「チームが僕の良さを生かしてくれる」絶好調の久保建英がソシエダでの充実語る「今のところすごく楽しい」

2022.10.03 11:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がジローナ戦を振り返り、チームについて語った。クラブの公式ツイッターが伝えている。久保は2日に行われたラ・リーガ第7節のジローナ戦に2トップの一角で先発すると、まずは8分、ボックス左のスペースに抜け出してダビド・シルバからのパスを受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これを、ボックス内でアレクサンダー・セルロート蹴り込み、ソシエダの先制点をアシストする。

その後点の取り合いとなった試合だが、4-3と1点リードで迎えた85分に久保が終止符を打つ。
ソシエダはカウンターを仕掛けるとパスを受けたセルロートが持ち込み並走する久保へパス。久保はボックス内で相手DFと一対一となると、抜き切らずに左足一閃。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。

今季2ゴール目をマークした久保は、公式戦3試合連続のアシストを記録。今夏に加入した新天地で輝きを放っており、チームとの相性の良さを語っている。

「監督がよく言っている言葉が今頭に浮かんだんですけど、このチームが選手を上手くする、レベルを上げる、チームで助け合っていくというチームに、僕がすごくフィットしているというか、レアル・ソシエダというチームが僕の良さを生かしてくれているというか」

「僕がチームを助けるというより、チームに助けてもらって、今のところ結果を出せているのですごく楽しいですし、このまま残り試合たくさんありますけど、しっかりチームに貢献したいと思います」




関連ニュース
thumb

久保建英が勘違いしたエスコートキッズに優しく手を差し伸べる 試合前にあった微笑ましい一幕

レアル・ソシエダがバジャドリー戦の裏側を公開している。 5日、ラ・リーガ第20節でバジャドリーをホームに迎えたソシエダ。先発した日本代表MF久保建英を中心に相手ゴールへと迫ったが、得点を奪えずにいると、3分に失点。その後も猛攻を仕掛けるが、最後までゴールを奪えず0-1で敗戦。8試合ぶりのリーグ戦黒星となった。 悔しい敗戦となったが、ソシエダはクラブの公式YouTubeチャンネルで試合以外の出来事を公開。その中で久保とエスコートキッズの微笑ましい場面があった。 ピッチへとつながる通路で選手たちを先に待ち構えていたエスコートキッズたち。選手たちと手をつないでもらい、そのまま一緒に入場する運びだった。しかし、久保と手をつなぐはずの女の子はハイタッチするだけと勘違いしたのか、久保の手を握ることを忘れてしまう。それでも久保が手を差し出すと、理解した女の子は小走りで久保の手を握り、一緒に入場していた。 ちなみに、久保の次に入場したGKアレックス・レミロは、最初エスコートキッズの存在を忘れて1人でダッシュ。通り過ぎた後に慌ててエスコートキッズの男の子と一緒に入場していた。 久保とエスコートキッズのやり取りには、「タケとパートナーのエスコートキッズ嬉しそうだったなぁ」というファンのコメントも。チームは敗れながらもマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せていた久保。試合以外でも光る好プレーだった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が勘違いした女の子に優しく手を差し伸べる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J1u-B32hhXY";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.07 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「当時からキャラクターが…」ソシエダMFが久保建英との関係を明かす…実はバルサカンテラ時代の先輩「多くの時間を共に過ごした」

レアル・ソシエダのU-21スペイン代表MFロベルト・ナバーロが、日本代表MF久保建英について語った。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。 ナバーロは、2021年7月にソシエダのファーストチームに昇格。その後一度Bチームに戻ったが、再び今シーズンからファーストチームのメンバーとなった。 今シーズンは途中出場がメインとなっているなか、ラ・リーガで13試合に出場。また、ヨーロッパリーグ(EL)では4試合で2ゴール2アシスト、コパ・デル・レイでは5試合で4ゴールと結果を残している。 トップ下や左右のウイングでプレーし、久保と同じようなポジションでプレーするナバーロだが、実はバルセロナのカンテラ育ち。その後、モナコの下部組織へと移籍し、ソシエダのBチームに加入していた。 ナバーロは久保と年齢が1つしか違わないこともあり、実はカンテラ時代から仲良くしていたと明かした。 「彼はすでにそのキャラクターを示していた。僕たちは2食付きだったから、彼と一緒に時間を過ごしていた。一日中ラ・マシアで過ごし、家に帰ってから寝ていたんだ」 「確かに彼は1つ年上で、その後は別のチームでトレーニングを行っていた。でも、僕たちは一日中一緒に過ごして、その後のクラスでも…多くの時間を共に過ごしていたよ」 その久保と久々の再会に。今は同じチームでポジションを争う関係だが、今でも仲良くしており、とても助かっていると語った。 「彼がソシエダに到着した初日から、僕たちはすでに電話で話をしていた。僕たちはいつも良い関係を築いている。僕たちはとても仲が良いんだ」 「ピッチ上では彼と一緒にプレーするのはとてもやりやすいし、チームワークは抜群だよ」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、再三チャンスメイクしたバジャドリー戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4Zdrhla84A0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールというご褒美だけが…」敗戦のソシエダも躍動した久保建英には地元紙が高評価「アクティブで輝いた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英への評価は高かった。 5日、ソシエダはラ・リーガ第20節でバジャドリーをホームに迎えた。 前節はレアル・マドリーとの上位対決でゴールレスドローに終わったソシエダ。再び勝利を目指して戦う今節だったが、苦しい展開となる。 互いにフィニッシュまでなかなか持ち込めない展開。久保はミドルシュートやペナルティアーク内からシュートを放つもゴールを奪えない。 すると73分に失点。その後も猛攻を仕掛けるが、最後までゴールを奪えず0-1で敗戦。8試合ぶりのリーグ戦黒星となった。 敗れはしたものの、チャンスを作っていた久保には地元紙も高評価。スペイン『ElDesmarque』は7点(10点満点)を与え、「アクティブで輝いており、バジャドリーの守備を危険に陥らせた。彼にはゴールというご褒美だけが欠けていた」と、ゴールだけがなかったとした。 またスペイン『Noticias de Gipuzkoa』も7点(10点満点)を与え、「日本人による素晴らしいゲームだった。ゴールだけが欠けていた。これは、彼自身が認めるように、より改善しなければいけない部分だ」とコメント。「ほとんど何もないところから4つもチャンスを作った。彼はいつもそれを探している。今シーズンの兆候だ」と、チャンスメイクを称えながらも、ゴールを決めきれなかったことを指摘した。 上位との差を詰めるチャンスを逃すも、3位をキープしたソシエダ。次節は13日にエスパニョールと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、再三チャンスメイクしたバジャドリー戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4Zdrhla84A0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ラリンの一発に泣いたソシエダがリーグ戦8試合ぶりの黒星…《ラ・リーガ》

久保建英の所属するレアル・ソシエダは5日、ラ・リーガ第20節でバジャドリーと対戦し0-1で敗戦した。久保はフル出場している。 リーグ戦7試合無敗の3位ソシエダ(勝ち点39)が、17位に沈むバジャドリー(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。ソシエダの久保は右MFで2試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ソシエダは12分にボックス手前のロベルト・ナバーロが落としたボールを受けた久保がボックス左まで侵入。ワンバウンドしたボールを左足ボレーで狙ったが、シュートはゴール右に外れた。 その後は両チーム共にアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定機まで持ち込めずに時間が経過。それでもソシエダは34分、中盤でボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、マリンの絶妙な縦パスに反応したセルロートがボックス内まで侵入。飛び出したGKを見てゴール左隅へシュートを放ったが、これは左ポストに弾かれた。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダはバレネチェアとディエゴ・リコを下げてブライス・メンデスとムニョスを投入する2枚替えを敢行。すると59分、ブライス・メンデスからのパスをボックス右角手前で受けたセルロートがカットインから左足一閃。しかし、狙いすましたシュートはわずかにゴール左に逸れた。 主導権を握るソシエダは64分、ドリブルでボックス手前まで切り込んだ久保がミドルシュートで相手ゴールを脅かすが、これは相手GKがセーブ。さらに久保は65分にもペナルティアーク内からシュートを放ったが、これもGKマシプのセーブに防がれた。 その後も攻勢を続けたソシエダだったが、バジャドリーに後半最初のチャンスをモノにされる。73分、イバン・サンチェスのパスで右サイドをオーバーラップしたルイス・ペレスがクロスを上げると、途中出場のラリンがヘディングシュートで流し込んだ。 その後は1点を追うソシエダが猛攻仕掛けるが、5バックの守備陣形で逃げ切りを図るバジャドリーを崩すとができず。試合はそのまま0-1でタイムアップ。ソシエダはリーグ戦8試合ぶりの黒星を喫した。 2023.02.06 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022-23 ラ・リーガ前半戦ベストイレブン】首位バルセロナから最多4人を選出!

2022-23シーズンのラ・リーガは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ラ・リーガ前半戦ベストイレブン GK:テア・シュテーゲン DF:クンデ、ミリトン、ジェライ MF:バルベルデ、スビメンディ、ペドリ、メリーノ FW:デンベレ、レヴァンドフスキ、ヴィニシウス GK マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(30歳/バルセロナ) 出場試合数:19(先発:19)/失点数:7 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦のMVP。今季大幅にバックラインが入れ替わった中、圧倒的なゴールキーピングでパラドンを連発し、前半戦をわずか7失点で終えた。これにより、自身初のサモラ賞だけでなく、1993-94シーズンにデポルティボ・ラ・コルーニャのフランシスコ・リアーノが記録したラ・リーガ最年少失点記録(18失点)の更新も期待される。 DF ジュール・クンデ(24歳/バルセロナ) 出場試合数:12(先発:11)/得点数:0 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最少失点を記録したバルセロナのディフェンスラインを代表しての選出に。最少失点の立役者は守護神だが、今季新加入のフランス代表DFはアラウホ、バルデ、クリステンセンと共に好パフォーマンスを披露した一人。本職のセンターバックと右サイドバックで併用された中、攻撃面ではポジショニング、単純な技術、判断ミスは散見されるものの、圧倒的な身体能力を生かした対人、カウンター時の対応でチームの守備を大いに助けた。パフォーマンス自体はアラウホに分があったが、出場数と新加入という点を考慮した。 DF エデル・ミリトン(25歳/レアル・マドリー) 出場試合数:16(先発:13)/得点数:3 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 負傷者続出のエル・ブランコのディフェンスラインを牽引。相棒アラバやカルバハルらの離脱によってなかなかベストメンバーを組めず、フィルター役を担ってきたカゼミロの退団によって安定感を欠く昨季王者。だが、センターバックと右サイドバックで孤軍奮闘の活躍を見せたブラジル代表の活躍は見事だった。持ち味のソリッドな守備に加え、チーム5位タイの3ゴールを記録。ビルドアップの部分でも着実な成長を示している。 DF ジェライ・アルバレス(28歳/アスレティック・ビルバオ) 出場試合数:16(先発:16)/得点数:0 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 円熟味増す堅守で存在感。ソシエダのセンターバックコンビやアルビオルらの活躍も素晴らしかったが、オトラ・リーガで印象的なパフォーマンスを見せた。昨季はビビアンの台頭によってやや出場機会を減らしたが、今季はイニゴ・マルティネスの負傷離脱もあって主軸を担う。持ち味のインターセプトやボールリカバリー、クリア数といずれも好スタッツを叩き出しており、素晴らしい前半戦となった。 MF フェデリコ・バルベルデ(24歳/レアル・マドリー) 出場試合数:19(先発:16)/得点数:6 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ゴールスコアラーとしての才能を開花。2018-19シーズンから着実に成長を続けるウルグアイ代表は、より決定的な仕事を求めるイタリア人指揮官の下で、早くもキャリアハイの倍となる6ゴールを記録。豊富な運動量とフィジカル能力を武器に、ピッチを縦横無尽に駆け回りながら、正確且つパワフルなシュートでゴラッソを連発。再開後はややパフォーマンスを落としているが、中断前は間違いなくレアル・マドリーのベストプレーヤーだった。 MF マルティン・スビメンディ(25歳/レアル・ソシエダ) 出場試合数:18(先発:17)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> メガクラブ注目のピボーテ。一昨季の主力定着以降、安定したパフォーマンスを継続し、国内屈指のピボーテに成長した。バルセロナがブスケッツの後継者、クラブOBでもあるアルテタ率いるアーセナルも関心を示す逸材は、今季の前半戦も躍動。守備では強度の高い対人守備、カバー範囲の広さを生かしてフィルター役を完遂。攻撃では巧みなポジショニングと視野の広さを武器にボールの循環の基準点として機能した。 MF ペドリ(20歳/バルセロナ) 出場試合数:19(先発:16)/得点数:5 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 巧さに加え、怖さを身に着ける。昨季は度重なる負傷に悩まされて期待外れの2年目となったが、この間に懸命なパーソナルトレーニングを敢行。鋼の肉体を手にした20歳のメガクラックは、開幕から圧巻のパフォーマンスを披露し続ける。より前目のポジションで決定的な仕事を求めるチャビ監督、世界屈指のポストワークを誇るレヴァンドフスキの加入によってボックス内で勝負する機会を増やすと、前半戦だけでキャリアハイの5ゴールを奪取。トップ下や左ウイングでフリーロールを担う機会も増えており、後半戦の更なる爆発が期待される。 MF ミケル・メリーノ(26歳/レアル・ソシエダ) 出場試合数:16(先発:15)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦のアシスト王。ブライス・メンデス、シルバ、久保建英と共に“ラ・レアル”の中盤に君臨するレフティの一人は、持ち味である球際の強さを生かした守備に加え、正確なボールの散らしによって中盤と前線のリンクマンとして機能。さらに、正確な左足のキックを武器に前半戦でリーグ最多の7アシストを記録した。 FW ウスマーヌ・デンベレ(25歳/バルセロナ) 出場試合数:18(先発:14)/得点数:5 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブラウグラナ崩しの切り札。昨季終盤に完全覚醒し、バルセロナの2位フィニッシュに貢献したフランス代表は、退団の可能性も取り沙汰された中で残留を決断。今季はハフィーニャやフェラン・トーレス、アンス・ファティ、デパイとポジション争いが激化したものの、蓋を開けてみれば、チャビ監督の信頼を勝ち得て前線の主力に君臨。昨季後半戦に比べて依存度は減ったものの、5ゴール5アシストの数字以上の存在感で首位チームの攻撃を牽引している。 FW ロベルト・レヴァンドフスキ(34歳/バルセロナ) 出場試合数:16(先発:15)/得点数:14 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 世界屈指のストライカーとしての存在感を発揮。昨夏、新生バルセロナの目玉補強として33歳にしてラ・リーガ初挑戦を選択したポーランド代表FW。その実績を考えれば、懐疑的な目は少なかったものの、これまで多くの超一流ストライカーが適応に苦しんだバルセロナだけに一抹の不安もあった。しかし、第2節のソシエダ戦でドブレーテを達成すると、そこからは6試合連続を含めゴールを量産。中断明け以降はパフォーマンスの低下、3試合の出場停止で小休止もあったが、得点ランキング首位でシーズンを折り返した。 FW ヴィニシウス・ジュニオール(22歳/レアル・マドリー) 出場試合数:19(先発:19)/得点数:7 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 凄みを増すエル・ブランコの若きエース。昨季、ベンゼマとのダブルエースとして優勝の立役者となった22歳は、今季も開幕7試合で5ゴールと躍動。以降の12試合ではわずかに2ゴールと、ゴールペースは低下したが、ドリブル成功率や被ファウル、チャンスクリエイトといったスタッツは驚異的だ。前半戦では不遜な振る舞いが批判を招いたが、対戦相手にとって最も脅威を与える存在であることは間違いない。 2023.02.04 18:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly