フランス代表の右サイドで躍動するデンベレ、好調ぶり口に「デンマーク戦は僕のベストゲーム」

2022.11.28 13:14 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表の右サイドで躍動するデンベレ、好調ぶり口に「デンマーク戦は僕のベストゲーム」

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレのコンディションは最高のようだ。スペイン『マルカ』が伝えた

カタール・ワールドカップ(W杯)グループDでオーストラリア代表とデンマーク代表を相手に連勝し、一番乗りで決勝トーナメント進出を決めたフランス。デンベレも2戦ともに右のサイドアタッカーとして先発し、好調なプレーを見せている。
オーストラリア戦ではチームの3点目となるFWキリアン・ムバッペのヘディングでのゴールを正確なクロスでアシスト。デンマーク戦では得点に絡まなかったものの、キレ味鋭いドリブルで見せ場を幾度となく作った。

フランス『テレフット』のインタビューに応えたデンベレは、デンマーク戦でのパフォーマンスに満足感を示しつつ、ディディエ・デシャン監督から与えられていた役割を振り返った。

「デンマーク戦は、僕のフランス代表でのベストゲームかもしれない」

「監督からは相手のDFに危険と混乱を生み出せと言われている。そして、その役割を果たそうとしているよ。また、いつもディフェンス面で努力をしろと言われるね。特にこのコンペティションでは、守備が重要だと僕も考えている」

また、チームのエースであるムバッペとの関係性について「キリアンとは素晴らしい感じだ。とてもよく動くし、僕らは彼が何をもたらしてくれるかを知っている。だから、彼を見つけるのは簡単だよ」とコメント。強い信頼感を口にした。

さらに、「この数年、フランス代表チームは僕らにとってずっと良い方向に向かっている。ピッチの中でも外でも。とても気分が良いし、いつも楽しむことを心がけているよ」とチームの好調ぶりを語ったデンベレ。続くチュニジア代表戦や決勝トーナメントでの戦いではさらなる活躍が期待される。

関連ニュース
thumb

フランス代表、監督とパヴァールに軋轢生じる…原因はデンベレ?

フランス代表のディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの不仲説が浮上している。ドイツ『キッカー』が伝えた。 きっかけとなったのはグループステージ第2戦のデンマーク戦。それまで右サイドバックで不動の地位を築いていたパヴァールはベンチスタートとなり、代わりにジュール・クンデが先発起用された。また、最後のチュニジア戦も出場せず、ここ2試合はベンチを温め続ける状況が続いている。 『キッカー』によれば、パヴァールが先発から外されたのは指揮官の指示に不満を示したことが原因だとされている。デシャン監督はパヴァールの前でプレーするウスマーヌ・デンベレが自由に攻撃に専念できるよう、パヴァールには攻撃に参加せず守備に徹するよう求めたという。 しかし、攻撃力が持ち味のパヴァールとしては納得できず、そこで軋轢が生じてしまったのだと伝えられている。 ある会見でこの件を問われたデシャン監督は「詳細には触れたくない」とコメントを回避。否定しなかったことがさらに拍車をかけることになった。 チーム内では主将のウーゴ・ロリスやオリヴィエ・ジルーはパヴァールをサポートしている一方、パヴァールに反する選手もいる模様。『キッカー』は、今大会において同選手に出番が回ってくることはないと予想している。 2022.12.03 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯決勝T進出のオーストラリア国民がAM3時に狂喜の大絶叫!明朝の日本はどうなる!?

オーストラリア国民がサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の勝利を喜んだ。 オーストラリアは、11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 初戦でフランス代表に大敗しながらもそこからの2連勝を果たしたオーストラリア。実に2006年のドイツW杯以来4大会ぶりとなる決勝トーナメント進出が決まったが、その功績に国民も大喜びだった。 SNS上では、メルボルンの広場に集まりデンマーク戦を観戦していたオーストラリア人たちの姿を収めた動画が反響を呼んでいる。 タイムアップの笛と同時に詰めかけた人々は大絶叫しながらガッズポーズにハイジャンプ。さらに発煙筒までたかれ、まさにお祭り騒ぎといった感じだ。 そして何より特別なのはこれがオーストラリア時間で午前3時半だったということだ。 日本代表が決勝トーナメント進出を懸けて戦うスペイン代表戦は、日本時間の2日4時にキックオフ。試合終了は朝6時頃の見込みだが、どのような結末を迎えるだろうか。最高の結末が待っていた場合には、近所の方々に迷惑をかけない程度に絶叫してもらいたい。 <span class="paragraph-title">【動画】午前3時半のオーストラリア、W杯勝利直後のメルボルンの様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WILD SCENES LIVE FROM FED SQUARE, MELBOURNE <br><br>The moment the full-time whistle went and Australia qualified for the Round of 16.<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OptusSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OptusSport</a> <a href="https://t.co/hLKBcMFbgl">pic.twitter.com/hLKBcMFbgl</a></p>&mdash; Optus Sport (@OptusSport) <a href="https://twitter.com/OptusSport/status/1598007607880392704?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「不当な判定」フランスがグリーズマンのゴール取り消しについてFIFAに申し立て

フランスサッカー協会(FFF)が、チュニジア戦のゴール取り消しについてFIFAに異議申し立てを行なったようだ。『ロイター通信』が伝えている。 30日に行われたカタールW杯・グループD最終節のチュニジアvsフランス。すでに突破を決めているフランスは主力を温存して臨んだが、後半13分に先制される展開に。FIFAランキング30位の格下に不覚をとるわけにはいかないレ・ブルーは、そこから主力を次々と投入し、逆転に向けて全力を注ぐ。 すると最終盤の後半アディショナルタイム8分、クロスのこぼれ球を途中出場のアントワーヌ・グリーズマンが蹴り込んで同点に。これで最低限の体裁を保ったと思われたフランスだったが、クロスが上がった瞬間にグリーズマンがオフサイドポジションにいたとしてゴールは取り消し。結局、0-1で敗戦し、金星を与えることになった。 これでオーストラリアと勝ち点で並ばれたフランスだったが、得失点差により首位通過が決定。しかし、グリーズマンのゴールの取り消しは不当な判定だとして、FIFAに異議申し立てを行う旨の声明を発表した。 「アントワーヌ・グリーズマンのゴールが不当に認められなかったという我々の見解に基づき苦情を申し立てる。この申し立ては試合終了から24時間以内に提出しなければならない」 FFFが不当と考えているのは、VAR介入のタイミング。主審のマテュー・コンガーがオンフィールドレビューを行ったのは試合再開後のこと。規則上、一度プレーが始まれば、以前の判定を覆すことは許されていないようで、フランス側はその点を不服としているという。 2022.12.01 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「おろそかにした訳では」チュニジアにまさかの敗戦、フランス代表監督が言及「我々は臆病だった」

フランス代表のディディエ・デシャン監督がチュニジア代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節でフランスはチュニジアと対戦した。 すでにグループステージ突破を決めているフランスは、GKウーゴ・ロリスやFWキリアン・ムバッペ、DFウィリアム・サリバなど主軸選手を温存していた。 対するチュニジアは勝利が最低条件。試合はこう着状態で進みながらもチュニジアがチャンスを伺うと、58分にワフビ・ハズリのゴールで先制。フランスは失点後に主軸選手を入れて活性化させるが、チュニジアの堅い守りの前にゴールを奪えず、1-0で敗れた。 グループ首位通過は変わらないものの、敗れたフランス。デシャン監督は、多くの選手を入れ替えたことは有益だったとした一方で、大会に25名しか連れてきていないことが影響したとコメントした。 「彼らにとって有益だった。目的は異なっており、特定の選手を温存すること、他の選手は小さなケガをしているということ、ジュール(・クンデ)はイエローカードをもらっていることなどだ」 「プレー予定の選手(マルクス・テュラム)にトラブルがあり、代える必要が生まれてしまった。ベンチ入りのメンバーが少なかったことが、グループに不利になることは承知の上だ」 また、チュニジアのサッカーも称え「その場にいた全ての人にとって、チュニジア代表を相手にとても高いレベルの要求を感じられたと思う。我々は臆病で、デュエルが遅く、技術的なミスもあった」と、良いパフォーマンスが出せなかったとコメントした。 後半アディショナルタイムにアントワーヌ・グリーズマンがゴールを決めたと思われたが、VARのチェックにより取り消されることに。その点には「試合終了間際には追い付いたが…ゴールを決めることはできなかった」とコメント。また、消化試合と考えてはいないとも語り、「この試合をおろそかにした訳ではないが、4日後には次の試合がある」と、ラウンド16を見据えた。 グループ首位通過のフランスは、ラウンド16でポーランド代表と対戦する。 2022.12.01 15:33 Thu
twitterfacebook
thumb

4大会ぶりW杯決勝T進出のオーストラリア、指揮官は「こうした努力を誇りに思う」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦した。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 この結果、2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。試合後のアーノルド監督はチームを大いに称えつつ、これからの戦いに向けて気を引き締めている。 「私はチームのこうした努力を誇りに思っている。準備する時間はとても短かったが、そこで彼らが見せた努力は信じられないようなものだった」 「選手たちは素晴らしい心構えでこの大会にやってきた。この4年間は信念、エネルギー、そして集中力の向上に向けて取り組んできた。そして、彼らの目を見れば今夜の準備は万端であるとわかったんだ」 「祝杯はあげるつもりはないね!だからこそ、我々はチュニジア戦で素晴らしい勝利を収めた後で再び白星を掴めたのだ。祝賀会も、感動も、SNSも必要ない」 2022.12.01 11:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly