まっていることが分かるし、僕はすべてにおいて役割を果たしたいと思っている」 WBAはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っており、現在10位。プレミアリーグの昇格の可能性を残しており、ここからの巻き返しの力になることが期待されている。 2023.02.01 11:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly