チェルシーで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが引退…「全てを出し尽くしたと素直に言える」

2022.11.16 21:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(36)が、16日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。

「フットボールは僕に多くの喜びと成功を与えてくれた。ここでスパイクを脱ぐ決断ができたのは、全てを出し尽くしたと素直に言えるからだ」

「かつて夢見たことを実現し、信じられないような思い出を作ることができた。で優勝したような最高の瞬間から、母国とチェルシーのFAカップ優勝チームのキャプテンを務めた特権まで、永遠に私の中に残り続けるだろう」
「また、チームメイトや監督、裏方のヒーローたちなど、サッカー界全体で素晴らしい友情を育んできたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ」

「プレーをやめるという決断は簡単なことではない。20年間、毎日トレーニングに励み、試合当日に最高のコンディションでプレーできるように努力し、所属していたチームの成功に貢献してきた」

「自分の選択肢を考える時間があり、熟考した結果、今が自分のキャリアの次のステージに進む時だと感じたんだ」

「これまで私を支えてくれた素晴らしい家族に、特別な感謝の気持ちを伝えなければならない。これからは家族と充実した時間を過ごすことができるから、それが楽しみだよ」

「この先も、サッカーは常に僕の一部であり、僕が愛しているものだ。僕にとって、人生の新しい章が始まるときに、後ろ向きになるのではなく、前向きになることが重要なんだ」

アストン・ビラの下部組織出身だったケイヒルは、バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て2008年1月に加入したボルトンで頭角を現し、2012年1月にチェルシーに完全移籍した。

チェルシーでは在籍7年半で公式戦290試合に出場し、プレミアリーグを2回、チャンピオンズリーグ1回、ヨーロッパリーグ2回、FAカップ2回、EFLカップ1回と、数々の優勝をに貢献。また、この間にイングランド代表での地位も確立し、2014年と2018年のワールドカップや2016年のユーロに出場した。

2019年夏のチェルシー退団後は、クリスタル・パレスとボーンマスに在籍。概ね主力としてプレーしたが、今夏にフリーになると、およそ半年後のこのタイミングで引退を決断した格好だ。

関連ニュース
thumb

チェルシー移籍合意のエンソ・フェルナンデスにベンフィカ指揮官が苦言「喜んでプレーする選手だけが必要」

ベンフィカのロジャー・シュミット監督が、チェルシーへの移籍が合意に至ったアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)に苦言を呈した。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 ベンフィカは1日、総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)の契約解除条項をチェルシーが払うことで合意。ベンフィカを退団することが決まったことを発表した。 現時点でチェルシーからは加入の発表はなく、移籍市場もすでに閉鎖。エンソ・フェルナンデスの登録が間に合うのかどうかは不透明な状況だ。 チェルシーが何度も粘りを見せて実現した合意だが、チームの中心選手を失ったベンフィカは1月31日にプリメイラ・リーガ第18節でアロウカと対戦。ジョアン・マリオの2ゴールなどで0-3と快勝。首位を快走している。 エンソ・フェルナンデスはすでにチームに帯同していなかったが、シュミット監督は移籍に言及。エンソ・フェルナンデスの態度に苦言を呈し、必要のない選手だとした。 「冬の移籍市場で良い選手を失うことは常に難しいことだが、今日、我々は彼がいなくても良いチームであること、良いサッカーができること、チャンピオンになるため選手たちがより多くの勝ち点を獲得することに集中していることを示した」 「ベンフィカは選手よりも遥かに大きな存在だ。ベンフィカでプレーすることを喜び、情熱的な選手だけが必要だ」 「退団したいという選手と、条項を支払うクラブがあった。我々には何もできなかった。我々はそれを受け入れ、検討した」 2023.02.01 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ツィエクの獲得に失敗したPSG、原因はチェルシーによる書類ミス…3度も誤った書類を送ったと報道

チェルシーからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が確実視されていたモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)だが、移籍が成立せず。その理由は書類の不備だったようだ。 冬の移籍市場の最終期限が迫る中、PSGへの移籍が報じられたツィエク。時間がない中で話をまとめ、レンタル移籍に近づいていた。 クラブ間の合意があり、移籍が成立したかと思われたが、なんとタイムリミットを迎えることに。メディカルチェックも合格していた中で移籍が成立しなかった理由は、書類に問題があったからだという。 フランス『レキップ』によれば、チェルシーからの書類の到着が遅れたとのこと。3度も誤った書類を送りつけたとし、PSG側は怒りを示しているという。 書類の手続きの問題、さらにチェルシー側の不備ということもあり、PSGはリーグ・アンに苦情を申し入れたが、承認されなかったという。 買い取りオプションはなく、レンタルでの加入となることが30日の段階で決定的に。ただ、書類が遅れていたために不安視されていたが、現実のものとなってしまった。 2023.02.01 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスを確保! 粘りを見せ移籍金170億円で合意

ベンフィカは1日、アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)がチェルシーへと完全移籍することを発表した。 クラブの発表によると、総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)での取引になり、クラブ間で合意に至ったという。 なお、移籍金の25%はかつて所属したリーベル・プレートへ支払われることとなる。 エンソ・フェルナンデスは母国のリーベル・プレートの下部組織育ち。デフェンサ・イ・セントラルでもプレーした。 2022年7月にベンフィカに完全移籍。プリメイラリーガで17試合に出場し1ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで5試合に出場し2アシストを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、チームの36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献。最優秀若手選手賞を受賞していた。 その活躍もあり、今冬には多くのクラブが獲得に動いたものの、ベンフィカが徹底抗戦して交渉が難航。しかし、最終的には合意に至った。 2023.02.01 10:03 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがチェルシー司令塔ジョルジーニョを獲得! アルテタ「知性と深いリーダーシップを備えたMF」

アーセナルは31日、チェルシーからイタリア代表MFジョルジーニョ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定している。 イギリス『The Athletic』によれば、移籍金は1200万ポンド(約19億3000万円)となり、ジョルジーニョは1年間の延長オプションが付く2024年夏までの1年半契約にサインしたという。 手薄な中盤に実力者を迎え入れたミケル・アルテタ監督は、大きな期待を口にしている。 「ジョルジーニョは知性と深いリーダーシップを備えたミッドフィールドプレーヤーであり、プレミアリーグと国際的な経験が豊富だ。ジョルジーニョはそのキャリアで勝利を収めているが、彼はまだここで貢献したいという渇望と大きな意欲を持っている」 「ジョルジーニョと契約することができて、彼と家族をクラブに迎えられることをとても嬉しく思う」 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへ完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残していた。 アーセナルは当初、ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたが、相手クラブの徹底抗戦に遭ったことで、最終的にイタリア代表MFの獲得にこぎ着けた。 2023.02.01 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、エンソ・フェルナンデス獲得に向けリスボンでのメディカルチェックを準備

チェルシーが、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得へ最後の勝負に出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今冬の移籍市場で超大型補強を敢行しているチェルシー。だが、中盤の目玉補強と目されたフェルナンデス獲得は、ベンフィカの徹底抗戦によって交渉が長期化。 しかし、移籍市場閉幕間際に最後の勝負に出たブルーズは、1億2000万ユーロ(約170億円)に設定された契約解除金の満額支払いを決断。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカとの交渉は平行線を辿っている。 それでも、イタリア代表MFジョルジーニョ(31)をアーセナルに売却する決断を下したクラブは、幾つかの保険を用意しながらもフェルナンデス獲得に全力を注いでおり、粘り強くクラブ間交渉を継続。 さらに、『スカイ』によると、チェルシーは年俸1000万ユーロ(約14億1000万円)の7年半契約で個人間合意に至るフェルナンデスのメディカルチェックをリスボンで実施する準備を進めており、デッドライン・デーぎりぎりでの交渉成立を目指しているようだ。 2023.02.01 01:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly