W杯前に巻き返すアッレグリ監督「ここ5試合は結果もチームの成長ぶりも満足」

2022.11.11 12:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

ユベントスは10日のセリエA第14節でヴェローナとの敵地戦に。FWモイゼ・ケアンのゴールで先制すると、守りも無失点で切り抜け、勝利した。

これで5連勝とし、順位もまた1つ上げて4位にまで浮上。カタール・ワールドカップの中断期間を前に巻き返すアッレグリ監督も満足感を示した。
「技術的なレベルでは確かに良い試合じゃなかったが、うまく解釈して勝ち点3を持ち帰れたね。非常に激しい試合だったし、短期間に多くの試合をこなした後に勝つのは簡単じゃなかったが、難しい局面をうまく切り抜けた選手たちを褒めなければならない」

「後半は特にクロスの場面で何度かリスクを冒したものの、前半よりも良った。ここ5試合は結果だけじゃなく、チームの成長ぶりにも満足しなければならない。ここ数週間は落ち着いて、質の高い仕事ぶりだったと思う」

イタリア人指揮官はまた、決勝ゴールのケアンについても成長ぶり、そして活躍ぶりに賛辞の言葉を送りつつ、まだ未完の若手だとして慎重を期した。

モイゼ・ケアンの姿勢は非常に前向きなもので、フィジカル的にも成長して、毎週のように良くなっている。我々にとって非常に重要な存在さ。ただ、モイゼが2000年代の選手である以上はまだ若手であるのを忘れるべきじゃない」

「彼の歩みはチームの歩みと同じように正しいもの。残りシーズンも楽観的でなければならない」

関連ニュース
thumb

リーズの19歳FWニョントがイタリア帰還へ? ナポリやユベントスら関心か

セリエAの強豪クラブがリーズ・ユナイテッドのイタリア代表FWウィルフレッド・ニョント(19)を注視しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 ニョントはインテルの下部組織出身。スイスのチューリッヒに在籍していた昨年6月のA代表デビュー戦での活躍から一躍その名が知れ渡り、昨夏の移籍市場最終日に駆け込みでリーズ移籍を掴みとった。 リーズは昨季同様に今季もプレミアリーグで残留争いを強いられているが、ニョントは第14節のリバプール戦で初出場を果たし、その後は左サイドハーフで定位置を確保。現在までに公式戦20試合4ゴール3アシストを記録している。 イタリア代表の今後を担う選手としてさらなる成長に期待が集まるなか、セリエAの強豪クラブもニョントに注目している模様。ナポリ、ミラン、ローマ、アタランタ、ユベントスが今夏の獲得を検討しており、ニョント本人もイタリアへの帰還にオープンとのことだ。 なお、ユベントスについては、今冬に買い取りオプション付きの半年レンタルでリーズへと移籍したアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を交渉材料に、ニョントを釣り上げるプランも。しかし、リーズがマッケニーの買い取りを考えていないとされる。 2023.03.23 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フラッテージの今夏ローマ帰還に暗雲? サッスオーロが強気の姿勢か

愛するローマへの帰還を心待ちにするサッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ(23)だが、すんなりとは交渉がまとまらないようだ。 昨季サッスオーロで大ブレイクを果たしたフラッテージ。今季もここまでセリエAの全27試合に出場するなど主軸としてチームをけん引しているが、今夏のローマ移籍希望を公にしている。 フラッテージは生まれも育ちもローマであり、14歳から17歳まではローマに在籍。ファーストチーム昇格は逃すも、憧れであるローマのバンディエラ、ダニエレ・デ・ロッシ氏と同じ背番号「16」をサッスオーロで着用しているほどで、まさに骨の髄までローマを愛す男と言える。 また、ローマは2017年7月にフラッテージをサッスオーロへ売却する際、将来のリセール時に移籍金の30%を受け取れる条項を盛り込んでいたことが広く知られている。 このため、ローマは安価でのフラッテージ買い戻しが可能であるとされているが、イタリア『カルチョメルカート』によると、サッスオーロは2026年6月までの契約を盾に、3500万ユーロ(約50億円)の設定額を値引きしない方針を採る可能性があるという。 その裏ではインテルとユベントスもフラッテージに関心を寄せている中、両クラブとも財政的に苦しく、ユベントスはモンツァへ武者修行中のU-21イタリア代表MFニコロ・ロベッラ(21)など、若手選手の譲渡を交渉に含めたい考えとのことだ。 フラッテージの希望がインテルやユベントスではなく、ローマ帰還一択であることは想像に難くないが、移籍ビジネスという側面がある以上は一筋縄ではいかないようだ。 2023.03.23 18:48 Thu
twitterfacebook
thumb

兄弟揃って今夏ビッグクラブへ? フランス代表初招集の21歳ケフラン・テュラムにユベントスら関心

ニースのフランス代表MFケフラン・テュラム=ウリアン(21)に今夏ビッグクラブ移籍のチャンスがあるようだ。イギリス『90min』が伝えている。 ケフラン・テュラムは1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)優勝メンバーであるリリアン・テュラム氏の息子であり、今夏のビッグクラブ移籍が確実視されるボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)の弟だ。 クラブキャリアでは父親の古巣でもあるモナコの下部組織で育ち、プロデビュー後の2019年7月にニースへ移籍。セントラルハーフを本職にしており、今季は公式戦39試合2得点8アシストを記録している。 また、現在はユーロ2024予選第1節のオランダ代表戦、第2節のアイルランド代表戦に臨むフランス代表に初招集されており、24日に行われるオランダ代表戦に向けた前日会見に、兄のマルクスとともに登場したことが話題となった。 その一方、兄同様に自身も今夏ビッグクラブ移籍のチャンスがある模様。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、インテル、パリ・サンジェルマン(PSG)、さらには父親がキャリアの全盛期を過ごしたユベントスからも関心を寄せられているという。 本人もこのことを認識しているようで、兄とともに臨んだ会見では「耳に入ってるよ」とコメントしている。 世界的なスター選手の血を受け継いだ子どもが必ずしも同じ道で成功を収めるわけではないが、テュラム一家は父親のリリアン氏がユベントスやバルセロナなどで活躍し、息子2人はビッグクラブに移籍する可能性があるだけでなく、揃ってフランス代表に選出されている。リリアン氏はさぞかし誇らしいだろう。 2023.03.23 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

“リベリアの怪人”の息子がセリエAへ? ユーベが米国代表FWウェアに関心

ユベントスが、リールのアメリカ代表FWティモシー・ウェア(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランなどで活躍した1995年のバロンドーラー、“リベリアの怪人”の愛称で親しまれ、現在はリベリア共和国のジョージ・ウェア大統領を父に持つことで有名なティモシー・ウェア。アメリカ生まれの自身はアメリカ代表を選択し、カタール・ワールドカップ(W杯)ではゴールを決めている。 クラブキャリアではパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、プロデビュー後はセルティックへの武者修行を経て、2019年7月にリールへ完全移籍。本職はウィンガーながらも今季から左右のサイドバックにコンバートされ、公式戦22試合で2アシストを記録している。 そんなウェアはリールとの契約を2024年6月まで残しているものの、フランス国内外の複数のクラブから関心が集まっており、ユベントスもその1つ。ユベントスはすでにウェアの代理人と接触しているという。 一方のリールは、PSGから獲得する際に投じた1000万ユーロ(約14億2000万円)を上回るオファーであれば売却を容認すると方針と考えられている。 2023.03.23 13:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベとの契約満了迫るも「僕は落ち着いている」、ラビオは残留の可能性示唆「トリノでは良い気分」

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)が自身の去就に言及した。 2019年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)から加入すると、当初はフィットに手間取るも現在はチームの主軸に定着したラビオ。今シーズンも公式戦33試合に出場しており、チームを支えている。 一方で、ラビオとユベントスの契約は今夏までとなりながら、延長に向けた交渉は停滞。マンチェスター・ユナイテッドをはじめ、多くのビッグクラブが関心を寄せていることから、今シーズン限りでトリノを去る可能性もある。 こうした状況の中、ラビオはイタリア『トゥットスポルト』のインタビューに応じ、自身の去就に言及。契約交渉に進展はないとしつつ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の存在はキャリアの決断を下すのに大きな存在だと語った。 「今のところ、何かニュースがあるわけじゃない。2カ月後にはシーズンが終わるから、そうしたらすぐに話をしたいと思っている。ただ、僕は落ち着いているよ。退団の可能性もあるけど、ユーベと再契約する可能性もある」 「トリノで良い気分で過ごせているし、クラブでは良い仕事ができている。それに、監督やチームメート、コーチとも良い関係だ。特に監督は2年間僕を助けてくれたし、多くの自信を与えてくれた。これはコンディションを整えるだけでなく、自分の将来について正しい選択をするためにも重要だ」 「アッレグリは高いクオリティを持った人だと思う。彼はグループを管理する方法を熟知しており、時には父親のように選手に話しかける。選手たちの心理的な特徴を理解していて、チームのメンバー全員と話す方法を知っているんだ」 「グループ全体をどのように励ますか知っているという意味でも、彼は素晴らしいね。最大限の困難やプレッシャーがあっても、彼はいつも正しい言葉を正しいトーンで伝える方法を知っているんだ。諦めるなと僕たちを鼓舞し、自分の緊張については常に隠している」 また、インタビューではラビオの私的な部分にも触れており、母親で代理人のヴェロニカ氏との関係や、少年時代の憧れの選手についても明かしている。 「誰もが自分の母親を代理人にできるわけではない。僕たちはとても仲が良いんだ。過去に家族の問題があって、それが僕たちをさらに結束させた。僕にとっては本当に支えとなっているよ。母とは、個人的な関係、プロフェッショナルな関係、スポーツ的な関係をどう分けるべきか、しっかり理解している。それは誰にでもできることではないだろうね」 「スティーブン・ジェラードのファンだった。彼は僕に夢を与えてくれた選手だったし、だから当時はリバプールを応援していたよ。もう一人のアイドルは、ジネディーヌ・ジダンだった」 2023.03.23 10:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly