横浜FMvsローマはスペクタクルな打ち合いドロー! J1王者の底力にザニオーロが躍動《EUROJAPAN CUP》

2022.11.28 21:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
『EUROJAPAN CUP 2022』の横浜F・マリノスvsASローマが28日に国立競技場で行われ、3-3のドローに終わった。

3年ぶりの開催となる『EUROJAPAN CUP』。今大会ではイタリア屈指の名門で、昨シーズンのUEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初代王者であるローマを迎え、名古屋グランパスと横浜FMというJリーグ勢と対戦。

25日に行われた名古屋戦を0-0のドローで終えたローマは、中2日での2戦目に向けて先発1人を変更。GKにスヴィラール、3バックにクンブラ、スモーリング、イバニェス。チェリクとミッソーリの両ウイングバックに、中央はマティッチ、マディ・カマラ、タヒロビッチ。2トップにエル・シャーラウィとエイブラハムが並んだ。
一方、J1王者の横浜FMは今季のラストゲームでジャッロロッシ撃破を狙った。注目のスタメンはGKに高丘陽平、4バックは右から小池龍太、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也。中盤は渡辺皓太、喜田拓也の2セントラルMFに、2列目は右から水沼宏太、西村拓真、ヤン・マテウス、最前線にレオ・セアラが入った。なお、ケヴィン・マスカット監督の新型コロナ陽性に伴い、ヘッドコーチのショーン・オントン氏が暫定指揮官を務めた。

互いに勢いを持って試合に入った中、J1王者がいきなり惜しい場面を創出。開始直後にヤン・マテウスの高い位置でのボール奪取から入れた正確なクロスに水沼が抜け出すが、GKスヴィラールの勇敢な飛び出しに遭う。さらに、直後には中盤で潰したエドゥアルドがそのまま持ち上がって豪快な左足のミドルシュートを狙う。

以降はローマがマティッチを起点に押し返し始めるが、これを凌いだ横浜FMが先手を奪う。9分、左CKのショートコーナーから永戸が正確なクロスを入れると、ニアに走り込んだエドゥアルドのヘディングシュートがGKの股間を抜けてゴールネットを揺らした。

早い時間帯の失点となったローマはすぐさま反撃を開始。11分には得意のカウンターからチェリクの右クロスをゴール前のエイブラハムが右足で合わせるが、ここはオフサイドの判定。

以降はローマがボール保持率を高めて試合の主導権を握るが、岩田とエドゥアルドのセンターバックコンビを中心に横浜FMがソリッドな守備で応対。また、カウンターからレオ・セアラが幾度か追加点に迫る。

前半半ば以降も拮抗した展開が続くが、横浜FMの連動した守備に手を焼くローマ。なかなかフィニッシュまで持ち込めない攻撃の停滞に加え、主審の再三の微妙なジャッジにフラストレーションを募らせる。また、30分過ぎにはタヒロビッチが筋肉系のトラブルかプレー続行不可能となり、32分にボーヴェがスクランブル投入された。

前半終盤にかけてはエル・シャーラウィ、チェリクの右サイドを起点に惜しい場面を作り出すも、最後のところで攻撃の精度、厚みを欠くローマ。これに対してJ1王者らしい普段通りの戦いを貫く横浜FMは前半終了間際に2点目を奪取。45分、相手陣内左サイドでのボール奪取からショートカウンターに転じて西村がボックス手前左からミドルシュートを放つと、左ポストを叩いたボールがGKスヴィラールの背中に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールでの追加点となった。

迎えた後半、2点のビハインドを追うローマは3枚替えを敢行。マティッチとミッソーリ、エイブラハムを下げてヴォルパート、ショムロドフ、ザニオーロを投入。並びを[4-3-3]の形に変更した。

対する横浜FMは渡辺、レオ・セアラ、ヤン・マテウスを下げて藤田譲瑠チマ、アンデルソン・ロペスに加え、来季のFC東京移籍が発表された仲川輝人が投入された。

このままでは終われないイタリアの名門はジャパンツアー初出場のザニオーロが存在感を発揮。開始直後にボックス右から左足のシュートでゴールに迫ると、51分には持ち味の強さとスピードを兼ね備えたドリブル突破で中央をこじ開けると、ショムロドフがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ここはGK高丘がビッグセーブ。

一方、横浜FMでは最後のトリコロールのユニフォームでゴールを目指す仲川が積極果敢な飛び出しでゴールへの意欲を示し、スタンドを沸かせる。その後はややオープンな展開が続くと、62分には左サイドで見事な推進力を見せたショムロドフが完璧な折り返しを供給。これをザニオーロが得意の左足で狙うが、GK高丘が見事な反応で阻止する。

後半もソリッドなパフォーマンスを続ける横浜FMは63分に4枚替えを敢行。殊勲のエドゥアルドや喜田を下げて角田涼太朗、山根陸らをピッチに送り出す。これで少し試合の流れに変化が生まれると、ローマの22番が魅せる。69分、自陣での繋ぎから右サイドで縦に運んだヴォルパートから背後を狙うザニオーロにスルーパスが通る。そのままボックス右に持ち込んだイタリア代表MFは一瞬の動きでDFを外してニアサイドに左足のシュートを突き刺した。

これで一気にローマペースかに思われたが、横浜FMが鮮やかな崩しからすぐさま2点差に戻す。72分、中央左での仲川の仕掛けから西村、水沼と右サイドへ展開。マイナスの落としにボックス右角で反応した松原が見事な右足のダイレクトシュートをゴール左上隅に突き刺した。

これで厳しくなったローマだが、試合終盤にかけて強豪の底力を見せる。84分、GK高丘から中盤への縦パスをカットしたイバニェスがそのままボックス内に鮮やかなドリブルで侵入し、冷静に右足のシュートを右隅へ突き刺す。

さらに、行ったり来たりの状況が続く試合最終盤の93分にはボックス右に侵入したチェリクからのマイナスの折り返しをヴォルパートが左足でシュート。このこぼれ球にファーで反応したショムロドフが泥臭く押し込んで土壇場での同点ゴールとした。

なおも攻撃の手を緩めないローマは試合終了間際にもゴール前でザニオーロにドッピエッタのチャンスが訪れたが、左足のシュートをふかしてしまい、逆転ゴールとはならず。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、J1王者の地力、セリエA名門の底力が存分に発揮された白熱の一戦はスペクタクルな3-3のドロー決着となった。

横浜F・マリノス 3-3 ASローマ
【横浜FM】
エドゥアルド(前9)
オウンゴール(前45)
松原健(後27)
【ローマ】
ザニオーロ(後24)
イバニェス(後39)
ショムロドフ(後48)

関連ニュース
thumb

ザニオーロ移籍でローマとガラタサライが合意…移籍金28.3億円の4年契約か

ガラタサライへの移籍が噂されるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、クラブ間合意に達したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2018年7月にインテルからローマに加入したザニオーロ。複数回にわたるヒザの負傷など、多くのケガに見舞われており、4年半の在籍で公式戦128試合で24ゴール18アシストを記録していた。 その才能には大きな期待が寄せられていた中で、なかなか応えられない時期も続くと、今冬にはチームからの退団を希望することとなった。 当初はトッテナムとミランが関心を寄せていたが、トッテナムは早期に撤退。ミランは、ローマの要求額を満たせずに撤退。その後、ボーンマスが獲得に動きクラブ間の合意は果たしたものの、本人が移籍を望まず。ボーンマスの首脳陣がイタリアに来たものの会食を拒否するなどの態度をとると、ボーンマス側が怒りを露わに。ザニオーロが移籍市場閉幕直前に移籍すると決断も、不要だと言われる事態となった。 ワガママな振る舞いを見せたザニオーロに対してはローマも怒り。クラブの活動に参加させないことを決断。2024年夏まで飼い殺し状態になる可能性が浮上した上、クラブへの忠誠心がないザニオーロにファンが怒りを露わにし、自宅まで詰めかける事態となっていた。 移籍先を失ったザニオーロだったが、まだ市場が開いているトルコに活路を見出すことに。ガラタサライが関心を寄せると、本人も移籍に合意。残すはクラブ間の合意だけとなっていた。 『スカイ・スポーツ』によれば、ローマとガラタサライも合意に達したとのこと。移籍金は2000万ユーロ(約28億3000万円)、サラリーは1シーズンあたり350万ユーロ(約5億円)+ボーナスの4年契約。リリース条項は3500万ユーロ(約50億円)になるという。 トルコ南東部では6日に大地震が発生。多くの死者が出ている状況ではあるが、8日にトルコ入りし正式契約を結ぶことになるという。 ガラタサライには、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラやベルギー代表FWドリエス・メルテンス、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、元スペイン代表MFフアン・マタなどが在籍している。 2023.02.07 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロのガラタサライ移籍、クラブ間次第か…個人面では合意済み

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)がトルコ行きを承諾済みのようだ。 ローマとの契約を2024年夏まで残すものの、今冬に移籍を求めたザニオーロ。欧州主要リーグの移籍マーケット内で話がまとまらず、このままだと少なくとも今季が終わるまでローマで氷漬けとなりうる状況だが、新たにトルコ行きの噂が立っている。 そのトルコから獲得に名乗りを上げているといわれるのがガラタサライだ。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ザニオーロ本人はガラタサライ移籍にゴーサインを出して、個人条件にも合意しているという。 したがって、あとはクラブ間の交渉次第に。完全移籍額は2200万ユーロ(約31億3000万円)で、アドオンなどを交渉しているところのようだ。 2023.02.06 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オシムヘン2発にクワラツヘリアPK弾のナポリがスペツィアに快勝《セリエA》

ナポリは5日、セリエA第21節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節ローマとのデルビー・デル・ソーレを制して独走態勢を築いた首位ナポリ(勝ち点53)は、ベストメンバーで臨んだ。 17位スペツィア(勝ち点18)に対し、3トップにオシムヘン、クワラツヘリア、ロサーノを据えたナポリが立ち上がりのスペツィアの圧力を受け止めると11分、CKからディ・ロレンツォのヘディングシュートでゴールに迫った。 ここから圧力を強めたナポリだったが、自陣で守備を固めるスペツィア相手に好機を生み出すことはできない。 前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたものの、やはりゴールに迫るようなシーンは作れずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始10秒にナポリがPKを獲得する。ロングボールを処理にかかったレカが自陣ボックス内でハンドを犯し、このプレーで得たPKをクワラツヘリアが決めて先制した。 先制後も押し込むナポリは68分にリードを広げる。相手DFのクリアしたハイボールをオシムヘンが打点の高いヘディングで押し込んだ。 そして73分、決定的な3点目が生まれる。カルダーラの自陣ボックス付近でのミスパスをクワラツヘリアがカットし、ラストパスをオシムヘンが難なくゴールへ流し込んだ。 余裕の展開としたナポリはクワラツヘリアとオシムヘンをベンチに下げた中、終盤にかけても危なげなく時間を消化。3-0で快勝し、独走態勢に拍車をかけている。 2023.02.05 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

退団希望でローマに居場所失ったザニオーロ、今冬残留から一転トルコ行きも?

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)にトルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 ザニオーロは今冬のローマ退団を望み、ミランとボーンマスへの移籍交渉の行方が注目された。しかし、個人間で合意していたミランはローマの要求額を満たせず撤退。対してボーンマスへは自身が移籍を望まず、ローマ残留という形で決着したと思われた。 ローマはザニオーロの姿勢に激怒し、後半戦で一切起用しない方針を固めたとも言われるなか、現在も移籍市場が開いているトルコへなら移籍が可能。移籍市場に精通するジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏によると、ガラタサライとフェネルバフチェがローマに接触している段階だという。 ザニオーロ本人がトルコ行きに同意するかは不透明のようだが、ローマはいずれかのクラブが要求額を満たせば躊躇なく売却する考え。レンタル放出は排除しており、完全移籍に絞って話し合いが続いているとされる。 トルコ・スュペル・リグの移籍市場は2月8日まで。6日中に決定的な動きがあるかもしれないと考えられている。 2023.02.05 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ切り勝利のローマ、モウリーニョ「完璧にプランを実現できていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 4日に行われたセリエA第21節でエンポリをホームに迎えたローマ。開始2分に訪れた左CKの場面でアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの入れた正確なボールに、ブラジル代表DFロジェール・イバニェスが頭で合わせて、先制ゴールを奪う。直後の6分にも再び左CKから今度はイングランド代表FWタミー・エイブラハムがヘディングシュートを決めて追加点。序盤から大きなリードを得ると、ペースを相手に握らせることのないままタイムアップまで守り切り、2-0で勝利を収めた。 モウリーニョ監督は試合後、2点目を決めたエイブラハムを称賛。年明けから調子を上げ、今シーズン6ゴール目を記録したストライカーの献身性を高く評価した。 「今シーズンは、彼が私に疑念を抱かせた時期もあった。彼のポテンシャルに疑いはなく、結果を残せていなかったことについてだがね。今はたとえゴールを決めなかったとしても、彼の貢献度は非常に重要だ」 「彼は全ての場面でよくやってくれた。後半は彼がディフェンスをしてくれていたことで、相手に隙を絶えずに、チームがディフェンスラインを再編成する時間を作れた。そして前半は、パウロ(・ディバラ)ともロレンツォ(・ペッレグリーニ)とも非常にうまく連携できていた。素晴らしいプレーだった」 また、完封勝利に終わった一戦を振り返り、3ポイントの重要性を強調。一方で課題は試合中盤以降にペースダウンしてしまったことだと話した。 「今日は理論上、現時点で最も強いと思える布陣で臨んだ。そして、序盤の30分間は完璧にゲームプランを実現できていた。その後は強度が下がり、プレーの質が下がってしまった。それは私が望んだからではなく、我々の課題だ」 「自分たちの限界まで戦えていたのはうれしいことだ。できることをただ実行するのが重要であり、今日は難しいチームを相手に勝ち点3を獲得することができた。試合後には相手の監督であるパオロ・ザネッティに対して、非常に難しいチームと戦ったので、これは重要な勝利だと考えていると話した」 2023.02.05 12:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly