「半端ない」「カッコよすぎ」水戸の新ユニフォームをファン称賛、ストライプ復活で2ndも好評「両方欲しい」

2022.11.03 12:40 Thu
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは3日、2023シーズンの新ユニフォームデザインを発表した。2022シーズンは明治安田生命J2リーグで14勝12分け16敗の13位に終わった水戸。秋葉忠宏監督が退任し、新シーズンは濱崎芳己ヘッドコーチが率い、新体制で迎えることとなる。
その水戸は、新ユニフォームを発表。クラブ創設30周年を2024年に控えている中、ユニフォームのコンセプトは、「これまでクラブの歴史を紡いできた先人たちへの『リスペクト』を示し、近年のコロナ禍におけるイレギュラーなシーズンからの『リバイバル』を果たす。そして、2023シーズンも新たな歴史を積み上げ『新しい原風景をこの街に』刻むという想いを込めた」とのことだ。

2022シーズンはシンプルな柄のないデザインだったが、1stユニフォームはストライプ柄をベースにし、クラブの伝統に対するリスペクトを表現。色の違う青のストライプを入れている。

中央のストライプだけが太くなっているが、「変わらない信念」を示しており、その両サイドに異なる太さのラインを配置することで、「様々な変化を表現しながら、その中でもリバイバルを果たすために邁進していくクラブの強い意思」を表現したという。
2ndは白がベースとなり、中央に2色の青でストライプが入ったデザインに。中央に配置した一筋のラインは「クラブがこれから進んでいく道への強い信念」を表現したとのこと。左右色が違うことで、「これまでクラブが超えられなかった一線を越え、 新たな歴史を積み上げていくために前進していくこと」を表現したという。

このデザインにはファンも「カッコいい」、「縦縞良い」、「半端ない」、「カッコよすぎ」と懐かしさもある水戸らしいストライプユニが高評価。また、「2ndカッコイイなぁ」、「アウェイのユニフォームいい」、「両方欲しい」と2ndユニフォームも気に入っている人が多いようだ。

1 2
関連ニュース

水戸ユースのMF木村晟明がクロアチア2部のHNKブコバル1991に移籍「夢であった海外でプロサッカー選手に」

水戸ホーリーホックは21日、ユースに所属するMF木村晟明(18)が、クロアチア2部のHNKブコバル1991に加入することを発表した。 木村は北海道出身で、FC DENOVA U-15から水戸のユースに加入していた。 夢だったという海外移籍を果たした木村はクラブを通じてコメントしている。 「今年からHNK Vukovar1991(Croatia division2 3位)に加入することになりました、木村晟明です。ずっと夢であった海外でプロサッカー選手になることができ、とても嬉しく思います」 「高校3年間は思い通りの結果を出せず、逆境やスランプに陥りとても苦しい思いをしました。ですが、そんな時も努力を辞めませんでした。努力を続けてくうちに努力は人生の成功への道標ということを学びました」 「これまで僕に携わってくれた友達やチームメイト、僕にたくさんのことを指導してくださったチームスタッフのみなさん、そして僕に人生をくれた両親、面倒を見てくれた姉、夢のきっかけになってくれた兄。すべての人に感謝しています」 「これからは日々を大切にしていきながら更に上にいけるように努力を継続していきます。そして皆さんに応援してもらえる選手になります。これからも応援よろしくお願いします!」 ブコバルは、かつて破産したクラブを引き継ぎ、2012年に設立されたクラブ。4部からのスタートとなったが、2022-23に2部の1. NLへ昇格。2位の成績を収め、惜しくも1部昇格は果たせなかった。 2024.02.22 12:25 Thu

沼津が水戸退団のMF柳町魁耀を完全移籍で獲得「共に戦いましょう!」

アスルクラロ沼津は8日、水戸ホーリーホックを退団したMF柳町魁耀(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「44」となる。 柳町は茨城県出身で、鹿島アントラーズのアカデミー出身。ジュニアユース、ユースと昇格も、トップ昇格はできずに2021年に水戸に加入した。 水戸では3シーズン過ごし、J2通算9試合、天皇杯通算2試合の出場に終わっていた。 沼津でプレーすることとなった柳町はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、柳町魁耀です。皆さんの前でプレーできることを嬉しく思いますし、楽しみにしています。多くの人がスタジアムに足を運んで良かったと思えるようなプレーを魅せたいと思います。応援よろしくお願いします!共に戦いましょう!」 2024.02.08 21:15 Thu

代表推す声過熱!NECの小川航基がカップ戦でも強烈ヘディング弾、海外公式戦での二桁ゴール達成

NECナイメヘンのFW小川航基がオランダでの公式戦二桁ゴールを達成した。 NECは6日、KNVBベーカー準々決勝でADOデン・ハーグと対戦した。小川は佐野航大とともに先発出場。開始早々の2分にいきなりの先制点を挙げた。 左CKの場面で、ゴール正面のやや離れた位置で3人の隊列を組んだ小川は、チャロン・チェリーの外巻きのキックに対し、気持ち外へ膨らみながらのヘディングシュート。完璧に捉えた一撃で対角のネットを揺らした。 カップ戦では出場した3試合全てでゴールをマーク。また、リーグ戦第20節ヘラクレス戦での2得点から中2日での連続得点で、NECでの公式戦得点が「10」に到達した。 覚醒の予感を漂わせるストライカーには、2019年のE-1選手権以来となる代表入りを望む声も熱を帯びてきている。連戦を加味してかこの日は59分でお役御免となったが、チーム内での信頼感は絶大。さらなる数字の積み上げにも期待は高まる。 なお、後半に追加点を挙げたNECは3-0で勝利。ベスト4入りを決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】小川航基が海外DFに引けを取らない強烈ヘディング弾でオランダでの二桁達成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">N.E.C. komt razendsnel op voorsprong! </p>&mdash; ESPN NL (@ESPNnl) <a href="https://twitter.com/ESPNnl/status/1754945530222817420?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.07 21:55 Wed

NECの小川航基が見事なヘディング弾含む2ゴール!MOTMにも選出され、二桁得点へもリーチ

NECナイメヘンのFW小川航基が逆転勝利の立役者となった。 NECは3日、エールディビジ第20節でヘラクレスをホームに迎えた。小川は佐野航大とともに先発出場。2ゴールを挙げ、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)にも選出された。 まずは1点ビハインドで後半の立ち上がり、右ポケットへの裏抜けでスルーパスを呼び込み、相手のファウルを誘発してPKを獲得する。自らキッカーを務め、冷静にGKの逆を突いて右下隅へ51分の同点ゴールを決めた。 さらにその8分後、NECは2本のミドルパスで右サイド深い位置を取ると、ソンチェ・ハンセンのクロスに再び小川。中央からニアへ入り込み、薄く当てる難易度高いヘディングシュートを逆サイドへ流し込んだ。 出し手との呼吸もぴったりの見事な一発。小川はこれでリーグ戦7得点目とし、公式戦では9得点と、二桁得点へリーチをかけた。 日本人ストライカーの2ゴールで試合をひっくり返したNECは66分にもチャロン・チェリーが直接FKを沈め、3-1で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】出し手との呼吸もぴったり!小川航基が見事なヘディング弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Pf8iSyYQ_ic";var video_start = 217;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.04 16:40 Sun

水戸や札幌などでプレーしたMF菊岡拓朗が現役引退を発表、J通算300試合以上出場

COEDO KAWAGOE F.Cは29日、MF菊岡拓朗(38)が現役を引退することを発表した。 静岡県の清水東高校出身の菊岡は、法政大学を経て2008年に水戸ホーリーホックへ加入。抜群のキック精度を武器に、以降は東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原でプレーし、2019年に日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森へ加入した。 青森では3シーズンを戦い、SHIBUYA CITY FCを経て2023シーズンからは川越でプレーし、チームの関東リーグ2部昇格へ貢献。J2通算241試合26得点、J3通算75試合2得点、JFL通算61試合4得点という成績を残した。 なお、菊岡は天皇杯の埼玉県予選を兼ねる「第15回埼玉県社会人サッカートーナメント会長杯(天皇杯) 兼 彩の国カップ埼玉県サッカー選手権大会」の予選終了をもってスパイクを脱ぐとのことだ。 16年間走り続けたファンタジスタは、川越の公式サイトを通じて次のようなコメントを残している。 「この度、プロサッカー選手を引退する決断をしました」 「まずはじめに水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原、ラインメール青森、SHIBUYA CITY FC 、COEDO KAWAGOE F.Cの関係者の皆様、ありがとうございました。人との出会いに恵まれここまでプレーすることができました」 「勝ちたい、誰にも負けたくない、誰よりも上手くなりたい、その気持ちが私の原動力でした。私に携わっていただいた指導者の皆様、ありがとうございました。そしていつも一番近くで応援してくれた家族のみんな、ありがとう。いつもパワーをもらっていたよ」 「これからまた新たな夢に向かって邁進していきたいと思います。16年間ありがとうございました。菊岡拓朗」 2024.01.31 21:25 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly