ベンチ喫煙で無期限追放処分中のナインゴラン、モンツァ移籍の可能性

2022.11.28 14:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロイヤル・アントワープで無期限追放処分中の元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(34)にイタリア復帰の可能性が浮上している。ベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えている。

ナインゴランは先月16日に行われたスタンダール・リエージュ戦で、試合前にベンチで電子タバコを吸っていたことが発覚し、クラブから無期限追放処分が科された。同選手が喫煙や飲酒で問題に上がるのはこれが初めてではなく、これまでのキャリアを通じて浮いた存在だった。

ベルギーでのキャリア継続は困難とみられ、アントワープとの契約も残り半年という状況から、34歳にはイタリア復帰の可能性が浮上。イタリアではカリアリやローマ、インテルでプレーした経験を持つが、候補に挙がっているのはセリエA新参のモンツァだ。
同クラブはかつてミランを経営したシルヴィオ・ベルルスコーニとその腹心であるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が所有しており、初のセリエA挑戦となる今夏には、ジャンルカ・カプラーリ、ステファノ・センシ、パブロ・マリのほか、9月に現役引退を発表した元イタリア代表のアンドレア・ラノッキアら実力者を続々と獲得していた。

『Het Nieuwsblad』によると、ナインゴランはすでにガッリアーニ氏と接触。同メディアの取材で「カタールでアドリアーノ・ガッリアーニに会って『もしプレーしたいなら電話してこい。ただし、給与は少ないがね』と言われたよ。僕は止まれない。解決策を見つけたい」とコメントしており、移籍を前向きに検討していることを示唆したようだ。

関連ニュース
thumb

キエーザがビューティフルな復帰後初弾、ユベントスがモンツァを下してラツィオとのベスト8へ《コッパ・イタリア》

ユベントスは19日、コッパ・イタリア・ラウンド16でモンツァをホームに迎え、2-1で競り勝った。 5日前のナポリ戦を惨敗したユベントスは、そのナポリ戦のスタメンからダニーロとマッケニー以外の9選手を変更。主力を温存して臨んだ。 昨年9月に行われたセリエAでクラブ史上初の白星を献上したモンツァに対し、ケアンをトップに、セカンドトップにスーレを配置したユベントスが8分に先制する。マッケニーの右クロスからケアンのヘディングシュートが決まった。 しかし24分に同点とされる。CKからヴァロティにヘディングシュートを決められた。 追いつかれたユベントスは34分にイリングがカットインシュートで、36分にスーレがミドルシュートでGKを強襲したが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にユベントスに勝ち越しのビッグチャンス。ダニーロのスルーパスでボックス右に侵入したケアンがGKと一対一に。しかしシュートはクラーニョにセーブされた。 60分にキエーザとロカテッリを投入したユベントスだったが流れを引き寄せられずにいると、75分にはディ・マリアを投入。直後にはケアンがネットを揺らすもオフサイドを取られてしまう。 それでも78分、キエーザがビューティフル弾を決める。左サイドからカットインしたキエーザがDFのファウルをモノともせずボックス左へ。コントロールシュートをゴール右へ蹴り込んだ。 昨年1月にヒザに大ケガを負ったキエーザの復帰後初弾が決勝点となってユベントスがベスト8進出。ラツィオとベスト4を懸けて戦うことになった。 2023.01.20 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

指揮官と不和… ローマDFカルスドルプがモンツァへ? 代役候補にはユラノビッチら

ローマのオランダ代表DFリック・カルスドルプ(27)が、モンツァへの移籍に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 昨秋にジョゼ・モウリーニョ監督との不和が伝えられ、構想外と化しているカルスドルプ。今冬の新天地行きが確実視され、ユベントスやマルセイユ、サウサンプトン、フルアム、モンツァから関心が寄せられているという。 いずれのクラブもレンタルでの獲得を視野に入れているとされ、ローマは1000万ユーロ(約14億1000万円)の買い取りオプションを付帯させたい考え。現段階ではモンツァ行きが最も濃厚とのことだ。 また、ローマは放出に備え、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(27)、セルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)らをリストアップしているとされる。 一方、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)については、トリノへの買い取りオプション付きのレンタル移籍を巡ってクラブ間交渉が続いており、今冬の移籍市場終盤に決着する可能性があるとみられている。 2023.01.12 17:36 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤の失点で痛恨ドローのインテル、指揮官は判定に怒り 「大きな不満がある」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 7日に行われたセリエA第17節でモンツァとのアウェイ戦に臨んだインテル。10分にイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンのボレーシュートで先制すると、その2分後に相手FWパトリック・チューリアに決められて追いつかれるも、22分にはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが相手のミスからゴールを奪って、勝ち越しに成功する。後半は押し込まれる展開が続き、チームはカメルーン代表GKアンドレ・オナナを中心に懸命な守備を見せたいたが、後半アディショナルタイムにセットプレーから相手DFルカ・カルディローラに頭で押し込まれて失点。終盤に追いつかれて2-2のドロー決着となった。 インザーギ監督は試合後、80分にセットプレーからイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビがゴールネットを揺らすも、ファウルによってノーゴールとなったシーンについて言及。VARの介入もなく、得点が取り消されたジャッジに不満を爆発させた。 「VARが導入されて5年目にして、試合を決定付けるはずのゴールが取り消されるのはおかしい。判定には大きな不満がある」 「2点にリードを広げられたのに審判は重大なミスをした。モンツァの選手たちはお互いに触れ合って、地面に倒れただけだ。あのゴールがあれば、我々は勝てただろう。しかし、残念なことにこれがサッカーなのだ」 また、土壇場で2ポイントを失ったことを悔やみつつも、次節に向けて前を向いた。 「アタランタ戦とナポリ戦の勝利の後、このドローは我々の勢いを減速させるが、落ち込むことはないだろう。我々は今日よりも、もっと強くならなければならない。ボックス内の最後の局面では、もっと上手く守備をしなければならなかった」 「我々はインテルだ。常に最大限の努力をしなければならない。この引き分けで素晴らしい連勝が途切れるのは予想外だったが、順位表を見ていても仕方がない。一戦一戦前に進みたい」 2023.01.08 13:07 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、2度のリードを生かせず曲者モンツァに痛いドロー《セリエA》

インテルは7日、セリエA第17節でモンツァとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3日前に行われた再開後初戦のナポリとのビッグマッチを見事なウノゼロ勝利とした4位インテル(勝ち点33)は、ナポリ戦のスタメンからルカクに代えてラウタロのみを変更した。 14位モンツァ(勝ち点17)に対し、ジェコとラウタロの2トップで臨んだインテルは10分に先制する。左サイドからのバストーニのクロスをファーサイドのダルミアンがボレーで押し込んだ。 しかし2分後、あっという間に追いつかれてしまう。ペッシーナのパスを受けたボックス右のチュッリアにコントロールシュートを決められた。 それでも22分、相手のミスを突いて勝ち越す。ラウタロが相手ボックス内でパブロ・マリからボールを奪い、無人のゴールに蹴り込んだ。 プレゼントゴールでリードしたインテルは前半半ば以降、ディマルコ、ラウタロが追加点に迫っていった中、2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半もインテルが攻め込む展開としていた中、55分にルカクを投入。危なげなく時間を進めていた中、72分のCKから招いたピンチではGKオナナが好守で救う。 終盤にかけてはやはりインテルが攻め込むと、84分にはラウタロのカットインシュートがポストに直撃。ダメを押せずにいると、追加タイム3分に落とし穴。FKからカルディローラのヘディングシュートを許すと、これがゴールに決まってしまった。 このまま2-2で終了。インテルは痛いドローに終わり、連勝が3で止まった。 2023.01.08 06:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のユラノビッチ、セリエA新参のモンツァも獲得に向けてガッリアーニが動く

去就が注目されているセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)に、モンツァがコンタクトをとったようだ。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)で株を上げたユラノビッチ。右サイドバックに加え、左右のサイドハーフでもプレー可能な多才さから、これまでにチェルシーをはじめとするマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブからの関心が伝えられている。 モンツァも同選手に関心を示すクラブの一つだったが、ディ・マルツィオ氏によると、オーナーのアドリアーノ・ガッリアーニはすでにミラノでクロアチア代表DFの代理人と面会した模様。セルティックが800万ユーロでの売却を望む一方、モンツァ側は来夏の買い取り義務がついたローンを目論んでいるようだ。 なお、セルティックは27歳の流出に備えて、カナダ代表DFアリスター・ジョンソンの確保に成功している。 2023.01.07 14:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly