ストイコビッチ監督、セルビア戦で負傷のネイマールへメッセージを送る「彼の一刻も早い回復を願っている」

2022.11.28 06:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第2戦のカメルーン代表戦に向けた前日会見後に初戦で負傷したブラジル代表FWネイマールへメッセージを送った。セルビア『mondo』が報じている。

24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビアはブラジルと対戦。前半は非常に堅い試合を展開していたセルビアだったが、後半に負傷者が出るなどしてパフォーマンスが落ちると、リシャルリソンに2つのゴールを許して2-0で敗戦となった。

この試合で再三セルビア守備陣の徹底マークに遭っていたネイマールは、がDFニコラ・ミレンコビッチからのハードタックルを受けた結果、右足首を負傷。翌日に行われた精密検査の結果、ネイマールは右足首の外側じん帯損傷と共に小さな骨の腫れが確認された。
27日にカメルーン戦に向けた前日会見に臨んだストイコビッチ監督は、メディア会見終了後に一度は席を離れたが、再び会見場へ姿を現しネイマールへ向けたメッセージを送った。

「世界最高の選手の一人であるネイマールがセルビア戦で負傷したことは非常に残念だが、あれは我々のせいではない。選手が足を踏んでしまったのは事故であり、私達もそのことを残念に思っているんだ」

「我々は彼の一刻も早い回復を願っているし、彼がフィールドに戻ってくることを心から祈っている。そして神の導きにより、我々は再び相見えることになるだろう」

関連ニュース
thumb

「シニシャは永遠なり」昨年逝去ミハイロビッチ氏を追悼するコレオ… 古巣レッドスターサポが披露

ツルヴェナ・ズヴェズダのサポーターらが、クラブの英雄を追悼するコレオグラフィーを披露した。 東欧セルビアの名門として名高いツルヴェナ・ズヴェズダ。日本ではレッドスター・ベオグラードとして広く知られ、旧ユーゴスラビア時代の1990-91シーズンにはUEFAチャンピオンズカップを制覇している。 その時の優勝メンバーはドラガン・ストイコビッチ氏やデヤン・サビチェビッチ氏といった世界的スターたち。のちに黄金期のセリエAで長く活躍し、白血病闘病の末、昨年12月に53歳の若さでこの世を去ったシニシャ・ミハイロビッチ氏もその1人だ。 4日に行われたリーグ戦では、ゴール裏のサポーターらが若き日のミハイロビッチ氏を描いたコレオグラフィーとともに、「シニシャは永遠なり」という横断幕を披露。クラブの英雄に思いを馳せた。 また、試合前にはミハイロビッチ氏の息子2人がピッチに招かれ、現役時代の父親が着用していたユニフォームを掲げてスタジアムを一周。詰めかけたサポーターからは大きな拍手が贈られたとのことだ。 観る者全てを魅了した左足と一撃必殺のフリーキック。シニシャ・ミハイロビッチの名は後世にも語り継がれていくだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】「シニシャは永遠なり」 レッドスターサポーターがクラブの英雄に思いを馳せる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">Mihajlović u večnost…<br><br>::::️<a href="https://twitter.com/hashtag/fkcz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fkcz</a> <a href="https://t.co/uZz1RUCLaz">pic.twitter.com/uZz1RUCLaz</a></p>&mdash; FK Crvena zvezda (@crvenazvezdafk) <a href="https://twitter.com/crvenazvezdafk/status/1621913927687749633?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがミレンコビッチへの関心を再燃、PSG行き確実シュクリニアルの後継者候補

インテルが、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(25)への関心を再燃させているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 ミレンコビッチは身長195cmのセンターバック。加えて右サイドバックもこなせる逸材は、2017年夏に母国のパルチザンからフィオレンティーナへ加入し、クラブ通算192試合に出場しており、セルビア代表でも通算41キャップを誇る。 ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッド時代に獲得を切望していたとされ、昨夏もアーセナルやチェルシー、トッテナム、インテル、ナポリなど国内外からの関心が報じられた。 昨年8月にフィオレンティーナとの契約を2027年6月まで延長したため、一度は収束に向かったが、ここに来てインテル行きが再燃。今季終了後ないしは1月中のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確実となったスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の後継者候補の1人ということだ。 ミレンコビッチの市場価値は推定2000万ユーロ(約28億2000万円)。フィオレンティーナはミレンコビッチとFWルカ・ヨビッチのセルビア人2人の今夏以降の去就を明確にするべく、両選手を受け持つ代理人との話し合いを始めたとされている。 2023.01.26 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯優勝のアルゼンチンが違反行為でFIFAから処分の可能性、フェアプレー違反や不正行為が問題視…その他、クロアチア、セルビア、エクアドル、メキシコも処分

国際サッカー連盟(FIFA)は13日、アルゼンチンサッカー協会(AFA)への処分を行うことを発表した。 昨年行われたカタール・ワールドカップ(W杯)。史上初の冬開催となった大会では、アルゼンチン代表がフランス代表をPK戦の末に下し、36年ぶり3度目の優勝を果たしていた。 英雄でもあるFWリオネル・メッシにとって最後のW杯での悲願達成に沸き、優勝パレードでは400万人が集まったとされる中、FIFA規律委員会は処分を下すことを決めた。 FIFAによれば、FIFA規律規程の第11条(攻撃的行為およびフェアプレーの原則の違反)および第12条(選手および役員の不正行為)に違反する可能性があるとのこと。AFAを処分することに決めたという。 また、AFAはカタールW杯でのメディアおよびマーケティングに関する規程にも違反しているという。なお、FIFAは処分の対象となる事象についての詳細は明かしていない。 アルゼンチン代表は、決勝戦でもPKストップの活躍を見せたアストン・ビラのGKエミリアーノ・マルティネスが侮辱行為をしたことが問題に。ゴールデングローブ(最優秀GK)を受賞したときには、トロフィーを股間に当てるパフォーマンスを見せたほか、試合後にはフランス代表FWキリアン・ムバッペを嘲笑する行為がドレッシングルームでも確認されていた。 また、優勝パレード時には赤ちゃんの人形にムバッペの写真を貼り付けて嘲笑するなど、その行き過ぎた行為にはアルゼンチン国民やアストン・ビラのウナイ・エメリ監督からも苦言が呈されていた。 なお、FIFAはアルゼンチン以外にも、エクアドル、メキシコ、セルビア、クロアチアへも処分を下すことを発表している。 3位に終わったクロアチアは、モロッコ代表との3位決定戦の試合中にFIFA規律規程の第13条(差別)および第16条(試合の秩序と安全)に違反した可能性があるとされている。 セルビアには、罰金5万スイスフラン(約690万円)と、男子A代表の次のFIFA公式試合でスタジアムの25%が閉鎖される処分が下された。 セルビアは、カタールW杯のグループステージのスイス代表戦での出来事が問題視され、サポーターによるチャントとチームの不正行為(7人の選手に対する個々の制裁)に関して、FIFA懲戒規程の第13条(差別)および第12条(選手と役員の不正行為)の違反があったという。 エクアドルには、罰金2万スイスフラン(約276万円)と男子A代表の次のFIFA公式試合でのゴール裏の閉鎖という処分が下された。 エクアドルは、カタールW杯のカタール代表戦で、サポーターのチャントがFIFA規律規程の第13条(差別)の違反に該当するという。 メキシコには、罰金10万スイスフラン(約1380万円)と1試合の無観客試合(執行猶予付き)の処分が下された。 メキシコは、カタールW杯のポーランド代表戦とサウジアラビア代表戦でサポーターが歌ったチャントがFIFA規律規程の第13条(差別)の違反に該当した。 <span class="paragraph-title">【写真】問題視されたトロフィーを股間に当て侮辱的な態度を取るマルティネス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="da" dir="ltr">Emi Martínez after winning the <a href="https://t.co/N5WspWTibf">pic.twitter.com/N5WspWTibf</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1604550414648631303?ref_src=twsrc%5Etfw">December 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.14 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

8連勝で2位浮上ユーベ、ポグバ&ヴラホビッチの最速復帰は22日アタランタ戦

ユベントスは、MFポール・ポグバとFWドゥシャン・ヴラホビッチの戦列復帰を慎重に見極めているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 セリエAで8試合連続無失点&8連勝中のユベントス。チャンピオンズリーグ(CL)は早期敗退を喫したが、序盤戦の絶不調からは抜け出し、ミランをかわして2位に浮上するまでに調子を上げている。 昨年3月から長期離脱していたMFフェデリコ・キエーザも中断期間前に復帰し、徐々にプレータイムを伸ばしている段階。気になるのはポグバとヴラホビッチの状態だ。 昨夏の再加入以降、一度も公式戦のピッチに立てていないポグバと、昨年10月を最後に試合に出場していないヴラホビッチ。両者ともボールを扱うトレーニングはしているが、ケガ再発のリスクを考慮されているという。 どちらも最速の復帰は1月22日に行われるセリエA第19節のアタランタ戦。ポグバは問題なさそうだが、ヴラホビッチについてはもう少し時間がかかる可能性もあるようだ。 2023.01.11 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

レジェンドたちがミハイロビッチ氏に別れ... ラツィオは全選手が葬儀に参列

前ボローニャ指揮官、シニシャ・ミハイロビッチ氏の葬儀にレジェンドたちが参列した。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 2019年の白血病公表以降、病と闘いながらもボローニャで精力的に指揮を執り続けてきたミハイロビッチ氏だが、今季序盤に成績不振で解任に。そして今月16日、53歳の若さで息を引き取った。 19日にはローマ市内で葬儀が執り行われ、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督を始めとする親交の深かったOBが続々と参列。元イタリア代表のブルーノ・コンティ氏やモルガン・デ・サンクティス氏、マルコ・ディ・ヴァイオ氏ら往年のレジェンドたちが駆け付けた。 その他にも、同胞であるサンプドリアのデヤン・スタンコビッチ監督、フランチェスコ・トッティ氏、ダニエレ・デ・ロッシ氏らの姿も。また、ミハイロビッチ氏が選手キャリアの最盛期に在籍したラツィオからは全選手が参列したという。 現役時代は黄金期のセリエAで世界最高峰のフリーキッカーとして鳴らし、引退後もイタリア国内の多くのクラブで指揮したミハイロビッチ氏。我々日本人にとっては、DF冨安健洋(現アーセナル)を育て上げた指導者としても印象深い。 それら全ての功績が、後世にも語り継がれていくことだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】ミハイロビッチ氏の棺を運ぶマンチーニ監督やスタンコビッチ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">L&#39;ultimo saluto a Sinisa Mihajlovic <a href="https://t.co/c7b3TQuJ2d">pic.twitter.com/c7b3TQuJ2d</a></p>&mdash; Bologna Fc 1909 (@Bolognafc1909) <a href="https://twitter.com/Bolognafc1909/status/1604853601511301120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.20 14:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly